第156回 20200812
女性騎手〜世界の女性ジョッキー

女性騎手短期免許新設でホリー・ドイル騎手も来日か?

先週の札幌開催、キーンランドCにおいてナックビーナスに騎乗したモレイラ騎手は、JRAで初重賞勝利を飾ったが、今までの巡り合わせが悪く日本国内の重賞を勝ててなかっただけで、世界のG1を勝ちまくっているモ...
連日の猛暑で各厩舎では馬への暑さ対策に様々な手法が用いられているのを知っているだろーか?馬的に、「近年のトレンド」となっているのが「ミスト」。最近では各馬房に、霧状の水を噴射するミストが設置され、その...
競馬界の「ドS」キャラとしてその地位を揺るぎないものにしている、川田将雅騎手。何勝達成記録などの節目となる表彰などがある時、後輩の面倒見のいいジョッキーなどは、記念撮影の時に後ろにプラカードを持った後...
既に日本ではお馴染みの、”マジックマン”J.モレイラ騎手だが、今年の6月に「来シーズンは香港での騎乗免許を更新せず、JRA通年免許取得を目指して今年の秋に行われる「JRA騎手免許試験」を受験する」と発...
先日、今年初頭から藤田菜七子騎手のエージェントについて書いたが、今回はその続編となる。「得意新潟を前に天国から地獄へ。藤田菜七子のピンチ」…とでも今回のコラムにタイトルを付けようか。先日、藤田菜七子騎...
暑いー。今回は先週行われた「セレクトセール」について書こうと思う。2017年のセレクトセールは、冠号アドマイヤで有名な近藤利一氏が「イルーシヴウェーヴの2017(牡)」をセレクトセール史上2番目の高値...
JRAのコラボ企画、先週は藤田菜七子騎手の「ピンクジャージ」オークション事件に触れたが、これもコラボイベントの一巻で、今年のダービーではサッカー漫画で有名な「キャプテン翼」とのコラボイベントをサッカー...
先週から福島開催が始まり、盛況のうちに開幕週を終えた。そして土曜日のレースが終了した後、福島競馬100周年イベントとして、騎手会主催でジョッキーとファンの交流イベントとして「チャリティーオークション」...
今回は、競艇だと「土屋南」や「山本宝姫」のような美人レーサーが大勢いるが、競馬だとデビュー3年目を迎えた紅一点、「藤田菜七子」騎手の、これまでを振り返っていきたいと思う。藤田菜七子騎手デビュー年の20...
先週のオークスを勝ったアーモンドアイについてルメール騎手はトリプルクラウン(三冠って意味。このアーモンドアイがこの間勝って今2冠、でダービー勝てば三冠になる)と、牝馬三冠を取ることを示唆してた。ここま...
今週はオークスだ。一番人気確実のアーモンドアイについて、昨年ソウルスターリングで勝っているルメールが「去年よりも自信がある」…などと発言しており、本番でブッ放されたのではなんだか見えてそうだ。当初、ダ...
先日イギリスから飛び込んできたビッグニュースだが、なんと日本生産れででディープインパクト産駒であるサクソンウォリアーが、日本の皐月賞にあたる英2000ギニーを無傷の4連勝で制したって話だ。既に英国のブ...
私の競馬を知らない友人から、よく「騎手の体重は軽い方が有利なんだろ?」って聞かれるので、その「騎手の体重ネタ」について書こうと思う。改めて自分でも調べなおしたので、勉強になったw騎手は「騎手」になるた...
スポーツ競技でルール上「時計」を利用する競技は沢山あります。今日はそんな雑学を話そうと思う。…というのも、以前に『競馬のネタは、馬の知識が無いとわからない。』ってメッセージが「口コミ」で来たので、私と...
さて、今回の競馬コラムは、「男」ならいたたまれなくなる「当て馬」のハナシをしよーと思う。…って、その「当て馬」の話の前に「種馬」について書こう。桜花賞と皐月賞が終わり「クラシック」が始まったな〜って感...
アーモンドアイは凄かったな。「I’m just a passenger」…「私は乗っていただけね」…と、ルメールはうそぶいたように次元が違った。他の馬は生まれた年が悪かったかなw今年の新種牡馬はロード...
今年の3歳牝馬は、上位陣に限ってはレベルが高い。特にチューリップ賞組。時計も優秀で、あの時計(1分33秒4)で走れば、例年なら桜花賞は勝てる。それぐらいのレベルだ。そのチューリップ賞で2着に2馬身差を...
G1連続開催第一弾の、高松宮記念が終わったな。レッドファルクス、やっちゃったなーまぁ、敗因は色々あると思うけど、個人的な感想を言えば、人馬ともに「挑戦者の立場」から「王者の立場」の防衛戦になって、守り...
今週から一気にG1シリーズが始まるということで、今週は「高松宮記念」についての展望を書こうと思う。おそらく一番人気はデムーロ騎乗のレッドファルクス。この馬がブレイクしたきっかけは2つある。1つ目は馬が...
「三寒四温」なんて言葉があるが、地球温暖化による異常気象の前には、今がむしろ正常気温となり、「三寒四温」は死語となる日も近いかもしれない。競馬の方では土曜中山でカワキタエンカで重賞勝ちした池添騎手が号...
優良競馬予想サイトを探すなら【競馬検証.com】
1
...
2
3
4
5
6
7
...
12

