第44回
ジャパンカップ (11月・GⅠ)

ジャパンカップ2016の回顧~キタサンブラック勝利

ジャパンカップ 2016、アッサリ終わりましたねー。
もう少しゴール前の激しい攻防があってよかったメンバーと思えただけ、正直かなり物足りなかったジャパンカップだった。…まぁ、前半1000mを61秒台に落としたら騎手の腕ですか、あの時点で大体ヤラレタと思った。。


リアルスティールは天皇賞(秋)の内容からも、もう少しやれると思ってただけど、結果が出なかったし、リアルスティールの敗因は最初は距離かなと思ったんだけど、よーく考えてみると違うような気がしてきた。距離が長かったのではなく、距離を意識しすぎたのではないだろーか。完全に誤算だったのではないかと。

これまでの成績からみると、2000mがベストというイメージを誰もが抱くのは当然だろう。だが3歳時には菊花賞で今回の勝ち馬キタサンブラックと同タイムの競馬ができてるんだから、「距離適性は人間の先入観」に過ぎないのではないだろーか。
菊花賞の時は、やってみなければ分からないというイメージで参加できたので結果が出た。この時点ではキタサンブラックと能力的には「互角」だったと思うんだよなぁー。

ただ、一年経った今では、誰が見ても大きく水をあけられたと思うだろう。
明確に路線を絞って着実に力をつけたキタサンブラックは今後もどれだけ稼ぐか想像もつかないが、既に将来種牡馬としての価値も約束されたようなもので、まさに使い方の差が出たと感じるジャパンカップ2016だった。

サブちゃんも大はしゃぎだったもんなー(笑)
画像をクリックするとポップアップで表示 

急がばまわれで完成し、これでG1三勝、来年は胸を張って海外だろう。
サブちゃん、海外で「まつり」を熱唱できるといーね!

競馬予測サイトを検索!
▼競馬・競艇検証.comのコンテンツ▼

トップへ