第73回
競馬の楽しみ方~番外編★

いたたまれない、当て馬

さて、今回の競馬コラムは、「男」ならいたたまれなくなる「当て馬」のハナシをしよーと思う。

…って、その「当て馬」の話の前に「種馬」について書こう。
桜花賞と皐月賞が終わり「クラシック」が始まったな〜って感じがしだしたところで、新種牡馬がいきなりクラクック初戦を勝ったから、改めて「種馬」についても調べ直してみた。


「種馬」の正式名称は「種牡馬」という。
現在日本 での人気No.1の種牡馬は、誰もが知る「ディープインパクト」だ。
1回の種付け料が3,000万円もする。(2017年の調べ)
今年はさらに1,000万上積みされて4,000万になるという噂。


そんなディープインパクトは、2010年から種牡馬入りをした。
この年は900万円から始まりで、大体これくらいの相場から種牡馬生活が始まる。

「来年4,000万円の種付け料を取るという馬が最初は900万円?」と思うだろーけど、何故ならスーパーサラブレッドでも人間と同じで、種付けしたからといって必ず受胎するとは限らないから、共用開始から数年は不受胎時全額返還という「保険」がつくそうだ。


この「保険」というのは生殖能力があるかないか、あるいは受胎率のバラツキなども考慮され、大体どの馬にも適用される「保険」なんだとか。
そして種付けをして確実に受胎し、そしてその馬が活躍すれば「種付け料」はガンガン上がって行くのだ。

ディープの場合、安定した種付け能力が証明されたため、右肩上がりに種付け料が上がり続けている。
2018年、ちょうど今頃(4~5月)が馬の繁殖時期なんだけど、

 一発4,000万円の大砲を、年間200~250頭の牝馬とヤリ続けているのだ。


…自分の馬がヤリ続けてくれるとガバガバと金が入る。…って仕組みは、なんだか「人間」が嫌になりそうだけど、しかし上には上がいるもので、2014年の記録によると欧州の種牡馬ガリレオは、なんと一発 5,300万円という、とてつもない大砲だったそう。

現在は「Private」となり非公開となってるが、私の調べたところだと、おそらく世界No.1の種牡馬が「ガリレオ」で、No.2が「ディープインパクト」のようだ。

…因みになんでこんなに「ガリレオ」が高いかって言うと、「ガリレオ」が2006年まで現役種牡馬であったことは確認できており、それまで欧州の至宝と呼ばれるくらいの価値の高い「サドラーズウェルズ」という馬がいて、その産駒の中でも最も良血で種牡馬となった後の評価も高いからなんじゃないかと思う。

つまり「サドラーズウェルズ」がディープの父「サンデーサイレンス」だとすれば、最高傑作の「ガリレオ」が「ディープインパクト」みたいなもんだ。



…さて、ここでやっと今回の本題「当て馬」の悲しい事情に話がつながるのだが、一応馬の「発情期(稼ぎ時)」としては4~5月となっているのだが、この時期にヤッてほしくても都合よくいくわけじゃない。

人間みたいに、スッポンとか朝鮮人参で、食べ物で精子が増えるとか、精力倍増とか、そういう調整ができるのか、今回調べてみたけど、そんな情報は流石に見つからなかった。
ただ、体調を整えるという意味ではサプリメントとかは食べさせてるんだとか。

オーナーとしては美尻の「かわいい牝馬」でもあてがって、兎に角 ヤリまくってもらいたいわけだが「当て馬」というのは「かわいい牝馬」のことではなく、「オスの馬」のことだ。

毎日毎日女をあてがわれたら、女に飽きて男色になる。…ってコトじゃない。
ヤル気の無いオスの前に、別のオスを出し、「あ、ヤベー、俺の女が寝取られる!」って思わせて「ヤル気」を出させる為の馬が「当て馬」だ。

当然、「当て馬」もヘンなポンコツではなくて(人間でもそれじゃ「寝取られる」って危機感感じないからな)人間で言うとこのイケメンで、たまに「当て馬」がヤっちゃって、できた子供の能力が高かったりもするそうだしな。


…ただ、悲しいのは基本的に「当て馬」のお役目は、スーパースターの種牡馬の「ヤル気」を出させるのが仕事。
なので、ギンギンにヤル気になっちゃっても、見るだけで「おあずけ」だ。
「ハイ、ハイ、お疲れさん」って言われて「おこぼれ」などにはありつけない。


どうだろう。男として、いたたまれなくならないだろーか。


競馬予想サイトを検索!
▼競馬・競艇検証.comのコンテンツ▼

トップへ