第57回
オークス (5月・GⅠ)

2017 オークスと、ダービー

今週来週は、いよいよ春のクラシック天王山オークスダービーが行われるぞ。
今回はこの2レースで「注目したい点」を考えていきたいと思う。


先ずは「オークス」だが、
ヒントになるのは先週のヴィクトリアマイルだ。
「最後の直線」で相当にコースの内側を避けて、真ん中から外へ各馬進路を取っていたのは明らかだった。

金曜から土曜にかけて、かなりまとまった雨が降ったことで、馬場の内側は一気に悪化していた。
一応、今週も路盤整備が行わなれるので、ある程度は回復するとは思うケド、引き続きBコース使用なので、日曜の頃には、また内側が傷みだすことが予想される。

そうなると、あくまで良馬場前提だが、先週のヴィクトリアマイルのような最後の直線のシーンになるのではないかと思ってる。
ただでさえ未経験の距離への適性が問われるオークスで、実走距離で2400m以上を走ることを強いられるのなら、今年は例年以上に「距離適性」を掘り下げて考えなければならないだろう。



一方「ダービー」はというと、
期待していたファンディーナが早々と回避表明したから、トライアル経由の新顔はアドミラブルくらいで、ほぼ皐月賞組がスライドするメンバーになりそうだ。

ただ、ダービー開催週はCコース使用だから、オークスとは全く違う高速馬場となる事が予想される。
天候が崩れなければ1日使ったくらいでは傷むような馬場ではなく、更には今年はここまでの傾向から、かなりの高速決着になりそうな雰囲気。

先日のNHKマイルCをアエロリットがとんでもない時計で勝ったのも傾向の表れとみていいだろう。
そうなると、勝ちパターンは「ディープブリランテ」や「ワンアンドオンリー」が勝った年のようなインベタ先行押しきりが有利かな?と、思われるw


…「この傾向」は、下手したら安田記念まで続いても驚かない。
総括するならば「高速馬場を最も上手く味方につけた馬」が、一番勝利に近いところにいるということだろう。

これからの東京開催は「馬場」に細心の注意が必要だ。


第30回
オークス (5月・GⅠ)

オークス2016の競馬ブログ (東京優駿牝馬2016)

東京競馬場は G1競走5週連続ブッ続けで開催ですが、今週はオークス2016です!

桜花賞は3強と言われていたけど、一番人気のメジャーエンブレムが逆噴射で撃沈。NHKマイルで巻き返したけど、その結果オークスには出走できず。桜花賞馬ジュエラーは骨折となり、今回はシンハライトの1強という形になったが、はたしてどこまで抜けた1強なんだろーか。

個人的な見解では無風の2016 オークス馬と見ています。まず勝つだろうな。
だけどもだけど?

二着はどの馬だ?

三着はどの馬だ?

俺には全くわかんねえ!

…でも、そんなの関係ねぇ!…って、古っw 寒ぶっw

…難しいね~素質で抜けている馬がいないので、あとは中間から直前の調整過程を綿密に追い勝かけて組み立てていくのが本来、普通のアプローチなんだけど、結論としては素質が抜けている馬がいないのだから 仕上がっている馬を買うのが的中への近道となるんだよな。

じゃあ、どうやって仕上がっている馬を探すのか?

やはり難しいね。…でも、簡単な方法が一つだけあります。

それは…どうしよう…

この情報公開してもいいのかな?


では思い切って公開します。


昨年のオークスで馬券になった馬は、全て外厩を経由して入厩しているんですよ。実はこれが。

メジャーエンブレムも外厩から入厩して10日でレースを使ってG1勝っちゃったんだから。

「でもどうやって調べるんですか?」

って言われるトコロだろーね。そんな情報どこにあるの?ってね。でもこれが流石に最近はここまで外厩が話題になっているので、そのあたりを前面に押し出した情報サイトも見かけるようになりました。

そちらあたりを参考にするのもありなんでしょー。…ホントはサイトを紹介したいのですが、この競馬ブログでは競馬予想をしたり、あまり他のサイトを紹介したりってのはしないようにしているので、ご自身で探してみてください。(≧ω≦)ゴメ~ン

調べ方は、競馬新聞の調教の日にちを追いかけるだけで大体のパターンが見えてきます!…難しいかな?
短期放牧に出ている馬は、当然その間の調教の時計が抜けてるんですね。ソレはなぜならトレセンに居ないからです。直近3週間以上の時計が出ている馬は、3週間前から厩舎に居たという事なんでねーw
なかなか調教欄とにらめっこする機会はないので、これを機に是非チャレンジしてみてください。

…いつ厩舎に帰ってきたか? …更には、

「帰って来てから調教本数が少ない」

…というのが、外厩を使っているという目安になります。
調教を見れるようになると、長い目で見ても必ず競馬力UPに繋がりますね!

今回のオークス2016は、絶好のサンプルケーススタディーになりますので 是非チャレンジしてみてはいかがでしょー? それで的中を勝ちとれば自身に繋がるからね!!


それでは皆さんごきげんよう!!!
競馬予想サイトを検索!
▼競馬・競艇検証.comのコンテンツ▼

トップへ