第125回
競馬の楽しみ方~夏競馬編

2019年サマーシリーズを盛り下げるルール

  1. 2019年サマーシリーズも「該当馬なし」

  2. 2006年より始まった「サマーシリーズ」は、夏場を休養に充てる大物馬が多いことから、夏は競馬が興行として盛り上がらないという趣旨で始まった。
    開始当初は2000m戦と1200m戦しか無く、一応の盛り上がりを見せていた。


    ただその後、段々とシリーズ自体が下火になっていったため、サマーマイル及び、サマージョッキーシリーズも追加されて現在に至っているのだが、シリーズの人気が下げ止まったというか、シリーズ自体に関係者の関心が薄れて来てるって感じがしてならない。


    …と言うのも、今年は2000シリーズでは、初の優勝該当馬なし」という惨憺たる結果

    優勝の権利は「シリーズで指定されたレースのいずれかで優勝し、尚且つ各シリーズで決められた総合ポイント獲得を満たしていること」となっているのだが、サマースプリントシリーズは6戦あり、複数回の出走が比較的容易でサマーマイルシリーズは3戦しかなく、複数回の出走がなかなか難しいために、今年も昨年も「該当馬なし」と言う結果になってしまったのだ。


  3. 2019年サマーシリーズを盛り下げるルール

  4. 「サマーシリーズの優勝」条件は、指定されたどれかのレースに勝ち、尚且つ決められたポイントを獲得していることで、サマーマイルシリーズにおいては12ptを獲得していることが条件となっている。

    今年の最高ポイント獲得馬は中京記念を勝った「グルーヴィット」で11点だったのだが、この内訳は勝利ポイントが10点、出走ポイントが1点の計11点。
    5着以内に入ればあと1点が加算され「権利」を満たしていたのだが、残念ながら9着に敗れ優勝権利を満たせなかったのだ。

    レースなので勝ち馬が出るのは当然で、このシリーズはG3の勝利で10pt、G2の勝利で12ptが獲得出来るのだが、仕組みとしては「シリーズ」だから同カテゴリーに最低でも2回は出走しなければならないという「縛り」がある
    そのため、シリーズ優勝を本格的に狙うのであれば、最低でも「2戦」に出走しなければならない(サマースプリント王者のタワーオブロンドンは3戦出走)


    昨年のサマーマイルシリーズなどは最多得点馬の「ワントゥワン」は、シリーズ3戦に全て出走しが12pを獲得し、ポイント的には優勝資格を満たしてたんだが、残念ながら「勝利がない」という理由で「該当馬なし」とされた。

    今年の2000シリーズも5戦行われたのだが、5戦とも勝ち馬が異なり、尚且つ複数回出走した馬がいなかったため、こちらも「該当馬なし」となったのだ。


    ルールがある以上、まぁソレに従うのはわかるが、夏競馬を盛り上げるために企画されたシリーズなのに「該当馬なし」で盛り下げてどーなんだ?

    …そりゃ関係者の関心も薄れるだろーよ、
    これではつまらないもんな。

    JRAも相変わらず頭がカタイよ。


優良競馬予想サイトを探すなら【競馬検証.com】
検索
競馬予想サイトを検索!
▼競馬検証.comの競馬コンテンツ▼

トップへ