第18回
有馬記念 (12月・GⅠ)

有馬記念2015を展望

2015年 有馬記念を展望しましょう。
では一般的に有力とされる順に紹介して行きましょう。
まずは、

ゴールドシップ
ここが引退レースになる予定です。JCを叩いてここ勝負の戦が濃厚です。


キタサンブラック
菊花賞勝利後はJCを自重し有馬記念参戦を表明。やはり日本人なら有馬記念で祭りでしょうか。コース適性は十分ですので祭りアゲインあっても驚けませんね。


リアファル
こちらも菊花賞組。菊花賞は目標にされた上に出入りの激しい競馬で苦しい競馬。再び挑戦者の立場になって乗れる今回は巻き返せていいでしょう。また逃げ馬が活躍しているレースでもあり期待したいですね。


ゴールドアクター
アルゼンチン共和国杯勝ち馬でJCは賞金足らずでこちら回りですが、ローテーションに余裕があるのは好材料、まだまだ伸びる器ですし一角崩しがあっていいでしょう。


サウンズオブアース
京都大賞典3着の後ここまで待機。昨年の菊花賞2着馬、実績は十分です。ローテーションもここ狙いでいい材料でしょう。


ここまでが本気で有馬記念を狙ったきている馬ですが、JCの結果次第でまた雰囲気も変わってくるでしょう。

というのも天皇賞勝ちのラブリーデイがJC(ジャパンカップ)を勝つようなら、有馬を勝つとボーナスがJRAから支給されます。脚質的にも中山は全然OKのタイプですので、普通に出てくればこちらが一番人気でしょうね。

あとはJC(ジャパンカップ)の結果次第で出てくる馬が変わってくるでしょう。
しかし・・・・今年はとんでもない大物が実は出走するかもしれないのです。その大物とは、、、、
オーストラリアでGIを4勝している強豪クライテリオン(デヴィッド・ヘイズ厩舎、牡5歳)という馬。


今年3月のGIクイーンエリザベスS(芝2000メートル)を2馬身1/2差で快勝するなど、2000メートルのGIを3勝しているほか、2400メートルのオーストラリアダービーも制している実力馬なんです!


 メルボルンCで3着に敗れた後は香港への遠征を念頭において調整されていますが、オーストラリアでは「クライテリオンは香港だけでなく、非常に実入りのいい日本の2500メートル戦に向かうプランもある。オーナーは遠征に向けて意欲的だ」とリポートされております。
また、オーストラリアの競馬サイトpunters.com.auも同日、「クライテリオンは香港カップ(12月13日、シャティン、GI、芝2000メートル)から有馬記念に向かう」と報じている。


 香港カップから有馬記念へのローテーションは中1週の強行ローテとなりますが、今年は3、4月に母国で3戦消化したあと香港に行き、夏場もイギリス遠征を敢行するなどタフさには定評があるんです。
クライテリオンを管理するヘイズ調教師は、1990年のJC(ジャパンカップ)をベタールースンアップで制した実績の持ち主でもあり、日本に来る可能性は十分あります。

 今年60回目の区切りを迎えるグランプリ有馬記念ですが、外国馬が出走した例は今まではないのです。もしもオーストラリアの実力馬が、日本の暮れの風物詩に参戦したら最高に盛り上がるでしょう。



競馬予測サイトを検索!
▼競馬・競艇検証.comのコンテンツ▼

トップへ