■サイト名:

騏驎(麒麟)

■補足情報:

よろずや、アルカナム、キャリーオーバー、P4、エッジ、アーニングインデックス、は同じグループ? 麒麟

無料予想の検証期間
1ヶ月
無料予想の的中率
50%
無料予想の回収率
45%
  1. 騏驎という競馬予想サイトの無料予想について

    騏驎の無料予想の提供場所

    騏驎という競馬予想サイトが提供する無料情報(無料予想)だが、会員ページの少し下に「無料買い目【十両】とあるので、そこを押すと次のページで確認ができる。

    騏驎という競馬予想サイトの無料予想(無料情報)を確認する



    騏驎の無料情報(無料予想)の詳細

    騏驎という競馬予想サイトの無料予想の提供時間

    騏驎という競馬予想サイトでは、毎週土日、レース前日の夜(21:00頃)には予想が提供される。


    騏驎という競馬予想サイトの無料予想の内容

    騏驎という競馬予想サイトで提供される無料予想(無料情報)は、1日2鞍提供され、提供される無料予想(無料情報)の馬券券種は、基本的に馬単・3連複BOXの提供となっており、点数馬単20点3連複20点だ。

    1点あたりの推奨金額は、100円〜1,000円となっているので、1鞍あたり馬単と3連複で合計4万円もかかる



  2. 騏驎(麒麟)という競馬予想サイトの無料予想の検証結果

    騏驎(麒麟)の無料予想を抜き打ち検証

    騏驎(麒麟)という競馬予想サイトで提供された無料予想(無料情報)の買い目を抜き打ちで検証してみた。

    騏驎(麒麟)という競馬予想サイトの無料予想検証

    騏驎(麒麟)という競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証

    2022/03/27 (中山6R)
    日曜の中山6Rであるが、結果から言うと1着7スイートフィル(6人気)が、買い目に入っておらず不的中である。

    多分、骨折放牧から7ヶ月の休養明けというのが引っかかったのだろう(私もだが)
    陣営は「調整は予定通り。このクラスは3度目で力は持っている」と至って強気であり、鞍上は関東リーディング4位の菅原明良騎手だ。

    一方の◎9番ミュアウッズ(1人気)は最後かわされたものの、2着を確保。
    相手馬6ビーマイセルフ(2人気)も2着から2馬身離されたが、どうにか3着と馬券圏内を確保したものの、ワイドであれば獲れていたという結果。

    2メイショウホオズキ(3人気)→5着
    3アオイシチフク(7人気)→11着
    4トロンアゲイン(4人気)→4着
    ※11頭立て

    レースでズブくなってブリンカーを着用してきた2メイショウホオズキや、ワンパンチが足りない3アオイシチフク過大評価しすぎていたのではないだろうか。BOX買いであれば、当然的中させなければいけないレースであった。

    2022/03/27 (中山8R)
    続く中山8Rは、10アンダープロット(1人気)と1ミトロジー(2人気)が揃って飛んだレースだ。
    こういうレースこそ、競馬サイトとしては獲らなければならないレースであろう。

    推奨注目馬は9ジオフロント(6人気)で鞍上は菅原明良騎手だ。
    こちらは3ヶ月の休養明けで気性の問題とはいえ調教で遅れて、仕上がりはまだまだという状態だった。同じ菅原明良騎手でも、こちらは"要らない方"なのだ。
    結果は、案の定の9着敗退。しかも、このレースも11頭立てである。

    1着の4ヒルノダカール(3人気)は三連複の買い目にはあったが、馬単には無かった。
    乗り込みは十分で、時計も出ていただけに連対の可能性は十分あったはず。
    2着の5スズカノロッソ(5人気)に至っては、どちらの買い目にも入っていなかった。
    前走は前に行く形で2着と、このクラスのメドは立っていた1頭だ。出走馬の中でも前走着順最上位だった

