1. 「競馬検証.com」を作ることになった理由

  2. 競馬予想サイトも、それらの競馬予想サイトの検証サイトも、競馬予想サイトに特化した口コミサイトも、本当に増えた。
    私達がこの「競馬検証.com」を作る前、実はもうひとつの検証サイトがあった。
    前の競馬比較サイト」で競馬予想サイトの検証をしたサイトを作ったのは2013年で、その頃は我々のように言葉遣いも普通で、「悪評サイト」をそのまま「悪評」と言い切り、エグリまくってる競馬予想サイトの検証サイトってのは1、2サイトしか無かった。

    当時、別に狙ったワケではなかったが、その頃の競馬予想サイトを検証している「競馬検証サイト」は、大半が競馬予想サイトの運営者による自作自演の「サクラサイト」ばかりのようだったので、「本当のことを暴いてるのは我々だけだ」という意識が強く、信念を持ち「前の競馬比較サイト」を作った。


    …だが、その私たちが膨大な時間と検証した、努力の結晶である競馬予想サイトの「徹底的に調査した競馬検証サイト」は、ある日突然なんの前触れもなく乗っ盗られてしまった。…ウソのようなホントの話

    …盗られた「その日」からいかにも我々が続けているかのようにして白々しくもその検証サイトは別の者によって続けられた。

    …しかし当然ながら実際に文章を書いているのは我々ではないので、数ヶ月もすると我々が更新していた競馬ブログも、案の定、盗んだ奴らは競馬に対して素人だから更新が途絶え、サイト内で優良評価しているサイトにしても検証しているように見せてはいても、どれも「グループサイト」として繋がっているものばかりになってしまい、数日後に見直した時には全て「運営者側の自作自演のサクラサイト」に成り下がってしまった。

    心の底から、悔しかったですね。
    …分かる人にはどのサイトのことなのか分るでしょう…そのことは後ほど詳しく書きます。


    そして今も のうのうと続けている。


    (追記:2018/2/5)
    2018年から「そのサイト」の改修が行われ、以前私たちが作ったコンテンツが無くなり、私たちが更新していた競馬ブログも消されて一新されたように見せている。

    先述したように、以前に我々から盗んだ奴らは、競馬に対して無知だったので、ブログの更新はおろか、検証原稿も私たちの真似をしているようには書いていたが、ただただ汚い言葉を並べてるだけ。罵ってるだけの低俗なものだった。しかしここ最近はライターでも雇ったのか、それともサイトを運営権を売ったのか分からないが、どうも少し事情が変わったようだ。

    しかし掲載している競馬予想サイトは、相変わらず自社運営の競馬予想サイト用の、自社集客サイトのようで、サイトを更新しているのは別の人間かもしれないが、「元」は変わっていないだ。
    ブログも「新」などと付け、「盗人」の汚い垢に上塗りしてリニューアルでごまかしているが、

    我々から「盗んだ事実」は変わらない。


    -------------------------------------------
    そんなワケで、2013年当時は、我々のような勝手気ままに競馬サイトのことを書きまくってる「ガチ」な検証サイトは少なかったが、最近ではその書き方をマネて書いている「ユルいかんじ」の競馬検証サイトが増えた。
    もの凄い数だ。

    でも、残念ながらそれらの検証サイトは一見まともに見えてはいるが、基本的には「競馬予想サイトの運営者側による自作自演サイト」が増えただけで、よくよく見ると、ある部分は本当に検証をしているようだけど「グループサイト」になるとかなり内容が片寄っていて「前の競馬比較サイト」然り、口コミを入れても反映されなかったりするものばかりだ。
    我々のような「ガチの検証サイト」が、「ガチ風」のサイトが多くなったために目立たなくなっている。
    今でも、本気で検証をしているサイトは「競馬予想口コミ評判チェケ!!」とか「競馬予想会社&情報商材を【徹底検証&比較】」くらいじゃないだろうか?

    「競馬予想サイト」も「競馬予想の比較サイト」もウソばかりで、更に「前の競馬比較サイト」でも当時書いたが、競馬詐欺で被害に遭った人の被害相談に旨みを感じた悪質な被害相談所も年々増えている。
    競馬予想サイトのキメルケイバ!も口コミ検証サイトの「比較競馬.net」が自社集客サイトのようだ  競馬予想サイトとつながる競艇RITZも口コミ検証サイトの「比較競馬.net」が自社集客サイトのようだ 
    「WiKiKeiBA」で暴露されている自作自演の自社集客サイトばかり。


    競馬予想サイトによる、「詐欺被害相談所」は更に悪質で、「探偵業届出」は出しているので店構えはまともだし、いかにも返金請求などができそうな言葉を並べているが、結果的には「相談は受けるが成果がでなかった」と諦めざるえない結果で終わっても、「やることはやっている」ので、限りなくブラックに近い「グレーゾーン」で摘発されにくいのが現状。何とかしたいところだ。

    今回のこの「競馬検証.com」は、元のメンバーを含め、新たにデザイナーや、プログラマー、弁護士、他にも競馬が好き過ぎる素敵なスタッフが何人も増えて作り込みました。
    その点においては「事件」から大いに学び、基盤をしっかりと作れたので良かったと思っている。

