第53回
競馬の楽しみ方~注目馬編

夏競馬が終わり、

夏競馬が終わったなぁーw

先週は色々驚くことが多かったんだが、新潟記念のタツゴウゲキには驚いた。
個人的にはどうしても血統が気になる方なんで、今更マーベラスサンデー産駒が重賞を勝つとは。ってカンジ。
既に今年、マーベラスサンデーは亡くなっているんだよな…


そうかと思えば、
札幌2歳Sで新種牡馬としてオルフェーブル産駒ロックディスタウンが早くも重賞を勝ったな。
競馬の「血統」って調べれば調べるほど、血統好きには面白いんだが、この土日のギャップには、やはり驚かされたね。


このレースでは、個人的に注目していた馬が他にもいた。
その注目馬はベーカバド産駒の道営馬ダブルシャープという馬だ。

注目した理由は道営馬(北海道)の身で出走したクローバー賞で、中央馬を負かして勝利したトコ。

で、この時に負かした相手が関東藤沢厩舎の良血馬ということで、「ダブルシャープ」を調べてみると母馬が結構な良血馬ってことがわかった。
ダブルシャープの父、ベーカバドも繋養先が優駿SSということで決して繁殖に恵まれていない状況ながら、コンスタントに活躍馬を出していましたので注目していたところに、この馬が登場した。

今回のレースでは出負けして最後方からの競馬で、少しだけ馬券を握っていた私は天を仰いだのだが、そこから捲り切っての3着、とりあえずは三連複90倍を仕留めたが、普通の中央馬でも止まる捲りにはマジで再度驚かされたなw

もう「素質」は間違いなく中央のオープン級なんで、中央に移籍して鍛えれば相当良いところまで行く感触はあるんだけど、残念なことに現時点では馬主さんが中央の「馬主資格」が無いようなので、そのまま移籍するというのは不可能

「ダブルシャープ」という馬は、このまま道営で埋もれさせるのは勿体無い素材の馬なので、なんとか中央で走らせてあげたいと思う今日この頃でした(-。-;


競馬予測サイトを検索!
▼競馬・競艇検証.comのコンテンツ▼

トップへ