第39回
ドバイワールドカップ (3月・GⅠ)

日本馬も数多く出走する、ドバイミーティング2021

2021 ドバイミーティング
  1. 日本馬も数多く出走する、ドバイミーティング

    日本馬も多数出走する、ドバイミーティング2021

    今週末、日本では中京競馬場で高松宮記念G1が行れ、海外ではメイダン競馬場(アラブ首長国連邦・ドバイ)にて、ドバイミーティングが開催される。

    ドバイミーティングには日本馬も多数出走することになっている。
    今回はドバイミーティングを考察したいと思う。



    海外勢のレベルが低いドバイミーティング2021

    まず念頭におきたいのは、今年のドバイミーティングは海外勢のレベルが例年になく低いということだ。

    これはシンプルに日本馬のレベルが上がったと言うことでなくコロナの影響海外の実力馬が遠征を自重したことに起因する。

    実際に日本馬も自重した馬は多かったが、状況は昨年より緊急度が下がっているため、ある程度の下準備ができた馬は遠征に踏み切れたようだ。



    ドバイミーティング2021は、日本馬にもチャンス大

    日本馬クロノジェネシスの勝算

    まず最も注目というか、勝つチャンスがありそうなのがシーマクラシックに出走するクロノジェネシスだろう。
    ドバイワールドカップ2021に出走するクロノジェネシス
     
    クロノジェネシス2歳時には430kg台の馬体重で走っていて、3歳時450kg前後、そして4歳時に宝塚記念G1を勝った際には460kg台、2020年有馬記念G1を勝った際には470kg台と、自身最高体重で勝利しているので、2歳時から相当成長していることがわかる。

    牝馬で圧倒的な強さ有馬記念を勝つくらいだから、日本のトップホースと言える馬なのは間違いない。
    輸送さえ無事にクリアし、自身の走りができれば勝ち負け濃厚だ。


    日本馬ラヴズオンリーユーのチャンス

    そして同じレースには同世代のディープインパクト産駒でオークス馬のラヴズオンリーユーも出走する。

    オークス時にはクロノジェネシスを負かしている馬だが、その後勝ち星なしと低迷が続いている馬だ。
    現在の2頭を比較して総合力と実績では圧倒的にクロノジェネシスが上を行っているが、今回ラヴズオンリーユーはO.マーフィー騎手が騎乗するので神騎乗発動する可能性もある。

    これまでずっとM.デムーロ騎手が騎乗していたが、前走で川田騎手が騎乗したところ今までの不振ぶりから少し改善した部分が見られた。
    今回はさらなる鞍上強化なので侮れない部分もあるのだ。



    ドバイミーティング2021、他の日本馬にも注目

    ドバイゴールデンシャヒーンには日本馬が4頭出走予定だ。
    内、レッドルゼルを除くマテラスカイコパノキッキングジャスティン2月のサウジアCデーから転戦で輸送も楽なので、ここも楽しみである。

    実際サウジアラビアで行われたリヤドダートスプリントでは、コパノキッキングがW.ビュイック騎手騎乗で勝利し、戸崎圭太騎手騎乗のマテラスカイとのワンツーフィニッシュを決めている。

    コパノキッキングは引き続きビュイック騎手が騎乗するので、こちらも勝機アリだろう。
    尚、ジャスティンには坂井瑠星騎手が騎乗レッドルゼルにはR.ムーア騎手が騎乗予定となっている。

    おそらくこの4頭のうちどれかが勝つと、私は見ていますw


    ドバイターフにはヴァンドギャルドが出走予定。
    こちらもM.バルザローナ騎手を確保して臨戦態勢は万全だ。
    ヴァンドギャルドは、日本での実績は十分とはいえない馬だが鞍上込みでこの馬にもチャンスはあると思える。

    UAEダービーにはこちらもサウジダービーからの転戦組が多数おり、中でもサウジダービーを戸崎騎手で勝利したピンクカメハメハ有力な一頭だろう。
    他にもタケルペガサスフランスゴデイナも出走予定。
    ここも日本馬にチャンスありとみる。

    最も賞金の高いドバイWCには昨年のチャンピオンズC・G1勝ち馬チュウワウィザードサウジCから転戦して出走予定となっている。

    ただダートのこの距離は芝に比べてどうしても現地の馬や海外の馬が圧倒的に強い
    過去に3年連続で挑戦したホッコータルマエ(現種牡馬)も海外の壁に散々打ちのめされており、正直、どこまで戦えるかと言うところだろうな。


