日本全国の女性ジョッキー(女性騎手)についてまとめました。

  1. 全国の女性ジョッキー(女性騎手)について

    全国の次世代女性ジョッキー総まとめ

    競馬界では、藤田菜七子騎手人気を皮切りに、2019年には「美しすぎる女性騎手ミカエル・ミシェル騎手が南関東で旋風を巻き起こし、女性騎手ブーム到来となった。

    JRA女性ジョッキー(女性騎手)の画像
    ※2021年時点


    2021年度〜全国の次世代女性騎手に注目する

    2021年には「永島まなみ騎手」と「古川奈穂騎手」の2人の女性騎手がデビューした。

    こう見ると、2013年に競馬学校第32期で入学した当時の藤田菜七子は、やっぱかわいいですねw

    それと、地方競馬にもJRA倣い女性騎手の減量制度が導入されたことから、近い将来女性騎手が全体の1割から2割を占める時代が来てもおかしくはないだろう。


    36期生 古川奈穂騎手

    競馬女性ジョッキー(女性騎手)の36期生 古川奈穂の写真画像
     


    37期生 永島まなみ騎手

    競馬女性ジョッキー(女性騎手)の37期生 永島まなみの写真画像
     


    38期生 今村聖奈騎手

    競馬女性ジョッキー(女性騎手)の38期生 今村聖奈の写真画像
     


    次世代女性ジョッキー達に大注目

    JRAでも騎手過程39期生では入学試験8人の合格者の内、3人も女性騎手候補生が入学して、次の藤田菜七子の準備は着々とJRAが進めてる状態だ。
    騎手課程39期生の大江原比呂と、小林美駒と、河原田菜々の写真画像
     
    左から大江原比呂、小林美駒、河原田菜々


    中でも大江原比呂は祖父に元調教師の大江原哲氏父に藤沢厩舎で助手を務める勝さんという競馬一族から生まれ出たサラブレッドだから、話題性もあり、過去にもTVメディアでも取り上げられたことが何度かある。
    注目度、期待度ともに高いだろうし、晴れて騎手となった日には、いきなり良い馬が回ってくると思われる。

    39期生が藤田菜七子と争うのはまだまだ先のことだが、JRAで女性騎手がスタンバイしてるのは39期だけではない。
    今後ますますJRAの女性騎手育成に競馬ファンのみならず世間が注目するだろう。



  2. 地方・中央、現役の全国の女性騎手(女性ジョッキー)

    ミカエル・ミシェル騎手のプロフィール

    美人騎手のミカエル・ミシェル騎手の画像
     
    生年月日:1995年7月15日(25歳)※2021/2月時点
    身長:158cm
    体重:48kg
    星座:蟹座
    出身:フランス

    所属(短期):川崎競馬:山崎裕也厩舎
    勝負服:胴水・白のこぎり歯形、そで赤

    2019年の成績(フランス)
    381回騎乗 1着:22回

    2018年の成績(フランス)
    804回戦 72勝
    ミカエル・ミシェルのWiki

    ミカエル・ミシェル騎手のことについては「美人ミカエル・ミシェル騎手まとめ」でまとめてあるので、コチラをご覧ください。

    最近ではテレビでも度々見るようになった美人騎手のミカエル・ミシェルだが、テレビでも映えること。

    TBSテレビの「炎の体育会TV」にもゲストでM.ミシェル騎手がJRAに短期免許で来日中のL.ヒューイットソン騎手や、岩手競馬所属の関本玲花騎手らとともに出演していたが、番宣のCM見てもミカエル・ミシェル騎手がほぼメインだし、完全にミカエル・ミシェル騎手の存在がキャストを食ってた

    競馬知らない人が見たら完全にL.ヒューイットソン騎手はただの刈り上げ外人だし、関本玲花なんて記憶にも残らないゲストだった。

    世間で女性ジョッキーといえば藤田菜七子騎手しか知らない人も多いだろうから、ミカエル・ミシェル騎手のような目立つ騎手が地方で乗ってると「地方競馬には女性ジョッキーいるんだ」と、注目されるので良い傾向だと思う。



    関本玲花騎手のプロフィール

    岩手競馬所属の女性ジョッキー(女性騎手)の関本玲花騎手
     
    生年月日:2000年5月16日(20歳)※2021/2月時点
    身長:152.4cm
    血液:O型
    星座:牡牛座
    出身:岩手県

    所属:岩手競馬:関本浩司厩舎
    勝負服:胴青・袖緑/胴黄たすき・袖黄一本輪
    初騎乗:2019年10月5日 2R (6着/8頭)

