第64回
秋華賞 (10月・GⅠ)

キタサンブラックとホリエモン説

もう雨馬場はこりごりっすね(-。-;

先週の京都、東京開催の雨には参った。東京競馬場では日曜の芝のレースは殆ど皆んな外を回してたけど、土曜は内一頭分だけグリーンベルトが残ってて、そこを通る馬が何頭かいた。…が、実際あれは反則だろ!?

何故あそこだけ芝が生え揃って残っているかといえば、事故が起こらないために余裕を持って内の数頭分を意識的に空けて走る「アンリリトン・ルール」ってのが存在するから。
理屈は地方の交流重賞でもよく見られる光景と同じ。

ただ、極悪馬場だからといって「あそこ」を通っていいかというのはモラルの問題で、おそらく「瞬間湯沸かし器」の異名を取る蛯名正義騎手あたりは怒り心頭だったんじゃないかな。

まあ、そんな問題も今週からのBコース替わりで解消されるとは思うし、今週は雨も大丈夫だろう。



さてさて今週は秋の天皇賞
昨年はモーリス一強でお手上げムードだったなー。で、今年はキタサンブラックでお手上げってかんじか?

…イヤイヤ、そこまでではないと個人的に考えます。
キタサンブラックといえば、何度か様々なメディアに「控えめに」寄稿していたポイントがあって、実は同じことをホリエモンこと堀江貴文氏が過去に「ぶっ放して」いたことが、最近メディアに掲載されてた。


その内容とは「何故、キタサンブラックは内枠を引きまくるのか?」という際どい内容で、下記はその内容を掲載したメディアからの引用ですw

==============================
「内枠引きまくった昨年は有馬記念も人気通りで決まり馬券的にはクソつまんなかった」・・・「JRA的には完全にキタサンブラック推しであるのは間違いない。馬主も北島三郎さんで話題性あるし」・・・「JRAの主催レースでは問題ない程度に便宜を図ることは可能ですが凱旋門賞はそうはいかない

引用元:ギャンブルジャーナル 堀江貴文氏がJRAとキタサンブラックの「疑惑」を指摘!? 再燃する昨年の「幸運すぎる」出来事の数々
画像をクリックするとポップアップで表示 


…と、このような事象は過去に何度か耳にしたことが私もあり、基本的には「馬券に売り上げにつながる馬に便宜を図る」というのが傾向で、過去に私が耳にした話では、ある年の朝日杯で抽選で8/1の抽選を突破した馬が勝ったという話。

この年は「出てくればこの馬ではどーしょーもないだろー」と関係者は見てたんだが、賞金的に抽選対象であったためどうなるかと噂されていたところに、水曜の時点で「もう通ったから」という、怪情報が馬主や管理する厩舎から漏れていたそう。

この馬は「快速の逃げ」が身上の馬だったんだけど、駄目押しに1枠1番を引き当てて逃げ切った。こういうことってやっぱりあるようだね。



では今年のキタサンブラックは?
今年のメンバー先手を主張する馬は、まず二桁人気となるはずのロードヴァンドールだが、番手を取りたい馬はそれなりにいて、三歳牝馬のオークス馬ソウルスターリングや、香港でQE2世Cを勝ったネオリアリズムが該当する。

さらには東京芝2000mはスタートしてすぐにコーナーがあるため、内枠有利が定説で、馬場改修後は多少緩和されたが、それでも先行したい馬は外枠を引くよりは内枠が欲しいのは事実。

実際、馬場改修前に行われた1991年の天皇賞(秋)では、18番枠を引いた武豊騎乗の一番人気メジロマックイーンは、スタート後いい位置を取ろうとして強引に内に切れ込んだことにより、ぶっちぎりの1着であったにもかかわらず失格となるという、世紀の大事件は記憶に鮮明に残っている。


キタサンブラックが内枠を引きすぎる」というネタがどこまで反響を及ぼすかによって「便宜」が発動されるかどうかは左右されるかもしれないが、その前に、馬主サイドから先制攻撃で年内3戦で引退」と既に発表されているのもかなり匂うとこだ。

キタサンブラック人気で馬券が売れるのは「あと3回」なので頼むよと言っているようにも聞こえるケド…?

さて、今年の天皇賞(秋)、
キタサンブラックは何番枠を引くのだろーか?


優良競馬予想サイトを探すなら、競馬予想サイト検証.COM

競馬予想サイトを検索

検索
競馬予想サイトを検索!