    昨年はコロナの影響で開催直前に中止となったドバイミーティングだが、今年はそれを踏まえて着々と開催への準備が進んでいるようだ。

    一昨年はアーモンドアイもドバイターフを勝っているように、過去に何頭も日本馬が勝利しているドバイミーティング。
    今年も期待馬が多く非常に楽しみである。


優良競馬予想サイトを探すなら【競馬検証.com】
1

無料予想のある、優良競馬予想サイト

優良競馬予想サイトを探すなら【競馬検証.com】

  1. これからは、海外競馬馬券日本で買える時代になる…

  2. 日本の血を欲しがる海外の競馬界
  3. …それに対し、良血は海外には出さないようにプロテクトしてしまっている日本の競馬界。
    このままでは日本馬がヨーロッパの大きなレースに挑戦しても、「絶対に日本馬に勝たせるな」という 海外勢の厳しいマークを受けることになり、日本の競馬ファンは、これからますます海外競馬から目の離せなくなる。
    海外競馬を知ると、更なる競馬の魅力を体感できることだろう。

    ディープインパクトを筆頭としたサンデーサイレンス系種牡馬の種付相手は、どんどん海外からの 輸入馬が増加しており、 母系もサンデーサイレンスの血が多く、ディープインパクトの血を最大限に生かすには、悔しいが外国産馬との配合でないと 強い馬が誕生しにくいのが現状。

    競走馬時代を知っている馬の仔がデビューというのは、競馬ファンなら、特別な思いがあるはずだ。




  4. 血が紡ぐ競馬の未来
  5. 2015年のダービー馬ドゥラメンテ。
    人気になったのは強さもそうだが、アドマイヤグルーヴの最後の仔であることも大きく関係している。

    当時は牝馬が牡馬を倒すことが珍しかった時代に、天皇賞を制したエアグルーヴ。
    そのエアグルーヴの仔であるG1馬アドマイヤグルーヴ。
    そのアドマイヤグルーヴの仔、ドゥラメンテ。




  6. 血が繋ぐ競馬新時代
  7. 海外競馬に目を向けなければ、「この馬の母って誰?」…そんなことも日常茶飯事になることだろう。
    ジェンティルドンナの母は海外馬。
    競馬は新しい時代に突入しています。


    情報の少ない海外競馬…
    海外競馬を見ていれば、「この母馬は知らない」が「この馬知ってる!」に変わります。

    「海外競馬」を知ることで、より充実して競馬を楽しむことができます。
    このコラムでは、海外競馬に関する情報を積極的に公開していきたいと考えています。



競馬予想サイトを検索

検索
競馬予想サイトを検索!

▼競馬検証.comの競馬コンテンツ▼

最低最悪・無料競馬予想サイトランキング
競馬予想サイトの無料予想だけを使い続けた場合 、1日にかかる賭金や、1日1Rあたりの平均収支をランキング形式にしました。 口コミなどを基にした悪評サイトのランキングではなく 、⻑期間無料予想の検証を行った データを基に算出した、マイナス収支ランキング です。
順位 サイト名 金額
1位 オウマナビ ¥-31,744
2位 インパクト(IMPACT) ¥-23,451
3位 ダービータイムズ ¥-20,921
4位 高配当XXX ¥-19,913
5位 ファイナルホース ¥-18,612
6位 キャリーオーバー ¥-18,579
7位 アルカナム(ARCANUM) ¥-16,759
8位 ヒーローズ(HEROES) ¥-16,606
9位 勝ちKEIBA (勝ち競馬) ¥-15,532
10位 馬喰商會(馬喰商会) ¥-14,878
順位 サイト名 金額
1位 オウマナビ ¥64,333
2位 インパクト(IMPACT) ¥44,571
3位 ダービータイムズ ¥38,727
4位 高配当XXX ¥37,827
5位 馬喰商會(馬喰商会) ¥31,300
6位 アルカナム(ARCANUM) ¥30,000
7位 merit(メリット) ¥28,966
8位 ヒーローズ(HEROES) ¥25,556
9位 キャリーオーバー ¥25,000
10位 ゴールドラッシュ(GOLDRUSH) ¥21,333

競馬初心者向け競馬情報コラム

トップへ