2020年の新ルールで、確信犯もOKなグレイゾーン? 蛯名正義騎手、最後にルール度外視して鞭を打つ先週行われた小倉大賞典G3において2月をもって引退となる蛯名正義騎手は、デンコウアンジュに...
藤田菜七子&レッジャードロの重賞挑戦。JRAの忖度あるか?  2021年、現在3勝となった藤田菜七子先週も小倉で1番人気のオシリスブレインを危なげな勝たせた藤田菜七子騎手。さらに1勝を積み...
社台勢は今年のクラシックも黄信号か。〜牡馬編 今年のクラシック世代は2018年産ディープインパクトがこの世を去ってはや2年。2019年のことだった。(2019年は2月から種付けを開始したが...
2021年、いいスタートが切れている藤田菜七子だが。 昨年は落馬骨折負傷などで辛酸を舐めた藤田菜々子騎手だったが、今年は思いの外いいスタートが切れているようだ。藤田菜七子、ナンヨーローズと...
藤田菜七子、レッジャードロとの新コンビなるか? 中山5Rでのレッジャードロのゴボウ抜き9日に中山競馬場で行われた新馬戦で藤田菜七子騎手騎乗のレッジャードロ(牝・美浦戸田博文厩舎・父ドゥラメ...
クロノジェネシス〜バゴ産駒でついに生まれた黄金配合? 有馬記念、人気1位はクロノジェネシス。いよいよ今週末に迫った有馬記念だが、牝馬のクロノジェネシスがファン投票1位となっている。2位のラ...
元騎手からの2020年度、注目の調教師合格者 2020年の元騎手からの〜調教師合格者先日JRAから今年2020年の調教師免許の合格発表があり、合格者は7人。その内、4人は騎手で蛯名正義騎手...
年末の2歳G1に父ロードカナロア産駒の登録無し? ロードカナロア産駒の活躍が無い。今週の阪神JF・G1、来週の朝日杯FS・G1と2週連続して2歳G1が行われる。そんなG1で、今年は登録馬の...
競馬評論家「棟広良隆」とは? 矢作芳人調教師をアシストする人物?前回の競馬コラム「矢作芳人調教師、幸運のランボルギーニ?」でも紹介した、矢作芳人調教師。先週のジャパンCに無敗の牡馬三冠馬コ...
矢作芳人調教師、幸運のランボルギーニ? 矢作調教師の運気が上がったランボルギーニ今週末に東京競馬場で行われるJC・G1に、無敗の三冠馬コントレイルを送り出すのは矢作芳人調教師。 矢作厩舎は...
長かったディアドラの旅が終わる。 ディアドラが選んだ引退の地はなんとバーレーン。ここ2シーズンにわたって世界の競馬場を渡り歩いたディアドラ(牝6歳)が、いよいよ引退レースを迎える。ディアド...
今度こそデムーロ救済となるか? まわりの不興を買うデムーロかつては「神」扱いされていたデムーロも、ルメールと共闘しJRAの通年免許を取得して以来落ち目が続いている。だがそれは決してデムーロ...
武豊、VIP席招かれて嬉しいのは分かるが… フランスまで行って「出走取り消し」昨今、ヨーロッパで再度コロナウィルスの感染者数が急増中との報道が様々なマスコミで報道されている。ロックダウン解...
全く凄くない牡馬三冠目菊花賞。コントレイルは底を見せたか? コントレイル、三冠は達成したしたが…先日「菊花賞でコントレイルの三冠はほぼ確実か?」でも書いたように、クラシック最終戦の菊花賞で...
菊花賞でコントレイルの三冠はほぼ確実か? デアリングタクトに続けとコントレイル先日の秋華賞でデアリングタクトが無敗の三冠牝馬となった。ならばということでデアリングタクトに続けとばかりにコン...
アーモンドアイ、JRA・G1新記録の8勝となるか? 中央競馬もついに無観客競馬が解除。ついに競馬も「指定席のみの限定」とはいえ無観客競馬が解除され、徐々に活気を戻している中央競馬。この秋は...
コロナの影響下でJRAの思惑を考えてみた コロナの影響下でJRAの思惑を考えてみたコロナの影響下で以下3つの思惑を考えてみたのだが、社台グループは春からの巻き返し、その他の生産牧場は粛々と...
今だからこそ未来に備えするべき若手の育成 外人騎手がコロナ恐怖で、来日を取りやめた場合先週書いた「夏競馬が終わり、社台勢はどう狙う?」という競馬コラムの続きだが、社台グループの助っ人、マー...
夏競馬が終わり、社台勢はどう狙う? 牝馬二冠が例年と少し違う件今週をもってサマーシリーズが全て終了することからも、夏競馬は今週で終わりだ。その後に控える秋のG1戦線だが、今年は牡牝ともに無...
競馬における「斤量」たかが1kg、されど1kg。 競馬における「斤量」今回の競馬コラムで検証していきたいのは競馬における斤量(きんりょう)だ。「斤量」とは負担重量のことで、これは出走馬間の...
優良競馬予想サイトを探すなら【競馬検証.com】
1
2
3
4
5
6
...
13

