第41回
天皇賞・秋 (11月・GⅠ)

2016天皇賞 直前情報

今回は、ちょっと情報が遅くなったけど、2016 天皇賞直前情報について書こうと思う。
…2016 天皇賞については、直前の気配を確認したかったので、ついついここまで伸びてしまったから「もぅ今回はスルーでいっか」…とも思ったけど、やはり私だけでなく皆さんも最も気になっているのはモーリスではないか思うので、そこから書いていくことにする。


ハッキリ言って「モーリス」の状態は、いい意味で「まあまあ」という感触。
…ちょっと分かりにくいですね、…え~、コメントでは八分以上」と報道されており、それを見た時には「そんなもんでいいのか?」と思ったが、既に結果を出している馬だから陣営も作り方を心得ているのだろう、あんまり追い込みすぎずにという意図が感じられた。

モーリスはここ二戦ほど取りこぼしているが、不運が二度続いたくらいに考えていいと個人的には思っている。広い東京でムーア昨年は6戦して無敗G1を3勝し年度代表馬になった馬だからね。地力が違うというのが私の見立てですw


エイシンヒカリの方は仕上がっているが、相変わらず気性難が解消されていない感じで、なんか昨年程度じゃないか?ってかんじだ。
因みに近春のフランス遠征でのイスパーン賞大差勝ちが評価されているが、最近は過大評価という意見もある。


リアルスティールは少々評価が難しく「無理に毎日王冠を使わなくて正解だった」というコメントだったけど、そうは言っても「馬に合わせて作っていった結果使えなかった」というのが事実で、一度使っている組には順調度では劣っている。
ただそれでも、鞍上デムーロがそれを補って余りある騎乗をすればおつりがくる馬かもしれないが。

昨年の天皇賞の覇者、ラブリーデイは至って順調だけど、昨年と比較すると今年は条件が厳しいかな?…
昨年の天皇賞では諸々恵まれた部分が多かった馬、今年は昨年以上のメンバーだし、同様のパフォーマンスを出せても…ですが、ルメールですw
現時点のアプローチとしては「あまり難しく考えない」でいいと思う。


天候も怪しいし、極端に馬場が悪化したらまた考えよう。


競馬予測サイトを検索!
▼競馬・競艇検証.comのコンテンツ▼

トップへ