    入れる馬と抜く馬の選択が上手くいっていないようだ。
    人気やダンゴに惑わされ、レースによってぶれぶれになっているのかもしれない。



    2022/01/16(中京5R・中山8R)

    騏驎(麒麟)という競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証

    1/15は2レース目がガミで合計-77,300円のマイナス
    1/16は2鞍とも外し、合計-80,000円ものマイナスだ。

    騏驎(麒麟)という競馬予想サイトの無料予想をまともに買い続けたら、1ヶ月で43万以上のマイナス収支になるという検証結果が出ているのに、このサイトを推奨している検証サイトが多くいるのは納得できない
    今回は1/16の連敗したレース2鞍を順に検証していこう。

    中京5Rのレース検証
    まず中京5Rは、松山騎手騎乗の1番デビットバローズ(3人気)からの買い目で、注目馬1番デビットバローズは馬券に絡まずの4着敗退。

    おそらく、リーディング1位の川田騎手 2番イヴィステラと、2位の松山騎手の選択で迷ったものと思われるが、オッズの期待値から1番人気の川田騎手ではなく3番人気の松山騎手を選んだのだろう。

    しかし結果は4着であり、仮に川田騎手を選んだとしても5着だった。…とは言え、騏驎(麒麟)が推奨する買い目馬単・三連複のBOXであるから、注目馬が馬券圏外になったとしても獲れることもあるのだが、1着に3番エイカイマッケンロ(6人気)が勝利したので馬券は紙屑となった。
    6番人気が馬券に絡んだだけで不的中。注目馬をわざわざ書いているので言い訳できない(笑)

    中山8Rのレース検証
    そして次の中山8Rであるが、グリグリ単勝2.3倍の注目馬5番ハイエストエンド(1人気)からの推奨であった。

    こちらも同じく注目馬が馬券圏外になったとしても獲れることもある、今回は5番ハイエストエンドが2着に入り馬単は逃したものの、三連複のBOXに望みを繋いだ。

    しかし、1着8番マルチヒートヘイズ(4人気)が、どこをどう探してみても6頭の中に居ないのである。
    まさかという思いだが6頭は2,5,8,1,3,6番人気で構成されており、上位人気の中で唯一外されたのが8番マルチヒートヘイズ(4人気)なのだ。

    上位人気の中で唯一「この馬は必要なし」と弾かれたのである。ここまで来ると、運の弱さやヒキの弱さを感じざるを得ない。
    このような上位人気で決まったレースすらも外すのであれば、注目馬から逆算した買目ではなく軸を広くとった方が当たるのではないか。
    運任せのような買い目は毎度呆れてしまう。



    騏驎という競馬予想サイトの無料予想検証
    2021/10/31(東京5R)

    騏驎という競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証

    日曜東京の2歳新馬、11頭立てで6頭も選んで馬券に絡んだのはルメールの3 ティズグロリアス(3人気)だけだなんて、情報競馬としての信用は地に落ちている。

    岩戸厩舎×ルメールは3番人気といえども当然本命視しなければならない。
    これはわかるが、これ等のチョイスは不味い。

    7 アスクヴィヴァユー(1人気)→5着
    2 アレグロモデラート(2人気)→6着
    10 ダノンアリエス(6人気)→9着
    8 ヴィルトブローム(11人気)→10着
    1 エリーリング(8人気)→11着

    結果論だが、ゲートが開くのに驚いてスタートで立ち遅れた7 アスクヴィヴァユーと、直線で馬群が密集して窮屈なシーンがあった2 アレグロモデラートが着外になったのは読めない部分なのでしょうがない

    しかし10 ダノンアリエスと8 ヴィルトブロームと1 エリーリングは戦前の評価(人気)通りの結果で、事前に関係者からどんな有力情報があったのか?
    よほどの根拠が無ければ11頭立てのレースで選んでいい馬ではなかっただろう。

    素直に、1〜6番人気までを羅列すれば獲れた馬券のはず。
    2歳新馬戦なんて、ほぼ評価がそのまま結果に出る場合が多いから、関係者情報を仕入れている感を出すため小細工の必要はない