  1. 「競馬検証.com」の競馬コラム(競馬ブログ)を書く。
  2. 競馬検証.com」の「競馬ブログ」は「競馬コラム」「重賞コラム」の2つに大きく分かれており、競馬速報として私の持っている情報や、考えていることをカテゴリーごとに分け、競馬ブログとして更新してます。
    競馬ネタを自分なりにまとめたようなものなので、気軽に読んでくださいw

    「競馬検証.com」は何人もの競馬好きスタッフによって検証したりしていますが、この「競馬ブログ」は基本的に私の個人的な主観で記事が構成されています。

    以前からサポートで書いているアシスタント的なメンバーは健在ですが、最近はどちらかと言うと先ずはこの「競馬検証.com」を 全ての面においてスタッフ全員が満足するクオリティに仕上げようと、検証やらなんやらと日々作業に追われている状態です。



  3. ブログまで「なりすまし」…主旨は「競馬の魅力を伝える」

  4. 我々が魂を削って作り上げた、当時はとても健全だった競馬検証サイト(口コミサイト)は「K氏」と、彼を取り込んだ悪質極まりない連中により盗まれました。 今では見るも無残なステマサイトに成り下がってしまいました。

    そんなサイトでも、当時もブログ形式でレポートを書き続け、2013年なんかは、キズナ、オルフェーヴル出馬の凱旋門賞を見にフランスまで行って現地レポまでしてきましたが、その気合いの入った現地レポートも今では何者か(競馬の知識の全く無い「K氏」にブログなど不可能)によって乗っ取られ、まるで私達が運営しているかの如く白々しく「なりすまし」でブログが更新されてます。(しばらく更新が止まっているようだが)

    乗っ取り実行犯とも言える「K氏」は 競馬に対しても無知のエンジニアで、文章力も無かったので、我々から盗んだ後は、しばらく別の人間が 書いていたのは間違いない。後ろで"寄生糸"を引いているのが業界の人間かとも思えるが、 「私のフリ」をしてブログを 更新し、ユーザーを騙しているのは見ていて 気味の悪いものでした。

    何年もかけて書いたものが乗っ取られ、純粋に競馬の魅力を伝えていたはずなのに、 最近では「いくら儲かった」とか、まるでサイト内で推薦しているサイトに登録さえすれば「アナタも金儲けができる」ってかんじの「ステマ」のような流れになっているのも超絶気分が悪く、

    最低なコラムにしてくれたものです。

    まぁ、グチっても返してくれそうもないし、そもそも犯罪犯してでも「我々のフリ」をして更新してるくらいだから、このまま平然と「自社運営の集客サイト」に成り下がって運営を続けるんだろう。
    我々の作ったサイトで違う運営者に騙される人が出ないことを祈っている。

競馬予想サイトを検索

検索
競馬予想サイトを検索!

▼競馬検証.comの競馬コンテンツ▼

競馬初心者向け競馬情報コラム

トップへ