第70回
競馬の楽しみ方~番外編★

中山キケン注意報


先週から阪神、中山は2ヶ月のロングラン開催に突入しましたねー。

阪神の馬場は芝が青々として良好な状態だけど、中山は「これが開幕週か!?」って言うよーな芝コースの状態だ。
この状態で今週は「弥生賞」が行われるのだが、正直、私が馬主だったら「やっぱ、やめよう」と強権発動したくなるくらいヤバイ。


先週の「中山記念」でもペルシアンナイトが出遅れたこともあったが、全く差せずの惨敗。
送り出した厩舎も「まさかあそこまで酷い」とは思わなかっただろう。かなり馬場の影響が出てた。


昨年ダービーを勝ったレイデオロを管理する藤沢調教師は、「皐月賞に挑む前に「2歳時に葉牡丹賞、ホープフルSと使ったことで馬が痛んだ。そのために前哨戦を使えなかった。古馬ならいざしらず、この時期の若駒にとっては中山コースはかなりタフなコースで、レイデオロの場合、それがモロに出たと思う」とコメントしていたからね。

8週間のうちAコース使用は6週間、皐月賞を含む最後の2週間がBコースなのだが、その間に皐月賞トライアルのスプリングSもある。
これからクラシックを目指す陣営にとっては、これは大誤算だろう。


JRAのホームページも確認してみた。
----------------------------------------------
直前情報(2月23日(金曜)正午現在の情報)

芝の状態

第1回中山競馬終了後、損傷箇所の凹凸整正及び洋芝追加播種、肥料散布を行い、1月下旬より約2週間のシート養生を実施しました。低温の影響で洋芝の生育が鈍く、3コーナーから4コーナー内側を中心に回復の遅れている箇所が見られます。

(以上JRAのHPより抜粋)


画像をクリックするとポップアップで表示 
↑内と外と芝の色が全然違う。

回復が遅れているのに使ったら芝の状態は更に悪くなるだろー。
更に、これでどこかのタイミングで雨でも降ったら、もうとんでもないことになるだろーな。
実際、天候が崩れてきそうだし。


皆さん、なるべく中山の芝のレースでは勝負しない方が無難かと思いますよー。大穴を狙うのなら(狙えるような競馬じゃないので、そこらへんの小学生にでも3つ番号選んでもらってもいいかもしれませんw)チャンスかもしれないけど、「勝ちに不思議の勝ちあり。負けに不思議の負けなし。」の精神で行くのなら止めることはいたしませんw

以上、中山注意報でした。


競馬予想サイトを検索!
▼競馬・競艇検証.comのコンテンツ▼

トップへ