  1. 「競馬検証.com」の競馬コラム(競馬ブログ)を書く。
  2. 競馬検証.com」の「競馬ブログ」は「競馬コラム」「重賞コラム」の2つに大きく分かれており、競馬速報として私の持っている情報や、考えていることをカテゴリーごとに分け、競馬ブログとして更新してます。
    競馬ネタを自分なりにまとめたようなものなので、気軽に読んでくださいw

    「競馬検証.com」は何人もの競馬好きスタッフによって検証したりしていますが、この「競馬ブログ」は基本的に私の個人的な主観で記事が構成されています。

    以前からサポートで書いているアシスタント的なメンバーは健在ですが、最近はどちらかと言うと先ずはこの「競馬検証.com」を 全ての面においてスタッフ全員が満足するクオリティに仕上げようと、検証やらなんやらと日々作業に追われている状態です。



  3. ブログまで「なりすまし」…主旨は「競馬の魅力を伝える」

  4. 我々が魂を削って作り上げた、当時はとても健全だった競馬検証サイト(口コミサイト)は「K氏」と、彼を取り込んだ悪質極まりない連中により盗まれました。 今では見るも無残なステマサイトに成り下がってしまいました。

    そんなサイトでも、当時もブログ形式でレポートを書き続け、2013年なんかは、キズナ、オルフェーヴル出馬の凱旋門賞を見にフランスまで行って現地レポまでしてきましたが、その気合いの入った現地レポートも今では何者か(競馬の知識の全く無い「K氏」にブログなど不可能)によって乗っ取られ、まるで私達が運営しているかの如く白々しく「なりすまし」でブログが更新されてます。(しばらく更新が止まっているようだが)

    乗っ取り実行犯とも言える「K氏」は 競馬に対しても無知のエンジニアで、文章力も無かったので、我々から盗んだ後は、しばらく別の人間が 書いていたのは間違いない。後ろで"寄生糸"を引いているのが業界の人間かとも思えるが、 「私のフリ」をしてブログを 更新し、ユーザーを騙しているのは見ていて 気味の悪いものでした。

    何年もかけて書いたものが乗っ取られ、純粋に競馬の魅力を伝えていたはずなのに、 最近では「いくら儲かった」とか、まるでサイト内で推薦しているサイトに登録さえすれば「アナタも金儲けができる」ってかんじの「ステマ」のような流れになっているのも超絶気分が悪く、

    最低なコラムにしてくれたものです。

    まぁ、グチっても返してくれそうもないし、そもそも犯罪犯してでも「我々のフリ」をして更新してるくらいだから、このまま平然と「自社運営の集客サイト」に成り下がって運営を続けるんだろう。
    我々の作ったサイトで違う運営者に騙される人が出ないことを祈っている。

競馬予想サイトを検索

検索
競馬予想サイトを検索!

▼競馬検証.comの競馬コンテンツ▼

競馬初心者向け競馬情報コラム

トップへ