第56回
天皇賞・春 (5月・GⅠ)

高速馬場と、2017春競馬。

2017春競馬皆さんこんにちは。
いよいよ春の京都、東京開催が始まり競馬シーズン本番という感じで今週は2017天皇賞(春)京都競馬場で行われる。


今回は「芝コースって一体どうなってるの?」というテーマで考えていきたいと思う。
画像をクリックするとポップアップで表示 


春の京都開催の目玉レースは、というよりは春の京都開催は二開催あるんだが、G1が天皇賞(春)しかないので、必然的に、ここが一番の盛り上げどころとなる。
そして馬場との因果関係はとなると、この週に「最も高速の馬場」を作るのが春の京都コースの定番になっている。

時計至上主義」と揶揄される日本の芝コースだが、時計勝負も「レース・競争」であるなら醍醐味の一つであるので、このファクターは日本競馬の誇るものであり、これはこれでいいと思う。

そして、どうやってその高速馬場を作るのかというと、天皇賞週の京都の場合はさほど難しくなくて、1月の開催を終えた後はボコついた路盤の整理をし、ひたすら芝の育成を待つんです。
今年の一月開催は雨や雪に祟られたのでどうかな?って思ってはいたが、先週の開催を見てみたところ「目に青葉」状態で物凄くいい馬場が出来上がっていた。さすが。


当然路盤はフラットで 走りやすい状態で、所謂開幕週の良好な馬場となっていた。
…と、そんな状態なので、それなりに時計は速いんだが、開幕週に限っては比較的、前後、内外、どこを通ってもイーブンな状態。

ただこれが激変するのが、二週目。
何故なら天皇賞(春)で高速決着を演出するために草丈を短くするから。

開幕週はちょっと長めの草丈、次週は短めの草丈となると、馬場状態は一変し、「内、前、有利」となる。
この状態は天皇賞だけに限らず芝コース全体に傾向として出るので、「このファクター」を知っているのとそうでないのでは馬券の組み立てが変わるので、覚えておいて損はないだろうw


そう なると、ピンとくる方は多いと思うが、、、、、キタサンブラック仕様の馬場の出来上がりだ!
これで内目の枠でも弾ければ、まさに「勝ってくれ」状態だろ。ま、あくまでも良馬場前提の話しだけどね。
この週が終わった後は、特に大きなレースのない京都競馬場なので、つつがなく、良好な状態を保ちながら開催を終えるというのが大体のパターン。

このように「どの週にどういう馬場状態を作るか」という事は作為的に出来るんですね。
次回は馬場状態の変化、「東京競馬場編」を御送りするつもりでいるので、お楽しみに〜( ´ ▽ ` )
気が変わったらゴメンよw

第27回
天皇賞・春 (5月・GⅠ)

2006年 天皇賞春 G1~長距離は騎手で買え!

今週は、2006年 天皇賞春 G1です!

僕が競馬を始めた頃によく聞いた格言。

長距離は騎手で買え!

あちこちで聞いた言葉だ。


ここで天皇賞(春)トリビアなんですが、実は京都の芝3200mで行われるレースって天皇賞(春)しかなのは知っていただろうか。
菊花賞が行われる京都芝3000mも実は、菊花賞と 万葉Sのみ。

これが「長距離は騎手で買え!」の理由の「根拠」なんだね。
そうなるとこのレースを最も経験している騎手が、自然にいい成績を上げられるようになってくる。

G1の雰囲気、相手関係、などなど年に一度しかないシチュエーションを最も数多く経験し結果を出している武豊、「混戦」と言われる今年の2006年 春の天皇賞だけど、これは大きなアドバンテージとなるだろう。