    2019年の成績(地方)
    109回騎乗 1着:2回 2着:2回 3着:3回
    関本玲花のWiki

    今「菜七子より可愛い」と話題となっているのが、2019年10月5日に盛岡競馬場でデビューした岩手競馬所属関本玲花騎手だ。

    関本玲花騎手の父親は元々ジョッキーで、現在父親の関本浩次厩舎に所属している。

    デビュー9戦目にして初勝利を挙げられたのは、自厩舎の馬で勝利したので厩舎のアシストもあったのかもしれないが、その後も岩手競馬が冬季の休業期間に入ると、名古屋競馬に転戦して笠松開催で4勝名古屋開催で1勝し、5勝を積み重ねた後、岩手競馬に復帰している。

    関本玲花騎手のことは「レディスヴィクトリーラウンド2020(動画)で全国の女性ジョッキーが集結し、2戦を交わった後、美人騎手のミカエル・ミシェルが関本玲花騎手のことを「落ち着いて騎乗していてバランスが良い」と褒め、他の女性ジョッキーの中では関本玲花騎手のことが「印象残ってる」と言っていた。(関本玲花本人はそれ聞いて「え?」って感じだったし、無様にならないように慎重になってただけだと思うがw)

    関本礼花はこれといって目立った成績を残していないが、年齢が若い(19歳 2020/5時点)というのと、岩手所属のため震災復興のシンボルとされがちだったため注目度が高くなっていた。

    5月5日の時点で2020年の勝利数は「4勝」でリーディング15位につけているくらいの成績で、まずまずって感じだ。

    関本玲花騎手が本気で上を目指すなら、今のままだと難しいだろう。

    父の厩舎は調教師リーディングではさほど上位には入っていないので、自厩舎の馬で勝利数を量産するのは期待薄だろうと思う。



    宮下瞳騎手のプロフィール

    愛知競馬所属の女性ジョッキー(女性騎手)の宮下瞳騎手
     
    生年月日:1977年5月31日(43歳)※2021/2月時点
    身長:152cm
    体重:46kg血液:A型
    星座:双子座
    出身:鹿児島県

    所属:愛知競馬:竹口 勝利厩舎
    勝負服:胴紫・桃一文字、袖白

    2019年の成績(地方)
    631回騎乗 1着:49回 2着:78回 3着:81回
    宮下瞳のWiki

    藤田菜七子、M.ミシェル、関本玲花と若手騎手が台頭する中、各地で女性騎手の「重鎮」も存在感を示している。

    3月には名古屋競馬場で宮下瞳騎手が女性騎手では初めて、地方競馬通算1万回の騎乗を達成した、地方競馬のレジェンド的存在宮下瞳騎手だ。

    昔はかわいかった宮下瞳騎手は、09年8月から10年9月まで韓国・釜山競馬に長期遠征し、大活躍して10年は40勝を挙げてリーディング5位になるも、帰国して出産を理由に2011年に引退した。

    だが、頼りない夫小山信行(元騎手)(現在は引退しているようだ)が稼いだ2016年8月時点の賞金を見ると騎乗手当1回分の26,000円しか無く、かなりランクガ低かったのがわかる。
    その為、収入が少なくなったことと、当時4歳だった長男に「ママが馬に乗るのを見たい」と言われて復帰を後押ししたのがきっかけで、復帰する決意をする。

    因みに夫(小山信行)は2017年1月から、妻・宮下瞳が以前短期免許で騎乗していた韓国の釜山慶南競馬場で調教専門厩務員として働かせてもらうが、騎手免許満了日の2017年7月31日付で完全引退となっている。
    2016年の小山信行のコメント動画)を見ても、見るからに情けない感じだ。


    不甲斐ない夫の為、一家の大黒柱として宮下瞳騎手は2015年には改めて騎手試験を受け直し、合格する
    そんなエピソードも含んでの1万回騎乗はまさに「レジェンド」という名がふさわしいといえる。

    また、騎手試験を受け直すにあたり、厩務員として馬の世話をする傍ら試験の準備のために通った乗馬クラブで、出産もして4年近いブランクの影響で何度も落馬したというなら、その精神力は半端ではない。(そこまで追い込む夫もヤバイ)

