第123回 20190823
競馬の楽しみ方~騎手編

M.デムーロいよいよ本格的にピンチ

M.デムーロいよいよ本格的にピンチ 以前「デムーロ、負のスパイラルにハマる」でM・デムーロの不評について書いた。他に離婚問題や、制裁点が多くてすぐに騎乗停止になるのでなかなか良い馬...
追悼ディープインパクト、キングカメハメハ 先日「ディープインパクト、死す」で 2019年 7月30日に17歳で亡くなったディープインパクトについて書いたが、10日と置かず2019年 8...
藤田菜七子、WSJS参戦決定! 今年も札幌競馬場で行われるWSJS(ワールドスーパージョッキーズシリーズ)だが、「やっぱり」藤田菜七子騎手の参戦が決定した。「藤田菜七子騎手の参戦」と聞...
  ディープインパクト、死す 種牡馬界の巨人ディープインパクトが、2019年 7月30日、けい用先の社台SSで安楽死処分となったことが速報ニュースで届いた。 この春の種付けシーズンを迎え...
良血流出も日本では飽和状態のディープインパクト種牡馬 ディープインパクト種牡馬は、良質血統馬ではあるが、日本では飽和状態となっている。どこもかしこもディープ系だ。そんな中、先日JRAか...
藤田菜七子ウィメンズジョッキーWC優勝! 日本が誇る唯一の女性ジョッキー藤田菜七子騎手が、少し前の6月30日(日)にスウェーデンのブローパーク競馬場で行われたウィメンズジョッキーWC(...
孤高の天才、川田将雅騎手 兎に角妥協を許さない騎乗で自分にも他人にも厳しい川田将雅騎手。先週はエアアルマスに騎乗し1300勝を達成した川田将雅騎手は、 1985年 10月15...
デムーロ神話が崩壊。10年間のデムーロ・神時代 ノーザンファームグループが「C.ルメール・ファースト」、「ルメール絶対主義」を貫き、大レースにおいてルメールに合わせて勝てる馬を使い分け...
競馬における斤量のハンデと、新人騎手の減量特典 5月一杯で3歳限定戦が終わり、5、6月から3歳馬と古馬が同じレースで戦うことになると、3歳馬に斤量(負担重量)のアドバンテージを与えると...
武豊、「申し訳ない」 先日の安田記念は少し後味が悪い結果となった。それもこれも、大外枠から出た武豊のロジクライがスタート直後に物見をして急激に斜行し、この煽りを受けたのが真横にいた4頭...
「サイン馬券」について 日本ダービーが終わって、一息つく。…いやあ、今年の日本ダービーだが、最後の最後にとんでもない馬が勝ってしまった。先日書いた「第86回日本ダービー、徹底検証」では...
第86回日本ダービー<東京優駿>徹底検証 昨日、第86回 日本ダービーのウィブサイトが「ゴルゴ13」とのコラボをしていることを「2019日本ダービーJRA×ゴルゴ13」というコラムにて...
2019日本ダービーと、ゴルゴ13のコラボ 今年、2019年の日本ダービーは、あの、さいとうたかを原作の「ゴルゴ13」とのコラボとなった。これまでJRAは様々なアニメやゲームなど...
D.レーン台風!オーストラリアより上陸 先日の「ルメール・ファーストでM.デムーロの心情いかに?」という競馬コラムにも登場したD.レーン騎手。オーストラリアから3週間前に来日した時点で...
ルメール騎乗停止でもルメール・ファーストは継続 先週は東京競馬場でNHKマイルCが行われ、M.デムーロ騎乗のアドマイヤマーズが勝利した。その陰で、C.ルメール騎乗のグランアレグリは、気...
岩田康誠の完全復活祭、「令和」初の天皇賞制覇なるか? 今週は京都競馬場で伝統のGⅠである天皇賞(春)が行われるが、昨年レインボーラインで勝利した、岩田康誠騎手に今年もチャンスのある馬が...
またもや記録更新 藤田菜七子@大井競馬場 前回「週末は藤田菜七子騎手、試練の日」で書いた後日談。4月10日に大井競馬場で行われた、統一重賞の東京スプリントにコパノキッキングとのコンビで...
藤田菜七子、とうとう罵声を浴びる日が来るか。 今週の大井競馬場で行われる交流受賞東京スプリント(JpnⅢ)だが、今年のフェブラリーSでJRA史上初のGⅠ競争女性騎初騎乗をコパノキッキン...
牝馬クラシック第一弾の桜花賞 さて「ドバイワールドカップ」もドバイターフで日本馬アーモンドアイが勝つことができて、一旦「海外競馬」の熱を冷まし、今週4/7(日)は牝馬クラシック第一弾の...
2019年GⅠ第2弾 高松宮記念 今週末は「中京競馬場」で 2019年のGⅠ第2弾、高松宮記念が行われるのだが、話題の的となっているのは先日の競馬コラムでも書いたように、藤田菜七子騎手...
優良競馬予想サイトを探すなら【競馬検証.com】
1
2
3
4
5
6
...
10

