珍馬名馬〜面白い名前

  1. 競馬の、珍馬名馬特集

    猛威を振るう、珍馬名馬

    2012年にNHKマイルCを勝ち種牡馬となったカレンブラックヒルに初勝利をもたらした産駒の馬名は「オヌシナニモノ」という珍馬名馬だった。

    因みに面白い競走馬名は沢山いるが、馬主だからといって、なんでも馬名に付けられるわけではない。

    一応、競走馬名にもルールがある。



    馬名をつける上でのルール

    ・カナで2文字〜9文字、アルファベットで18文字以内
    ・馬名としてふさわしくない馬名
    ・商品名や、広告効果をあからさまに狙った馬名
    ・冠名のみを馬名としたもの
    ・個人名など「個人」を特定する馬名
    ・1983年以前の八大競争を制した馬の馬名
    ・父馬・母馬の馬名と似た紛らわしい馬名
    ・動 植物の名称のもの
    ・地名又は山河の名称(国名、首都、都道府県名等)



    という禁止事項はある。
    なので、高須クリニックの高須医院長も「イエスタカス」で申し込んだが通らなかったそうだ。

    外国馬が来日した場合は、10文字以上になることもあるが、文字数規定があるのでオウケンムーンの父「オウケンブルースリ」は、残念ながら「オウケンブルースリー」まで文字数が足りなくて入らなかったw



  2. 競馬で、活躍した珍馬名馬

    珍馬名を命名するのは簡単だが、その産駒が活躍しなければただのウケ狙いとなってしまい、人間の付けた名前が馬に理解できないとは思うが、なんだか可哀想な気がする。

    ちょっと珍馬名馬に反して活躍した馬を何頭か取り上げたいと思う。


    活躍した珍馬名馬

    オレハマッテルゼ

    由来は故石原裕次郎の主演映画からだが、この馬は2006年の高松宮記念を制しGⅠ馬となり、種牡馬にもなった。

    エガオヲミセテ

    この馬は前出オレハマッテルゼの兄弟馬で、阪神牝馬Sを勝っている。また、馬名に「ヲ」を初めて入れた馬としても有名。

    カレンチャン

    この馬も牝馬ながら2011年のスプリンターズSなどGⅠを2勝。獲得賞金も4億円以上という文句なしの名馬。

    ティコティコタック

    この馬の名前の由来は時計の擬音から来ているのだが、この馬も秋華賞GⅠを勝っている。

    エキマエ

    まぁ書いて字の通りの「駅前」、この馬も地方交流重賞の兵庫ジュニアGPを勝っている。

    ワナ

    新馬、新潟2歳Sと連勝。ちなみにこの馬のお母さんの名前はメロンパン

    ナイスナイスナイス

    1989年に牝馬ながらクラシックの重要ステップ重賞である「きさらぎ賞」を勝っている。


    以上が重賞を勝っている珍馬名馬だが、これらの馬以外にも比較的活躍した馬をピックアップすると、

    ロバノパンヤ

    ダート重賞のアンタレスSで3着。

    モチ

    重賞勝ちこそなかったが、クラシックの登竜門と言われる若駒Sを勝っている。
    また、逃げ馬であったことからテレビ解説では「モチ粘る」が連発してた。中継でこの言い回しがウケたんだろう。

    これらがオープンないしは重賞で活躍した馬だが、他にもウケただけで終わった馬の名前は沢山いる。



  3. 面白馬名を付ける馬主さん

    面白馬名を付ける馬主、小田切有一

    競馬界で面白馬名を付ける馬主さんといえば小田切有一さんが有名。
    面白馬名を付ける馬主、小田切有一
     

    ただ前述した「オレハマッテルゼ」や「エガヲミセテ」は結構な血統馬なので購買価格もそれないだろう。
    なので、先を考えて小田切さんも思い切った名前はつけられなかったのかもしれない。