    コンテンツに関しては、前の競馬予想サイトの「比較サイト」にかぶらないように、新たに作ろうかと考え、「前の競馬比較サイト」で我々が書いたサイトの検証は、約670個は我々が競馬サイトを徹底検証して書いた文章なので、使える部分は自分達の原稿なので使おうと思ったが、改めて2018年にも見直すと、過去の原稿は検証も「甘過ぎ」で、今のレベルの半分以下なのでそのまま「満足して」使えるような原稿はほぼ無い。
    口コミ投稿では、自分の「感情アイコン」を選べたり、スマートフォン版でも簡単に情報を閲覧できて投稿できるようになったし、「競艇検証.com」やその中の「競艇女子」など、新たなコンテンツの企画も増えているので、「競馬検証.com」と「競艇検証.com」ならではの原稿を楽しんでもらえると嬉しい。

    他にも競馬の魅力を、本気の「競馬コラム」としてお伝えしてる。
    重賞競馬コラム」「競馬コラム」をはじめ、今後まだまだ注目される「海外競馬情報」にまで新コンテンツの「コラム」としてレポートし続けてます。


    尚、「競馬検証.com」の検証方法は、競馬予想サイトの比較サイトや、口コミ情報が溢れている中、正しい情報を選別してユーザーに共有するにはどうすれば良いか試行錯誤した結果、「競馬検証.comだけで評価」していても信頼度に欠けるので、「2ちゃんねるまとめサイト」のように複数の「競馬検証サイト」「口コミ」ウェブ上の情報などをかき集めてまとめ上げることにしている。
    まとめ上げた情報を検証して選別し、更に我々がその「競馬予想サイト」に潜入調査し、場合によっては少額だが課金して、それらの情報が正しいか再検証して情報公開するという、徹底した情報の棲み分けをする「競馬検証サイト」を信念をもって作り続けてるので、マジ宜しくお願い致しますm(_ _)m



  3. もうひとつの真実

  4. JRAが公認している「競馬」というギャンブル娯楽が続く限り「競馬予想サイト」も常に隣り合わせにあり、悪質な「競馬予想サイト」も無くなることはないでしょう。
    PC、スマートフォンの普及に伴い数えきれないくらいの「競馬予想サイト」があるのが現状です。

    どの競馬予想サイトも「予想」をするところは基本的に同じですが、プロモーションをガンガン打ち、露出度の高い競馬予想サイトだからと利用者が多く「優良サイト」というワケではなく、むしろ短期集中で稼ぎまくってドロンと消えてしまうような詐欺会社は珍しくありません。

    その膨大な数の予想サイトから「的中率も高く、買い目情報も法外な値段でなく、無料予想もあり、電話などのしつこい営業もない優良予想サイト」…を、見つけるのは至難の業です。
    …そうなると「競馬検証.com」のように検証系サイトをユーザーの方は見て、その評価を信じるしかありません。

    当時、我々が作った、競馬予想サイトの「検証サイト」は、その検証系サイトの中でも誠心誠意をもって正しく検証を行えたサイトだと自負しております。
    なので、悪質な競馬予想サイトを作る会社からは煙たがれていたでしょう。ただ、検証結果は「事実」なので、ちゃんとした運営をして予想の的中率も良ければ正当な評価しておりましたので、強引に潰しに来る犯罪に近い行為をしてくるところはありませんでしたが、「ある特定」のグループに目を付けられたようです。



  5. 外注のエンジニアがサイトを乗っ取るまで

  6. 競馬検証.com」を作るきっかけとなった動機ですが、これは数年にわたり真剣に作ってきた競馬予想サイトの「検証サイト」が、事実上 乗っ取られ(強奪)たのがきっかけで、本気で検証してきたサイト情報が次々に書き換えられ、アッと言う間に白々しい「茶番劇サイト」にされてしまったことがキッカケとなりました。

    前の競馬予想サイトの、比較検証サイト」は、基本的な企画、設計、ブログも含めた全コンテンツ原稿や画像作成は我々数名のスタッフが約2年かけて作り続け、はじめのシステム構築だけ、フリーのエンジニア(K氏)に外注でシステム構築とコーディングの部分を発注して作り上げました。

    画像をクリックするとポップアップで表示 
    ↑これがその当時 「K氏」に出した指示書と、プロット版のデザインです。


    個人的な友人や弁護士、それと相談をしたことのある警察官には録音をしてもらい記録も残っており、ことの経緯を相談していたので「事実」を知っている人もいますが、たまに知らない人だと 「競馬検証.com」が「前サイト」と仲間割れしてこの「競馬検証.com」を作ったと、勘違いされる方もいるようですが、それは違います。


    仲間割れ をしたのではありません。


    サイトは突然、盗まれたのです。



    …ある日突然、その「K氏」というエンジニア行方不明」となり、同じタイミングで前の競馬予想サイトの「検証サイト」の管理画面用ID、パスワードが書き換えられ、サーバー情報やドメイン情報まで、

    あらゆる権限を強奪されました。


    はじめは「K氏」が何かのトラブルに巻き込まれたか、更には誰かに「拉致」でもされたんじゃないか?と真剣に心配をして警察にも相談しに行きましたが、「サイバー警察」なんてのがいるのかと期待したけど、実際にはそんなの「いない」と言われ、担当の警察に質問を受け、録音をして話は聞いてくれましたが、なにか行動に移すようなことはしてくれませんでした。

    警察にはかなり失望したな。
    …しかし冷静に考えてみると、「K氏」が自発的に行方をくらまし、前の競馬予想サイトの「比較検証サイト」を乗っ取ったか、もしくは「第三者」が「K氏」に接触して唆し、その誰かと共に乗っ取った。…と、考える方がしっくりくるようになりました。
    つまり、その「誰か」が実在してソレが「競馬サイトを運営している側」だった場合、我々が作り続けた 競馬予想サイトの「検証サイト」は、他にも腐るほどある自作自演のサクラサイト、自社運営の集客サイトと同レベルに落ちたのです。