    騏驎という競馬予想サイトの無料予想検証
    2021/08/22(新潟8R)

    騏驎という競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証

    8/21は1つ不的中、もう一つがガミで、2レース合わせて-72,600円8/22は2レースとも不的中で、合計-80,000円
    無料予想なのに2日だけで、マイナス-15万 2,600円だ。

    今回は8/22日曜の新潟8Rの買い目検証となるのだが、このレース、結果的には1番人気→5番人気→10番人気で決まるという理想的な形での決着だった。しかし競馬予想サイトの騏驎が選んだ買い目には、2着3 マリノアズラ(5人気)も3着6 インペリアルツアー(10人気)も入っていなかった。

    では競馬予想サイトの騏驎が選んだ馬番はどのような人気だったのだろう。
    4 カーディナル(1人気)以外では、7、6、3、4、2番人気という感じで、上位人気4頭と中穴人気2頭という塩梅であるが、実際に2着に入選したのはそれらの間隙をくぐった5番人気の2着3 マリノアズラと、さらに人気薄で10番人気の3着6 インペリアルツアーである。

    10着シンガリの10 セルヴァン(4人気)などよく買い目に入れたもんだと思う。
    この馬は「上がりが掛かれば」という条件付きなのになぜ選んだのか?私なら真っ先にぶった斬る候補筆頭だw
    7着の11 ウインザナドゥ(2人気)を、三連複の買い目だけにしか選ばなかったのは褒めたい

    ところで、1着〜3着の馬であるが、
    1着の4 カーディナル(1人気)は、前走をノーステッキの3馬身半差の圧勝から、昇級戦の壁は無いものと思われていた。
    そして、2着の3 マリノアズラ(5人気)は、仕上がりも十分に陣営は本気で連勝を狙っていた。
    なぜ買い目に入れなかったのだろう、一体どんな不安要素が入っていたと言うのだ?
    3着の6 インペリアルツアー(10人気)に関しては、鞍上が原騎手っていうのは確かに不安だったが、長距離戦において減量騎手というのは非常に有効なのだ。

    こういった感じで、陣営の本気度合いや、コースや舞台の特性を考えた買い目を出して欲しいものだ。



    騏驎(麒麟)という競馬予想サイトの無料予想検証
    2021/05/16(新潟4R)

    騏驎という競馬予想サイトの無料予想(無料情報)の抜き打ち検証

    騏驎(麒麟)という競馬予想サイトの無料予想は、1日に2鞍提供される。
    推奨金額は1鞍あたり4万円もする。5/16は2鞍とも不的中だったので、2鞍合計-8万円ものマイナスだ。

    先ず言いたいのは、落馬の危険性が格段にアップする障害戦を出す競馬予想サイトを、基本的には信用しない方が良い
    しかも、今回騏驎が出してきた買い目は、各馬の力量も定まっていない未勝利戦。
    「無料予想だから」とか言われて納得できるだろうか。

    新潟4Rは、1着馬の⑧ジョーカーワイルドも、2着馬の③クリノニキータも買い目に入っていなかった。
    買い目で唯一馬券に絡んだのは、3着馬の⑥ワーウルフ(4人気)だけだった。
    一体この予想担当者はどのような基準で、選んだのか?

