第18回
競馬の楽しみ方~セレクトセール

セレクトセール2016

セレクトセール」とは、日本競走馬協会が主催する、日本最大の競馬、競走馬のセリ市だ。

この日本競走馬協会は、社台グループが中心となって設立されたので、社台グループの牧場から毎年多くの競走馬が上場されており、高額落札馬の大半が社台グループ生産馬となっているため「社台のセリ市」とも言われている。セレクトセールの様子は毎年グリーンチャンネルで生中継されているので、興味がある人は来年からでもみるといい。

…と、そんな「セレクトセール2016」だが、今年は、2016年 7月11日から12日まで2日間にわたって開催され、2016年のセレクトセールは、過去最高の149億4210万円という売上を達成して幕を閉じた。

今年のセレクトセールでもっともお金を使ったのは、既報通り「サトノ」でお馴染みの里見治氏。
パチンコ・パチスロ機の開発・販売を行い、業界大手の一角に成長させた、あの「セガサミーの会長」として今や競馬界で最も勢いのある馬主さんだ。
画像をクリックするとポップアップで表示 
↑里見治氏の画像:「サンスポ 競馬予想王」より引用させて頂きました。

里見氏は2日間で8頭のディープ産駒を含む13頭を購入し、合計13億 2700万円のお買い上げとなった。

里見氏が初日に狙っていたのは「イルーシヴウェーヴ16」(牡)で、ディープインパクト産駒の当歳馬としては史上最高額となる2億8000万円で落札。アイルランドを拠点にする世界的なクールモアグループとの競り合いを鮮やかに制したのだ。

そして、注目されたのは今年のダービー2着馬サトノダイヤモンドの全弟「マルペンサ16」(牡)、トーセン冠号でおなじみの島川氏が果敢に競りかけ、引くに引けなくなった里見氏は 再び2億8000万円で落札。
里見氏は「今年のダービーで悔しい思いをしたのでなんとか競り落としたいと思ってました。いい馬が買えたので満足度は100%。金額はちょっと行き過ぎだけど」と苦笑いとの事。

しかし、「今年のダービーで悔しい思いをした」という理由での爆買い、次元が違う。


ちなみに里見氏は昨年のセレクトセールでも7億6300万円を使っており、今やセレクトセールにとってなくてはならない馬主の一人だ。
またセレクトセール以外でも庭先取引(セールを経由せずに牧場との直接交渉での取引)で馬を購入しており、その金額は年間20億円に達するのではないかといわれているようだ。…こんな大金をかけて庭先取引できるのは、長けた目利きができなければとてもできることではない。

そんな最強の目利き里見氏の馬選びディープインパクトの調教師だった池江泰郎氏が行っていて、里見氏と池江氏は契約関係にあり、月額100万円の報酬をもらっているという噂も聞いたことがある。…そんなもんじゃないかな?いずれも都市伝説レベルですけどw



ディープインパクトといえば「神オーナー」の金子正人オーナーも今年はかなりの投資をした。
ディープインパクト」や「キングカメハメハ」など、伝説の名馬を自ら所有していた馬など総額8億3700万円は、一般人の感覚とはケタ外れなレベル。秋には愛馬マカヒキが凱旋門賞2016に挑戦するなど、まさに日本競馬を牽引する馬主と言えるだろう。

今年のセレクトセールでは、里見氏よりも投資額は少なかった金子氏だが、金子氏の場合は自身が所有権の何割かを有する繁殖牝馬を庭先でも購入出来るので案外こんなものになるのだろう。
画像をクリックするとポップアップで表示 
↑金子真人氏の画像:「競馬ニュースTV」より引用させて頂きました。



逆にかつて栄華を誇りながら、今はちょっとかつての豪快さが失われたとも言われているのが、アドマイヤでお馴染み近藤利一氏。

…2007年には総額13億円以上をセレクトセールで使ったこともあるが、今年は6頭で2億9300万円。…それでも平民には理解しがたいお買い物金額なんですがw
今回、近藤利一氏が購入したのはジャスタウェイの初年度産駒。この日8頭目の同産駒としてアドマイヤテレサの2016が登場すると、活発に競り合いが続いたが、一歩も譲らず落札。「たまには意地を見せんとな」と1億4000万円で決めると満足げに会場を後にしたそうだ。
画像をクリックするとポップアップで表示 
↑近藤利一氏の画像:「サンスポ 競馬予想王」より引用させて頂きました。


近藤利一氏には今年のセレクトセールに熱い想いがあった。
2014年のオーストラリアG1・コーフィールドCを日本馬として初制覇したアドマイヤラクティ(父ハーツクライ)の半弟で、その兄は続くメルボルンCのレース後に急死し。「ラクティの弔いや。死んだ馬がかわいそうやん。親としての責任感がある」と遠くを見ながら言葉を続け、「牧場で見た時から、この馬だけは手放せないと思っていた。そうじゃないと調教師に申し訳ないし、これが思いやりじゃないかな」。兄同様に栗東・梅田厩舎へ預託予定だそうです。
…泣ける!!こういうドラマが応援したくなるんだよな。


さらにジャスタウェイのオーナーで脚本家の大和屋暁氏はジャスタウェイ産駒を4700万円で購入、大魔神こと佐々木主浩氏も2500万円でキングカメハメハ産駒を購入と著名人も話題を提供しました。


優良競馬予想サイトを探すなら、競馬予想サイト検証.COM

競馬予想サイトを検索

検索
競馬予想サイトを検索!