    仮に「K氏」が単独犯だった場合、
    「K氏」には「受託開発」として開発費を支払っていますので、完全に我々クライアントから受注したものを盗み取った。…ということになります。


    なにか不具合が発生した時には別途対応として「対価」を支払っておりましたので、もしも「K氏」が自分のことを我々のメンバーだと思っていたのだとしたらそれは「大きな勘違い」で、常に発注書請求書支払いという過程がありました。
    作業費を支払っていた時点で普通に発注を受けた「外注プログラマー」ということになり、仲間でもなんでもなくただの「受注開発」です。


    つまり、発注者のものを勝手に盗んだ完全に「犯罪」です。


    また、企画力「ゼロ」競馬の知識も「ゼロ」、メールで依頼をしても回答された文言には文章力を微塵も感じさせない低いレベルだった「K氏」が、ある日突然競馬の知識が芽生え書けるようになりました。…なんてことはありえないし、受託開発でシステム構築しかしてこなかった「K氏」が競馬予想サイトの検証レポートを「1人」で書けるようになったというのは考えられない。

    このようなことから、もしも「K氏」が「第三者」と関わっていた場合、金銭その他の利益の授受について合意、領得した行為とみなされ「K氏」との事前に交わした「契約書」もあることからこの行為は「個人」に対しては「平成27年改正後の 不正競争防止法(第21条第1,2項)」が適応され、懲役10年、もしくは1,000万円の罰金、もしくはその両方が課せられ「行為者のみでなくその者が所属する、もしくは加担する法人も処罰の対象になる」…ということを、知らないのであれば、進んで「犯罪者」の道に進んだとしたら本当に愚かしいことだと思います。


    …また、万が一にも個人の「意思」で「乗っ取り(横領)」という行為をしていないとすると、これはまた「第三者により強制的にやらせた(?)」という別の可能性も浮上するので、とても穏やかな話じゃ済まされません。

    まぁ、我々としては今のところ”首謀者が誰なのか分からないので”「告訴」すするつもりは今のところ無いし、リニューアルをして過去の「犯罪」を払拭させようとしたのかもしれませんが、どうせ片寄った検証しかしない「クソサイト」に成り下がってしまったので、サイトのリニューアルは確認しましたが、もう「わかる人にはわかっている」ようだし、「今更」ってかんじです。

    …ただ、「K氏」が書いた原稿は一つとして無かったので、我々が過去に書いてきた「競馬ブログ」や「670個以上の競馬予想サイトの検証原稿」は削除してもらいたいものですね。

    今の「競馬検証.com」の原稿の方が圧倒的に深く掘り下げ、徹底しているので、昔の原稿とは比べ物になりませんがw



    競馬予想サイトの口コミ情報、無料競馬予想サイトを徹底検証した検証サイトの制作日が2012年なのがわかる。 
    全画像パーツの制作日が2012年なのがわかる。証拠だ。


    全ての画像も企画もSEO対策も何ヶ月もかけて勉強し、我々が全て考えました。
    「K氏」は発注を受けて(金をもらい)組み立てただけ。

    その後の運営も、
    全原稿の作成、更新、各競馬予想サイトの検証も全て我々が連日、何時間もかけて検証を頑張ったものを、
    まさか盗むとはね。


    なんの汗もかかずに やっと完成したサイトを盗むとは、低俗なクズだ。


    これ以上「なにか」があれば「今度は」、「企業が有する」法的機関への相談と、あらゆる人脈に協力を仰ぎ、徹底的に調べ上げ、しかるべき治安を維持する行政機関への情報提供は可能な限り率先し、これまでしてきた「全ての過程」を白日の下に晒し、あらゆる掲示板や情報共有サイト、サイトユーザーの方達にも協力してもらい、「事実解明」に全面協力をしていくことにします。



    これまでやってきたサイトを信頼してくれて口コミを投稿してくれていたユーザーさん達の口コミや、怒りのタレコミ…「管理人さんここのサイトだけだよ本当の口コミを載せてくれるのは」などと、メールをくれた方達がいたのに、乗っ取られてしまったのは申し訳なく思います。

    …「真実」の口コミをユーザーさん達から頂いていたのに、今ではそれも疑わしいものとなり、その情報に人が騙されているかもしれないと思うと、心から申し訳なく思ってます。その謝罪の気持ちも活力となり、「競馬検証.com」を新設し、改めて初心に戻り、公平なレポートを続けていこうと決めました。
    「競馬検証.com」ではまともなサイトを伝えて行きたいのです。




  7. 競馬はエンターテイメント。見どころを共有して楽しみましょう。

  8. 「神通力」を持ち合わせていない限り、競馬予想をしているサイトが常に100%の的中率をほこれる訳ではなく、たまに外したりもします。
    ある程度はご愛嬌で目くじら立てて吊し上げなくてもい良いと思っていますが、圧倒的に悪評が多く、的中実績を「捏造」してるようなとこは証拠を探し、徹底的に分析し、情報共有しようと思います。
    【的中率も申し分ない。無料予想も十分。的中実績を捏造していない。コンテンツも魅力的。サポートもしっかりしている】…などといった、優等生な競馬予想サイトがあれば、情報提供して頂けると幸いです。
    レポートをはじめ、コンテンツも本気で作り上げていきますので、どうぞ宜しくお願い致します。


