第61回
競馬の楽しみ方~注目馬編

朝日杯FS一発目こそが妙味。

…とうとうこの時が来た。
テンション上がっているのが私1人ではないと思うので、一応ご報告までにw

門別所属であったダブルシャープ中央移籍が、とうとう実現したのだ。


血統的にも申し分ない馬で、今回人気の一角タワーオブロンドンを地方馬の身で負かしている馬だから、なんとか中央移籍が叶わないかとずーっと気になってたんだが、今回ついに、前の地方の馬主さんから「中央の馬主資格を持つ馬主」さんへのトレードが決まり、栗東の渡辺薫厩舎へと入厩したのだ。

きっとここには地方馬主さんの涙無くして聞けない、ダブルシャープをここまでにした熱いストーリーがあるのだろう(≧ω≦)
画像をクリックするとポップアップで表示 


ダブルシャープは、既に11月の後半から栗東の坂路とCWで乗り込まれ、ここ目標にしっかり仕上がっているようだ。
クローバー賞で負かしたタワーオブロンドンだが、まさか地方馬に負かされるとはその時は思ってなかっただろうから、「調整もそれなりだった」という言い訳も立つが、ダブルシャープにしても地方の拙い調教施設でしか調整でいない状態で、あのタワーオブロンドンを負かしたんだから、力があるのは間違いないところでだろう。


タワーオブロンドンはその後2勝をともに圧勝し、メンバー中唯一の3勝馬となり、ここでも圧倒的一番人気になると思っていたら、ダノンプレミアムの方が下馬評が高いみたいだね。デビュー戦が圧勝、返す刀のサウジアラビアRCと連勝したのだが、楽勝で叩き出した時計が1分33秒0だから、言われてみれば強いね。


それでもダブルシャープにはまだまだ伸びしろが大きく期待できそうだ。
血統面も間違いない。

有馬記念の前に、個人的に楽しみにしているレースだ。
みなさん・・・・1回走ってからでは遅いですよ〜w


競馬予測サイトを検索!
▼競馬・競艇検証.comのコンテンツ▼

トップへ