第236回
競馬の楽しみ方~注目馬編

年度代表馬、エフフォーリアが崖っぷち

  1. 年度代表馬、エフフォーリアが崖っぷち

    年度代表馬、エフフォーリアが崖っぷち

    宝塚記念が終わり、上半期のGⅠシリーズもこれにて完走。
    勝ったのはタイトルホルダー、前走の天皇賞に続くGⅠ連勝で、ファン投票1位の期待に応えての快勝だった。
     
    そして、そんなタイトルホルダーを抑えて1番人気に推されたのが、昨年の年度代表馬エフフォーリアだった。

    しかし、結果は見どころなく6着敗退となった。
    つまりこれでGⅠの1番人気馬の連敗は、昨年のホープフルSから続いて13連敗
    2007年の12連敗(桜花賞⇒ウオッカ~菊花賞ロックドゥカンブ ※天皇賞秋でメイショウサムソン1番人気の連敗をストップ)の記録を更新した。
     
    1番人気の連敗記録は相手関係あってのものだから仕方ないところではあるが、とにかく心配なのはエフフォーリアの走りだ。 

    エフフォーリア
    ▲ エフフォーリア


    ついて行くだけでいっぱいいっぱいだった」とレース後の横山武史騎手のコメントといい、レコード決着となるペースをパンサラッサが刻み、道中から激しいレースとなったのは確かだ。 
    ただ、その中で昨年GⅠを3つも勝ち世代のトップに立った馬が、追走に苦しむ姿というのは見ていて実に悲しいものがある。 
     
    前走の大阪杯が不可解な敗戦(ゲートで鼻をぶつけて戦意喪失したという話があるが、笑えない)で、そこから挽回すべく攻め強化、さらにはブリンカーを着用して万全を期したように思われたが、この結果では陣営としてもただただ首を捻るばかりだろう。 
      
    また、自身の手で菊花賞を勝った横山武史騎手としては、その後お手馬の重複でエフフォーリアを選び、兄・和生騎手にバトンを渡す形になり、ここにきてクッキリと明暗分かれたのはきっと心中複雑だろうな。 
      
      
    古馬になってからの成長力に関して、ここ最近話題に挙がっているエピファネイア産駒。
    長期休養から復活した同産駒デアリングタクトが宝塚記念で3着に入り、多少なりとも面目は保ったようだが、前述のエフフォーリアをはじめ、4歳の年明けのAJCCを勝って以降不振に喘ぐアリストテレスや、まだ3歳だがサークルオブライフは3歳になってからサッパリの成績であるように、尻すぼみの馬が多い。
     
    もちろん産駒の全てがそうではないが、ここまでの傾向を見ると早熟の気(=古馬になって成長していくタイプではない)が関係者たちの間でも認識が強まっているようだ。  
    今年の2歳のエピファネイア産駒は価格高騰で人気が集まっていると同時に、その成績(結果)も非常に注目される世代で、これで鳴かず飛ばず…という状況だけは何としても避けたいところだろう。 
      
    肝心のエフフォーリア秋に向けて仕切り直しとなるが、どこまで状態を戻してこれるだろうか。  
      
    『一発屋』で終わってしまうのは、エフフォーリア陣営はもちろんのこと、生産グループ的にも非常に痛い話になる。
    巻き返しに燃える夏になることだろう。


    種牡馬の方に話を向けてみると、タイトルホルダーや牝馬2冠のスターズオンアースなど、ここにきてブレイク気配のドゥラメンテ産駒が人気急上昇。昨年の夏に急逝し、残された産駒は5代。
    今年の2歳馬を含むとあと3代のみであり、残された産駒にかかる期待はより高まってきている状況だ。
     
    ポスト・ディープインパクトを担う種牡馬はまだ現れず…の状況で、今年の夏から秋にかけての種牡馬戦線というのもまた夏競馬で楽しみにしたいポイントである。 


優良競馬予想サイトを探すなら、競馬予想サイト検証.COM

関連コラム

競馬予想サイトを検索

検索
競馬予想サイトを検索!