ここでは歴代 武豊騎手騎乗馬の成績を集めてみた。


~天皇賞春 歴代 武豊騎手の成績~

99回 天皇賞春 イナリワン 1着

101回 天皇賞春 スーパークリーク 1着

103回 天皇賞春 メジロマックイーン 1着

105回 天皇賞春 メジロマックイーン 1着

107回 天皇賞春 メジロマックイーン 2着

109回 天皇賞春 ナリタタイシン 2着

111回 天皇賞春 ハギノリアルキング 3着

113回 天皇賞春 カミノマジック 16着

115回 天皇賞春 マーベラスサンデー 3着

119回 天皇賞春 スペシャルウィーク 1着

121回 天皇賞春 ラスカルスズカ 2着

125回 天皇賞春 ジャングルポケット 2着

127回 天皇賞春 ダイタクバートラム 3着

129回 天皇賞春 リンカーン 13着

131回 天皇賞春 アドマイヤグルーヴ 11着

133回 天皇賞春 ディープインパクト 1着

137回 天皇賞春 メイショウサムソン 2着

139回 天皇賞春 モンテクリスエス 12着

143回 天皇賞春 ローズキングダム 11着

145回 天皇賞春 ウインバリアシオン 3着

147回 天皇賞春 トーセンラー 2着

149回 天皇賞春 キズナ 4着


大敗したり去年みたいに人気を裏切った時もあるけど、

22回騎乗して、6勝 2着6回 3着4回

約4回に3回は上位にきてる、大ベテラン。更に今年2006年 天皇賞春では、昨年の汚名を返上したいところだろうから、最も注目されている。

そして今回も当然期待されるのはオーナー北島三郎氏の「祭り」だ。

昨年の有馬記念では勝てなかったにもかかわらず歌ったが、今回は勝って歌いたいだろうから、サブちゃんの意気込みも相当なものだろーね!


第16回
天皇賞・春 (5月・GⅠ)

天皇賞2016 来年の展望

そして、2016年、天皇賞の展望


来年となるとどうですかね。今年のメンバーは比較的若いメンバーなので、半分くらいは同じ顔ぶれになるかもしれないですね

ただ2015年はマイルチャンピオンシップ相当な顔触れになるはずです。

その組が回ってきたらガラリと勢力図変わるでしょうね。

まだ古馬との混合G1での3歳馬勝ちが無いですけど、スワンS勝ちアルビアーノ富士S勝ちダノンプラチナあたりがマイルCS勝つようなら、来年が相当楽しみです!!



一応あとはクラシック組ですかね。リアルスティールとか、忘れかけられてますがルージュバックとか。そろそろ古馬組は世代交代でいいでしょう。



本来なら二冠馬ドゥラメンテがいれば全部勝たれてもおかしくないでしょうか、両前骨折って結構きついです。

治ったとしても時間かかるでしょうね。




第15回
天皇賞・春 (5月・GⅠ)

天皇賞2015回顧

2015年、天皇賞の回顧。

ラブリーデイ、楽勝でしたねえ。
浜中騎手はレース中最後の直線で前がパッカリ空いたのを見て思わず「勝った」って声が出たって言ってましたよ。まあもう文句つけようないですね。

はっきり言っちゃいます。キンカメの一流馬にはディープ産駒勝てないです。これが現実です。
ダービーも皐月賞もそうだったじゃないですか。でもこれ、牡馬に限った事ですけらね。新格言です。



エイシンヒカリは「まさか」でしたねえ。ゲート開いて10秒でほぼ競馬終わりましたよ。
普通に逃げたとしても危ないかなって気はしていたんですが、まさか他の馬にハナを叩かれるとは。田辺はくそ度胸ですね。
結果エイシンに先着してるんだから誰も文句は言えないですけど、、なんとか往年の輝きを取り戻そうとしていた武豊に
とっては相当がっかりというか本人凹んでるでしょうね。

当然ユタカの作戦としては、まずはハナを切って、そこからどういう競馬をしようかというのが本人のシュミレーションだったと
思いますけど、まさか逃げられないとは考えてなかったと思います。まさに頭真っ白でしょう。

一昔前なら武豊に喧嘩を売る騎手なんていませんでしたよ。ましてや天皇賞です。


とうとうそんな時代になったという事でしょうね。



2着がステファノス藤原英調教師は相当自信あったみたいで怒ってましたよ。この枠じゃ勝てないよって。枠順ドラフトやれって。

たしかし後数列内を通れたらもしかしたかもしれませんね。しかし流石名門、どう見ても本質マイラーのこの馬をしっかり仕上げましたね。
厩舎としてはもう藤原時代ですね。今年もG1二勝ですし。


競馬予想サイトを検索!
▼競馬・競艇検証.comのコンテンツ▼

トップへ