第7回
競馬の楽しみ方~競馬総合編

2015年、人間考察も馬券力

今回の競馬コラムは人間考察をテーマに考えてみました。

皆さんも馬券を買った時に何度もあると思います。「お前かよ」「やっぱお前だったか」何てこと。
当然皆さんそれぞれ好きなジョッキー、好きな厩舎はあると思います。でもそこばかりに偏ると馬券の回収率もそのジョッキーや厩舎のバイオリズムに偏ってしまいます。今回はあんまり好きじゃなけど買っておかないとしょうがないみたいなテーマで進めます。


まずジョッキー。何も考えずに買いの今アツいトップ3は・・

C.ルメール

M.デムーロ

戸崎圭太

この3人でしょうね。野球でいう安打製造機、勝ってくれの時はこの3人でしょう。なぜこの3人かというとシンプルです。


情が絡まない」…つまりしがらみがないのです。

中堅、ベテランの騎手は調教手伝ってもらったりだので義理での騎乗も多いです。さらには縁故関係、実際血縁関係が非常に多いのも競馬サークルの特徴、いわゆる日本人的な馴れ合いですね。
そんなところを現時点で一番ドライに考えられるのはこの3人です。

(そしてよくある悪質な競馬予想サイトでは、ここら辺の「裏情報」がアルとか、ナイとか…だから「勝てる」とか言いきってたりするんですね)



一昔前までなら内田博も入れてよかったのですが最近は往年の体調もなく戸崎の勢いには程遠いです。しばらくは「並」の評価ですね。


まずこの3人は人気であろうがなかろうが、黙って買いです。

その次のグループとなるとやはり短期免許系外国人となりますが、いまやルメール、デムーロがいるのでこの次以降の評価でいいです。案外低迷している馬のカンフル剤的に乗せてくること多いですから。


この3人以外の日本人リーディング近辺にいるジョッキーは案外「ここ勝たなくてもいいから次もセットで」みたいのが多いのでその辺の見極めが若干難しですね。


で、ここまでのカテゴリーが「やっぱお前か」系で押さえておかなくて失敗した系です。
次のカテゴリーが「ここでお前来るかよ」のくすぶり系。

まず筆頭が


松岡正海


これ結構来るんですよね。腕は確かなんですけど人づきあいが上手くないというか営業下手というか。


でも持って来るときはくるんです。「こいつ抜けちゃったよ」キングです。それ系は次に吉田豊、このジョッキーも腕は確かだけど恵まれない系、しかし競馬に行っては手を抜かずにしっかり乗ります。

そして元祖「ここでお前来るかよ」はやっぱり江田照騎手ですね。一応入れておこうかって遊び心で仲間に入れてあげると結構高配当になります。



最後に減量系、今更かもしれませんが松若風馬です。
今年二年目ですが減量の恩恵が続く限りみんな乗せたがる一番手です。実際勝ち鞍も多いですし。その次の減量系は石川裕紀人騎手ですね。この騎手は関西からもかなり人望があるみたいで池江寿厩舎とかからも平気で人気馬頼まれてます。

まとめると、これらのジョッキーは基本的に全部「ヤリ」です。


迷ったら迷わず入れよう


・C.ルメール

・M.デムーロ

・戸崎圭太


抜けて悔しい


・松岡正海


という格言を作ってみました。ぜひ活用してください。
次回はやったりやらなかったり系を特集したいと思います。お楽しみに。

競馬予測サイトを検索!
▼競馬・競艇検証.comのコンテンツ▼

トップへ