    選んだ馬の人気は、7,9,1,4,2番人気ということで「上位人気3頭と人気薄から2頭」という塩梅だ。こういう普通の選び方が、当たりそうで当たらないのが競馬である。
    結果は、ご覧の通り10→5→4人気なのだから(笑)

    次の新潟5Rは、1着馬の④バイオレントブロー(2人気)は買い目に入っていたのだが、2着馬の②コトブキアゲート(7人気)と⑤ヴァンクールシルク(5人気)が、買い目に入っていなかった。

    これも11頭立てなのだが、半数前後の馬を選んで馬単・三連複のBOXで当てられないようであれば、競馬サイトの看板は降ろすべきじゃないだろうか。

    この買い目も10,2,11,4,1番人気で、新潟4Rと同じく「上位人気3頭と人気薄から2頭」という選び方である。

    まあ、こうやって観察するだけでも、騏驎という競馬予想サイトの適当さが見て取れるのではないだろうか。



  3. 騏驎という競馬予想サイトの無料無料予想の長期検証

    騏驎という競馬予想サイトの無料予想の長期検証

    以下、抜き打ちで1ヶ月間検証した、騏驎という競馬予想サイトの無料予想の検証結果となる。

    騏驎という競馬予想サイトの無料予想の検証は、基本的に無料予想の精度を検証開始しはじめた日から、できる限り毎週提供された無料予想(無料情報)のキャプチャ画像を撮り、収集して的中率回収率などを算出している。(今回の検証で抜けてる日はありません)

    5/15 無料予想 -15,900円
    5/15 無料予想 +11,600円
    5/16 無料予想 -40,000円
    5/16 無料予想 -40,000円
    5/22 無料予想 -21,100円
    5/22 無料予想 -40,000円
    5/23 無料予想 -30,800円
    5/23 無料予想 -2,300円
    5/29 無料予想 +18,500円
    5/29 無料予想 -21,000円
    5/30 無料予想 -40,000円
    5/30 無料予想 -40,000円
    6/5 無料予想 -40,000円
    6/5 無料予想 -40,000円
    6/6 無料予想 -40,000円
    6/6 無料予想 +10,600円
    6/12 無料予想 +19,400円
    6/12 無料予想 +33,200円
    6/13 無料予想 -40,000円
    6/13 無料予想 -40,000円


    騏驎という競馬予想サイトの無料予想の検証結果

    騏驎という競馬予想サイトの無料予想の検証を1ヶ月間行ったわけだが、もし仮に騏驎が推奨している賭け金で1ヶ月の検証期間中、馬券を買い続けたとしたら、
    かかった賭金は80万円にもなり
    結果払戻しは36万 3,400円となっていただろう。

    1ヶ月間で収支結果は、

    マイナス-43万 6,600円だ。


    騏驎という競馬予想サイトの無料予想の検証結果

    検証期間 1ヶ月
    的中率 50%
    回収率 45%


    鬼・検証レポートはコチラ
    ↓ ↓
    騏驎という競馬予想サイトの検証レポ


騏驎(麒麟)という競馬予想サイトの「検証レポート」も見てみる。
  • 騏驎(麒麟)という競馬予想サイトの画像
    【悪評】騏驎(麒麟)

    騏驎(麒麟)という競馬予想サイトの無料予想を徹底検証

    検証期間 1ヶ月
    的中率 50%
    回収率 45%

    麒麟という競馬予想サイトのことを優良評価している検証サイトが、どうも検証開始日などが不自然で怪しい
    競馬予想サイトの麒麟に会員登録してみると、キャリーオーバーという競馬予想サイトに激似で、ページソースを見比べてみるとソース内に共通点がいくつも見つかる。更に検証日、無料予想も見比べると、2鞍とも同じレースで提供していた。

  • TENKEI(テンケイ)という競馬予想サイトの画像
    【悪評】TENKEI(テンケイ)

    TENKEI(テンケイ)という競馬予想サイトの無料予想を徹底検証

    検証期間 2ヶ月
    的中率 36%
    回収率 55%

    このTENKEI(天啓)という競馬予想サイトは、サイアクの捏造サイトである。
    「36週連続的中」とか書かれているが、36週前にTENKEI(天啓)はまだ存在していなかったつまり捏造。そんな簡単に見つかる捏造をスルー(?)して、TENKEI(天啓)を絶賛する検証サイトってどうなんだ?
    何が「信頼の実績」だろう。「3ヶ月の合計収益」もウソ。サイト無かっただろ

