第230回
競馬の楽しみ方~番外編★

競走馬・ジョッキーが怪我をした後の長期休養の代償

  1. 競走馬・ジョッキーが怪我をした後の長期休養の代償

    長期休養の代償

    先日のヴィクトリアマイル、右前脚の繋靱帯炎で1年ぶりのレースとなった2020年の3冠牝馬デアリングタクトが見事復帰を果たした。
    結果こそ6着ではあったが、直線に入ったところでは「オッ」と思わせるような走りを見せた。

    反動がなければこの後は来月の宝塚記念が目標になるとのことだ。
    ひと叩きした上積みは大きいだろうし、このまま順調にいって復活勝利を期待したいところである。

    屈腱炎骨折などは競走馬には付きものの怪我だ。
    治療技術なども進歩し、ひと頃よりも回復のスピードが早くなったし、術後の後遺症なども少なくなってきてはいるが、それでもやはり怪我をした後競走能力に与えるダメージは非常に大きい。

    過去にはトウカイテイオー(骨折による1年の休養明けで有馬記念を勝利)など、長期休養明けを跳ねのけて復活劇を果たした馬もいるが、そんなドラマチックなことができるのはほんのひと握りであり、それこそ奇跡のようなものだ。
    兎にも角にも大きな怪我をせずに競走馬としての役目を終える、というのがどのホースマンの願いである。



    北村友一騎手、1年経ってようやく怪我から復帰

    怪我…と言えばジョッキーも同じで、レースに騎乗するうえで落馬は常について回るリスクだ。

    落馬の仕方が悪ければジョッキー生活に大きな支障をきたすケースもある。
    近年では栗東の北村友一騎手が大きな怪我を追った。
    昨年の5月、レース中に落馬して椎体や右肩甲骨などを骨折し、そこからここまで1年近く休養している。

    北村友一騎手と聞いて思い出すのはクロノジェネシスで、主戦ジョッキーではあったものの、この怪我により騎乗することができず、そのままクロノジェネシスが引退を迎えてしまったのは実に残念でならない。

    ただ、ここ最近はトレセンに顔を出すようになり、今週から調教にも騎乗できるほどまでに回復した。
    順調にいけば6月からレースに復帰する予定とのことで、ここから本番に向けて徐々にエンジンがかかってきそうだ。

    北村友一騎手、1年経ってようやく怪我から復帰
     


    松山弘平騎手、復帰したけど低調が続く

    そんなジョッキーの怪我も、復帰してすぐ…というわけにもいかない。
    天才・武豊とて落馬による負傷でなかなか本来の騎乗ができなかった時期もあった。
    ジョッキーもできることなら怪我はしたくないが、やはりこういったところでいかに踏ん張れるかがその後のジョッキー人生を左右することになると言えるかもしれない。

    北村友一騎手ほどの長期離脱ではないが、今年2022年 3月に落馬負傷した松山弘平騎手は復帰後なかなか波に乗り切れていない。

    松山弘平騎手、復帰したけど低調が続く
     
    昨年130勝一昨年127勝と堂々リーディング争いができるまでに成長し、今年も落馬のアクシデントがあるまでは快調に勝ち星を積み重ねていたのだが、復帰後人が変わってしまったかのような低調ぶりだ。

    今年はじめ2ヶ月少々で27勝を挙げていたものの、4月23日の復帰から先週までわずか4勝しか挙げられていない。

    焦って復帰して完調ではないのか、はたまた落馬を恐れて本来の騎乗ができていないのか、これは本人しか分からないことだが、昨年リーディング争いの上位にいたジョッキーだけに自然と人気馬が集まってくるだけに、馬券を買うファンとしては非常に買いづらい

    冒頭で紹介したデアリングタクトと一緒に復調していって欲しいところだが、ここまで1ヶ月は波に乗り切れていない状況だ。
    春競馬シーズンもそろそろ終わりを迎えようとしている段階で、夏競馬で結果を出し信頼を回復することは最低限の目標になるだろう。
    一日でも早くトンネルから抜け出せることを祈るばかりだ。


優良競馬予想サイトを探すなら、競馬予想サイト検証.COM

関連コラム

競馬予想サイトを検索

検索
競馬予想サイトを検索!

