最終更新日:2023年04月01日に更新しました。現在までに確認した競馬予想サイトの口コミ数:110,397

競馬の楽しみ方~騎手編 (福永祐一、JRA調教師試験で合格) |競馬情報は、競馬のブログ形式の競馬コラムです

  1. 福永祐一、JRA調教師試験で合格

    華麗なる転身、福永祐一

    先日、JRA調教師試験合格発表があった。
    その合格者の名前に『福永祐一』の文字があった。

    そう、ここまで通算2500勝以上を挙げている文字通りの名ジョッキー、福永祐一である。

    福永祐一
    ▲ 福永祐一騎手


    福永祐一騎手は今年46歳武豊騎手が53歳の今もなお一戦で活躍していることを考えると、まだまだやれる年齢ではあるのだが、このタイミングでのJRA調教師試験の受験を決意した。
     
    福永祐一騎手の父は『天才ジョッキー』と呼ばれた福永洋一だが、その父は落馬によるケガでジョッキーを引退そし、ホースマンとして志半ばで退かなければならなかったその父の意志を継ぐ、という想いは強いのだろう。

    まだ2月まで騎手としての生活は残っているが、無事に鞭を置くことは、何より幸せなことだ。
     


    定年調教師の後釜

    また偶然ではあるが、ここ数年で栗東の名トレーナー達が相次いで定年を迎えるということも背景にある

    年明けの2023年2月には橋田満調教師。その翌年は安田隆行調教師、翌々年は音無秀孝調教師と、福永騎手自身とも所縁のある厩舎が解散となるだけに、その後釜は当然ながら必要になってくる
     
    社台・ノーザングループはもちろん、クラシック3冠を達成したコントレイルを持つノースヒルズや、『アドマイヤ』の近藤利一(現在は妻・近藤英子)など、若い頃から福永騎手も騎乗している大手グループや大物馬主らとのコネクションある厩舎などここからの引継ぎが大いに想定できるだけに、まだ始まってもいない段階ではあるが、オーナーまわりはそれなりにすでに期待がかかっているところは多分にある。



    福永騎手のラストレースはどこになる?

    そんな福永騎手だが、ジョッキーとしてのラストレースが日本…ではなく、海外で終える可能性が高くなった

    12月11日のカペラSで騎乗し勝利したリメイクが、2月25日のサウジアラビアで行われるリヤドダートスプリント(GⅡ)への参戦を表明した。リメイクを所有するのは、先ほども挙げたノースヒルズの代表・前田幸治氏だ。
    父ラニ、母サリエルという生粋のノースヒルズ血統馬で、最後の花道を海外で飾ろうという計画だ。

    過去にジョッキーの引退を海外で迎える日本人ジョッキーはいない
    古くからの風習?としては、日本のファンに暖かく見送られて…というのが普通だけに、実現すれば異例の出来事となるだろう。
     
    このレース、昨年も日本馬のダンシングプリンス(後にJpnⅠ・JBCスプリントを制覇)が優勝したゲンの良い大会ではある。
    正直なところリメイクとしてもステップアップの一戦となるだけに、福永騎手のため…というよりも、馬自身の結果を求めた海外遠征となることは間違いない。
     
    そんな一戦で結果を残し、自身のラストキャリアに花を添えることができるのか。非常に楽しみである。


関連コラム

無料予想のある、優良競馬予想サイト

競馬予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

競馬予想サイトの抜き打ち検証」は、競馬予想 サイトが提供した無料予想を抜き 打ちで検証したものになります。

2023/03/25

ウマピースという競馬予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

ウマピースという競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ ウマピースの無料予想(2023/03/25)

ウマピース無料予想(無料情報)だが、1ヶ月検証が終わり、結果は回収率59%の、マイナス-13万 5000円のマイナス収支。
その後も負け続けている

今回検証する3/25も、3/26も連敗

3/25土曜は、中山10R伏竜ステークスを無料で出していた。
このレースは、同舞台で行われた前走の黒竹賞を3馬身半差で圧勝した7ミトノオーが1番人気になっていた。
条件戦とは言え、当時の2着タイセイマンボも後続に3馬身差をつけていたことを考えると、ミトノオーの強さは誰もが認めるところだ。

今回もミトノオーは、馬の方からグイグイと行きリズム重視で運ぶと3~4角も馬なりで後続を突き放し始め、2着には2馬身半差の完勝となった。

なのにだ、ウマピースの担当者はワイド流しの相手にどころか買い目にも入れていないのである。

ウマピースが提供したレース

この時点で、何故このレースを選んだのかが意味不明だ
7ミトノオーが単勝250円と、オッズ的にも美味しいのにだ。

結果的に7ミトノオーから流したとすれば、2モックモックとの組み合わせ(2-7)で580円もついている。
そうなれば、会員さんも嘸かし満足されたことだろう。

10ベンダバリラビア(3人気)を軸としたことで全てが狂ったのだが、道中は7ミトノオー1頭をマークして進むも、3~4角では馬なりの7ミトノオーに対して、10ベンダバリラビアは押っつけ通しで直線早々に脚が鈍った。
完全な選択ミスである。

◎10ベンダバリラビア(3人気→7着)の相手に
○2モックモック(5人気→2着)
▲11ゴールドバランサー(6人気→13着)
△4モンドプリューム(7人気→9着)

を選んだところを見ると、完全にワイドで少しでも好配当を獲りたいという気持ちが見え隠れしている。
きっと、馬を見ずしてオッズだけを見ていたのだろう。


2023/03/25

うま通という競馬予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

うま通という競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ うま通の無料予想(2023/03/25)

うま通無料予想(無料情報)だが、03/25は阪神11Rと、中京12Rの2鞍提供。

2023/03/25 (阪神11R)
土曜阪神11R毎日杯(GIII)の3連複無料予想、
在り来たりと言うか、グリグリの1番人気5キングズレインを軸にしていた。
熱発で予定が延びたこと知らなかったのだろう
しかも、馬体減である。

こういうところに、競馬の落とし穴がある。
それでも軸にするか、軸からは落とすか?

案の定というべきか、レースは出負けした上に接触して後方から運び末脚勝負に賭けたが、直線では内にモタれ気味で前走のような脚は見られず12着惨敗(13頭立て)

うま通が提供したレース

仮に、1着になった3シーズンリッチを軸にしていたとしても、2番人気で2着となった8ノッキングポイントを拾えておらず、どちらにせよ不的中という結末。


2023/03/25 (中京12R)
同日中京12Rの無料予想も上がっていたのでついでに。

こちらはワイド5頭BOXで10点という買い目。
3,8,2,1,7番人気ワイド5頭BOXで10点の5頭であるが、馬券に絡んだのはこの買い目の中でも最低人気である8番人気の10シルバーキングダム(2着)と5ソナトリーチェ(3着同着)だ。

5-10という買い目が当たったことには当たったが、10点で870円ではマイナス収支。

残りの馬券に絡んだ2頭も、6ニシノラーナ(10人気→1着)と1ルアル(11人気→3着同着)と人気薄である。
要するに、雨の不良馬場で大荒れのレースになるということを単純に読めていなかったようだ。
もう一頭買い目に入っていれば、余裕でプラスになっていただけに哀れである。

ちなみに翌日翌日3/26は2鞍とも不的中。