■サイト名:

オーナーズプレミアム (owners premium)

■補足情報:

閉鎖? SG競艇投資会と同じ口座 オーナーズプレミアム、嵐馬、競馬マグナム、極裏競馬万遊記、競馬トップ、うまチャンス、プラネット、セカンド(競馬セカンド)、ルートユニオン、うまファンド、イミグラント、神民寺院、アーク、馬券投資救援船団ノア、ミリオンゴールド、シン・カミウマ、パーフェクトホース、神馬、グランプリ、エンペラーホース、魁!競馬塾、勝馬一徹、競馬覇王伝ワシヅカミは関連してる。

■運営会社: オーナーズ・プレミアム
■運営責任者名: 松本義信
■電話番号: 03-6910-5718
■メールアドレス: info@owners-premium.com
■住所: 東京都足立区伊興3-21-17-407
■IPアドレス: 182.48.49.34 (さくらインターネット)
  1. オーナーズプレミアム (owners premium)という競馬予想サイト口コミ情報 評判検証した。

  2. オーナーズプレミアム (owners premium)」という競馬予想サイトを発見した。
    オーナーズプレミアムの非会員TOPページを見ると、どうだろう。なんだか見たことあるようなサイトだ。

    じっくりと検証をする前に、先にオーナーズプレミアムのフッターにある「特定商取引法に基づく表記」を見ると、オーナーズプレミアムの運営会社は明記されておらず販売業者として「オーナーズ・プレミアム」とあるだけだ。
    これは法人名じゃないので、どこの運営社なのかわからない。

    だが、「東京都足立区伊興3-21-17-407」という住所を調べると、「ハイクラス・ホースクラブ」「的中エクスタシー」「極み馬」「ハイクラス・ホースクラブ」などと同じ住所だということがわかった。
    …因みにこれらのサイトは全て同じグループの運営するサイトだ。


    オーナーズプレミアムの「特商法に基づく表記」を見直してみると、画像が粗いので、この「特商法」のページ自体が画像で作り直されているのがわかる。
    画像をクリックするとポップアップで表示 


    つまり一度、一見 違和感がないように配色も「オーナーズプレミアム」に合わせて「特商法」のページを作った後に、その後わざわざ画像にして作り直されているのだ。

    こんな「画像」にすれば、文字が荒くなって見えにくくなるだけなのに、わざわざ作り直している「ワケ」は、オーナーズプレミアムというサイトはレスポンシブル対応じゃないので、スマートフォンに最適化する時に、この運営者情報を作り直すのが面倒だから画像にした。…ということも考えられるが、
    もう1つ考えられるのは、オーナーズプレミアムのページソースを見てみると、サイトの説明(discription)などが無いことから、意図的にユーザーがオーナーズプレミアム (owners premium)という競馬予想サイトを探した時に見つけにくくしたのではないか?という考えもある。
    つまり、オーナーズプレミアムのことを良く評価しているような、限られたところからの「クローズドの集客」をする為に、あえて「画像」にすることで、検索エンジンに探せなくしている可能性もあるわけだ。

    探せなくすることの利点はもう1つある。



  3. オーナーズプレミアム (owners premium)という競馬予想サイトはできたて?

  4. オーナーズプレミアム (owners premium)という競馬予想サイトのドメイン取得日を見ると「2018年 2月12日」なのがわかり、この日が物理的にオーナーズプレミアムを運営することが「可能」になる日なのだが、通常はドメインを決めてから(サイト名を決めてから)、サイト構築をするので、ここから1、2ヶ月後にサイトを公開するものだ。

    なので、そう考えると本日、オーナーズプレミアム (owners premium)の検証をしているのは2018年4月25日なので、正にこの数日の間にオーナーズプレミアム (owners premium)が公開されたのではないか?…と、考えるのが「普通」なのだが・・・