無料予想のある、優良競馬予想サイト

優良競馬予想サイトを探すなら、
競馬予想サイト検証.COM

競馬予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

横綱ダービーという競馬予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

ここ2週間の横綱ダービー無料予想の抜き打ち検証だが、 1/28×1/28×1/29は10.7倍で+350円、 1/29×2/4×2/4×2/5は10.7倍で+1,500円、 2/5×、…といったかんじで、8戦2勝6敗

今回もこの8鞍の予想精度だけで言えば回収率30%となり、前回の27%と変わらずマイナス収支となった。

さて、その中から今回は2023/02/04土曜日に提供された、横綱ダービーの無料予想を検証をする。

横綱ダービーという競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ 横綱ダービーの無料予想(2023/02/04)

土曜日の小倉7Rは、B.ムルザバエフが騎乗する◎スペクトログラムが1番人気だった。
しかし、2番人気の○ラニカイが単勝3.0倍なのに対して、2.8倍と微妙なオッズだ。

このような、飛び抜けていない並んだオッズの場合は、どちらかが飛ぶ確率が高いもの。
そして見事なばかりに9着に飛んだのは、横綱ダービーがワイドの軸に挙げた◎スペクトログラムの方だった。

そして、1着には▲サトミノマロン(3人気)が入り、2着には○ラニカイ(2人気)という縦目で決まったのだ。
よりにもよってツイていないものだ(笑)

レースでは、3番手の外につけた◎スペクトログラムだったが、3~4角で後続に被せられると、まったく抵抗できず後退してしまい、勝負どころでやめてしまうという気難しい面が露出してしまった。そもそも、気性に難のある馬を何故軸にしたのだろうか?

まだ、引退間近となった福永が乗る○ラニカイ(2人気)を軸にするのが常套手段。これに関しては2月特有の考え方であろう。

2/5土曜日の小倉7R

同日の中京メインでは、この日誕生日の酒井学が4番人気の メイショウフンジンで勝利するぐらいだ。
勝つべき騎手が勝ち、絡むべき騎手が絡むのが、競馬だ

関係者や騎手の誕生日や、区切り(記念)の勝ち星、引退絡み、その日その日で勝ちそうな騎手や絡みそうな騎手をピックアップしてから臨むのが「情報競馬」たる所以でもあるだろう。

横綱ダービーの予想担当者にも、それくらいの情報は、掴んでて欲しいものである。

neos(ネオス)という競馬予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

neos(ネオス)という競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ neos(ネオス)の無料予想(2023/02/04)

neos(ネオス)の無料予想(無料情報)1日2鞍提供されるのだが、この日は2/4(-5,400)、もうひとつは上画像の買い目で、今回検証する東京8Rの無料情報である。

このレース、単勝2.7倍のカフェカルマが1番人気になっていたのだが、鞍上は内田博で微妙な単勝倍率ってことで、個人馬券なら絶対に買いたくない部類である。

neos(ネオス)が提示したワイド馬券の相手馬は、○タイセイマーベル/戸崎(2人気)と▲ホワイトクロウ/石橋脩(4人気)の2頭だ。
3.6倍と迫った2番人気なだけに、どちらかがブッ飛びそうなレースであった。

結果は両方が飛んでしまい、どちらも掲示板すら乗らなかった。
土曜東京8R
▲ 土曜東京8R

◎カフェカルマ(1人気)➡︎10着
○タイセイマーベル(2人気)➡︎6着

唯一、▲ホワイトクロウ(4人気)が3着に絡んだのだが、競馬は▲の複勝を当てるゲームではないw
1〜4番人気を選んだ中で、唯一買い目に選ばなかった3番人気のベストフィーリングが勝ってしまうという最悪のオチ。
馬体重が、+14キロと+12キロの2頭にしてやられるとは、思いもしなかったことだろう。

選ぶレースがそもそもズレてたね。
人気馬で行きたければ、傾向をもっと調べた方が良いのではないか。
最低最悪・無料競馬予想サイトランキング
競馬予想サイトの無料予想だけを使い続けた場合 、1日にかかる賭金や、1日1Rあたりの平均収支をランキング形式にしました。 口コミなどを基にした悪評サイトのランキングではなく 、⻑期間無料予想の検証を行った データを基に算出した、マイナス収支ランキング です。
順位 サイト名 金額
1位 一点予想屋本舗 ¥-52,882
2位 馬券コレクション(馬これ) ¥-47,985
3位 競馬チャンピオン ¥-36,286
4位 ビット競馬 ¥-27,414
5位 P4 ¥-25,781
6位 騏驎(麒麟) ¥-21,830
7位 勝ちウマ王国 ¥-21,488
8位 フヤセル ¥-19,362
9位 merit(メリット) ¥-18,650
10位 キャリーオーバー ¥-18,579
順位 サイト名 金額
1位 一点予想屋本舗 ¥106,909
2位 馬券コレクション(馬これ) ¥60,000
3位 キャロット ¥55,160
4位 勝ちウマ王国 ¥54,045
5位 競馬チャンピオン ¥44,143
6位 騏驎(麒麟) ¥40,000
7位 merit(メリット) ¥39,666
8位 P4 ¥35,000
9位 ビット競馬 ¥30,571
10位 アルカナム(ARCANUM) ¥30,000

競馬初心者向け競馬情報コラム

トップへ