  1. 「競馬検証.com」の競馬コラム(競馬ブログ)を書く。
  2. 競馬検証.com」の「競馬ブログ」は「競馬コラム」「重賞コラム」の2つに大きく分かれており、競馬速報として私の持っている情報や、考えていることをカテゴリーごとに分け、競馬ブログとして更新してます。
    競馬ネタを自分なりにまとめたようなものなので、気軽に読んでくださいw

    「競馬検証.com」は何人もの競馬好きスタッフによって検証したりしていますが、この「競馬ブログ」は基本的に私の個人的な主観で記事が構成されています。

    以前からサポートで書いているアシスタント的なメンバーは健在ですが、最近はどちらかと言うと先ずはこの「競馬検証.com」を 全ての面においてスタッフ全員が満足するクオリティに仕上げようと、検証やらなんやらと日々作業に追われている状態です。



  3. ブログまで「なりすまし」…主旨は「競馬の魅力を伝える」

  4. 我々が魂を削って作り上げた、当時はとても健全だった競馬検証サイト(口コミサイト)は「K氏」と、彼を取り込んだ悪質極まりない連中により盗まれました。 今では見るも無残なステマサイトに成り下がってしまいました。

    そんなサイトでも、当時もブログ形式でレポートを書き続け、2013年なんかは、キズナ、オルフェーヴル出馬の凱旋門賞を見にフランスまで行って現地レポまでしてきましたが、その気合いの入った現地レポートも今では何者か(競馬の知識の全く無い「K氏」にブログなど不可能)によって乗っ取られ、まるで私達が運営しているかの如く白々しく「なりすまし」でブログが更新されてます。(しばらく更新が止まっているようだが)

    乗っ取り実行犯とも言える「K氏」は 競馬に対しても無知のエンジニアで、文章力も無かったので、我々から盗んだ後は、しばらく別の人間が 書いていたのは間違いない。後ろで"寄生糸"を引いているのが業界の人間かとも思えるが、 「私のフリ」をしてブログを 更新し、ユーザーを騙しているのは見ていて 気味の悪いものでした。

    何年もかけて書いたものが乗っ取られ、純粋に競馬の魅力を伝えていたはずなのに、 最近では「いくら儲かった」とか、まるでサイト内で推薦しているサイトに登録さえすれば「アナタも金儲けができる」ってかんじの「ステマ」のような流れになっているのも超絶気分が悪く、

    最低なコラムにしてくれたものです。

    まぁ、グチっても返してくれそうもないし、そもそも犯罪犯してでも「我々のフリ」をして更新してるくらいだから、このまま平然と「自社運営の集客サイト」に成り下がって運営を続けるんだろう。
    我々の作ったサイトで違う運営者に騙される人が出ないことを祈っている。

検索
競馬予想サイトを検索!
▼競馬検証.comの競馬コンテンツ▼

トップへ