    今では完全復帰し、本人も騎乗を楽しめているようだ。
    勝利数も800勝を超えている。(2020/5月時点)
    勝利数も800勝を超えている宮下瞳騎手
     
    宮下瞳騎手の成績


    この勝利数がどれだけ凄いかって。
    シンプルに藤田菜七子の8倍も勝っているし、実力は折り紙付きです。



    別府真衣騎手のプロフィール

    高知競馬所属の女性ジョッキー(女性騎手)の別府真衣騎手
     
    生年月日:1987年12月8日(33歳)※2021/2月時点
    身長:151cm
    体重:41kg血液:O型
    星座:射手座
    出身:高知県

    所属:高知競馬:別府真司厩舎
    勝負服:胴赤・青山形一本輪、袖白・赤星散らし

    別府真衣のWiki
    もう1人の「地方の大物」が2020年5月7日に復帰を果たした

    その「大物」とは高知競馬所属の別府真衣騎手のこと。
    別府騎手は通算勝利数722勝。これも藤田菜七子の7倍だ。

    さらに特記したいのは女性騎手の「通算最速勝利記録」は、ほとんど別府騎手によるもので、まさに地方の大物女性騎手である。

    宮下瞳騎手のことを先輩としてとても尊敬しており、別府真司調教師実父

    昨年は7月に「心身ともに疲れが出てしまい思うような騎乗が出来なくなった」という理由で無期限の休養に入っていた
    別府真衣騎手の成績
     


    上記の騎手以外にも、
    北島希望(浦和)、濱尚美(高知)、中島良美(浦和)、深沢杏花(笠松)、そして女子プロレスラーのような竹ケ原茉耶(ばんえい)などが女性騎手として活躍している。



  3. 全国の実力ある、経験豊富な地方女性ジョッキー達

    地方には藤田菜七子を上回る女性騎手が沢山

    日本人藤田菜七子を実力で上回る女性騎手と認められるのは、やはり宮下瞳騎手と、別府真衣騎手の2人の地方競馬レジェンドだろう。

    これに続くのが名古屋競馬で400勝を達成していてかわいいと評判の木之前葵騎手(愛知)、それて佐賀競馬で390勝を達成している岩永千明騎手(佐賀)あたりも実力は藤田菜七子以上とみて良さそうだ。


    中央競馬では藤田菜七子だけにスポットが当たり、女性騎手といえば「藤田菜七子しかいないんじゃないか?」と、思われてそうだが、実は藤田菜七子以上に実力を持った女性ジョッキーは地方には何人もいる
    ミカエル・ミシェルも加えてその1人だろう。

    ただ、JRAとの交流という点で前述した女性騎手達が中央で騎乗する機会がほぼ無いので、なかなか比較は難しいところだ。
    全国の女性ジョッキー(女性騎手)の画像
    ※2020年時点


    地方ジョッキーの経験値が高い理由

    安藤勝己をはじめ、内田博幸岩田康誠戸崎圭太など、JRAに移籍してすぐに成績を残した騎手は当然、地方時代でもバリバリのリーディングだった。

    なぜここまで地方の騎手が強いのか

    それはJRAが週2日の開催に対し、地方競馬は5日もレースが開催されているので、必然的に「数」を乗る事が多くなり、実践の経験値が地方騎手のほうが高くなるのは自明の理で、既に地方在籍騎手でもJRAの騎手より「腕」を持った騎手は何人も存在していると思う。

    つまりは馬の質はJRAには敵わないとしても、騎手の腕前はJRAに決して劣ってない。と言えるだろう。



    地方から藤田菜七子よりも乗れるジョッキー現るか?

    「経験値が圧倒的に高いから地方競馬騎手は強い」というのが、おそらく女性騎手にも当てはまるだろうから、今後「藤田菜七子よりも乗れる」女性騎手としてクローズアップされる騎手が現れても不思議ではない。

    ただ、残念なことにJRAに次いで馬質の良い南関東だが、南関東、門別より先にその他9場は2019年に女性騎手の減量制度をいち早く導入していたのだが、南関東競馬と、門別競馬の2場は、この時に女性騎手がいなかったため導入が遅れた。

    女性騎手の減量制度が2019年9月30日から導入されたものの、今の南関東には女性騎手が2人しかおらず、ともにキャリアも浅い(中島良美・浦和所属2年目、北島希望・浦和所属1年目)ため、彗星のように現れる地方女性騎手が今後現れるとしたら、他場からの確率が高いだろう。


優良競馬予想サイトを探すなら、競馬予想サイト検証.COM

競馬予想サイトを検索

検索
競馬予想サイトを検索!

