第85回
競馬女子・藤田菜七子ネタ

藤田菜七子のピンチ

先日、今年初頭から藤田菜七子騎手のエージェントについて書いたが、今回はその続編となる。


得意新潟を前に天国から地獄へ。藤田菜七子のピンチ


…とでも今回のコラムにタイトルを付けようか。
先日、藤田菜七子騎手エージェントが、川島康孝(元ダービーニュース)から戸崎、内田博騎手を担当する中村剛士に変更となり、藤田騎手に回ってくる馬の質も飛躍的に向上したことを書いたばかりだったが(→コラム)、そんな運気がまわってきたと喜んでた矢先、

…なんと中村剛士氏と藤田菜七子騎手のエージェント契約が破棄されたと発表された。
画像をクリックするとポップアップで表示 
↑コンビニで「アサヒ芸能」の表紙に「藤田菜七子」を見た人も多かったのではないか。


…藤田菜七子騎手のエージェント契約が破棄された、その理由としては、6月17日に藤田騎手がG1騎乗が可能となる通算31勝(地方での交流競争2勝を含む)をあげた後、あまり表に出てこないことで知れてる中村剛士氏が、スポーツ紙のインタビューに対し、今後訪れるであろう藤田騎手のG1初騎乗への抱負を語ったようだが、その話題以外にも「藤田騎手へどのように接しているか」などと質問された際に「馬主さんや関係者に対する礼儀などを厳しく指導している」と語ったところ、
異常なまでの菜七子人気の成せる業か、中村剛士氏の「見た目」に嫉妬して、あらぬ想像に掻き立てられた菜七子ファンか、ネット上には藤田菜七子騎手と親密な立場(?)にいる中村剛士氏への批判が、大量に投稿されてしまった。


JRAの規定でエージェントは騎手3人と若手1人まで契約できる。
若手騎手ともなれば普通に親子ほど年の離れた関係となるので、自分と契約している騎手ならば当然そうした指導も普通に行うのだろうが、前述したような異常なまでの藤田菜七子人気のため、中村剛士氏関連のありもしない誹謗中傷がネット上で相当量飛び交い、中村氏の耳にも入ったのだ。

その影響からか、中村剛士氏はかなり頭を悩ませていたようで、これ以上炎上すれば藤田菜七子騎手や他の関係者にも迷惑がかかると、中村氏自らが判断し、契約を解除したというのがどうやら「真相」のようだ。

前に書いたコラムにも書いたが、中村剛士氏の前の川島康孝(元ダービーニュース)との契約解除も、「ウワサ」では川島康孝氏と藤田菜七子騎手の距離が「近すぎた」のが問題だったのではないか?…と、ウソかホントか、そんな「ウワサ」もあるし、他にも色々と「ウワサ」は聞くので、「コリャ面倒だ」と中村剛士氏が引いたように見える。
エージェントが中村剛士氏ではなく、こんなだったら、こうもなってなかったかもしれない。


今年の前半中村剛士氏のおかげもあり、有力馬の騎乗依頼も増えていたのだが、これでまた元の木阿弥で、現時点で藤田菜七子騎手にエージェントは存在しなくなった。

おそらく、しばらくは自分で営業をするか、師匠の根本調教師が乗り馬の差配をすることになるのだろう。


先日の藤田菜七子騎手の着てた、超普通のパーカーが、チャリティオークションで高騰して12万5000円も値がついたってのも異様だし、JRA唯一の女性騎手、しかも「かわいい」ということで、何かと話題になることは、もう藤田菜七子騎手の宿命としか言えないだろう。
まだやっと20歳になったばかりの騎手に有名税を捌き切れる術があるとは思えない。

しばらくはチヤホヤされるのをシャットアウトし、愚直に騎手道に専念する試練の時期なのかもしれないね。


優良競馬予想サイトを探すなら【競馬検証.com】
検索
競馬予想サイトを検索!
▼競馬検証.comの競馬コンテンツ▼

トップへ