第64回
秋華賞 (10月・GⅠ)

キタサンブラックとホリエモン説

もう雨馬場はこりごりっすね(-。-;

先週の京都、東京開催の雨には参った。東京競馬場では日曜の芝のレースは殆ど皆んな外を回してたけど、土曜は内一頭分だけグリーンベルトが残ってて、そこを通る馬が何頭かいた。…が、実際あれは反則だろ!?

何故あそこだけ芝が生え揃って残っているかといえば、事故が起こらないために余裕を持って内の数頭分を意識的に空けて走る「アンリリトン・ルール」ってのが存在するから。
理屈は地方の交流重賞でもよく見られる光景と同じ。

ただ、極悪馬場だからといって「あそこ」を通っていいかというのはモラルの問題で、おそらく「瞬間湯沸かし器」の異名を取る蛯名正義騎手あたりは怒り心頭だったんじゃないかな。

まあ、そんな問題も今週からのBコース替わりで解消されるとは思うし、今週は雨も大丈夫だろう。



さてさて今週は秋の天皇賞
昨年はモーリス一強でお手上げムードだったなー。で、今年はキタサンブラックでお手上げってかんじか?

…イヤイヤ、そこまでではないと個人的に考えます。
キタサンブラックといえば、何度か様々なメディアに「控えめに」寄稿していたポイントがあって、実は同じことをホリエモンこと堀江貴文氏が過去に「ぶっ放して」いたことが、最近メディアに掲載されてた。


その内容とは「何故、キタサンブラックは内枠を引きまくるのか?」という際どい内容で、下記はその内容を掲載したメディアからの引用ですw

==============================
「内枠引きまくった昨年は有馬記念も人気通りで決まり馬券的にはクソつまんなかった」・・・「JRA的には完全にキタサンブラック推しであるのは間違いない。馬主も北島三郎さんで話題性あるし」・・・「JRAの主催レースでは問題ない程度に便宜を図ることは可能ですが凱旋門賞はそうはいかない

引用元:ギャンブルジャーナル 堀江貴文氏がJRAとキタサンブラックの「疑惑」を指摘!? 再燃する昨年の「幸運すぎる」出来事の数々
画像をクリックするとポップアップで表示 


…と、このような事象は過去に何度か耳にしたことが私もあり、基本的には「馬券に売り上げにつながる馬に便宜を図る」というのが傾向で、過去に私が耳にした話では、ある年の朝日杯で抽選で8/1の抽選を突破した馬が勝ったという話。

この年は「出てくればこの馬ではどーしょーもないだろー」と関係者は見てたんだが、賞金的に抽選対象であったためどうなるかと噂されていたところに、水曜の時点で「もう通ったから」という、怪情報が馬主や管理する厩舎から漏れていたそう。

この馬は「快速の逃げ」が身上の馬だったんだけど、駄目押しに1枠1番を引き当てて逃げ切った。こういうことってやっぱりあるようだね。



では今年のキタサンブラックは?
今年のメンバー先手を主張する馬は、まず二桁人気となるはずのロードヴァンドールだが、番手を取りたい馬はそれなりにいて、三歳牝馬のオークス馬ソウルスターリングや、香港でQE2世Cを勝ったネオリアリズムが該当する。

さらには東京芝2000mはスタートしてすぐにコーナーがあるため、内枠有利が定説で、馬場改修後は多少緩和されたが、それでも先行したい馬は外枠を引くよりは内枠が欲しいのは事実。

実際、馬場改修前に行われた1991年の天皇賞(秋)では、18番枠を引いた武豊騎乗の一番人気メジロマックイーンは、スタート後いい位置を取ろうとして強引に内に切れ込んだことにより、ぶっちぎりの1着であったにもかかわらず失格となるという、世紀の大事件は記憶に鮮明に残っている。


キタサンブラックが内枠を引きすぎる」というネタがどこまで反響を及ぼすかによって「便宜」が発動されるかどうかは左右されるかもしれないが、その前に、馬主サイドから先制攻撃で年内3戦で引退」と既に発表されているのもかなり匂うとこだ。

キタサンブラック人気で馬券が売れるのは「あと3回」なので頼むよと言っているようにも聞こえるケド…?

