第3回
競馬の楽しみ方~春競馬編

2015年 春のクラシックに向けて!

桜花賞皐月賞の一番の前哨戦が終わった。

桜花賞トライアルのチューリップ賞を制したのはココロノアイこれ以上はないという競馬をした。

2着はディープ産駒のアンドリエッテ。末脚が凄い馬。距離が延びればさらに良くなりそうな不気味な馬。


3着レッツゴードンキ。この馬は強い。本番で一番怖い存在な気がする。ディープ産駒による桜花賞連覇を止めるとすれば、この馬か!?といった感じ。

弥生賞は、勝ったサトノクラウンはさすがの競馬。強い。本番で福永が乗れないのが残念


2着のブライトエンブレム。これが一杯かな?というレースだったと思うけど、皐月賞本番でもそこそこはやれそうな感じ。


3着タガノエスプレッソ・・。よくやったと思うが、ちょっとうやっぱりキツイかなと思う。


このメンバーに加えて、フィリーズレビューから桜花賞に出てくる馬もいるが、現状ではチューリップ賞組が中心になりそう


牡馬は、スプリングステークス組もよく注目しておいた方がよさそう。

この時期になると、徐々にワクワク度が増してくる。

競馬予測サイトを検索!
▼競馬・競艇検証.comのコンテンツ▼

トップへ