第139回 20200226
競馬のオハナシ~番外編★

コロナウィルスの襲来。競馬界への影響は?

コロナウィルスの襲来。競馬界への影響は? 先週初めて今年行われたGⅠのフェブラリーSだが、前年比84.3%で、去年に比べると1万人弱の入場者数減となった。感染を警戒してでも来場する競馬...
2月15日、小倉5Rで藤田菜七子落馬 2020年2月15日(土)に小倉5Rでランサムトラップに騎乗した藤田菜七子騎手が落馬した。 →2/15 小倉5R 藤田菜七子落馬2017年 10月...
藤田菜七子の「神スタート」 先週は1勝の上積みだけにとどまり、関東リーディング3位から6位に順位を落とした藤田菜七子騎手だが、小倉では藤田菜七子の「神スタート」が高く評価されているよう...
美人すぎる騎手ミカエル・ミシェルが南関東で短期免許を取得 「美人すぎる騎手」として競馬界で話題となっているミカエル・ミシェル騎手(年齢 24歳)だが、昨夏、札幌競馬場で行われたWAJS...
ディープインパクト最後の砦・アドマイヤビルゴも名義変更 先週、京都で行われた3歳新馬戦で、ディープインパクト産駒アドマイヤビルゴ(栗東友道康夫厩舎)が勝ち上がった。2017年のセレクト...
藤田菜七子、減量騎手卒業に賛否両論? 先週の3日感開催で1勝を挙げ、中央・地方交流合わせて通算勝利数が101勝となった藤田菜七子騎手は、この結果からついに見習い騎手卒業で、減量恩恵の「...
武豊騎手とメガネ 年始に「ギャンブルジャーナル」で面白い記事を見つけたので、それについて書こう。その内容とは、とんねるずの木梨憲武が、自身のインスタグラムで「競馬会。野球界。木梨の会。...
2019年の競馬を振り返り2020年の競馬を想う JRAの年間GⅠ数は「24」だ。それに対し、ノーザンファームの2019年の勝利数はホープフルSを残している状態だが、今のところ「19」...
2019グランプリ有馬記念の展望 今週はいよいよグランプリ、2019 有馬記念だ。当然、注目馬はアーモンドアイ。アーモンドアイは当初、2019有馬記念へ出走未定だったため、主戦ルメール...
藤田菜七子騎手、JRA重賞初制覇 先日の「カペラSで藤田菜七子、チャンス到来」で書いた、日曜に中山競馬場で行われたGⅢカペラSで、藤田菜七子騎手騎乗のコパノキッキングが2番人気で勝利し...
藤田菜七子、中央重賞勝ちの最大のチャンス到来 JRAの華、藤田菜七子騎手に、中央重賞勝ちの 最大のチャンスが到来した!今週日曜の中山で、ダート1200mの重賞カペラSが行われるのだが、...
2019ジャパンC、外国馬の参戦なし 11月24日に東京競馬場でジャパンCが開催されるのだが、今回は「騎乗戦士ガンダムJRA-ジャパンカップ」というコラボ企画の公式サイトが開設された。...
2019 ジャパンC、第4弾 騎乗戦士ガンダムJRAのコラボ企画 11月24日に東京競馬場でジャパンCが開催される。恒例化している今回のコラボ企画は、2018の「有馬戦士 ガンダム」を...
大激戦必至のマイルCSを展望 今週はマイルCSが開催される。春の安田記念も豪華メンバーだったが、今回のマイルCSも『超』のつく豪華メンバーとなりそうだwこれでアーモンドアイがいれば史上...
最も小規模な競馬場で、新記録のオンパレード 4日に浦和競馬場で行われたJBC2019。昨年が京都開催であり、今年の浦和競馬場は南関東4競馬場の中で最も小規模な競馬場なもんだから「よく開...
藤田菜七子、2019新潟の女王に君臨 JRA唯一の女性騎手藤田菜七子が、これまで数々の記録を打ち立てていた「藤田菜七子騎手」に新たなタイトルが2つ加わった。そのタイトルとは、・年間新潟...
秋の大一番、天皇賞(秋) 今週はいよいよ秋の大一番、天皇賞(秋)だ。この2週間は台風に悩まされたが、なんとか今週末は良い馬場で見たいですねー。さて天皇賞(秋)の主役となるのは、やはりな...
藤田菜七子、東京盃(G2)でやっと念願の重賞初勝利 10月2日に行われた東京盃(G2)でやっと、コパノキッキングで交流重賞勝ちを果たした藤田菜七子。 連日台風19号の被害情報が流れる中...
いよいよ今週はGⅠスプリンターズS 今週は中山競馬場で、いよいよ秋のGⅠ第一弾、スプリンターズステークスが行われる。現時点でどの馬が1番人気になるかは流動的だが、実績面を考えればタワー...
2019年サマーシリーズも「該当馬なし」 2006年より始まった「サマーシリーズ」は、夏場を休養に充てる大物馬が多いことから、夏は競馬が興行として盛り上がらないという趣旨で始まった。開...
優良競馬予想サイトを探すなら【競馬検証.com】
1
2
3
4
5
6
...
12