最新の、的中実績検証

 ◆◆◇ 徹底的に調べ上げて検証、無料登録できる先週の優良サイト! ◇◆◆ 
   ↓       ↓       ↓       ↓       ↓       ↓
【 検証済 】 必中インパクト ←超検証レポートはコチラ!
2/17 たったの5000円予想で、京都6Rにて718.5倍と他の全3券種的中。賭金の推奨が無く、仮に500円で馬券買ってたら、500円が45万超えに。破格の予想サイトで、地方競馬も◎強い

【 検証済 】 レープロ
←超検証レポートはコチラ!
2/17「クラブ法人」で、小倉5Rにて524.7倍の的中。最大で54万超現場の記者しか撮れない写真と記事は、生情報

【 検証済 】 UMAチャンネル
←超検証レポートはコチラ!
2/16は「BS1ch」で小倉11R、932.4倍の配当で、最大93万超。 「厩舎チャンネル」はガチなトラックマン情報!

【 検証済 】 ターフビジョン
←超検証レポートはコチラ!
2/16 「エコノミー」で595.7倍の的中。わずか500円が→29万超えに。ココの画像付関係者現地レポート内容がスゴい

【 検証済 】 週刊競馬ナックル
←超検証レポートはコチラ!
2/10 「最終入電」で東京12Rにて513.2倍。最大で51万超。「競馬界のタブー」は新聞やネットに載ってない裏情報
別の「南丸がゆく!」という記者レポートも、興味深い話が載っている。

【 検証済 】 俺の競馬予想(OREKEIBA) ←超検証レポートはコチラ!
2/9「クラブ馬」で、小倉8Rにて595.3倍の三連複的中。最大で、77万 3890円払戻し。
ガチ馬主に、現役の記者が運営の、唯一無二のサイト! こんなネタ提供できるのは、ココ以外に無い超絶、面白い

【 検証済 】 高配当21
←超検証レポートはコチラ!
2/3、2は2日連続で、わずか30pt予想(3000円)で464.6倍と他全3券種と、494.4倍と他全3券種的中。
…昨年最強は1000円予想(11月)の6479.2倍だ。 ココは超・安価なコースも的中率が高く、無料予想も◎


「競馬検証.com」 サイト理念

  1. 「競馬検証.com」を作ることになった理由

  2. 競馬予想サイトも、それらの競馬予想サイトの検証サイトも、競馬予想サイトに特化した口コミサイトも、本当に増えた。
    私達がこの「競馬検証.com」を作る前、実はもうひとつの検証サイトがあった。
    前の競馬比較サイト」で競馬予想サイトの検証をしたサイトを作ったのは2013年で、その頃は我々のように言葉遣いも普通で、「悪評サイト」をそのまま「悪評」と言い切り、エグリまくってる競馬予想サイトの検証サイトってのは1、2サイトしか無かった。

    当時、別に狙ったワケではなかったが、その頃の競馬予想サイトを検証している「競馬検証サイト」は、大半が競馬予想サイトの運営者による自作自演の「サクラサイト」ばかりのようだったので、「本当のことを暴いてるのは我々だけだ」という意識が強く、信念を持ち「前の競馬比較サイト」を作った。


    …だが、その私たちが膨大な時間と検証した、努力の結晶である競馬予想サイトの「徹底的に調査した競馬検証サイト」は、ある日突然なんの前触れもなく乗っ盗られてしまった。…ウソのようなホントの話

    …盗られた「その日」からいかにも我々が続けているかのようにして白々しくもその検証サイトは別の者によって続けられた。

    …しかし当然ながら実際に文章を書いているのは我々ではないので、数ヶ月もすると我々が更新していた競馬ブログも、案の定、盗んだ奴らは競馬に対して素人だから更新が途絶え、サイト内で優良評価しているサイトにしても検証しているように見せてはいても、どれも「グループサイト」として繋がっているものばかりになってしまい、数日後に見直した時には全て「運営者側の自作自演のサクラサイト」に成り下がってしまった。

    心の底から、悔しかったですね。
    …分かる人にはどのサイトのことなのか分るでしょう…そのことは後ほど詳しく書きます。


    そして今も のうのうと続けている。


    (追記:2018/2/5)
    2018年から「そのサイト」の改修が行われ、以前私たちが作ったコンテンツが無くなり、私たちが更新していた競馬ブログも消されて一新されたように見せている。

    先述したように、以前に我々から盗んだ奴らは、競馬に対して無知だったので、ブログの更新はおろか、検証原稿も私たちの真似をしているようには書いていたが、ただただ汚い言葉を並べてるだけ。罵ってるだけの低俗なものだった。しかしここ最近はライターでも雇ったのか、それともサイトを運営権を売ったのか分からないが、どうも少し事情が変わったようだ。

    しかし掲載している競馬予想サイトは、相変わらず自社運営の競馬予想サイト用の、自社集客サイトのようで、サイトを更新しているのは別の人間かもしれないが、「元」は変わっていないだ。
    ブログも「新」などと付け、「盗人」の汚い垢に上塗りしてリニューアルでごまかしているが、

    我々から「盗んだ事実」は変わらない。


    -------------------------------------------
    そんなワケで、2013年当時は、我々のような勝手気ままに競馬サイトのことを書きまくってる「ガチ」な検証サイトは少なかったが、最近ではその書き方をマネて書いている「ユルいかんじ」の競馬検証サイトが増えた。
    もの凄い数だ。

    でも、残念ながらそれらの検証サイトは一見まともに見えてはいるが、基本的には「競馬予想サイトの運営者側による自作自演サイト」が増えただけで、よくよく見ると、ある部分は本当に検証をしているようだけど「グループサイト」になるとかなり内容が片寄っていて「前の競馬比較サイト」然り、口コミを入れても反映されなかったりするものばかりだ。
    我々のような「ガチの検証サイト」が、「ガチ風」のサイトが多くなったために目立たなくなっている。
    今でも、本気で検証をしているサイトは「競馬予想口コミ評判チェケ!!」とか「競馬予想会社&情報商材を【徹底検証&比較】」くらいじゃないだろうか?