さて、今年の天皇賞(秋)、
キタサンブラックは何番枠を引くのだろーか?


第62回
秋華賞 (10月・GⅠ)

秋華賞〜気になる馬リスト

今週は京都競馬場秋華賞だな。

今回は気になる馬について私の視点から分析していきたいと思う。
色々と参考にして自分なりの見解も交えて厳選してみたので、参考までにドーゾ。


【気になる馬】
アエロリット
そりゃ、まずはこの馬だろ。
人気必至かもしれないが、この馬のいいところはたくさんあって、まずは潜在スピードだな。
NHKマイルを先行して抜け出しての1分32秒3で勝利。自分で動いて作った時計なだけに価値はある。
続く札幌のクイーンSは逃げて楽勝。鞍上が余程この馬の力を信頼していないとできる芸当ではない。距離を伸ばして勝てたのも良い傾向だった。現状スピードが勝っているので距離はこれくらいがギリギリかもしれないけど、普通にもつと思う。
もしかしたソウルスターリングより強いかもしれないくらいに個人的には思っている。


ファンディーナ
ここまでデビューから5戦し全て一番人気。
今回は上記のアエロリットと人気が割れると思うが、上位人気は間違いないだろーね。
ケドここは敢えていうのであれば、危険な人気馬と言わせていただきます。
その根拠はファンディーナの「気性」だ。

デビューから3戦目までは力だけで勝てたが、いずれもかなりのスローで、展開も何もないくらいに楽な競馬だった。一気にペースが上がった皐月賞、決着時計が速かったローズSには流れ乗れていたかというと疑問だ。

さらに皐月賞の敗戦時に管理した高野調教師は「今まで左右から囲まれたことがなくて怯んだ」とコメントしていたからね。つまりは気分を害したということだろーか。
また、ある識者の見解によると、ローズSの直前追い切りは及第点以上であったにもかかわらず、レースでは抵抗で生きずに失速。休み明け、馬体増など、一般的な敗因も要素の中の一つとも考えられるが、「どうも馬が自分から競馬をやめているフシがある」とのことだ。

つまり、ファンディーナはけっこーワガママな馬で、「気分良く走れないと途中でやめる」「ペースが上がったところで闘争心を出さない」といったメンタル的な要因がここ2戦の敗因ではないだろうかと分析されており、両方の理由はしっかり的を得ていると思う。
「休み明けを叩いて今度は変わるだろう」というのは希望的観測で、私は挑戦者の立場になり「影をも踏ませない逃げ」を打つくらいの覚悟がなければ厳しいと考えている。


ラビットラン
和田騎手モズカッチャンデムーロに強奪されて怒り心頭だったらしいが、見事にリベンジした。
「ラビットラン」のいいところ?は、父がアメリカNo.1種牡馬のタピットであること。芝の高速決着に対してバリバリのアメリカダート血統の父。…「えー、この馬の父はダート馬だろ?」って、ネガティブな意見が蔓延すれば、私的には「ニヤリ」と笑うとこだ。

実はこの馬の弟が今年の小倉2歳S勝ち馬のアサクサゲンキで、やはりこの父もアメリカのダート血統。アサクサゲンキも使い出しがダートだったんだけど、勝てずに芝を試したところ一変し芝2戦目で勝利し、返す刀の小倉2歳S勝ちならどう考えても芝馬なんだな、コレが。
この論法で行くと、どうも芝馬を出す繁殖牝馬ということが2代にわたって証明されているから、個人的には人気にならないことを祈ってる(笑)



【その他の馬】
ディアドラ
最も計算しやすい馬。やることは後方一気のみだが、展開不問で追い込んでくる脚は安定感がある。鞍上もルメールだから、さらに信頼度UPと言えるだろう。