    オーナーズプレミアムの的中実績を見ると、2018年 3月3日のヒナ祭りには既に的中実績を出していることになっている。

    2月は28日までしか無いので、土日も休みなく連日稼働で、この「オーナーズプレミアム」という競馬予想サイトを作ったとしても、わずか17日間でサイトを作って、販売したってことになる。
    まぁ、不可能ではないが、かな〜り怪しい。


    そして、仮に2018年3月1日にでもサイト公開して、オーナーズプレミアムで予想の販売を開始したとして、本日までに1ヶ月以上経過しているので、オーナーズプレミアムの評価をしているような検証サイトが2、3あっても良い頃だが、ネット上で「オーナーズプレミアム」という競馬予想サイトを探しても1つも見つからない。


    …ここで前章の最後に話しが戻るのだが、
    最後に「探せなくすることの利点はもう1つある」と書いた、このもう一つの理由が、このgoogleが「オーナーズプレミアム」を探せないから、検証サイトの目につきにくい。ということと、いつからこのサイトが存在していたのかわかりにくくなる。という、このようなことになるので、的中実績も当サイトのようにしつこく検証されなければ、普通はスルーされるだろう。


    …まぁ「オーナーズプレミアム」がどのような考えで「特商法ページを画像」にしたかは分からないが、仮に先月から「オーナーズプレミアム」がオープンしていたとして、まだ誰も「オーナーズプレミアム」を見つけていない、もしくはここ数日の間に「オーナーズプレミアム」を見つけ、当サイトのように検証していたとすると、今後数日の間に「オーナーズプレミアム」に関するページが出現することだろう。

    だとすると、尚更、なぜに我々と同じタイミングで「オーナーズプレミアム」を見つけたのか?ってハナシになり「オーナーズプレミアム」の「2018年 3月3日の的中実績はウソなんじゃないか?」とか、「そんな前からサイトは無かったのでは?」ってハナシにもなる。


    因みに2018年4月25日時点で「オーナーズプレミアム 競馬」で検索すると、1番上に見つかる「オーナーズプレミアム」に関する情報サイトは、詐欺被害や悪質商法トラブルの相談サイトだ。

    べつに「オーナーズプレミアム」の肩を持つワケじゃないが、コレは酷いと思う。
    このような「相談サイト」と偽善者ぶったサイトが多数あり、それらのサイトは調べもせずに、何を根拠に言っているのかわからないが、サイト名に「競馬予想 レース 攻略詐欺被害やトラブル対応相談」と続け、これだけ見ると、さも「オーナーズプレミアム」が詐欺会社だと勘違いされてもおかしくない表記をして集客をしている。
    どちらが悪質だかわかりゃしない。

    可哀想だが、一番初めに「オーナーズプレミアム」を見つけたのは、ろくに調べもしていないだろう相談サイトで、酷いタイトルにされている。


    他には「オーナーズプレミアム」の紹介ページや、ヘルプページだ。

    「あれ?見つけにくくしたのでは?」と思うかもしれないが、これらのページのソースを見ると、上部の方はやはりサイト紹介など抜けているが、中段まで行くと、サイト内で書かれた文字が「テキスト」だった為に検索エンジンに見つけられたようだ。
    これくらいの文字で検索エンジンに見つけられたってことは、本当にまだどこも「オーナーズプレミアム」について書いていないのだろう。






  5. オーナーズプレミアム (owners premium)という競馬予想サイトのグループサイト

  6. さて、オーナーズプレミアム (owners premium)の「特定商取引法に基づく表記」には運営社が載っていなかったが、ここのグループサイトはどこだろうか?

