第62回
秋華賞 (10月・GⅠ)

秋華賞〜気になる馬リスト

今週は京都競馬場秋華賞だな。

今回は気になる馬について私の視点から分析していきたいと思う。
色々と参考にして自分なりの見解も交えて厳選してみたので、参考までにドーゾ。


【気になる馬】
アエロリット
そりゃ、まずはこの馬だろ。
人気必至かもしれないが、この馬のいいところはたくさんあって、まずは潜在スピードだな。
NHKマイルを先行して抜け出しての1分32秒3で勝利。自分で動いて作った時計なだけに価値はある。
続く札幌のクイーンSは逃げて楽勝。鞍上が余程この馬の力を信頼していないとできる芸当ではない。距離を伸ばして勝てたのも良い傾向だった。現状スピードが勝っているので距離はこれくらいがギリギリかもしれないけど、普通にもつと思う。
もしかしたソウルスターリングより強いかもしれないくらいに個人的には思っている。


ファンディーナ
ここまでデビューから5戦し全て一番人気。
今回は上記のアエロリットと人気が割れると思うが、上位人気は間違いないだろーね。
ケドここは敢えていうのであれば、危険な人気馬と言わせていただきます。
その根拠はファンディーナの「気性」だ。

デビューから3戦目までは力だけで勝てたが、いずれもかなりのスローで、展開も何もないくらいに楽な競馬だった。一気にペースが上がった皐月賞、決着時計が速かったローズSには流れ乗れていたかというと疑問だ。

さらに皐月賞の敗戦時に管理した高野調教師は「今まで左右から囲まれたことがなくて怯んだ」とコメントしていたからね。つまりは気分を害したということだろーか。
また、ある識者の見解によると、ローズSの直前追い切りは及第点以上であったにもかかわらず、レースでは抵抗で生きずに失速。休み明け、馬体増など、一般的な敗因も要素の中の一つとも考えられるが、「どうも馬が自分から競馬をやめているフシがある」とのことだ。

つまり、ファンディーナはけっこーワガママな馬で、「気分良く走れないと途中でやめる」「ペースが上がったところで闘争心を出さない」といったメンタル的な要因がここ2戦の敗因ではないだろうかと分析されており、両方の理由はしっかり的を得ていると思う。
「休み明けを叩いて今度は変わるだろう」というのは希望的観測で、私は挑戦者の立場になり「影をも踏ませない逃げ」を打つくらいの覚悟がなければ厳しいと考えている。


ラビットラン
和田騎手モズカッチャンデムーロに強奪されて怒り心頭だったらしいが、見事にリベンジした。
「ラビットラン」のいいところ?は、父がアメリカNo.1種牡馬のタピットであること。芝の高速決着に対してバリバリのアメリカダート血統の父。…「えー、この馬の父はダート馬だろ?」って、ネガティブな意見が蔓延すれば、私的には「ニヤリ」と笑うとこだ。

実はこの馬の弟が今年の小倉2歳S勝ち馬のアサクサゲンキで、やはりこの父もアメリカのダート血統。アサクサゲンキも使い出しがダートだったんだけど、勝てずに芝を試したところ一変し芝2戦目で勝利し、返す刀の小倉2歳S勝ちならどう考えても芝馬なんだな、コレが。
この論法で行くと、どうも芝馬を出す繁殖牝馬ということが2代にわたって証明されているから、個人的には人気にならないことを祈ってる(笑)



【その他の馬】
ディアドラ
最も計算しやすい馬。やることは後方一気のみだが、展開不問で追い込んでくる脚は安定感がある。鞍上もルメールだから、さらに信頼度UPと言えるだろう。

カリビアンゴールド
とにかくしぶとい。勝負根性は父譲り。立ち回りもうまいので他の馬がヘグッたら浮上できていいだろう。

モズカッチャン
フローラS、オークスともに内枠を引き当てロスのない競馬。今までが上手くいきすぎた。デムーロマジック頼み。

ミリッサ
血統も超一流だが、如何せん体が小さいので不利を受けやすい。根性はあるので降りなく回ってくれば圏内があっていい。

カワキタエンカ
この2走とも展開に恵まれた。前走は鞍上がこれ以上ない好騎乗であった。今回は乗り替わり。



【惑星馬】
リカビトス
ここまで無傷の3連勝。とにかくキレが半端ない。展開がはまればあっていい。

メイショウオワラ
2走前が超凄いキレ。四走前に負かしたサングレーザーは既に4勝しオープン入り。諸々噛み合えば1発の魅力十分だ。

以上、是非参考にして頂ければと思いますw


競馬予測サイトを検索!
▼競馬・競艇検証.comのコンテンツ▼

トップへ