第4回
凱旋門賞 (10月)

終わりましたよ凱旋門賞

2015年10月4日、フランスのロンシャン競馬場で行われた第94回 凱旋門賞は、ランフランコ・デットーリ騎手騎乗の3番人気ゴールデンホーン(イギリス=ジョン・ゴスデン厩舎、牡3歳)が2馬身差をつけて優勝


5番人気のフリントシャー(牡5歳)が昨年に続いて2着に入り、クビ差3着が2番人気のニューベイ(牡3歳)。


3連覇を目指して圧倒的人気を集めていたトレヴ(牝5歳)は、ニューベイハナ差の4着に終わっている。
勝ちタイムは2分27秒23(良)。


ってのが一応の発表だけど、流石に凱旋門賞の三連覇ってないよね。
日本の古馬だって同じG3を三年連続勝つなんて20年に一頭いるかどうかだもの。

ヨーロッパとてそれは勿論同じでそんなん無理。
だって一着賞金が日本円で三億八千万円なんだから。
そんなガチンコ勝負に三年連続同じ馬に勝てっていうほうが無理。


だけど逆に考えてみれば、そんだけ賞金が高いんだったら日本勢も思い切って 最高級のディープ産駒をいきなりフランスの小林厩舎とかに入れちゃうってのもありじゃね?って思ってしまう。
ま、厩舎どこでもいいんだけど。

間違えて勝っちゃったら、種牡馬としての価値も相当なものになる。だってノーザンダンサー系ならバンバン配合できるし。

そんな20年に一頭出るか出ないかの歴史的名牝に負かされた一昨年の凱旋門賞での「オルフェーブル」って運が無かったなぁ。もーちょいイケると思ったんだが…orz

…にしてもヨーロッパ競馬って進歩してるのか、してないのかわからない。
この4年だけ一応調べてみたんだけど、全て勝ち馬はノーザンダンサー系で、しかもディンヒル系サドラーズウェルズ系と、ダンジグ系の持ち回り。


昔、角居調教師が「中山のG1を勝たせるための調教と府中のG1を勝たせる為の調教は別物になってしかるべき」って言ってて、それで皐月賞有馬記念ドバイWCヴィクトワールピサで勝っちゃったんだよな。

ま、今年は日本馬は一頭も出走してないし、対岸の火事ってところでしょうかね。


蛙の子は蛙なら、いつの日かオルフェーブルの子供が、父の無念を晴らしにロンシャン競馬場で走るのを夢見ましょう。
…その雄姿見たら、オレ、号泣だわなw



第3回
海外競馬について語ってみたw

トレヴ強い!

凱旋門賞が行なわれるロンシャン競馬場でヴェルメイユ賞が行なわれた。
2013年オルフェーヴルキズナの雄姿を見に行ったなぁー。



グリーンチャンネルで見てたけど、圧巻だったのは、やっぱりトレヴ!!
凱旋門賞3連覇も現実味を帯びているかもしれない。

あれは強すぎる!

2013年、日本のオルフェーヴルやキズナが圧倒的、決定的な差をつけられて完敗
そして昨年の凱旋門賞では、ハープスターゴールドシップ相手にもしなかった。

 一番ピークだったのは2013年の凱旋門賞だったと思うけど、このヴェルメイユ賞での際立つ強さを見せつけられたら、さらに進化を遂げていると認めるしかなさそうだ。

 『なんじゃ、こりゃ!!』
レースを見て、思わず吹いてしまった言葉。

 今年のニエユ賞を勝った仏ダービー馬のニューベイも楽しみだし、フォワ賞を勝ったポストポンドも楽しみな存在。
どちらも父親が『Dubawi』ってことに注目したい。
ドバイミレニアムの仔である『Dubawi産駒』がニエユ賞もフォワ賞も制したこと。

 世界の競馬における血統の魅力でもある。

 とはいえ・・・やっぱり・・・この2頭でも。
怪物牝馬トレヴを倒すイメージが沸かない。

トレヴの凱旋門賞3連覇の歴史的偉業を阻止する馬なんて現れるのだろうか!?
現れたら現れたで面白いんだが・・・

第2回
アスコット競馬場

キングジョージ

2015年7月25日イギリスアスコット競馬場で行なわれたキングジョージ
制したのはドバヴィ産駒ポストポンド

確かに強かったんだが、
トレヴを倒せる馬なのかどうか・・・まだまだわからない。

日本競馬にとっては、キングジョージよりも凱旋門賞の方が馴染み深いレースではあると思うんだが、昔流行ったダビスタとか、競馬ゲームをやっていた人にとってはこのキングジョージも有名だと思う。