    オーナーズプレミアム (owners premium)という競馬予想サイトのIPアドレスを見ると「182.48.49.34 」で「さくらインターネット」でサーバーを借りているのがわかった。

    このオーナーズプレミアムのIPアドレス全く同じIPの競馬・競艇予想サイトは、競馬検証.comのデータベース内には見つからなかった。

    オーナーズプレミアムのサイト情報が入っている「さくらサーバー」は共有サーバーなので、同じサーバー内に、他にどんなサイトがあるのか調べてみると、全部で23サイトあり、1つずつ全て調べてみたけど、競馬予想サイトはひとつも入っていなかった。
    なんか、地方の会社のホームページから、出会い系サイトの検証サイトのようなものまで、ジャンルはバラバラでサーバーを共有しているのが分かる。
    その中のひとつが「オーナーズプレミアム」だ。



    では、どこと繋がっているのか。
    …やはりオーナーズプレミアムの非会員TOPページを「見たことある」と感じた直感に戻り、全サイトを見直していくと…あった。

    オーナーズプレミアムのページと、今はもう跡形もなく無くなっている悪評サイトだった「ルートユニオン」という競馬予想サイトのトップページそっくりだ。
    画像をクリックするとポップアップで表示 
    ↑どう見ても「同じ」だろ。


    やはり思ったとおり、そっくりなサイトがあったよ。
    ルートユニオン」は的中実績の捏造をしていた「証拠」を競馬検証.comに見つけられていた悪評サイトで、以前の検証で下記の競馬予想サイトと同じIPアドレスだったことが分かっている。

    競馬万遊記
    嵐馬
    競馬マグナム
    競馬トップ
    プラネット
    セカンド(競馬セカンド)


    また「競馬マグナム」の後の検証により、「神民寺院」というクソ怪しいサイトと同じ社名だということが分かり、「神民寺院」から別サイトに繋がり、全てを繋げて行くと下記サイトとの繋がりがあることも確定した。

    神民寺院
    うまファンド
    うまチャンス
    イミグラント
    アーク
    馬券投資救援船団ノア
    ミリオンゴールド
    シン・カミウマ
    パーフェクトホース
    グランプリ
    エンペラーホース
    魁!競馬塾
    勝馬一徹
    競馬覇王伝ワシヅカミ


    それと「競馬万遊記」もサイト名が「極裏競馬万遊記」となり、IPアドレスも、103.5.251.251103.6.62.235103.6.62.251と何度も変わっている。
    「オーナーズプレミアム」の検証をしている今日現在の「極裏競馬万遊記」のIPは「103.6.62.251」なのだが、このIPが「極み馬 」という競馬予想サイトと同じIPだということが分かったことで、今度は「極み馬」から全てを繋げて行くと下記サイトとの繋がりがあることも確定した。

    どれもかなり評判の悪い競馬サイトが多い。
    極裏競馬万遊記(103.5.251.251→103.6.62.235→103.6.62.251)
    極み馬(103.6.62.251)
    七福神の宝船(103.6.62.251)
    トロイアの木馬(103.6.62.251)
    WINS情報局(103.6.62.251)
    ハイクラス・ホースクラブ(103.6.62.251)
    的中エクスタシー(103.6.62.251)
    馬券大革命プラズ馬(103.6.62.251)
    優駿投資会(103.6.62.251)
    スリーエイト888 (103.6.62.251)


    つまり、これら全てがオーナーズプレミアム」の関連サイトだ。



  7. オーナーズプレミアム (owners premium)という競馬予想サイトに登録してみたら。

  8. オーナーズプレミアム (owners premium)という競馬予想サイトの的中実績は、登録前だとログインページに遷移してしまい、確認ができない。
    登録前に見れるのは2018年 3月3日までの実績だ。
    この実績より前のものがあるのだろうか、「オーナーズプレミアム」に登録してみよう。


    他の競馬予想サイトと同様に「オーナーズプレミアム」の登録もメアドを送信するだけだ。
    直後に仮登録完了の画面に切り替わり、自動返信がメールボックスに届く。

    だが、この1通目のメールには会員ページへのリンクコードやID、パスは無く、別配信のメールから登録しろ、とある。その後届いたのは受信設定に関するメールで、なかなか会員IDが届かないので、この「オーナーズプレミアム」も完全にクローズドでしか登録できないサイトなのかと、痺れを切らした頃3通目のメールが届いた。
    このメールにリンクコードがあったので押すと、登録完了ページになり、IDとパスがメールで届いていた。


    「オーナーズプレミアム」の会員ページは、見た目高級感があるが、やはり「ルートユニオン」とソックリだ。

    早速「オーナーズプレミアム」にどのような予想コースがあるのか確認してみると、「次の開催日までお待ち下さい」と表示されてるだけで、ひとつも予想コースの紹介が、無い。
    検証をしている2018年4月25日は水曜日なので、平日ということもあってまだ何も出ていないのだろうか?