  • 頂!馬券塾という競馬予想サイトの画像
    【検討中】頂!馬券塾

    頂!馬券塾という競馬予想サイトの無料予想を徹底検証

    検証期間 1ヶ月
    的中率 33%
    回収率 61%

    頂!馬券塾イギリスの住所だとか、他にも多数類似していることから、1ヶ月無料情報の検証をして、収支結果がマイナス-43万 1460円になった「馬喰商會」のグループサイトと判明。…頂!馬券塾の無料情報の的中実績も見ると、毎週的中しているようには見えるが、1点2万円の無料予想など、かなりリスクのある予想を提供しているようなので、長期検証結果がどうなるか不安である。

  • 競馬EDGE(エッジ)という競馬予想サイトの画像

    競馬EDGE(エッジ)という競馬予想サイトの無料予想を徹底検証

    検証期間 1ヶ月
    的中率 50%
    回収率 47%

    EDGE(エッジ)という競馬予想サイトの無料予想は回収率が高くない。それなのに1鞍あたりの推奨金額は、3万円もするものだから、無料予想とはいえ1ヶ月もするとマイナス-25万を超えることになる。…そんな競馬予想サイトをはじめから絶賛している検証サイトは、1ヶ月以上前からEDGE(エッジ)を見つけてたことになってるが、私が検証した時はまだどこもインデックスされてなかった

  • ハナミチ(HANAMICHI)という競馬予想サイトの画像

    ハナミチ(HANAMICHI)という競馬予想サイトの無料予想を徹底検証

    検証期間 1ヶ月
    的中率 17%
    回収率 8%

    ハナミチの検証当初、サイトはまだ未完成だった。的中したという日付などハナミチという競馬予想サイトを運営する法人の登記日よりも前だ。
    ハナミチを運営する会社の所在地を確認すると、築31年のアパートで疑わしい。…また、ハナミチの電話番号も調べてみると、ある予想サイト1桁違いだった。同グループなのか?

  • キャリーオーバーという競馬予想サイトの画像

    キャリーオーバーという競馬予想サイトの無料予想を徹底検証

    検証期間 1ヶ月
    的中率 67%
    回収率 26%

    キャリーオーバーは「P4」や「勝ち馬券情報局」という競馬予想サイトのグループかと思われる。
    利用者の声」が紹介されているのだが、「年齢や性別は任意です」と書かれているのに、どういうわけか全員、聞かれてもいない個人情報(年齢や性別)を自らキャリーオーバーに送っている。…まぁ常識的にアリエナイ。…それと、的中実績の自作自演の証拠も見つかった。

競馬予想サイトを検索

検索
競馬予想サイトを検索!

無料予想のある、優良競馬予想サイト

優良競馬予想サイトを探すなら、
競馬予想サイト検証.COM

競馬予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

U-LINE(ユーライン)という競馬予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

U-LINE(ユーライン)という競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証

4月30日から開始した、U-LINE(ユーライン)が提供する無料情報の長期検証だが、5/221ヶ月経った
その間的中したのは初日の1回だけ(9.5倍のガミ)で、その後は7連敗となり、1ヶ月の回収率は、わずか 12%となった。(今回もだがユーラインは軸馬の精度が低い)

さて今回検証する無料予想は、5月21日の中京5R3歳未勝利、本命推奨馬は競馬新聞等で◎と○が並んでいる、⑥サカジロゴー(2人気)から。
鞍上は高倉騎手であり、今年まだ4勝と今ひとつ冴えない成績であり馬自身も勝ち切れないレースが続いることから、この時点で既に不安でしかない

結果的には、 1着▲③デビットバローズ(1人気)
2着△8ダノンフロイデ(4人気)
3着○②ショウナンパラボラ(3人気)
と、1〜4番人気の上位人気での決着なのだが、◎⑥サカジロゴー(2人気)が抜けという大失態

好位の外につけ勝負どころで前を捉えにいった◎サカジロゴーだが、4角で外に膨れており、直線に向いても加速し切れず5着止まり。
脚の使いどころがうまく噛み合っていなかった。▲③デビットバローズ(1人気)を何故軸にできなかったのだろう?

