第196回
競馬の楽しみ方~地方競馬編

八百長、脱税の不祥事から笠松競馬が再開

  1. 八百長、脱税の不祥事から笠松競馬が再開

    八百長、脱税の不祥事から笠松競馬が再開

    関係者の馬券購入や経費水増しによる脱税、そしてあろうことかレースでの八百長…ここ1、2年でありとあらゆる不祥事事件が飛び交った岐阜・笠松競馬の事件は記憶に新しいと思うが、2021年1月の開催中止から9ヶ月の自粛期間を経て、9月8日(木)から再開されることとなる。

    今更その当時のことを書き連ねればキリがないし今さら蒸し返す気もなく、今は再起をかけて関係者一丸となって頑張っているようだ。
    …なので、今回は改めて笠松競馬を楽しむための競馬コラムにしようと思う。



    笠松競馬の再開〜残された9名のジョッキー

    2020年6月に不正馬券購入の発覚があり、地方競馬の恥である八百長ジョッキー9人が引退となった。

    この度の笠松競馬再開残ったのは、事件発覚前の半分となる9名で行うことになる。(名古屋競馬所属ジョッキーも参戦してのレースにはなる)
    この9名は、第二の笠松競馬を背負っていくジョッキー達だ。

    正直、地方競馬のジョッキーは中央競馬ほどビジュアルや個性などを伝えるメディアや媒体が少ないため、競馬ファンとしても馴染みが薄くなってしまうのは事実で、だからこそこれを機に、この残された9名を、9名しかいないからこそ、それぞれの個性を知ってもらい、応援することができると思っている。
    以下の個性ある9名で、9月から頑張っていくのだ。

    《1》 向山牧騎手

    地方競馬通算3591勝のベテラン。

    《2》 藤原幹生騎手

    東海ダービージョッキーで、通算1000勝も目前。

    《3》大原浩司騎手

    今年から騎手会長にした笠松一筋の騎手。

    《4》森島貴之騎手

    笠松唯一の30代、今後のリーダーとして期待される。

    《5》渡辺竜也騎手

    笠松競馬初となるNRA優秀新人ジョッキー。

    《6》深沢杏花騎手

    美人じゃないが紅一点・笠松のアイドルジョッキー。

    《7》東川慎騎手

    岐阜出身、地元ファンの期待が大きい。

    《8》松本剛志騎手

    笠松で生きると決めた、関西人ジョッキー。

    《9》長江慶悟騎手

    2020年デビュー。水色の勝負服はインパクト十分。



    笠松競馬の再開に向けた準備

    7月から2歳馬の能力審査は行われていたが、笠松競馬の再開が決まった8月からは模擬レースを定期実施となった。
    ファンの反応は開催が始まってみないと分からないところではあるが、ジョッキー、調教師、厩務員、関係スタッフたちは本来の日常を取り戻し、みんなで前に進もうとする様子は感じられる。

    運営側としてもあのような不祥事が二度と起きないため、9ヶ月間再発防止に向けた整備等でかなりの時間をかけ、苦労をしただろう。

    コロナウイルスの状況が落ち着いていれば本場に客を入れた再開もできたのだろうが、ここは残念ながら無観客での実施となった。

    ネット投票不正購入の引き金になってはいたのだが、近年好調のネット投票は欠かせないので、再開に合わせて各投票サービスも通常の発売を行うことになった。
    時代のニーズを考えれば、いかにネット投票ユーザーへ訴求できるかが重要なポイントだから仕方ない。

    今後の笠松競馬には南関東競馬や高知競馬、ばんえい競馬など、ニーズの高い他の地方競馬場にも負けない施策を期待したい。



    笠松競馬場〜名馬オグリキャップの故郷として

    笠松競馬場は、あのオグリキャップの故郷なのでオグリキャップ像が建てられている。

    オグリキャップと言えば、オールド競馬ファンなら誰しもが知っている名馬中の名馬で、そんな昭和〜平成の名馬が、令和となった今、若者にまで認知される存在になっている。

    その原因は大人気のスマホゲーム「ウマ娘」にも登場してくるオグリキャップで、最近は「ウマ娘」のキャラクターの声を務めている声優が競馬場へ行ったり、番組に出演したりして、競馬ファンの新規獲得や、各競馬場のプロモーションに一躍買っているので、再開を機に笠松競馬でも声優を招待するのではないだろうか。

    オグリキャップがどういう馬だったか、どういうレースをしていたか。というのは、とりあえず今回は割愛させてもらうが、競馬人気(というかウマ娘人気)が盛り上がっている今のうちに、笠松競馬のイメージアップ作戦も便乗するといいだろう。

    …と、些か冗談気味に書いてみたものの、9ヶ月間開催をしなかったことで収益がなく、笠松競馬の経営状況としては文字通りの綱渡り状態だ。
    とにかく馬券を買ってもらい過去の悪い印象を払拭するしかない。

    関係者はクリーンなレースをして、ファンは気持ちよく馬券を買う。
    当たり前の日常が当たり前になるよう、私も再開初日からご祝儀込みで馬券を買いたいと思う(笑)


優良競馬予想サイトを探すなら、競馬予想サイト検証.COM

競馬予想サイトを検索

検索
競馬予想サイトを検索!