    基本コースも、なにも無いのだ。


    (追記:2018/4/27)
    上記の検証から数日経った金曜。「オーナーズプレミアム」のコースを見ると、相変わらず「次の開催日までお待ち下さい」となっている。
    一番の売り時である金曜なのに、朝から一度もコースを確認することができてない。
    画像をクリックするとポップアップで表示 

    予想の販売が無いのに、的中させたと言うのだろうか?



  9. オーナーズプレミアム (owners premium)という競馬予想サイトの的中実績

  10. 「オーナーズプレミアム」の的中実績を見ると、1番古いものは「2018年 3月3日」のものだったが、同日に的中したと言う、その的中数が凄すぎる。
    買い目と一緒に紹介されているのだが、こんなのありえるのだろうか??

    2018年 3月3日の実績だけ見ても…
    ・小倉10→ 1076.0倍 107万 6,000円獲得(3連単)
    ・小倉11→ 1539.7倍 307万 9,400円獲得(3連単)
    ・小倉2→ 797.2倍 39万 8,600円獲得(3連単)
    ・阪神10→ 1581.8倍 70万 900円獲得(3連単)
    ・中山2→ 155.5倍 15万 5,500円獲得(3連単)
    ・中山5→ 128.6倍 12万 8,600円獲得(3連単)
    ・小倉7→ 410.5倍 20万 5,250円獲得(3連単)


    「オーナーズプレミアム」のドメインを取得して、どんなに長く見ても、わずか17日間でサイトを作り、販売してたった1日の的中を見ただけでも滅多に当たらない1000倍超えの的中を、同日に連発しているのだ。
    しかも全てが3連単。

    事実だとすると神がかった幸運を持つサイトということになるが、ここで紹介されている的中実績は、1つもコース名の記載が無い
    なので、どのコースで的中したのか分からないし、これじゃいくらでも書きようがある。
    前の章で書いたように実はコース名もまだ無いのでは?…笑止千万である。


    (追記:2018/4/27)
    驚いたことに、2018年4月27日にも「オーナーズプレミアム」の検証を続けていると、夕方に突然、上記したウソのような的中実績が消えてしまった。
    画像をクリックするとポップアップで表示 
    ↑なんで消す必要があるんだろうね(笑)



  11. オーナーズプレミアム (owners premium)という競馬予想サイトに入れなくなった。

  12. 「オーナーズプレミアム」を検証していると、急にログインできなくなった。
    画像をクリックするとポップアップで表示 
    ログイン制限をしていると言う。


    急にログイン制限をしたオーナーズプレミアム (owners premium)だが、今日は上記の原稿を書いて数日経った4月27日 金曜日だ。

    この土日前の、一番課金をあげられる日である金曜日に昼過ぎからずっとログイン制限をして、登録したユーザーが予想を買えなくしている。
    …ということは、サイトが未完成で閉じざるをえなくなった。もしくは、「ログイン制限」として、まるで自分以外はサイトに入れているように見せ、週明けに「的中しまくった」と、出来たばかりのサイトなので的中実績を作りたいから入れなくしている。ということが考えられる。
    的中の捏造でもするのだろうか?と、勘ぐってしまう。


    前述したように、的中実績も消えてしまったので、予想の販売もしていなくて、これで4/28、4/29の週末に的中したと的中実績に出したとしたら、それは捏造だろう。


    最期に。
    オーナーズプレミアム (owners premium)の口座名義だが、調べてみると「ルイズペイメント」という決算代行会社を使っていたので、本当の運営社名については、確認することができなかった。