    「競馬予想サイト」も「競馬予想の比較サイト」もウソばかりで、更に「前の競馬比較サイト」でも当時書いたが、競馬詐欺で被害に遭った人の被害相談に旨みを感じた悪質な被害相談所も年々増えている。
    競馬予想サイトのキメルケイバ!も口コミ検証サイトの「比較競馬.net」が自社集客サイトのようだ  競馬予想サイトとつながる競艇RITZも口コミ検証サイトの「比較競馬.net」が自社集客サイトのようだ 
    「WiKiKeiBA」で暴露されている自作自演の自社集客サイトばかり。


    競馬予想サイトによる、「詐欺被害相談所」は更に悪質で、「探偵業届出」は出しているので店構えはまともだし、いかにも返金請求などができそうな言葉を並べているが、結果的には「相談は受けるが成果がでなかった」と諦めざるえない結果で終わっても、「やることはやっている」ので、限りなくブラックに近い「グレーゾーン」で摘発されにくいのが現状。何とかしたいところだ。

    今回のこの「競馬検証.com」は、元のメンバーを含め、新たにデザイナーや、プログラマー、弁護士、他にも競馬が好き過ぎる素敵なスタッフが何人も増えて作り込みました。
    その点においては「事件」から大いに学び、基盤をしっかりと作れたので良かったと思っている。

    コンテンツに関しては、前の競馬予想サイトの「比較サイト」にかぶらないように、新たに作ろうかと考え、「前の競馬比較サイト」で我々が書いたサイトの検証は、約670個は我々が競馬サイトを徹底検証して書いた文章なので、使える部分は自分達の原稿なので使おうと思ったが、改めて2018年にも見直すと、過去の原稿は検証も「甘過ぎ」で、今のレベルの半分以下なのでそのまま「満足して」使えるような原稿はほぼ無い。
    口コミ投稿では、自分の「感情アイコン」を選べたり、スマートフォン版でも簡単に情報を閲覧できて投稿できるようになったし、「競艇検証.com」やその中の「競艇女子」など、新たなコンテンツの企画も増えているので、「競馬検証.com」と「競艇検証.com」ならではの原稿を楽しんでもらえると嬉しい。

    他にも競馬の魅力を、本気の「競馬コラム」としてお伝えしてる。
    重賞競馬コラム」「競馬コラム」をはじめ、今後まだまだ注目される「海外競馬情報」にまで新コンテンツの「コラム」としてレポートし続けてます。


    尚、「競馬検証.com」の検証方法は、競馬予想サイトの比較サイトや、口コミ情報が溢れている中、正しい情報を選別してユーザーに共有するにはどうすれば良いか試行錯誤した結果、「競馬検証.comだけで評価」していても信頼度に欠けるので、「2ちゃんねるまとめサイト」のように複数の「競馬検証サイト」「口コミ」ウェブ上の情報などをかき集めてまとめ上げることにしている。
    まとめ上げた情報を検証して選別し、更に我々がその「競馬予想サイト」に潜入調査し、場合によっては少額だが課金して、それらの情報が正しいか再検証して情報公開するという、徹底した情報の棲み分けをする「競馬検証サイト」を信念をもって作り続けてるので、マジ宜しくお願い致しますm(_ _)m



  3. もうひとつの真実

  4. JRAが公認している「競馬」というギャンブル娯楽が続く限り「競馬予想サイト」も常に隣り合わせにあり、悪質な「競馬予想サイト」も無くなることはないでしょう。
    PC、スマートフォンの普及に伴い数えきれないくらいの「競馬予想サイト」があるのが現状です。

    どの競馬予想サイトも「予想」をするところは基本的に同じですが、プロモーションをガンガン打ち、露出度の高い競馬予想サイトだからと利用者が多く「優良サイト」というワケではなく、むしろ短期集中で稼ぎまくってドロンと消えてしまうような詐欺会社は珍しくありません。

    その膨大な数の予想サイトから「的中率も高く、買い目情報も法外な値段でなく、無料予想もあり、電話などのしつこい営業もない優良予想サイト」…を、見つけるのは至難の業です。
    …そうなると「競馬検証.com」のように検証系サイトをユーザーの方は見て、その評価を信じるしかありません。

    当時、我々が作った、競馬予想サイトの「検証サイト」は、その検証系サイトの中でも誠心誠意をもって正しく検証を行えたサイトだと自負しております。
    なので、悪質な競馬予想サイトを作る会社からは煙たがれていたでしょう。ただ、検証結果は「事実」なので、ちゃんとした運営をして予想の的中率も良ければ正当な評価しておりましたので、強引に潰しに来る犯罪に近い行為をしてくるところはありませんでしたが、「ある特定」のグループに目を付けられたようです。



