第215回
競馬の楽しみ方〜馬主オーナー編

2022年は、より期待できそうな金子オーナー馬

  1. 2022年は、より期待できそうな金子オーナー馬

    ダービー馬、ワグネリアン急逝の後…

    2018年の日本ダービーを制したワグネリアン(7歳)が、今月5日、多機能不全により急死した(馬の平均寿命25-30年)
    昨年のジャパンカップの後に体調を崩して休養に入っていたが、結局そのまま回復することなく、非常に心を痛める最後となってしまった。

    その日本ダービーの勝利は、福永祐一騎手に初めての「ダービージョッキー」のタイトルをもたらした、競馬界においても印象に残るダービー馬だ。
    福永祐一騎手本人も「素晴らしい経験をさせてもらった馬。感謝しかない」とコメントをしている。

    2018年日本ダービーを制したワグネリアンと福永祐一騎手
     
    冥福を祈るとともに、安らかに眠って欲しい。



    先輩馬に捧げる勝利。飛躍の勝利。

    そんな悲しいニュースがあった後の先週の中央競馬開催にて、弔い…ではないかもしれないが、ワグネリアンと同じ勝負服の馬たちがファンを沸かせた。

    まずは土曜日に行われた愛知杯で、重賞初挑戦のルビーカサブランカが最内強襲から勝利をゲット。鞍上には、この勝利で36年連続重賞勝ちとなった武豊騎手。明け5歳になるが、今年の飛躍を期待されるレースとなった。

    そして続く日曜日、日経新春杯ではヨーホーレイクが、昨年の日本ダービー以来となる出走にもかかわらず歴戦の強豪たちを撃破して勝利した。
    ディープインパクトでもお馴染みの勝負服金子真人HD」が同週2日連続で重賞勝ちを収めたのだ。



    ダビスタオーナー金子真人

    多くの名馬とともに、数々のビッグタイトルを獲ってきた金子真人オーナーだが、自身の所有馬を掛け合わせ、その子供でGIを勝つ。…ファンの間では「ダビスタオーナー」とも言われる超敏腕オーナーだ。

    記憶に新しいところでは、昨年の桜花賞馬ソダシ(父クロフネ×母ブチコ)、秋華賞馬アカイトリノムスメ(父ディープインパクト×母アパパネ)は、父母ともに自身の所有馬だ。
    いわゆる「カネコ馬」が血統表にズラリと並ぶ。

    先週重賞を勝った2頭もまた、自身が所有していた馬同士で配合し産まれてきた馬であり、そのすべてが成功している訳ではないが、こうもポンポンと結果を出すと、見ている我々はもちろん、オーナーサイドも非常に楽しいものだろう。

    競走馬、競馬界の常…ではあるが、去る馬がいれば、新しく芽を出す馬がいる。
    冒頭のワグネリアンの急死はオーナーサイドにとっても非常に悲しい出来事ではあったが、また新たな活躍馬が出てきたのは喜ばしいことだ。



    2022年は、より期待できそうな金子オーナー馬

    ただ、そんな敏腕オーナーとて、毎年のようにポンポンとビッグタイトルを獲っているわけではない。

    他の個人馬主に比べれば十分多いのだが、金子真人オーナーが1年間で最も重賞を勝ったのは2001年(この時は『金子真人』の個人名義)の10勝。それに続いて2000年、2015年に9勝があるのだが、今年2022年度は、その年間10勝の記録超えを期待させるような年明け早々の2日連続重賞勝利となった。
    (ちなみに2001年はクロフネがGI 2勝含む重賞4勝。その他ではトゥザヴィクトリー、ブラックホークがそれぞれGIを勝っている。)

    クラシック戦線ではまだコレといった有力馬は出てきていないものの、前述のソダシアカイトリノムスメは古馬になっても期待が十分できる。
    その他にも古馬勢は十二分に戦力が揃っているし、ここからのクラシック戦線に名乗りをあげてくる馬もいるだろう。

    今年2022年の一年は、そんな記録達成も気にしながら金子オーナーの馬の活躍を見届けたいところである。


優良競馬予想サイトを探すなら、競馬予想サイト検証.COM

競馬予想サイトを検索

検索
競馬予想サイトを検索!