    因みにこの「ルイズペイメント」という決済代行は「極み馬」という競馬予想サイトでも使用している。


    「競馬検証.com」では引き続きオーナーズプレミアム (owners premium)という競馬予想サイトの検証は続けていくつもりですが、もしもオーナーズプレミアム (owners premium)をご利用された方や、被害・不満と思われている方、オーナーズプレミアム (owners premium)の「関連サイト情報」などをお持ちの方、またはオーナーズプレミアム (owners premium)からの電話営業など証拠の残らない営業を受けられた方などいらっしゃいましたら、どんな些細な情報でも構いませんので、口コミ情報のご提供にご協力頂けると幸いです。m(_ _;)m


  13. オーナーズプレミアム (owners premium)の競馬予想と料金プラン

  14. 確認中


1
 投稿者:匿名さん 「競馬予想評価検証ナビ」より「オーナーズプレミアム (owners premium)」の口コミ検証
「ハイクラスホースクラブ ※閉鎖してる
http://kzkun.com/hyouka/site/high-class-horse-club.html

的中エクスタシー ※閉鎖してる
http://kzkun.com/hyouka/site/tekichu-ecstasy.html

みんな億万長者(ロト情報・宝くじ購入代行サイト)
http://kzkun.com/hyouka/okane/minna-okumantyoujya.html

↑住所が同じ。

どう考えてもマトモなサイトじゃないね」
1
優良競馬予想サイトを探すなら、競馬予想サイト検証.COM

口コミ評価投稿フォーム

▼ 個人評価 ※必須
▼ タレこみ (500文字以内) ※必須
お名前:
優良競馬予想サイトを探すなら、競馬予想サイト検証.COM

競馬予想サイトを検索

検索
競馬予想サイトを検索!

無料予想のある、優良競馬予想サイト

優良競馬予想サイトを探すなら、
競馬予想サイト検証.COM

競馬予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

オヤユビ競馬(OYAYUBI競馬)という競馬予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

オヤユビ競馬(OYAYUBI競馬)の無料予想(無料情報)だが、気づけば7/16から約1ヶ月分の無料情報のデータ収集していた。

結果はというと…7/167/17 7/237/247/307/318/68/7と、8レース全て全滅

オヤユビ競馬(OYAYUBI競馬)の、1回目に行った無料情報の長期検証では、的中率18%回収率29%だったが、今回は前回に比べ3レース分少ないとはいえ、今のところ「0%」だからヒドイものだ。

その中なら今回検証するのは日曜札幌11RのエルムS。

オヤユビ競馬(OYAYUBI競馬)という競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ オヤユビ競馬(OYAYUBI競馬)の無料予想(2022/08/07)

このレースは、4ブラッティーキッド(1人気)と3オメガレインボー(2人気)が人気を分け合ったレースだ。
このような2強を中心としたレースの場合、2頭とも馬券に絡むなんてことはほぼ無い

オヤユビ競馬が選んだのは、
1ロードエクレール(8人気)→13着
3オメガレインボー(2人気)→3着
4ブラッティーキッド(1人気)→4着
5アメリカンシード(12人気)→12着
12スワーヴアラミス(4人気)→9着
の5頭である。
こうみると、闇雲に人気薄を選んでいるような気がしてならない。

そして結果は
1着9フルデプスリーダー(9人気)
2着6ウェルドーン(6人気)
3着3オメガレインボー(2人気)

前走、函館のマリーンSを6番人気で制した9フルデプスリーダー(9人気)が、連勝でエルムSを制し、同じく函館のマリーンSを7番人気で制した6ウェルドーン(6人気)が、エルムSの2着を確保した。
似ているようでコース形態が似ていないといわれる函館札幌競馬場であるが、気候と水が合えば同じ時期に好成績を残すのは珍しくない。
特に夏だけしか活躍しない馬もいるくらいに、夏の暑さをモノともしない馬もいるほどだ。
4ブラッティーキッド(1人気)と3オメガレインボー(2人気)の相手に加えないこと自体、競馬脳がズレているのではと思ってしまう。
騎手も丹内武豊という札幌を比較的得意とする二人なのに。