  5. 外注のエンジニアがサイトを乗っ取るまで

  6. 競馬検証.com」を作るきっかけとなった動機ですが、これは数年にわたり真剣に作ってきた競馬予想サイトの「検証サイト」が、事実上 乗っ取られ(強奪)たのがきっかけで、本気で検証してきたサイト情報が次々に書き換えられ、アッと言う間に白々しい「茶番劇サイト」にされてしまったことがキッカケとなりました。

    前の競馬予想サイトの、比較検証サイト」は、基本的な企画、設計、ブログも含めた全コンテンツ原稿や画像作成は我々数名のスタッフが約2年かけて作り続け、はじめのシステム構築だけ、フリーのエンジニア(K氏)に外注でシステム構築とコーディングの部分を発注して作り上げました。

    画像をクリックするとポップアップで表示 
    ↑これがその当時 「K氏」に出した指示書と、プロット版のデザインです。


    個人的な友人や弁護士、それと相談をしたことのある警察官には録音をしてもらい記録も残っており、ことの経緯を相談していたので「事実」を知っている人もいますが、たまに知らない人だと 「競馬検証.com」が「前サイト」と仲間割れしてこの「競馬検証.com」を作ったと、勘違いされる方もいるようですが、それは違います。


    仲間割れ をしたのではありません。


    サイトは突然、盗まれたのです。



    …ある日突然、その「K氏」というエンジニア行方不明」となり、同じタイミングで前の競馬予想サイトの「検証サイト」の管理画面用ID、パスワードが書き換えられ、サーバー情報やドメイン情報まで、

    あらゆる権限を強奪されました。


    はじめは「K氏」が何かのトラブルに巻き込まれたか、更には誰かに「拉致」でもされたんじゃないか?と真剣に心配をして警察にも相談しに行きましたが、「サイバー警察」なんてのがいるのかと期待したけど、実際にはそんなの「いない」と言われ、担当の警察に質問を受け、録音をして話は聞いてくれましたが、なにか行動に移すようなことはしてくれませんでした。

    警察にはかなり失望したな。
    …しかし冷静に考えてみると、「K氏」が自発的に行方をくらまし、前の競馬予想サイトの「比較検証サイト」を乗っ取ったか、もしくは「第三者」が「K氏」に接触して唆し、その誰かと共に乗っ取った。…と、考える方がしっくりくるようになりました。
    つまり、その「誰か」が実在してソレが「競馬サイトを運営している側」だった場合、我々が作り続けた 競馬予想サイトの「検証サイト」は、他にも腐るほどある自作自演のサクラサイト、自社運営の集客サイトと同レベルに落ちたのです。


    仮に「K氏」が単独犯だった場合、
    「K氏」には「受託開発」として開発費を支払っていますので、完全に我々クライアントから受注したものを盗み取った。…ということになります。


    なにか不具合が発生した時には別途対応として「対価」を支払っておりましたので、もしも「K氏」が自分のことを我々のメンバーだと思っていたのだとしたらそれは「大きな勘違い」で、常に発注書請求書支払いという過程がありました。
    作業費を支払っていた時点で普通に発注を受けた「外注プログラマー」ということになり、仲間でもなんでもなくただの「受注開発」です。


    つまり、発注者のものを勝手に盗んだ完全に「犯罪」です。


    また、企画力「ゼロ」競馬の知識も「ゼロ」、メールで依頼をしても回答された文言には文章力を微塵も感じさせない低いレベルだった「K氏」が、ある日突然競馬の知識が芽生え書けるようになりました。…なんてことはありえないし、受託開発でシステム構築しかしてこなかった「K氏」が競馬予想サイトの検証レポートを「1人」で書けるようになったというのは考えられない。

    このようなことから、もしも「K氏」が「第三者」と関わっていた場合、金銭その他の利益の授受について合意、領得した行為とみなされ「K氏」との事前に交わした「契約書」もあることからこの行為は「個人」に対しては「平成27年改正後の 不正競争防止法(第21条第1,2項)」が適応され、懲役10年、もしくは1,000万円の罰金、もしくはその両方が課せられ「行為者のみでなくその者が所属する、もしくは加担する法人も処罰の対象になる」…ということを、知らないのであれば、進んで「犯罪者」の道に進んだとしたら本当に愚かしいことだと思います。


    …また、万が一にも個人の「意思」で「乗っ取り(横領)」という行為をしていないとすると、これはまた「第三者により強制的にやらせた(?)」という別の可能性も浮上するので、とても穏やかな話じゃ済まされません。

    まぁ、我々としては今のところ”首謀者が誰なのか分からないので”「告訴」すするつもりは今のところ無いし、リニューアルをして過去の「犯罪」を払拭させようとしたのかもしれませんが、どうせ片寄った検証しかしない「クソサイト」に成り下がってしまったので、サイトのリニューアルは確認しましたが、もう「わかる人にはわかっている」ようだし、「今更」ってかんじです。

    …ただ、「K氏」が書いた原稿は一つとして無かったので、我々が過去に書いてきた「競馬ブログ」や「670個以上の競馬予想サイトの検証原稿」は削除してもらいたいものですね。

    今の「競馬検証.com」の原稿の方が圧倒的に深く掘り下げ、徹底しているので、昔の原稿とは比べ物になりませんがw



    競馬予想サイトの口コミ情報、無料競馬予想サイトを徹底検証した検証サイトの制作日が2012年なのがわかる。 
    全画像パーツの制作日が2012年なのがわかる。証拠だ。