 開催地イギリスアスコット競馬場
そういえば今年のキングジョージには、2014年のダービー馬ワンアンドオンリーが挑戦するなんてことも言っていたけど、結局回避した。
ワンアンドオンリーには荷が重かったかも。
 
最近の日本馬でいうと、
2000年エアシャカール(武豊騎手・森秀行厩舎)が挑戦して5着
2006年ハーツクライ(ルメール騎手・橋口厩舎)が挑戦し3着
2012年ディープブリランテ(岩田騎手・矢作厩舎)が挑戦し8着

 2000年に入って、日本馬の海外挑戦が盛んになっている中でも、日本馬によるキングジョージへの挑戦はこの3頭だけだから、馴染みの薄いレースであることは否めない。

特徴はとにかくハードタフ
高低差も大きいコースであって、スタミナも問われる。

個人的な感想としては、高速馬場でもある分、日本馬にとってはローテーションさえ、このキングジョージに照準を合わせれば、凱旋門賞よりもチャンスがあると思う。

アスコットの方が、日本馬には向くのではないかと・・・。
凱旋門賞制覇が先か、キングジョージ制覇が先か。

 ここは日本馬それぞれの特徴を考慮しながら、住み分けさせて、とにかく日本競走馬による欧州のビッグレース制覇を早く成し遂げて欲しいと願う。


第1回
ドバイワールドカップ (3月・GⅠ)

2015ドバイワールドカップ

2015年3月28日(現地時間)に行われる今年のドバイワールドカップ

日本馬の挑戦は以下の通り。

【ドバイワールドカップ】




【ドバイシーマクラシック】




【UAEダービー】





エピファネイアは、確かにダートでも見てみたい馬だけど・・。
デビュー以来初のダート戦が、いきなりドバイワールドカップは、さすがにやりすぎでは?と思う。


デビューした頃は、福永祐一が「ダート馬」なんて表現していたみたいだし、それくらいパワーがあるってことなんだろうけど。


ホッコータルマエは日本のダートチャンピオンとして、期待したい。
芝のジャパンカップ王者エピファネイア
ダート王者ホッコータルマエ


いずれにしろ、日本の芝ダートの現役王者の2頭が世界に挑むのは応援したい。


そして、ハープスターワンアンドオンリーが挑むドバイシーマクラシック
正直ハープスターは厳しいんじゃないかと思っている。(応援したいが)
京都記念の負け方が負け方だし、2400mは明らかに長い長すぎる

ダービー馬のワンアンドオンリーの方が、「ひょっとするんじゃ?」と正直思っていますが、どうなるのやら、当日が楽しみです。
いずれにしろ昨年のクラシックの主役2頭が挑むわけだから、頑張って欲しいです。


UAEダービーは、ゴールデンバローズがどのくらいやれるのか、本当に楽しみにしています。
ここを勝つくらいなら、10年に1頭の怪物級かもしれないし、世界の壁に屈するかもしれない。
前者であって欲しいんですが、とにかく一番の注目どころかもしれません。

日本馬、頑張れ!!


優良競馬予想サイトを探すなら【競馬検証.com】
1
2
3
4

関連コラム


 ◆◆◇ 徹底的に調べ上げて検証、無料登録できる先週の優良サイト! ◇◆◆ 
   ↓       ↓       ↓       ↓       ↓       ↓
【 検証済 】 高配当21 ←超検証レポートはコチラ!
8/9は、わずか20pt予想(2000円)で新潟6Rにて 477.7倍133.2倍8.8倍の全3券種的中。…仮に500円で全て買ってたら、2000円予想で合計30万超えの配当だ。 …超破格の過去最強は、1000円予想の6479.2倍。→コレ

【 検証済 】 血統ウィナーズ
←超検証レポートはコチラ!
8/8 は「厳選午前情報」で札幌4Rにて739.1倍を的中させ、最大で73万 9100円の払戻しとなった。…ココの買い目は、ただ良質な血統馬を選ぶのではなく、豊富な知識と裏付けには脱帽だ。

【 検証済 】 ターフビジョン
←超検証レポートはコチラ!
8/8 「最終ラボ」で札幌12Rにて836.5倍の的中で、500円が41万超の払戻しになった。ターフビジョンの画像付、美穂と栗東の両方からの関係者の現地取材レポートは超濃厚で、競馬新聞では得られない貴重な情報だ。