無料予想のある、優良競馬予想サイト

優良競馬予想サイトを探すなら、
競馬予想サイト検証.COM

競馬予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

ダビアカ(ダービーアカデミア)という競馬予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

ダビアカ(ダービーアカデミア)の無料予想(無料情報)だが、11/19から検証がはじまり、11/2011/2611/2712/312/4と、ここまでの無料予想を全て見ていたが、これまでの6レースは全て全滅だった

馬連で全敗(5点提供)とは驚かされている。

さて、第一回ダビアカ(ダービーアカデミア)の無料予想の抜き打ち検証は、土曜のGIII重賞、チャレンジカップ馬連無料予想の検証だ。

ダビアカ(ダービーアカデミア)という競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ ダビアカ(ダービーアカデミア)の無料予想(2022/12/03)

軸は2番のルビーカサブランカ(4人気)であるが、どうにか2着を確保し馬連的中と思いきや、なんとルメールが騎乗するグリグリ1番人気単勝1.9倍ソーヴァリアント買い目に入っていないのである。

今回に関しては神の冒涜レベルと言っても過言ではないだろう。
サイトが相手として買い目に入れた5頭は、
3エヒト(8人気)→3着
4サンレイポケット(7人気)→4着
6エアファンディタ(9人気)→5着
12ヒンドゥタイムズ(2人気)→6着
13ディアマンミノル(11人気)→12着
と、意外に好走をしたのだが、残念ながら連対することはなかった。

肝心な1着馬を買い目から抜いている時点で、相手馬の人気順位を見れば「穴狙い」ということはわかるのだが、競馬の根本的な「的中させる」という概念を無視するという暴挙は、競馬予想サイトとして許されないだろう。

というのも、ソーヴァリアント(1人気)とルビーカサブランカ(4人気)の馬連で、1480円の配当がついているのだから、わざわざ1番人気だからといって抜く必要はなかった。
…いや、普通であればソーヴァリアント(1人気)を軸にするだろ。競馬とは、そういうものだ。

明らかに、勝てそうな時は1番人気でも軸にすれば良いし、不安要素が見え隠れする1番人気であればヒモにするか切れば良い。
きっとダビアカの担当者は、ソーヴァリアント(1人気)の前走着順13着(オールカマー)を見て、「これは切るしかない!来なければ配当が美味しい!」とでも考えたのだろう。
ダビアカ(ダービーアカデミア)という競馬予想サイトの予想担当者は、残念すぎる、浅はかな考えの持ち主である。
これだから馬連で6連敗もしているのだ。
最低最悪・無料競馬予想サイトランキング
競馬予想サイトの無料予想だけを使い続けた場合 、1日にかかる賭金や、1日1Rあたりの平均収支をランキング形式にしました。 口コミなどを基にした悪評サイトのランキングではなく 、⻑期間無料予想の検証を行った データを基に算出した、マイナス収支ランキング です。
順位 サイト名 金額
1位 一点予想屋本舗 ¥-52,882
2位 馬券コレクション(馬これ) ¥-47,985
3位 競馬チャンピオン ¥-36,286
4位 ビット競馬 ¥-27,414
5位 P4 ¥-25,781
6位 騏驎(麒麟) ¥-21,830
7位 勝ちウマ王国 ¥-21,488
8位 merit(メリット) ¥-18,650
9位 キャリーオーバー ¥-18,579
10位 やっぱり地下競馬 ¥-18,194
順位 サイト名 金額
1位 一点予想屋本舗 ¥106,909
2位 馬券コレクション(馬これ) ¥60,000
3位 キャロット ¥55,160
4位 勝ちウマ王国 ¥54,045
5位 競馬チャンピオン ¥44,143
6位 騏驎(麒麟) ¥40,000
7位 merit(メリット) ¥39,666
8位 P4 ¥35,000
9位 ビット競馬 ¥30,571
10位 的中タウン(的中TOWN) ¥30,000

トップへ