無料予想のある、優良競馬予想サイト

優良競馬予想サイトを探すなら、
競馬予想サイト検証.COM

競馬予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

うま太郎という競馬予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

うま太郎の無料予想(無料情報)だが、
初回検証の11/12からはじまり、11/1311/1911/2011/2611/27と、これまでの7レース、全て全滅だ

今のところ無料情報は的中率0%回収率0%である。

うま太郎という競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ うま太郎の無料予想(2022/11/27)

さて初回の「抜き打ち検証」だが、ジャパンCの無料予想を検証してみた。
結果はご存知の通り、6ヴェラアズール(3人気)→15シャフリヤール(1人気)→3ヴェルトライゼンデ(4人気)で決まったのだが、なんとなんとこの3頭が1頭も買い目に入っていないという事態に。

何故、芝に転向してから(3.0.2.0)と全て馬券圏内であり、前走でも京都大賞典を2馬身半差と完勝した上がり馬の6ヴェラアズール(3人気)を切ったのか。

何故、昨年のジャパンカップを3着と好走したダービー馬である15シャフリヤール(1人気)を切れるのか?
前走の天皇賞・秋は、明らかにジャパンカップへ向けての叩き台であった。

何故、日本ダービーでコントレイルの3着であり、オールカマーの勝ち馬ジェラルディーナ(のちのエリザベス女王勝ち)を、屈腱炎から1年4ヶ月ぶりの出走となった鳴尾記念で完封した3ヴェルトライゼンデ(4人気)を切ることができたのか???

兎にも角にも、うま太郎の買い目は不思議に思えるものであった。
責任者は目を通していなかったレベルだ。

うま太郎側が買い目に入れた馬は、
2[外]オネスト(6人気)→7着
7[外]テュネス(7人気)→9着
8デアリングタクト(5人気)→4着
14ダノンベルーガ(2人気)→5着
17ユーバーレーベン(10人気)→10着

と、ここ10年以上馬券に絡んだことがない外国馬2頭に、直線の最後に不利を受けたとはいえ東京コースが苦手な部類に入る川田騎手の乗る14ダノンベルーガ(2人気)。
牝馬3冠を獲って以来不安定な成績が続く8デアリングタクト(5人気)に、昨年のオークス制覇以降はパッとしない17ユーバーレーベン(10人気)という塩梅だ。

買い目から切った3頭とサイト側が買い目に入れた5頭では、臨戦態勢や調教評価が明らかに違っていたのだが、一体どこをどう見て判断したのだろうか。
素人としか思えない買い目である。

ウマスタイルという競馬予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

ウマスタイルの無料予想(無料情報)だが、12/26はレース名の記載が無かった(阪神6Rで4.7倍の的中だろう)
11/27は不的中となり、ウマスタイルの推奨金額通りに買っていたらこれ1発で3万のマイナスとなっていた。

流石1ヶ月の無料予想の検証マイナス50万超えで「最低最悪ランキング」入りをしている競馬チャンピオンの運営社だ。
ワイド3点で3万とは、無料情報とはいえ容赦ない。

ウマスタイルという競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ ウマスタイルの無料予想(2022/11/27)

さて、今どき3歳上500万下」と書くのもどうかと思うが、東京7R 3歳以上1勝クラスの無料情報を検証する。

このレースは、戸崎騎乗の9オーエンズテソーロが「2.8倍」のグリグリ1番人気に推されたレースだ。

単純に1番人気だったこと、斤量の有利な3歳馬であることと、関東リーディングの戸崎騎手ということで◎に選んだのだろう
だが、無情にも10着大敗という結果になった。
やはり牡馬を相手には太刀打ちできず、そこを見越せなかった。

では、相手馬でワイドを獲れているのかもと思いきや、ウマスタイルの推奨馬は…
〇13オーロラアーク(2人気)→4着
▲ 2アリススプリングス(7人気)→16着
△11リネンファイト(5人気)→5着
という有り様である。

全ての馬が、人気順位よりも着順を上げることができなかった。
そういう情報精査しかできていないというのが正しいだろう。

結果的には、3人気→4人気→10人気で決まり、荒れるには荒れたが、コレくらいの高配当が獲れないのにウマスタイルのことを激推ししている検証サイトは、まだ検証期間が短すぎるのではないだろうか。(「最低最悪ランキング」入りをしている運営社のサイトを、はじめから優良評価にしている検証サイトは、検証期間も怪しい
せめて、これくらいのワイドの片割れくらいは獲って欲しいものである。
最低最悪・無料競馬予想サイトランキング
競馬予想サイトの無料予想だけを使い続けた場合 、1日にかかる賭金や、1日1Rあたりの平均収支をランキング形式にしました。 口コミなどを基にした悪評サイトのランキングではなく 、⻑期間無料予想の検証を行った データを基に算出した、マイナス収支ランキング です。
順位 サイト名 金額
1位 一点予想屋本舗 ¥-52,882
2位 馬券コレクション(馬これ) ¥-47,985
3位 競馬チャンピオン ¥-36,286
4位 ビット競馬 ¥-27,414
5位 P4 ¥-25,781
6位 騏驎(麒麟) ¥-21,830
7位 勝ちウマ王国 ¥-21,488
8位 merit(メリット) ¥-18,650
9位 キャリーオーバー ¥-18,579
10位 やっぱり地下競馬 ¥-18,194
順位 サイト名 金額
1位 一点予想屋本舗 ¥106,909
2位 馬券コレクション(馬これ) ¥60,000
3位 キャロット ¥55,160
4位 勝ちウマ王国 ¥54,045
5位 競馬チャンピオン ¥44,143
6位 騏驎(麒麟) ¥40,000
7位 merit(メリット) ¥39,666
8位 P4 ¥35,000
9位 ビット競馬 ¥30,571
10位 的中タウン(的中TOWN) ¥30,000

トップへ