前走のマリーンSを3着の1ロードエクレールを買い目に入れるのはまだ許せるだろうが、昨年のエルムSを14着の5アメリカンシード(12人気)を買い目に入れることが信じられない

ゴルファーやテニスプレイヤーにとって得意とする舞台があるのと同じで、馬にとっても得意舞台が存在する
そういった、馬の見極めが出来て初めて「予想のプロ」と呼ばれるのではないだろうか?

的中タウンという競馬予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

的中タウンという競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ 的中タウンの無料予想(2022/08/06)

1日に3、4鞍提供する的中タウンの無料予想(無料情報)だが、8/6札幌1Rが13.2倍で+36,000円となったが、その後は新潟1Rが1.5倍のガミで-22,500円札幌11Rが不的中で-30,000円8/7新潟2R-30,000円札幌5R2.5倍の-17,500円新潟11R-30,000円となり、2日で-94,000円のマイナス収支となった。

今回検証する土曜札幌11R札幌日経オープンは、10頭立てリステッド競走だ。
的中タウンは1,2着をワザと外せる術を持ってるのか。

2600mという長距離のため、騎手の技量が問われるのはもちろんのこと、この舞台に対する馬の得手不得手も如実に出るレースである。

的中タウンが選んだ5頭は…
3テンカハル(5人気)→4着
4ベスビアナイト(3人気)→8着
5サトノラディウス(10人気)→9着
9マンオブスピリット(8人気)→7着
10ボスジラ(2人気)→3着

とまあ、酷いものだ
馬券圏内に入ったのは 10ボスジラ(2人気)たった1頭だけというザマである。

1着2ハーツイストワール(1人気)→不選択
2着1ゴールドギア(7人気)→不選択
3着10ボスジラ(2人気)→選択

なんとなんと、ここ3年間でも2度連対している武豊騎手が乗る、昨年の1着馬2ハーツイストワール(1人気)を切っているのだ。(→結果は連覇)
そして、、ここ2年間でも2度馬券に絡んでいる横山和騎手が乗る、昨年の2着馬1ゴールドギア(7人気)も切るという大失態。(→結果は2年連続2着)

ここまで競馬を読めないサイトに成り下がったのか、それとも配当(オッズ)を上げる為にどこぞの勢力と組んで、絶対外せる適当な買い目を作っているのか?
まあ、どちらにせよ最低な予想であることには変わりがない。
最低最悪・無料競馬予想サイトランキング
競馬予想サイトの無料予想だけを使い続けた場合 、1日にかかる賭金や、1日1Rあたりの平均収支をランキング形式にしました。 口コミなどを基にした悪評サイトのランキングではなく 、⻑期間無料予想の検証を行った データを基に算出した、マイナス収支ランキング です。
順位 サイト名 金額
1位 一点予想屋本舗 ¥-52,882
2位 馬券コレクション(馬これ) ¥-47,985
3位 競馬チャンピオン ¥-36,286
4位 ビット競馬 ¥-27,414
5位 P4 ¥-25,781
6位 インパクト(IMPACT) ¥-23,451
7位 騏驎(麒麟) ¥-21,830
8位 ダービータイムズ ¥-20,921
9位 高配当XXX ¥-19,913
10位 merit(メリット) ¥-18,650
順位 サイト名 金額
1位 一点予想屋本舗 ¥106,909
2位 馬券コレクション(馬これ) ¥60,000
3位 インパクト(IMPACT) ¥44,571
4位 競馬チャンピオン ¥44,143
5位 騏驎(麒麟) ¥40,000
6位 merit(メリット) ¥39,666
7位 ダービータイムズ ¥38,727
8位 高配当XXX ¥37,827
9位 P4 ¥35,000
10位 ビット競馬 ¥30,571

競馬初心者向け競馬情報コラム

トップへ