第102回
競馬の楽しみ方~注目馬編

2019年注目の注目馬〜古馬編

  1. 2019年注目の注目馬〜古馬編

  2. 前に競馬コラムで「2019年注目の注目馬と期待値〜クラシック編」を書いたのだが、「古馬編」を書くのを忘れてたので、書くことにするw

    昨年のこの路線は2016年のダービー、昨年の天皇賞(秋)勝ち馬である「レイデオロ」が牽引したが、今年2019年は活きのいい明け4歳馬が多数存在するため、明け5歳勢はこれらとどう戦っていくかが焦点になってくるだろう。


    マイル路線では昨年のマイルCSを3歳馬の身で勝った「ステルヴィオ」が現在は最右翼と言えるだろう。


    そしてこのレースで2着でだったのが、一昨年のマイルCSを同じく3歳馬の身で勝った「ペルシアンナイト」だ。…ズバリこの「ペルシアンナイト」は「活きのいい4歳馬と古豪の戦い」という構図にマッチする。


    そしてココに割って入る可能性を秘めているのが、昨年の安田記念馬の「モズアスコット」か。
    「モズアスコット」は昨年のマイルCSや、香港マイルでは噛み合わない競馬が続いて結果が出てなかったが、立て直されればまだまだ十分にGⅠ手が届くポテンシャルを秘めている馬だ。


    そして意外路線からでは、菊花賞馬「フィエールマン」を私は挙げたい。
    実績的には菊花賞馬ということで、長距離馬のイメージがあるかもしれないが、この馬は福島競馬場で行われたラジオNIKKEI賞2歳Sからぶっつけで菊花賞を勝ったという変わり種なのだ。
    距離が一気に1,200mも延長されたGⅠを、ぶっつけで勝つセンスとポテンシャルは相当なものじゃないだろーか。

    2019年は現時点で春の天皇賞に有力馬がおらず「空き家」となりそうな雰囲気なため、そちらに回る可能性もあるが、その「フィエールマン」のセンスと自在性、瞬発力はマイル向きであるとも思えてしまう。

    ただ、前出のステルヴィオと同馬主であるキャロットクラブ所属ということから距離の融通性を考慮して使い分けがされ、中長距離路線をしばらく使うことも予想されるが、本質的には瞬発力に秀でたディープインパクト産駒だから、おそらくこの2頭はどこかでぶつかることが予想される。


    中長距離路線は前述の「フィエールマン」が有力馬の一頭だが、有馬記念勝ち馬の「ブラストワンピース」もこの路線の中心となるだろう。
    昨年が6戦して負けたのがダービーと菊花賞のみで、2戦ともしっかりとした敗因がある馬なので、まだまだ全く底を見せていない馬と言える。
    この「フィエールマン」と「ブラストワンピース」の2頭に、「レイデオロ」を加えたこの3頭がこの路線の中心となるだろう。


    牝馬路線では、昨年ようやくシルヴァーコレクターから脱したエリザベス女王杯勝ち馬「リスグラシュー」が一応は中心となりそうだが、明け4歳勢も「アーモンドアイ」の陰に隠れて名前が埋もれている馬もいるし、各馬、適距離に戻って変わり身を見せる馬も現れても不思議はないので、ヴィクトリアマイルまでに本格化する馬が出てきても驚けない状況と言える。

    …と、簡単に「古馬編」をまとめてみた。
    参考までに。


優良競馬予想サイトを探すなら【競馬検証.com】
検索
競馬予想サイトを検索!
▼競馬検証.comの競馬コンテンツ▼

トップへ