  1. 「競馬検証.com」の競馬コラム(競馬ブログ)を書く。
  2. 競馬検証.com」の「競馬ブログ」は「競馬コラム」「重賞コラム」の2つに大きく分かれており、競馬速報として私の持っている情報や、考えていることをカテゴリーごとに分け、競馬ブログとして更新してます。
    競馬ネタを自分なりにまとめたようなものなので、気軽に読んでくださいw

    「競馬検証.com」は何人もの競馬好きスタッフによって検証したりしていますが、この「競馬ブログ」は基本的に私の個人的な主観で記事が構成されています。

    以前からサポートで書いているアシスタント的なメンバーは健在ですが、最近はどちらかと言うと先ずはこの「競馬検証.com」を 全ての面においてスタッフ全員が満足するクオリティに仕上げようと、検証やらなんやらと日々作業に追われている状態です。



  3. ブログまで「なりすまし」…主旨は「競馬の魅力を伝える」

  4. 我々が魂を削って作り上げた、当時はとても健全だった競馬検証サイト(口コミサイト)は「K氏」と、彼を取り込んだ悪質極まりない連中により盗まれました。 今では見るも無残なステマサイトに成り下がってしまいました。

    そんなサイトでも、当時もブログ形式でレポートを書き続け、2013年なんかは、キズナ、オルフェーヴル出馬の凱旋門賞を見にフランスまで行って現地レポまでしてきましたが、その気合いの入った現地レポートも今では何者か(競馬の知識の全く無い「K氏」にブログなど不可能)によって乗っ取られ、まるで私達が運営しているかの如く白々しく「なりすまし」でブログが更新されてます。(しばらく更新が止まっているようだが)

    乗っ取り実行犯とも言える「K氏」は 競馬に対しても無知のエンジニアで、文章力も無かったので、我々から盗んだ後は、しばらく別の人間が 書いていたのは間違いない。後ろで"寄生糸"を引いているのが業界の人間かとも思えるが、 「私のフリ」をしてブログを 更新し、ユーザーを騙しているのは見ていて 気味の悪いものでした。

    何年もかけて書いたものが乗っ取られ、純粋に競馬の魅力を伝えていたはずなのに、 最近では「いくら儲かった」とか、まるでサイト内で推薦しているサイトに登録さえすれば「アナタも金儲けができる」ってかんじの「ステマ」のような流れになっているのも超絶気分が悪く、

    最低なコラムにしてくれたものです。

    まぁ、グチっても返してくれそうもないし、そもそも犯罪犯してでも「我々のフリ」をして更新してるくらいだから、このまま平然と「自社運営の集客サイト」に成り下がって運営を続けるんだろう。
    我々の作ったサイトで違う運営者に騙される人が出ないことを祈っている。

検索
競馬予想サイトを検索!
▼競馬検証.comの競馬コンテンツ▼

トップへ