    全ての画像も企画もSEO対策も何ヶ月もかけて勉強し、我々が全て考えました。
    「K氏」は発注を受けて(金をもらい)組み立てただけ。

    その後の運営も、
    全原稿の作成、更新、各競馬予想サイトの検証も全て我々が連日、何時間もかけて検証を頑張ったものを、
    まさか盗むとはね。


    なんの汗もかかずに やっと完成したサイトを盗むとは、低俗なクズだ。


    これ以上「なにか」があれば「今度は」、「企業が有する」法的機関への相談と、あらゆる人脈に協力を仰ぎ、徹底的に調べ上げ、しかるべき治安を維持する行政機関への情報提供は可能な限り率先し、これまでしてきた「全ての過程」を白日の下に晒し、あらゆる掲示板や情報共有サイト、サイトユーザーの方達にも協力してもらい、「事実解明」に全面協力をしていくことにします。



    これまでやってきたサイトを信頼してくれて口コミを投稿してくれていたユーザーさん達の口コミや、怒りのタレコミ…「管理人さんここのサイトだけだよ本当の口コミを載せてくれるのは」などと、メールをくれた方達がいたのに、乗っ取られてしまったのは申し訳なく思います。

    …「真実」の口コミをユーザーさん達から頂いていたのに、今ではそれも疑わしいものとなり、その情報に人が騙されているかもしれないと思うと、心から申し訳なく思ってます。その謝罪の気持ちも活力となり、「競馬検証.com」を新設し、改めて初心に戻り、公平なレポートを続けていこうと決めました。
    「競馬検証.com」ではまともなサイトを伝えて行きたいのです。




  7. 競馬はエンターテイメント。見どころを共有して楽しみましょう。

  8. 「神通力」を持ち合わせていない限り、競馬予想をしているサイトが常に100%の的中率をほこれる訳ではなく、たまに外したりもします。
    ある程度はご愛嬌で目くじら立てて吊し上げなくてもい良いと思っていますが、圧倒的に悪評が多く、的中実績を「捏造」してるようなとこは証拠を探し、徹底的に分析し、情報共有しようと思います。
    【的中率も申し分ない。無料予想も十分。的中実績を捏造していない。コンテンツも魅力的。サポートもしっかりしている】…などといった、優等生な競馬予想サイトがあれば、情報提供して頂けると幸いです。
    レポートをはじめ、コンテンツも本気で作り上げていきますので、どうぞ宜しくお願い致します。


アクセスの多い、話題のサイト!

  • 的中総選挙という競馬予想サイトの画像

    的中総選挙
    情熱競馬、すごい競馬、ライジングと同じシステム?黒舟運営?

    【悪評】
    「的中総選挙」は、ユーザーが予想家を支持するか、しないか、リアルタイムに投票 できる。ってとこがウリのようだが、支持率の上下を見てどうだと言うのか。 「業界支持率NO.1」というのも、いったい何を根拠として誰が言ってるのかわからない。 「顧客満足度が100%を誇るオリジナルコンテンツ」とあるが、この支持ボタンのこと?そこまで面白くないギミックだが?
  • TAZUNA(たづな)という競馬予想サイトの画像

    TAZUNA(たづな)
    競馬学会に激似

    【検討中】
    会員登録してもPCからだとバグが発生してるらしく返信メールが届かない。こんなミスに気づかずに数ヶ月も運営していたとは考えにくいし、してたらアホだ。
    競馬関係者やAIの存在をチラつかせるが、その証拠はなく、具体的なことは書かれていない。ユーザーの「感謝の声」には捏造と思われる不自然なところがあり、随所に「競馬学会」にソックリなトコが見つかる。
  • ワンアンドオンリー(ONE&ONLY)という競馬予想サイトの画像

    ワンアンドオンリー(ONE&ONLY)
    虎馬、キメルケイバ!、ラッシュ (Rush)、競艇グランドスラム、ボートクエスト、バクセス、クラブエストと同じ口座で、スピード、フルスロットル、競艇RITZ(競艇リッツ)、ホースBC、ゆめうま、メビウス、馬券CC、ENZO(エンツォ)、ITC、アトラス、ユニーク、リホース、競馬インデックス、比較競馬.net、と関連している

    【検討中】
    見た目、ヤバイくらいに得体の知れない競馬予想サイトなのに、まだどこも「ワンアンドオンリー」を見つけてない時から自社集客サイトの「比較競馬」では優良評価だ。
    登録後では、どのコースも見れなくしており、売っているのかさえも分からない。これなら「空売り」で売っていなくても的中実績でねつ造できる。はたしてその為か?…それとも稼働できていないのか?
  • 勝ちKEIBA (勝ち競馬)という競馬予想サイトの画像

    勝ちKEIBA (勝ち競馬)
    勝ち競馬データベースのリニューアル。DARTS(ダーツ)、スピリッツ競馬、競馬投資 高配当、site、RANKINGは同じグループ?