【 検証済 】 三競 競馬
←超検証レポートはコチラ!
8/8「2ツ星」の見解がドンピシャで、新潟9Rにて609.0倍の的中。…1ヶ月以上の徹底検証の末、無料情報の3連複の精度がとても高く、優良評価が妥当と判断した。馬券の組み立て方が上手いサイトだ。

【 検証済 】 俺の競馬予想(OREKEIBA)
←超検証レポートはコチラ!
8/2 「いきなり万馬券」で札幌9Rにて975.2倍の配当がつき、600円が58万超に。ココは常に論理的で今回も説得力がスゴく、ガチ馬主に、現役の記者による唯一無二のサイト! サイト内ブログは、新聞や雑誌では知れないネタが満載。

【 検証済 】 UMAチャンネル
←超検証レポートはコチラ!
8/1は 「2ch」で470.3倍つき、最大47万 30円の配当。「厩舎チャンネル」は内輪ネタなどのトラックマン情報で必見。それとLINEで配信してる無料情報も、推奨馬3頭のピックで精度も高くて◎

【 検証済 】 週刊競馬ナックル
←超検証レポートはコチラ!
7/26無料情報32.3倍を当て、前日の 7/25も無料で22.3倍。 無料情報の快進撃がまた始まったか?
無料情報の4週連続的中後、有料予想も絶好調。「競馬界のタブー
」は新聞やネットには載ってない裏情報

【 検証済 】 血統シックス ←超検証レポートはコチラ!
7/19「血統エコノミー」では血統背景の見事な分析わずか10点768.3倍もの高配当を当て、最大で76万超の払戻しとなった。いつも勝率や連対率などのデータ頼りではなく、馬場傾向と血統傾向を考えられた、少ない点数の買い目だ。

【 検証済 】 レープロ
←超検証レポートはコチラ!
7/19 「クラブ法人」で阪神6Rにて470.3倍の的中。推奨金額が最大の800円だと、37万超の払い戻しになった。
現場の記者しか撮れないトレセンの写真とツイートは、超生情報。新聞では知れない情報が同日に何度も更新。


  1. これからは、海外競馬馬券日本で買える時代になる…

  2. 日本の血を欲しがる海外の競馬界
  3. …それに対し、良血は海外には出さないようにプロテクトしてしまっている日本の競馬界。
    このままでは日本馬がヨーロッパの大きなレースに挑戦しても、「絶対に日本馬に勝たせるな」という 海外勢の厳しいマークを受けることになり、日本の競馬ファンは、これからますます海外競馬から目の離せなくなる。
    海外競馬を知ると、更なる競馬の魅力を体感できることだろう。

    ディープインパクトを筆頭としたサンデーサイレンス系種牡馬の種付相手は、どんどん海外からの 輸入馬が増加しており、 母系もサンデーサイレンスの血が多く、ディープインパクトの血を最大限に生かすには、悔しいが外国産馬との配合でないと 強い馬が誕生しにくいのが現状。

    競走馬時代を知っている馬の仔がデビューというのは、競馬ファンなら、特別な思いがあるはずだ。




  4. 血が紡ぐ競馬の未来
  5. 2015年のダービー馬ドゥラメンテ。
    人気になったのは強さもそうだが、アドマイヤグルーヴの最後の仔であることも大きく関係している。

    当時は牝馬が牡馬を倒すことが珍しかった時代に、天皇賞を制したエアグルーヴ。
    そのエアグルーヴの仔であるG1馬アドマイヤグルーヴ。
    そのアドマイヤグルーヴの仔、ドゥラメンテ。




  6. 血が繋ぐ競馬新時代
  7. 海外競馬に目を向けなければ、「この馬の母って誰?」…そんなことも日常茶飯事になることだろう。
    ジェンティルドンナの母は海外馬。
    競馬は新しい時代に突入しています。


    情報の少ない海外競馬…
    海外競馬を見ていれば、「この母馬は知らない」が「この馬知ってる!」に変わります。

    「海外競馬」を知ることで、より充実して競馬を楽しむことができます。
    このコラムでは、海外競馬に関する情報を積極的に公開していきたいと考えています。



競馬予想サイトを検索

検索
競馬予想サイトを検索!

▼競馬検証.comの競馬コンテンツ▼

競馬初心者向け競馬情報コラム

トップへ