無料予想のある、優良競馬予想サイト

優良競馬予想サイトを探すなら、
競馬予想サイト検証.COM

競馬予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

ダビアカ(ダービーアカデミア)という競馬予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

ダビアカ(ダービーアカデミア)の無料予想(無料情報)だが、11/19から検証がはじまり、11/2011/2611/2712/312/4と、ここまでの無料予想を全て見ていたが、これまでの6レースは全て全滅だった

馬連で全敗(5点提供)とは驚かされている。

さて、第一回ダビアカ(ダービーアカデミア)の無料予想の抜き打ち検証は、土曜のGIII重賞、チャレンジカップ馬連無料予想の検証だ。

ダビアカ(ダービーアカデミア)という競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ ダビアカ(ダービーアカデミア)の無料予想(2022/12/03)

軸は2番のルビーカサブランカ(4人気)であるが、どうにか2着を確保し馬連的中と思いきや、なんとルメールが騎乗するグリグリ1番人気単勝1.9倍ソーヴァリアント買い目に入っていないのである。

今回に関しては神の冒涜レベルと言っても過言ではないだろう。
サイトが相手として買い目に入れた5頭は、
3エヒト(8人気)→3着
4サンレイポケット(7人気)→4着
6エアファンディタ(9人気)→5着
12ヒンドゥタイムズ(2人気)→6着
13ディアマンミノル(11人気)→12着
と、意外に好走をしたのだが、残念ながら連対することはなかった。

肝心な1着馬を買い目から抜いている時点で、相手馬の人気順位を見れば「穴狙い」ということはわかるのだが、競馬の根本的な「的中させる」という概念を無視するという暴挙は、競馬予想サイトとして許されないだろう。

というのも、ソーヴァリアント(1人気)とルビーカサブランカ(4人気)の馬連で、1480円の配当がついているのだから、わざわざ1番人気だからといって抜く必要はなかった。
…いや、普通であればソーヴァリアント(1人気)を軸にするだろ。競馬とは、そういうものだ。

明らかに、勝てそうな時は1番人気でも軸にすれば良いし、不安要素が見え隠れする1番人気であればヒモにするか切れば良い。
きっとダビアカの担当者は、ソーヴァリアント(1人気)の前走着順13着(オールカマー)を見て、「これは切るしかない!来なければ配当が美味しい!」とでも考えたのだろう。
ダビアカ(ダービーアカデミア)という競馬予想サイトの予想担当者は、残念すぎる、浅はかな考えの持ち主である。
これだから馬連で6連敗もしているのだ。
最低最悪・無料競馬予想サイトランキング
競馬予想サイトの無料予想だけを使い続けた場合 、1日にかかる賭金や、1日1Rあたりの平均収支をランキング形式にしました。 口コミなどを基にした悪評サイトのランキングではなく 、⻑期間無料予想の検証を行った データを基に算出した、マイナス収支ランキング です。
順位 サイト名 金額
1位 一点予想屋本舗 ¥-52,882
2位 馬券コレクション(馬これ) ¥-47,985
3位 競馬チャンピオン ¥-36,286
4位 ビット競馬 ¥-27,414
5位 P4 ¥-25,781
6位 騏驎(麒麟) ¥-21,830
7位 勝ちウマ王国 ¥-21,488
8位 merit(メリット) ¥-18,650
9位 キャリーオーバー ¥-18,579
10位 やっぱり地下競馬 ¥-18,194
順位 サイト名 金額
1位 一点予想屋本舗 ¥106,909
2位 馬券コレクション(馬これ) ¥60,000
3位 キャロット ¥55,160
4位 勝ちウマ王国 ¥54,045
5位 競馬チャンピオン ¥44,143
6位 騏驎(麒麟) ¥40,000
7位 merit(メリット) ¥39,666
8位 P4 ¥35,000
9位 ビット競馬 ¥30,571
10位 的中タウン(的中TOWN) ¥30,000

トップへ