最終更新日:2023年04月01日に更新しました。現在までに確認した競馬予想サイトの口コミ数:110,397

競馬の楽しみ方~騎手編 (2023年注目すべきジョッキーは誰か?) |競馬情報は、競馬のブログ形式の競馬コラムです

  1. 2023年注目すべきジョッキーは誰か?

    昨年の年度代表馬も発表(大方の予想通りイクイノックスが選手)され、2023年の新たな競馬シーズンがスタートした。
    クラシック戦線含め、今年はどんな様相になり、どんな馬が活躍するのか非常に楽しみなところ。
     
    …そんな競走馬も気になるが、今週はジョッキーにスポットを当ててみたい。
    2023年注目すべきジョッキーは誰か?個人的な視点で3人選ばせてもらった。
     


    2023注目ジョッキー:岩田望来騎手

    先日も触れたが、武豊騎手とともに競馬界を引っ張ってきた福永祐一騎手が調教師へ転身のため2023年2月で現役を引退する。
    まず、その福永騎手が昨年挙げた『101勝』が誰の手に渡るか…というのがポイントだろう。

    福永騎手の騎乗依頼を仲介(エージェント)しているのは、元競馬ブックで記者をしていた小原氏だ。
    その小原氏が福永騎手以外に担当しているのが岩田康誠岩田望来今村聖奈の3名。
    それぞれに恩恵が渡る…とは思うが、その中でも今後の伸びしろ…というところでは岩田望来騎手への期待は大きいだろう。


    岩田望来騎手
    ▲ 髪が伸びた岩田望来騎手


    岩田望来騎手は、2019年にデビューし、今年がまだ4年目

    3年目の昨シーズンは自身初となる重賞勝利(京都牝馬S・ロータスランド)を達成し、5月にも京都新聞杯(アスクワイルドモア)を勝ってJRA重賞2勝をマークした。
    地方交流ではJBCレディスクラシック(ヴァレーデラルナ)も制した。

    年間通して51勝を挙げ、シーズン途中には自身通算100勝も達成した。
    今シーズンは年始の京都金杯をイルーシヴパンサーで制して早くも重賞勝ちを決めており、2023年さらなる活躍が期待されている。

    所属する藤原英厩舎は福永騎手とも繋がりの深かった厩舎のひとつでもあるだけに、より有力馬に騎乗するチャンスも増えてくるはずだ。
     
    一方ルーキーイヤー大活躍だった今村聖奈騎手については、色々と課題も見えている(このあたりは次週のコラムで?)ところもあるので、グループ内としては岩田望来選手を取り上げておく。
     


    2023注目ジョッキー:川田将雅騎手

    コロナウイルスも社会的に落ち着きを見せ、2023年は、あらゆるシーズンで外国人ジョッキーが日本にやって来るだろう。
    大舞台で日本人ジョッキーの活躍を見たいところだが、なかなか簡単にはいかないかもしれない…
     
    そんな中でも今年悲願のリーディングジョッキーを獲得した、川田将雅騎手がやはり日本の大将格になるのだろう。

    川田将雅騎手
    ▲ 川田将雅騎手


    先の福永騎手の引退で、小原グループ以外でより多く馬が回ってきそうなのが川田騎手でもある。
    これまでも「福永か川田のどちらか…」という選択は厩舎、オーナーの間でよく行われていたことで、それが片方いなくなれば、というところだ。

    普通にいけばルメールが最大のライバルになるのだろうが、いかなる時でもしっかりと計算できる馬を集めて2年連続を目指して欲しい。



    2023注目ジョッキー:戸崎圭太騎手

    また昨年、とくに後半でらしさ』を取り戻してきたのが東の戸崎圭太騎手だ。

    戸崎圭太騎手
    ▲ 戸崎圭太騎手


    2019年の秋に落馬で右肘の開放骨折を負い、翌年はGⅠを勝利(チャンピオンズカップ・チュウワウィザード)したりするものの、万全とはいかないシーズンとなり、翌年の2021年も本来の活躍ができずに年間88勝止まり。

    7年連続で100勝以上を挙げてきたトップジョッキーが、その2年は2ケタ止まりとなった。
    一部では「もうこれ以上は…」と噂されたこともあったが、そんな不安を払拭するかのように昨シーズンは136勝を挙げ、後半では川田騎手に追いつく勢いを見せた。
     