無料予想のある、優良競馬予想サイト

優良競馬予想サイトを探すなら、
競馬予想サイト検証.COM

競馬予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

U-LINE(ユーライン)という競馬予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

U-LINE(ユーライン)という競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証

4月30日から開始した、U-LINE(ユーライン)が提供する無料情報の長期検証だが、5/221ヶ月経った
その間的中したのは初日の1回だけ(9.5倍のガミ)で、その後は7連敗となり、1ヶ月の回収率は、わずか 12%となった。(今回もだがユーラインは軸馬の精度が低い)

さて今回検証する無料予想は、5月21日の中京5R3歳未勝利、本命推奨馬は競馬新聞等で◎と○が並んでいる、⑥サカジロゴー(2人気)から。
鞍上は高倉騎手であり、今年まだ4勝と今ひとつ冴えない成績であり馬自身も勝ち切れないレースが続いることから、この時点で既に不安でしかない

結果的には、 1着▲③デビットバローズ(1人気)
2着△8ダノンフロイデ(4人気)
3着○②ショウナンパラボラ(3人気)
と、1〜4番人気の上位人気での決着なのだが、◎⑥サカジロゴー(2人気)が抜けという大失態

好位の外につけ勝負どころで前を捉えにいった◎サカジロゴーだが、4角で外に膨れており、直線に向いても加速し切れず5着止まり。
脚の使いどころがうまく噛み合っていなかった。▲③デビットバローズ(1人気)を何故軸にできなかったのだろう?

鞍上は川田騎手(今年67勝)であり、高倉騎手には申し訳ないが月とスッポン」である。

あおり気味のスタートでもロスなくハナを切れ、コーナーでガクッとペースを落とすと後続のプレッシャーもなく、直線に向いても楽な手応えのまま押し切っての完勝。

そして相手の中の1頭に指名していた△8ダノンフロイデ(4人気)が、中団からの競馬で向正面では少し促されていたが、最後までバテずに脚を使い、福永騎手の手綱捌きに応えて2着に入った。

さらには、○②ショウナンパラボラ(3人気)は鮫島駿騎手が騎乗。
スローのスタートから後方に下げたが、向正面に入りしばらくすると落ち着きを取り戻して内々を立ち回り、4角では微妙に外に膨れていたが、直線は進路を切り替えつつひと伸びし、最後は脚勢が鈍るも3着は確保した。

結局のところ、上位3着までをリーディング20位までに入っている騎手で占めるという結果となった。
要するに、早い時間帯のレースといえども「騎手の力量の差が出る」のだ。
よって、本命推奨にする時は騎手のデータも鑑みながら考えることをお勧めする。

アーニングインデックスという競馬予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

アーニングインデックスという競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証

こんなのも当てられないのか?」と、レースを見直した。
予想サイトでここまで酷い買い目もなかなか無いだろう。
提供された土曜東京4Rは、オークス前日の9頭立ての3歳未勝利戦だ。

アーニングインデックスが提供してきた買い目は、3連複1頭軸流しの相手5頭。
この時点で2/3を買い目に入れていることになる。

プロ(有料サイト)として運営している立場上、無料情報とはいえ9頭中6頭を選択した以上、当てることは必須であり、最悪ハズれても軸を読み間違える程度ならしょうがない。

…しかし、その結果は、なんと本命推奨ルメール騎乗の4ミルヴィオ(2人気)は8着惨敗であり、相手馬に指定した内の1頭レーン騎乗の6アルバスドラコ(1人気)が、辛うじて3着という散々なものだった。

翌日のオークスで、久々となるGI制覇を遂げたルメールをにしていたわけだ。
午前中のレースではそこまで信頼が置けないのだが、4ミルヴィオ(2人気)は5ヶ月の休養明けということもあり、新聞でも◎はそれ程付いておらず、▲や×がパラパラという程度であった。

実際に、ルメール騎手が馬体に余裕があったと言っており、馬場入り後のテンションは少し高めであり出遅れもあって4角手前から押っつけ通しで、ラストは全く伸びなかった。
何でもかんでもルーメール騎手から行っても、確率論から言うと5回中4回は負けるわけだし、取れたとしても実入りは少ない。

一方の、買い目に選ばれなかった1着9エンドロール(4人気)と2着7ビーウォーター(3人気)であるが、買い目から斬る必要性があったのか?