カリビアンゴールド
とにかくしぶとい。勝負根性は父譲り。立ち回りもうまいので他の馬がヘグッたら浮上できていいだろう。

モズカッチャン
フローラS、オークスともに内枠を引き当てロスのない競馬。今までが上手くいきすぎた。デムーロマジック頼み。

ミリッサ
血統も超一流だが、如何せん体が小さいので不利を受けやすい。根性はあるので降りなく回ってくれば圏内があっていい。

カワキタエンカ
この2走とも展開に恵まれた。前走は鞍上がこれ以上ない好騎乗であった。今回は乗り替わり。



【惑星馬】
リカビトス
ここまで無傷の3連勝。とにかくキレが半端ない。展開がはまればあっていい。

メイショウオワラ
2走前が超凄いキレ。四走前に負かしたサングレーザーは既に4勝しオープン入り。諸々噛み合えば1発の魅力十分だ。

以上、是非参考にして頂ければと思いますw


第13回
秋華賞 (10月・GⅠ)

秋華賞展望しちゃいましょう!

前回もちょっと触れさせてもらったんだけど、歴代の「秋華賞馬」って錚々たる馬ばかりなんですヨw

しかも、2着まで入れるとさらにとんでもない事になるのね。

ちょっと調べましたよ。



2012年ジェンティルドンナ
…「ジェンティルドンナ」については、もう言うこと無いよね。
牝馬三冠でその年にJC(JapanCup)勝っちゃって、翌年JC二連覇しちゃって、その翌年はドバイシーマクラシック勝って、有馬記念も勝ってって、これダビスタ(ダービースタリオン)でもできないぜ。
G1・7賞だもんね。


でもやっぱり調べてみると「レッドディザイア 」とか「ブエナビスタ」とか「ダイワスカーレット」とか「ウォッカ」って、やっぱり春のクラシックで勝ち負けしてるのですよ(ウオッカなんてダービー馬なのに秋華賞負けてるしw)。

良く言われるのは、牝馬ってあんまり成長しないけど、大事に使えば素質だけでなんとかなっちゃうパターンが多い。
そんなこんなで傾向を探ると

・ジェンティル世代⇒断然の一強プラスおまけでヴィルシーナ

・レッドディザイア世代⇒ブエナビスタと二強

・アパパネ⇒ぶっちぎり一強

・ダイワスカーレット世代⇒ウオッカと二強


と出ました。やっぱり素質だけでなんとかなっちゃった馬ばかり。
つまりは一頭ないし、二頭抜けて素質があって強い馬が「秋華賞」を勝つというのがまずはトレンドなんだけど、今年の世代は阪神JFからオークスまで、全て勝ち馬違うんだよなぁ~。
二着馬もてんでバラバラだし。


そこでまあ、当たり前なんだけど、そういう年は抜けた馬いないんだから当然荒れるよね。
ま、ルージュバックを負かしたミッキークイーンを抜けた馬と言えない事もないんだけど、京都が合うとも思えないしね。


で、結論。

2015年秋華賞は、荒れます

ミッキークイーンが不発に終わらなくとも頭が無ければまず荒れるでしょう。


個人的に狙いたいのは桜花賞馬の「レッツゴードンキ」だね。
前走の負け方がいい感じだったし、そこまで人気にはならないでしょう。極端な枠を引かなければ岩田の神騎乗発動だね。
コーナー4回は今のあの馬の気性には合うよ。人気にならないのを祈りたいね。
後は関東の秘密兵器二騎。


クインズミラーグロ」はあんま秘密じゃないんだけど、まず人気しないから三連複の紐には入れたいね。
ここがダメでもエリザベスまで追いかけたい馬ですよ。


そして最大の惑星(ダークホース馬)はこれいいよ。全く人気ないから。
国枝厩舎の「ディープジュエリー」。前走は見せ場以上はあるかなって期待してた馬だったんだけど、全く競馬してないね。
あそこまで切れないはずはない。輸送だな。なんか、工夫あれば一発あるよ。
2走前の中山のコースに走りが京都2000mに合いそうな走り方だったもの。ワンターンの「ヨーイドン」じゃなくて、タメにためて、一瞬の切れってタイプだから。
血統的にも素質はあるだろうし、このまま終わる馬じゃ絶対にない。


ま、荒れる事は大体間違いないと宣言しておきます。
ミッキークイーンが飛んだらそれこそグランド・ゼロだね。


競馬予想サイトを検索!
▼競馬・競艇検証.comのコンテンツ▼

トップへ