    その昨年で得た信頼があれば、東で川田騎手やルメール騎手らに対抗し、リーディング争いができる存在になることは間違いないだろう。
    40歳を過ぎてベテランの域に入ってきたが、地方競馬で培ったスタミナとタフさがあれば年齢も関係なしだろう。

    川田騎手とともに外国人ジョッキーに立ち塞がる存在として1年頑張って欲しい。


関連コラム

無料予想のある、優良競馬予想サイト

競馬予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

競馬予想サイトの抜き打ち検証」は、競馬予想 サイトが提供した無料予想を抜き 打ちで検証したものになります。

2023/03/25

ウマピースという競馬予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

ウマピースという競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ ウマピースの無料予想(2023/03/25)

ウマピース無料予想(無料情報)だが、1ヶ月検証が終わり、結果は回収率59%の、マイナス-13万 5000円のマイナス収支。
その後も負け続けている

今回検証する3/25も、3/26も連敗

3/25土曜は、中山10R伏竜ステークスを無料で出していた。
このレースは、同舞台で行われた前走の黒竹賞を3馬身半差で圧勝した7ミトノオーが1番人気になっていた。
条件戦とは言え、当時の2着タイセイマンボも後続に3馬身差をつけていたことを考えると、ミトノオーの強さは誰もが認めるところだ。

今回もミトノオーは、馬の方からグイグイと行きリズム重視で運ぶと3~4角も馬なりで後続を突き放し始め、2着には2馬身半差の完勝となった。

なのにだ、ウマピースの担当者はワイド流しの相手にどころか買い目にも入れていないのである。

ウマピースが提供したレース

この時点で、何故このレースを選んだのかが意味不明だ
7ミトノオーが単勝250円と、オッズ的にも美味しいのにだ。

結果的に7ミトノオーから流したとすれば、2モックモックとの組み合わせ(2-7)で580円もついている。
そうなれば、会員さんも嘸かし満足されたことだろう。

10ベンダバリラビア(3人気)を軸としたことで全てが狂ったのだが、道中は7ミトノオー1頭をマークして進むも、3~4角では馬なりの7ミトノオーに対して、10ベンダバリラビアは押っつけ通しで直線早々に脚が鈍った。
完全な選択ミスである。

◎10ベンダバリラビア(3人気→7着)の相手に
○2モックモック(5人気→2着)
▲11ゴールドバランサー(6人気→13着)
△4モンドプリューム(7人気→9着)

を選んだところを見ると、完全にワイドで少しでも好配当を獲りたいという気持ちが見え隠れしている。
きっと、馬を見ずしてオッズだけを見ていたのだろう。


2023/03/25

うま通という競馬予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

うま通という競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ うま通の無料予想(2023/03/25)

うま通無料予想(無料情報)だが、03/25は阪神11Rと、中京12Rの2鞍提供。

2023/03/25 (阪神11R)
土曜阪神11R毎日杯(GIII)の3連複無料予想、
在り来たりと言うか、グリグリの1番人気5キングズレインを軸にしていた。
熱発で予定が延びたこと知らなかったのだろう
しかも、馬体減である。

こういうところに、競馬の落とし穴がある。
それでも軸にするか、軸からは落とすか?

案の定というべきか、レースは出負けした上に接触して後方から運び末脚勝負に賭けたが、直線では内にモタれ気味で前走のような脚は見られず12着惨敗(13頭立て)

うま通が提供したレース

仮に、1着になった3シーズンリッチを軸にしていたとしても、2番人気で2着となった8ノッキングポイントを拾えておらず、どちらにせよ不的中という結末。


2023/03/25 (中京12R)
同日中京12Rの無料予想も上がっていたのでついでに。

こちらはワイド5頭BOXで10点という買い目。
3,8,2,1,7番人気ワイド5頭BOXで10点の5頭であるが、馬券に絡んだのはこの買い目の中でも最低人気である8番人気の10シルバーキングダム(2着)と5ソナトリーチェ(3着同着)だ。

5-10という買い目が当たったことには当たったが、10点で870円ではマイナス収支。

残りの馬券に絡んだ2頭も、6ニシノラーナ(10人気→1着)と1ルアル(11人気→3着同着)と人気薄である。
要するに、雨の不良馬場で大荒れのレースになるということを単純に読めていなかったようだ。
もう一頭買い目に入っていれば、余裕でプラスになっていただけに哀れである。

ちなみに翌日翌日3/26は2鞍とも不的中。