無料予想のある、優良競馬予想サイト

優良競馬予想サイトを探すなら、
競馬予想サイト検証.COM

競馬予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

ダビアカ(ダービーアカデミア)という競馬予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

ダビアカ(ダービーアカデミア)の無料予想(無料情報)だが、11/19から検証がはじまり、11/2011/2611/2712/312/4と、ここまでの無料予想を全て見ていたが、これまでの6レースは全て全滅だった

馬連で全敗(5点提供)とは驚かされている。

さて、第一回ダビアカ(ダービーアカデミア)の無料予想の抜き打ち検証は、土曜のGIII重賞、チャレンジカップ馬連無料予想の検証だ。

ダビアカ(ダービーアカデミア)という競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ ダビアカ(ダービーアカデミア)の無料予想(2022/12/03)

軸は2番のルビーカサブランカ(4人気)であるが、どうにか2着を確保し馬連的中と思いきや、なんとルメールが騎乗するグリグリ1番人気単勝1.9倍ソーヴァリアント買い目に入っていないのである。

今回に関しては神の冒涜レベルと言っても過言ではないだろう。
サイトが相手として買い目に入れた5頭は、
3エヒト(8人気)→3着
4サンレイポケット(7人気)→4着
6エアファンディタ(9人気)→5着
12ヒンドゥタイムズ(2人気)→6着
13ディアマンミノル(11人気)→12着
と、意外に好走をしたのだが、残念ながら連対することはなかった。

肝心な1着馬を買い目から抜いている時点で、相手馬の人気順位を見れば「穴狙い」ということはわかるのだが、競馬の根本的な「的中させる」という概念を無視するという暴挙は、競馬予想サイトとして許されないだろう。

というのも、ソーヴァリアント(1人気)とルビーカサブランカ(4人気)の馬連で、1480円の配当がついているのだから、わざわざ1番人気だからといって抜く必要はなかった。
…いや、普通であればソーヴァリアント(1人気)を軸にするだろ。競馬とは、そういうものだ。

明らかに、勝てそうな時は1番人気でも軸にすれば良いし、不安要素が見え隠れする1番人気であればヒモにするか切れば良い。
きっとダビアカの担当者は、ソーヴァリアント(1人気)の前走着順13着(オールカマー)を見て、「これは切るしかない!来なければ配当が美味しい!」とでも考えたのだろう。
ダビアカ(ダービーアカデミア)という競馬予想サイトの予想担当者は、残念すぎる、浅はかな考えの持ち主である。
これだから馬連で6連敗もしているのだ。
最低最悪・無料競馬予想サイトランキング
競馬予想サイトの無料予想だけを使い続けた場合 、1日にかかる賭金や、1日1Rあたりの平均収支をランキング形式にしました。 口コミなどを基にした悪評サイトのランキングではなく 、⻑期間無料予想の検証を行った データを基に算出した、マイナス収支ランキング です。
順位 サイト名 金額
1位 一点予想屋本舗 ¥-52,882
2位 馬券コレクション(馬これ) ¥-47,985
3位 競馬チャンピオン ¥-36,286
4位 ビット競馬 ¥-27,414
5位 P4 ¥-25,781
6位 騏驎(麒麟) ¥-21,830
7位 勝ちウマ王国 ¥-21,488
8位 merit(メリット) ¥-18,650
9位 キャリーオーバー ¥-18,579
10位 やっぱり地下競馬 ¥-18,194
順位 サイト名 金額
1位 一点予想屋本舗 ¥106,909
2位 馬券コレクション(馬これ) ¥60,000
3位 キャロット ¥55,160
4位 勝ちウマ王国 ¥54,045
5位 競馬チャンピオン ¥44,143
6位 騏驎(麒麟) ¥40,000
7位 merit(メリット) ¥39,666
8位 P4 ¥35,000
9位 ビット競馬 ¥30,571
10位 的中タウン(的中TOWN) ¥30,000

トップへ