鞍上は川田騎手(今年67勝)であり、高倉騎手には申し訳ないが月とスッポン」である。

あおり気味のスタートでもロスなくハナを切れ、コーナーでガクッとペースを落とすと後続のプレッシャーもなく、直線に向いても楽な手応えのまま押し切っての完勝。

そして相手の中の1頭に指名していた△8ダノンフロイデ(4人気)が、中団からの競馬で向正面では少し促されていたが、最後までバテずに脚を使い、福永騎手の手綱捌きに応えて2着に入った。

さらには、○②ショウナンパラボラ(3人気)は鮫島駿騎手が騎乗。
スローのスタートから後方に下げたが、向正面に入りしばらくすると落ち着きを取り戻して内々を立ち回り、4角では微妙に外に膨れていたが、直線は進路を切り替えつつひと伸びし、最後は脚勢が鈍るも3着は確保した。

結局のところ、上位3着までをリーディング20位までに入っている騎手で占めるという結果となった。
要するに、早い時間帯のレースといえども「騎手の力量の差が出る」のだ。
よって、本命推奨にする時は騎手のデータも鑑みながら考えることをお勧めする。

アーニングインデックスという競馬予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

アーニングインデックスという競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証

こんなのも当てられないのか?」と、レースを見直した。
予想サイトでここまで酷い買い目もなかなか無いだろう。
提供された土曜東京4Rは、オークス前日の9頭立ての3歳未勝利戦だ。

アーニングインデックスが提供してきた買い目は、3連複1頭軸流しの相手5頭。
この時点で2/3を買い目に入れていることになる。

プロ(有料サイト)として運営している立場上、無料情報とはいえ9頭中6頭を選択した以上、当てることは必須であり、最悪ハズれても軸を読み間違える程度ならしょうがない。

…しかし、その結果は、なんと本命推奨ルメール騎乗の4ミルヴィオ(2人気)は8着惨敗であり、相手馬に指定した内の1頭レーン騎乗の6アルバスドラコ(1人気)が、辛うじて3着という散々なものだった。

翌日のオークスで、久々となるGI制覇を遂げたルメールをにしていたわけだ。
午前中のレースではそこまで信頼が置けないのだが、4ミルヴィオ(2人気)は5ヶ月の休養明けということもあり、新聞でも◎はそれ程付いておらず、▲や×がパラパラという程度であった。

実際に、ルメール騎手が馬体に余裕があったと言っており、馬場入り後のテンションは少し高めであり出遅れもあって4角手前から押っつけ通しで、ラストは全く伸びなかった。
何でもかんでもルーメール騎手から行っても、確率論から言うと5回中4回は負けるわけだし、取れたとしても実入りは少ない。

一方の、買い目に選ばれなかった1着9エンドロール(4人気)と2着7ビーウォーター(3人気)であるが、買い目から斬る必要性があったのか?

血統的にも距離が保つだろうし、前半にゆったり運んだ方が良さそうなので距離延長で臨んできた9エンドロールは、終い勝負に徹して直線大外から上がり600mで一気に伸びて差し切っての1着となった。
そして、前走で未勝利突破のメドは立った7ビーウォーターは、後方から向正面で馬群の外から一気に動くと3角先頭。ペース判断は的確に、勝ち馬の決め手も上回っての2着。これら2頭を斬り捨てるとは、どういう競馬観をお持ちなのか?と質問したくなる。

7着2ウェルシュゴールド(9人気)や9着8チャレンジャー(7人気)は、あわよくば高配当になるかもという希望的観測でしかない。
「外国人騎手×人気薄」のパターンで簡単に獲れていれば、誰も苦労しない。素人予想である。
土曜がみっともない負け方をしたからか、翌日日曜は、何時間待っても無料情報が提供されなかった(笑)

