第10回
競馬の楽しみ方~調教師・厩舎編

2015年3月版 調教師・厩舎編

調教師~厩舎編今回は馬券勝負の際に参考にする、競馬における所属厩舎についてお話します!

昨年の全国リーディングベスト20は以下の通りで、これらの厩舎の馬が出てきたらまずは要注意でしょう。

      ≪ 主な活躍場 ≫
1位 堀宣行  54 ドゥラメンテ、モーリス
2位 池江泰寿 49 ミッキークイーン、サトノダイヤモンド
3位 藤原英昭 48 ストレイトガール
4位 友道康夫 42 マカヒキ
5位 矢作芳人 41 リアルスティール
6位 松永幹夫 41 アウォーディー
7位 安田隆行 36 コンテッサトゥーレ
8位 音無秀孝 36 ミッキーアイル
9位 手塚貴久 36 アジアエクスプレス、ハートレー
10位 石坂正  35 モーニン、シンハライト
11位 松田博資 35 引退
12位 尾関知人 35 サクラゴスペル
13位 昆貢  35 ヒルノデイバロー
14位 西園正都 34 ハクサンムーン
15位 角居勝彦 34 リオンディーズ
16位 須貝尚介 34 ロジクライ
17位 斎藤誠  34 ヌーヴォレコルト
18位 高野友和 34 ショウナンパンドラ
19位 藤沢和雄 32 ロサギガンティア
20位 田村康仁 32 メイジャーエンブレム

この中で各厩舎の特徴を見ていくと、まずは1位の「堀厩舎」だが、OP馬(オープン馬:収得賞金など最高ランクに属する馬) の宝庫であり、関東の厩舎で全国リーディングを取ったのは藤沢厩舎以来で新時代の到来と言えるでしょう。

2位は同じくOP馬の宝庫で関西一位の「池江厩舎」は安定感があります。

3位の「藤原英厩舎」は少し特徴があり短期放牧、所謂外厩を使うのをあまり好みません。そのため休み明けはあまり走らず、叩いた後が勝負というのが定石です。

4位友道厩舎」は今年はマカヒキでのブレイクが期待できます。好みもあるかもしれませんが長距離戦を使うのが好きみたいです。

5位は今年のリーディング1位を快走している「矢作厩舎」。看板馬リアルスティールは今後ドバイを控えており楽しみな厩舎です。
この人は競馬関係者筋では変わりものという事です。父が大井競馬場の調教師の矢作和人、その縁で今年は大井競馬所属の 坂井英光騎手の息子さんで今年デビューの坂井 瑠星(サカイ リュウセイ)騎手を厩舎所属として預かっています。

この厩舎の特徴は他のリーディング上位厩舎と比較して極端に出走馬の連対率が低いです。その理由はとにかく数を使うからなのです。ですので、出てきたら即買いという訳ではなく、ここぞという時に仕上げてくるのが特徴です。

西高東低と言われて久しい競馬界ですが、関西の上位陣は概ねここ5年くらい顔ぶれが変わりませんがその中で頭角を現してきたのが昨年のジャパンカップをショウナンパンドラで勝った「高野厩舎」です。
前出の矢作厩舎もそうですが、G1を勝つと預けられる馬の質が一気に上がり、それに比例して厩舎成績も上昇します。
矢作厩舎もディープブリランテでダービーを制するまでは凄く地味な血統の馬ばかりでしたが、それを気に馬の質が一気に上がりました。高野厩舎にも同じようないい効果が今後期待できるでしょう。


関東での有望株は17位ながらも一気に勝ち星を伸ばした「関東斉藤誠厩舎」。
この馬もオークス馬ヌーヴォレコルトの登場で勢いがついてますので今後の活躍が期待できます。


最後に20位の「関東田村厩舎」、この厩舎はまだG1勝ちはありませんが 桜花賞の有力候補のメジャーエンブレムが控えており、この馬が桜花賞もしくはもしくはオークス、NHKマイルを勝つと勝たないでは今後の事を考えると天と地の差があるでしょう。

こんなふうに競馬を見るのも実に楽しいです。

次回は騎手編が出来たらと思いますので今後もよろしくです!!!!!!


競馬予測サイトを検索!
▼競馬・競艇検証.comのコンテンツ▼

トップへ