第30回
競馬の楽しみ方~春競馬編

2017年クラシック展望 牡馬編

フェブラリーS、終わりましたね〜。
終わってみれば率直に言うと少しレベルが低かったかなという印象だった。
勝ったゴールドドリーム抜けた実績がないにもかかわらず、二番人気というのはやはりデムーロ人気だったのかな。それで勝つんだから一応力はあるんだろう。

それにしても種牡馬ゴールドアリュールってすごいな。土曜に亡くなったようなので、ご冥福をお祈りします。


…さて今回は現時点のクラシック展望をしてみたいと思う。
と言うのは、共同通信杯の勝ち馬スワーヴリチャードが勝った際に「とうとう出た(?)」って感じがしたからだ。

…鞍上の四位騎手は朝日杯を勝ってサトノアレスというお手馬もいるんだが、当時が6番人気の勝利なら間違えて勝っちゃった感が強く、コイツぁまったく大物感がない。
負かした相手もたいした馬はいないので、そこまで評価はできない。同厩舎に無傷の三連勝中のレイデオロという馬もいるけど、この馬も戦ってきた相手を考えるとまだまだ全幅の信頼は置けないだろー。

そんな中、スワーヴリチャード推しの理由の一つとしては、四位ジョッキーがダービーの勝ち方を知っているという点か。
陣営からは皐月賞直行と既に発表されてるが、皐月賞はお釣りを残してダービーへという風に上手くいけば見通しは明るいだろう。


しかしなぁああ・・・・・・・・・・・、
このスワーヴリチャードを東京スポーツ杯2歳Sで負かした馬がいる。…その名はブレスジャーニー
冠号トーセンの島川さんの生産馬なんだけど、ただ一回負かしたわけでなく、この馬は東京スポーツ杯2歳Sの前にサウジアラビアRCという重賞も勝っていて、現在重賞二連勝中なのだ。


この世代で重賞二連勝があるのはこの「ブレスジャーニー」だけで、普通ならこれだけの戦績なら話題になっておかしくないのだが、調べないと名前も見つからないような馬なのは何故か。

その理由としては、まず血統が父バトルプランというバリバリのダート血統、厩舎も関東本間忍厩舎、主戦柴田善臣(フェブラリーSのサウンドトゥルーの乗り方は酷かったね)、一応母系にダイナカールが入ってるからエアグルーブ一族といえば一族なんだけど・・・・購買価格は 激安270万円 (2015年北海道サマーセール)で、中央獲得賞金7,350.0万円(メッチャ回収してる!!)、サトノの里見氏がセレクトセールで2億円の馬をバンバン買っているのに比べると、もう言葉が見当たらないトコ。
トーセンの島川さんも金持ち馬主という事であれば中央で5本の指に入るのですが、ご本人もまさかまさかの結果だろう。


今年のクラシックが「混沌」としててつまらないのはデム、ルメ、戸崎に確たるお手馬がいないというのと、素質馬が京都の悪馬場で悉く不運な競馬を続けているというのもあるだろう。

まだこれから出てくる馬もいるかもしれないが、例年だと、もうすでに遅いからな。
昨年のように上位何頭かの持ち回りというようなことはないだろう。

今後も新G1の大阪杯やドバイ、クラシックトライアルなど、暖かくなるにつれて話題豊富な時期となるから、今後も面白いお話があればどんどん紹介していきますね〜w


競馬予測サイトを検索!
▼競馬・競艇検証.comのコンテンツ▼

トップへ