血統的にも距離が保つだろうし、前半にゆったり運んだ方が良さそうなので距離延長で臨んできた9エンドロールは、終い勝負に徹して直線大外から上がり600mで一気に伸びて差し切っての1着となった。
そして、前走で未勝利突破のメドは立った7ビーウォーターは、後方から向正面で馬群の外から一気に動くと3角先頭。ペース判断は的確に、勝ち馬の決め手も上回っての2着。これら2頭を斬り捨てるとは、どういう競馬観をお持ちなのか?と質問したくなる。

7着2ウェルシュゴールド(9人気)や9着8チャレンジャー(7人気)は、あわよくば高配当になるかもという希望的観測でしかない。
「外国人騎手×人気薄」のパターンで簡単に獲れていれば、誰も苦労しない。素人予想である。
土曜がみっともない負け方をしたからか、翌日日曜は、何時間待っても無料情報が提供されなかった(笑)

大金星という競馬予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

大金星という競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証

大金星という競馬予想サイトの無料情報(無料予想)は1日に2鞍の買い目を提供する。
前週から2週間計8鞍見ていたのだが、その回収率は15%、因みにこんな感じだ。

5/14(4.7)、5/14(×)、5/15(7.3)、5/15(×)、5/21(×)、5/21(×)、5/22(×)、5/22(×)

今回検証するのは5月21日の中京6R3歳1勝クラス、買い目には「【馬単】4頭BOX」と記載があるが、5頭の馬番の表記がある。
よって点数は「12点」ではなく「20点」だ

これまで大金星が提供していた買い目はどれも「4頭」だったので、コレミスだと思うが、こういう基本的なことを間違わないよう今後改善してほしい。

大金星が選んだ5頭は
②スズカワールド(8人気)→9着
⑤コパノフランシス(13人気)→11着
⑥ハーツアズワン(1人気)→1着
⑩シンリミテス(6人気)→5着
⑪ウインアウォード(7人気)→8着
と、なんと辛うじて掲示板に食い込んだのが、たったの2頭という有様だ。

因みにこのレースを獲ったとしても、馬単は850円であり「12点」だったとしてもマイナス。

1着ハーツアズワン(1人気)は、好スタートから先行3頭の後ろにつけて、直線に向いても余裕綽々。引っ張ったまま逃げ馬を抜き去ると4馬身差での圧勝。
これは当然だが、2着⑨ライラボンド(2人気)と3着⑬フラップシグナス(3人気)に、何か不安要素でもあったのか?

2着ライラボンド(2人気)は、アオッて出て中団から追走し、直線では前をカットされたが、体勢を立て直してラスト100mで2番手に上が、3着フラップシグナス(3人気)は、外にヨレて出たこともあり、一旦引いて馬群の後ろでじっくり脚を溜めると、直線は馬群の外をひと追い毎に伸びたが、2着ライラボンドにクビ差届かなかった。
レース前の厩舎の話にも、取り立てて気になるような記事は見当たらなかった。

要するに、1番人気の⑥ハーツアズワンを選んだ以上は、オッズ的な旨味がないからその他の上位人気(2〜5番人気)をバッサリと切り捨てたのだろう。
オッズだけで見てるようでは、馬券は一向に獲れない。
まずは、来そうか来そうでないかの見極めから入らない限り、大金星が白星を増やすことはできないだろう。
最低最悪・無料競馬予想サイトランキング
競馬予想サイトの無料予想だけを使い続けた場合 、1日にかかる賭金や、1日1Rあたりの平均収支をランキング形式にしました。 口コミなどを基にした悪評サイトのランキングではなく 、⻑期間無料予想の検証を行った データを基に算出した、マイナス収支ランキング です。
順位 サイト名 金額
1位 一点予想屋本舗 ¥-52,882
2位 馬券コレクション(馬これ) ¥-47,985
3位 競馬チャンピオン ¥-36,286
4位 ビット競馬 ¥-27,414
5位 P4 ¥-25,781
6位 競馬レガシー(LEGACY) ¥-24,720
7位 インパクト(IMPACT) ¥-23,451
8位 騏驎(麒麟) ¥-21,830
9位 ダービータイムズ ¥-20,921
10位 高配当XXX ¥-19,913
順位 サイト名 金額
1位 一点予想屋本舗 ¥106,909
2位 馬券コレクション(馬これ) ¥60,000
3位 インパクト(IMPACT) ¥44,571
4位 競馬チャンピオン ¥44,143
5位 競馬レガシー(LEGACY) ¥43,800
6位 騏驎(麒麟) ¥40,000
7位 merit(メリット) ¥39,666
8位 ダービータイムズ ¥38,727
9位 高配当XXX ¥37,827
10位 P4 ¥35,000

競馬初心者向け競馬情報コラム

トップへ