第2回
アスコット競馬場

キングジョージ

2015年7月25日イギリスアスコット競馬場で行なわれたキングジョージ
制したのはドバヴィ産駒ポストポンド

確かに強かったんだが、
トレヴを倒せる馬なのかどうか・・・まだまだわからない。

日本競馬にとっては、キングジョージよりも凱旋門賞の方が馴染み深いレースではあると思うんだが、昔流行ったダビスタとか、競馬ゲームをやっていた人にとってはこのキングジョージも有名だと思う。

 開催地イギリスアスコット競馬場
そういえば今年のキングジョージには、2014年のダービー馬ワンアンドオンリーが挑戦するなんてことも言っていたけど、結局回避した。
ワンアンドオンリーには荷が重かったかも。
 
最近の日本馬でいうと、
2000年エアシャカール(武豊騎手・森秀行厩舎)が挑戦して5着
2006年ハーツクライ(ルメール騎手・橋口厩舎)が挑戦し3着
2012年ディープブリランテ(岩田騎手・矢作厩舎)が挑戦し8着

 2000年に入って、日本馬の海外挑戦が盛んになっている中でも、日本馬によるキングジョージへの挑戦はこの3頭だけだから、馴染みの薄いレースであることは否めない。

特徴はとにかくハードタフ
高低差も大きいコースであって、スタミナも問われる。

個人的な感想としては、高速馬場でもある分、日本馬にとってはローテーションさえ、このキングジョージに照準を合わせれば、凱旋門賞よりもチャンスがあると思う。

アスコットの方が、日本馬には向くのではないかと・・・。
凱旋門賞制覇が先か、キングジョージ制覇が先か。

 ここは日本馬それぞれの特徴を考慮しながら、住み分けさせて、とにかく日本競走馬による欧州のビッグレース制覇を早く成し遂げて欲しいと願う。


  1. これからは、海外競馬馬券日本で買える時代になる…

  2. 日本の血を欲しがる海外の競馬界
  3. …それに対し、良血は海外には出さないようにプロテクトしてしまっている日本の競馬界。
    このままでは日本馬がヨーロッパの大きなレースに挑戦しても、「絶対に日本馬に勝たせるな」という 海外勢の厳しいマークを受けることになり、日本の競馬ファンは、これからますます海外競馬から目の離せなくなる。
    海外競馬を知ると、更なる競馬の魅力を体感できることだろう。

    ディープインパクトを筆頭としたサンデーサイレンス系種牡馬の種付相手は、どんどん海外からの 輸入馬が増加しており、 母系もサンデーサイレンスの血が多く、ディープインパクトの血を最大限に生かすには、悔しいが外国産馬との配合でないと 強い馬が誕生しにくいのが現状。

    競走馬時代を知っている馬の仔がデビューというのは、競馬ファンなら、特別な思いがあるはずだ。




  4. 血が紡ぐ競馬の未来
  5. 2015年のダービー馬ドゥラメンテ。
    人気になったのは強さもそうだが、アドマイヤグルーヴの最後の仔であることも大きく関係している。

    当時は牝馬が牡馬を倒すことが珍しかった時代に、天皇賞を制したエアグルーヴ。
    そのエアグルーヴの仔であるG1馬アドマイヤグルーヴ。
    そのアドマイヤグルーヴの仔、ドゥラメンテ。




  6. 血が繋ぐ競馬新時代
  7. 海外競馬に目を向けなければ、「この馬の母って誰?」…そんなことも日常茶飯事になることだろう。
    ジェンティルドンナの母は海外馬。
    競馬は新しい時代に突入しています。


    情報の少ない海外競馬…
    海外競馬を見ていれば、「この母馬は知らない」が「この馬知ってる!」に変わります。

    「海外競馬」を知ることで、より充実して競馬を楽しむことができます。
    このコラムでは、海外競馬に関する情報を積極的に公開していきたいと考えています。



競馬予測サイトを検索!
▼競馬・競艇検証.comのコンテンツ▼

トップへ