    【悪評】
    勝ちKEIBAは「勝ち競馬データベース」のリニューアルサイトで、ある日突然切り替わっていた。「site」や「競馬投資 高配当」との関連の可能性が高い「勝ちKEIBA」で、「一級情報検定士」という怪しい検定と、その49名の検定士の存在も疑わしいものだ。「お客様の声」では聞かれていないのに写真付きで個人情報を送られて来てるそうで、その写真の一人は偽物と発覚した。
  • BACCESS(バクセス)という競馬予想サイトの画像

    BACCESS(バクセス)
    ClubEST(クラブエスト)、ダービークエストと同じ口座。当選ハイスクール(当選HIGHスクール)とIPが部分一致

    【悪評】
    BACCESS(バクセス)は「クラブエスト」と全く同じ振込先口座なので、同一運営会社と見て間違いないのではないだろうか。
    BACCESS(バクセス)が公開していた的中実績だが、私が検証した時に公開されていたものは、サイトのドメイン取得日よりも前のもので、ねつ造したものと思われる。
    だが今はもぅ消去されており、確認することはできない。
  • ダービータイムズ (DERBY TIMES)という競馬予想サイトの画像

    ダービータイムズ (DERBY TIMES)
    スゴい民家で運営?不自然すぎるサイト

    【検討中】
    杉並区にある小さな一軒家が運営社?となっている、怪しい競馬予想サイト。
    サイト内には「登録フォーム」が存在しないのに、投稿者の個人情報が載ってる「感謝の声」も不自然で、登録後に確認できる「感謝の声」の方は、検証時に「test」と表記されていた。他の検証サイトでも「的中実績」の捏造を裏付けるような証言があり、色々と疑わしいダービータイムズなのだ。
◼️Amazonサーバーの故障
当サイトは、サーバー攻撃や悪質なサイトからの嫌がらせ対応が万全のAmazonサーバーを使っておりますが、2018年10月1日 9:42にまさかのAmazon側の問題でサーバーの「多重障害」が発生してしまいました。
流石天下のAmazon、開き直ってなんの対応もせず。その為3日間「競馬検証.com」及び「競艇検証.com」を閉じることになりましたが、サーバーも以前の3倍のクオリティの設備に移設し最強の状態にしたので、今後とも「競馬検証.com」を宜しくお願いしますw

競馬予想サイトの最新口コミまとめ

  • 2019-02-24パラダイムシフトってコースは最初から穴を狙っているわけではなくオッズと人気はあとからついてくるものって書いてあったけど、ここめっちゃ3連単で高配当とか的中出てるのに、配当狙ってだしてないってことかよ?コンセプトが合ってない
  • 2019-02-23こんだけコースがあって今日の的中4レースだけ。 マジでクソ。
  • 2019-02-23やっぱり抽選キャンペーンスクープから大当たり。早く売切れたネクストプランも大当たり。お見事ですね。素晴らしいとしか言いようがありません。匠の万馬券最高のサイトです。明日の販売したキャンペーンとダイヤモンドプランもネクストプランもどうなることやら。わくわくしますよ。楽しみです。
  • 2019-02-23victory keyの案内がしつこいな。どうせまた、かすりもしない案件だろう。ここは大負けは喰らわされるし、信用出来ない。
  • 2019-02-23無料全当たりません 呆れより臭いです、
  • 2019-02-23scoopって案件、やはり〇売りで、実績だけ出してきたな!!ここが、こんな大穴を当てるのは不可能なことは、皆さんお見通し!明日は、まだ売れ残ってるvictory、せいぜい頑張って下さいや!
  • 2019-02-23貧乏人は感染するってメール来たけど、このサイトを利用して更に貧乏になったんだが。
  • 2019-02-23それは私も思いました。 午前中はやたら的中速報を送ってくるくせに、メインレースはほとんど当たらない。 本当に当たっているんでしょうか。
  • 2019-02-23今週の中山記念は少頭数だから、スクールホースの危険な人気馬参考にしようかなと思ってたんですが、俺がばかだった。 11頭立ての6番人気が想定されるラッキーライラックが危険な人気馬って、どっちかっていうともはやラッキーラックは穴じゃん。しかもしかもオイシイ穴馬に指名されてるのが7番人気のハッピーグリンって、これ執筆してるやつ、書いてておかしいと思わなかったのかよ。こんな参考にならん無料コンテンツいらね。
  • 2019-02-22金曜の22時を回っているが、先着プランの土曜のモーニング、日曜のクラシックと、まだ売れ残ってる。20名の先着も埋まらないのが、ここの真実だなw
  • 2019-02-22中山記念のレース展望ってメールが来てたんだけどさ、 ディアドラはコース適正もあり一番人気が予想されます。 とか、 エポカドーロ4ヶ月ぶりの出走ですが、力を出せれば勝負できそう。 とか、 極めつけはステルヴィオで、順調な仕上がりで優勝争いに食い込んでくる事が予想されます、だって。 まあこれ見てみんなわかると思うけど、レース展望でもなんでもなく「その馬の短評」 あとさ、ステルヴィオが「優勝争い」って、競馬知ってる人はそれを「勝ち負け」って言うんだよ?笑
  • 2019-02-22的中実績は午前中のレース中心 予想配信は午後のレースばかり ま、そゆことですね
  • 2019-02-22毎週・毎週、手を変え品を変え、ホント呆れるし、その商魂だけには感心しますわ! でも、手口はみなさんに、既に見抜かれています。だから、売れ残る! 根っこから変えない限り、永久に売れることはないと思いますが、、。
  • 2019-02-22今年1発目のGⅠの的中ではあったが、あそこまで固く決まっちゃうとどうもね。外れるよりはいいけども。
  • 2019-02-22実は同じ見た目でもURLが違う一撃帝王が複数存在しています。 当りもなければ儲かる事もなかったので、怪しい手口に落ちたか。 前からそうだったのかも? とにかく一撃帝王には不審な点が多いですね
優良競馬予想サイトを探すなら【競馬検証.com】
検索
競馬予想サイトを検索!
▼競馬検証.comの競馬コンテンツ▼

トップへ