無料予想のある、優良競馬予想サイト

優良競馬予想サイトを探すなら、
競馬予想サイト検証.COM

競馬予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

neos(ネオス)という競馬予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

neos(ネオス)という競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ neos(ネオス)の無料予想(2023/02/04)

neos(ネオス)の無料予想(無料情報)1日2鞍提供されるのだが、この日は2/4(-5,400)、もうひとつは上画像の買い目で、今回検証する東京8Rの無料情報である。

このレース、単勝2.7倍のカフェカルマが1番人気になっていたのだが、鞍上は内田博で微妙な単勝倍率ってことで、個人馬券なら絶対に買いたくない部類である。

neos(ネオス)が提示したワイド馬券の相手馬は、○タイセイマーベル/戸崎(2人気)と▲ホワイトクロウ/石橋脩(4人気)の2頭だ。
3.6倍と迫った2番人気なだけに、どちらかがブッ飛びそうなレースであった。

結果は両方が飛んでしまい、どちらも掲示板すら乗らなかった。
土曜東京8R
▲ 土曜東京8R

◎カフェカルマ(1人気)➡︎10着
○タイセイマーベル(2人気)➡︎6着

唯一、▲ホワイトクロウ(4人気)が3着に絡んだのだが、競馬は▲の複勝を当てるゲームではないw
1〜4番人気を選んだ中で、唯一買い目に選ばなかった3番人気のベストフィーリングが勝ってしまうという最悪のオチ。
馬体重が、+14キロと+12キロの2頭にしてやられるとは、思いもしなかったことだろう。

選ぶレースがそもそもズレてたね。
人気馬で行きたければ、傾向をもっと調べた方が良いのではないか。

横綱ダービーという競馬予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

ここ2週間の横綱ダービー無料予想の抜き打ち検証だが、 1/28×1/28×1/29は10.7倍で+350円、 1/29×2/4×2/4×2/5は10.7倍で+1,500円、 2/5×、…といったかんじで、8戦2勝6敗

今回もこの8鞍の予想精度だけで言えば回収率30%となり、前回の27%と変わらずマイナス収支となった。

さて、その中から今回は2023/02/04土曜日に提供された、横綱ダービーの無料予想を検証をする。

横綱ダービーという競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ 横綱ダービーの無料予想(2023/02/04)

土曜日の小倉7Rは、B.ムルザバエフが騎乗する◎スペクトログラムが1番人気だった。
しかし、2番人気の○ラニカイが単勝3.0倍なのに対して、2.8倍と微妙なオッズだ。

このような、飛び抜けていない並んだオッズの場合は、どちらかが飛ぶ確率が高いもの。
そして見事なばかりに9着に飛んだのは、横綱ダービーがワイドの軸に挙げた◎スペクトログラムの方だった。

そして、1着には▲サトミノマロン(3人気)が入り、2着には○ラニカイ(2人気)という縦目で決まったのだ。
よりにもよってツイていないものだ(笑)

レースでは、3番手の外につけた◎スペクトログラムだったが、3~4角で後続に被せられると、まったく抵抗できず後退してしまい、勝負どころでやめてしまうという気難しい面が露出してしまった。そもそも、気性に難のある馬を何故軸にしたのだろうか?

まだ、引退間近となった福永が乗る○ラニカイ(2人気)を軸にするのが常套手段。これに関しては2月特有の考え方であろう。

2/5土曜日の小倉7R

同日の中京メインでは、この日誕生日の酒井学が4番人気の メイショウフンジンで勝利するぐらいだ。
勝つべき騎手が勝ち、絡むべき騎手が絡むのが、競馬だ

関係者や騎手の誕生日や、区切り(記念)の勝ち星、引退絡み、その日その日で勝ちそうな騎手や絡みそうな騎手をピックアップしてから臨むのが「情報競馬」たる所以でもあるだろう。

横綱ダービーの予想担当者にも、それくらいの情報は、掴んでて欲しいものである。
最低最悪・無料競馬予想サイトランキング
競馬予想サイトの無料予想だけを使い続けた場合 、1日にかかる賭金や、1日1Rあたりの平均収支をランキング形式にしました。 口コミなどを基にした悪評サイトのランキングではなく 、⻑期間無料予想の検証を行った データを基に算出した、マイナス収支ランキング です。
順位 サイト名 金額
1位 一点予想屋本舗 ¥-52,882
2位 馬券コレクション(馬これ) ¥-47,985
3位 競馬チャンピオン ¥-36,286
4位 ビット競馬 ¥-27,414
5位 P4 ¥-25,781
6位 騏驎(麒麟) ¥-21,830
7位 勝ちウマ王国 ¥-21,488
8位 フヤセル ¥-19,362
9位 merit(メリット) ¥-18,650
10位 キャリーオーバー ¥-18,579
順位 サイト名 金額
1位 一点予想屋本舗 ¥106,909
2位 馬券コレクション(馬これ) ¥60,000
3位 キャロット ¥55,160
4位 勝ちウマ王国 ¥54,045
5位 競馬チャンピオン ¥44,143
6位 騏驎(麒麟) ¥40,000
7位 merit(メリット) ¥39,666
8位 P4 ¥35,000
9位 ビット競馬 ¥30,571
10位 アルカナム(ARCANUM) ¥30,000

競馬初心者向け競馬情報コラム

トップへ