大金星という競馬予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

大金星という競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証

大金星という競馬予想サイトの無料情報(無料予想)は1日に2鞍の買い目を提供する。
前週から2週間計8鞍見ていたのだが、その回収率は15%、因みにこんな感じだ。

5/14(4.7)、5/14(×)、5/15(7.3)、5/15(×)、5/21(×)、5/21(×)、5/22(×)、5/22(×)

今回検証するのは5月21日の中京6R3歳1勝クラス、買い目には「【馬単】4頭BOX」と記載があるが、5頭の馬番の表記がある。
よって点数は「12点」ではなく「20点」だ

これまで大金星が提供していた買い目はどれも「4頭」だったので、コレミスだと思うが、こういう基本的なことを間違わないよう今後改善してほしい。

大金星が選んだ5頭は
②スズカワールド(8人気)→9着
⑤コパノフランシス(13人気)→11着
⑥ハーツアズワン(1人気)→1着
⑩シンリミテス(6人気)→5着
⑪ウインアウォード(7人気)→8着
と、なんと辛うじて掲示板に食い込んだのが、たったの2頭という有様だ。

因みにこのレースを獲ったとしても、馬単は850円であり「12点」だったとしてもマイナス。

1着ハーツアズワン(1人気)は、好スタートから先行3頭の後ろにつけて、直線に向いても余裕綽々。引っ張ったまま逃げ馬を抜き去ると4馬身差での圧勝。
これは当然だが、2着⑨ライラボンド(2人気)と3着⑬フラップシグナス(3人気)に、何か不安要素でもあったのか?

2着ライラボンド(2人気)は、アオッて出て中団から追走し、直線では前をカットされたが、体勢を立て直してラスト100mで2番手に上が、3着フラップシグナス(3人気)は、外にヨレて出たこともあり、一旦引いて馬群の後ろでじっくり脚を溜めると、直線は馬群の外をひと追い毎に伸びたが、2着ライラボンドにクビ差届かなかった。
レース前の厩舎の話にも、取り立てて気になるような記事は見当たらなかった。

要するに、1番人気の⑥ハーツアズワンを選んだ以上は、オッズ的な旨味がないからその他の上位人気(2〜5番人気)をバッサリと切り捨てたのだろう。
オッズだけで見てるようでは、馬券は一向に獲れない。
まずは、来そうか来そうでないかの見極めから入らない限り、大金星が白星を増やすことはできないだろう。
最低最悪・無料競馬予想サイトランキング
競馬予想サイトの無料予想だけを使い続けた場合 、1日にかかる賭金や、1日1Rあたりの平均収支をランキング形式にしました。 口コミなどを基にした悪評サイトのランキングではなく 、⻑期間無料予想の検証を行った データを基に算出した、マイナス収支ランキング です。
順位 サイト名 金額
1位 一点予想屋本舗 ¥-52,882
2位 馬券コレクション(馬これ) ¥-47,985
3位 競馬チャンピオン ¥-36,286
4位 ビット競馬 ¥-27,414
5位 P4 ¥-25,781
6位 競馬レガシー(LEGACY) ¥-24,720
7位 インパクト(IMPACT) ¥-23,451
8位 騏驎(麒麟) ¥-21,830
9位 ダービータイムズ ¥-20,921
10位 高配当XXX ¥-19,913
順位 サイト名 金額
1位 一点予想屋本舗 ¥106,909
2位 馬券コレクション(馬これ) ¥60,000
3位 インパクト(IMPACT) ¥44,571
4位 競馬チャンピオン ¥44,143
5位 競馬レガシー(LEGACY) ¥43,800
6位 騏驎(麒麟) ¥40,000
7位 merit(メリット) ¥39,666
8位 ダービータイムズ ¥38,727
9位 高配当XXX ¥37,827
10位 P4 ¥35,000

競馬初心者向け競馬情報コラム

トップへ