    もしかして走るかも?」という馬にあんまりヘンな名前は付けられない。

    逆に「走ったら話題になるかもなあ」という購買価格の安い馬には注目度を上げるためにも面白馬名を付ける傾向は若干見て取れるフシもある。

    ちなみに
    ワナ
    ロバノパンヤ
    オドロキノサイフ
    モチ
    ワスレナイデ
    ラグビーボール
    デンシャミチ
    ヒコーキグモ
    サヨウナラ
    アッパレアッパレ
    カゼニフカレテ
    ドモナラズ
    …なども小田切さんの所有馬(たいして高額馬ではない)


    「北斗の拳」キャラの、サトミホースカンパニー

    そうかといえば冠号サトノで有名なサトミホースカンパニーは、ご存知「サトノ」プラス「北斗の拳」のキャラクター名でここぞという馬には「ボスキャラ名」を付けてくる

    現役でも「サトノケンシロウ」という超良血馬がいるが、残念、成績は今ひとつ。
    過去には「サトノラオウ」や「サトノユリア」、「サトノコクオー」など北斗の拳シリーズのビッグキャラクターの名前を付けた馬もいたが、期待は伝わるがサッパリでした(笑)

    名前負け」という表現もあるくらいだから、やはり「ほどほど」が良いかもしれない。



  4. ヘンな名前の競走馬

    競走馬の馬主であるならどんな名前を付けようが、基本的には馬主の自由だが、競馬も「スポーツ」と打ち出している以上はある程度の配慮は必要かと、思う時もある。

    先の「冠号サトノ」のように落札額にも比例して、馬主の期待度も馬の名前に反映することが多いが、「名は体を表す」と馬でも言えるのか?と、思うくらい、あまりにもバカげた馬の名前で大成することは、ほぼない

    先述したようにJRA規定の一応ルールとして「馬名として不適切な馬名、ふさわしくない馬名」というのがあるが、はたしてそのJRAの言う基準というのがどんなものなのか、正確な規定を教えてもらいたいものだ。

    こんなのいいのか?とJRAに訊きたくなるような「ウケ狙い」の名前を紹介しよう。


    ウケ狙い?の競走馬

    イセエビ
    ソンナノカンケーネ
    ジーカップダイスキ
    ガンバレヒトリッコ
    オバサンオバサン
    シシャモチャン
    キョカキョク
    カクカクシカジーカ
    ネコパンチ
    シャア
    ネコパンチ
    マズイマズイウマイ
    ホンマカイナ
    オマワリサン
    モグモグパクパク
    トリアエズナマ
    ノラネコ
    オレニホレルナヨ
    イラッシャイマセ
    シシャモチャン
    バカニシナイデヨ
    ビックリシタナモー
    ハシルヨミテテ
    ノンコノユメ


優良競馬予想サイトを探すなら、競馬予想サイト検証.COM

競馬予想サイトを検索

検索
競馬予想サイトを検索!

無料予想のある、優良競馬予想サイト

優良競馬予想サイトを探すなら、
競馬予想サイト検証.COM

競馬予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

横綱ダービーという競馬予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

ここ2週間の横綱ダービー無料予想の抜き打ち検証だが、 1/28×1/28×1/29は10.7倍で+350円、 1/29×2/4×2/4×2/5は10.7倍で+1,500円、 2/5×、…といったかんじで、8戦2勝6敗

今回もこの8鞍の予想精度だけで言えば回収率30%となり、前回の27%と変わらずマイナス収支となった。

さて、その中から今回は2023/02/04土曜日に提供された、横綱ダービーの無料予想を検証をする。

横綱ダービーという競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ 横綱ダービーの無料予想(2023/02/04)

土曜日の小倉7Rは、B.ムルザバエフが騎乗する◎スペクトログラムが1番人気だった。
しかし、2番人気の○ラニカイが単勝3.0倍なのに対して、2.8倍と微妙なオッズだ。

このような、飛び抜けていない並んだオッズの場合は、どちらかが飛ぶ確率が高いもの。
そして見事なばかりに9着に飛んだのは、横綱ダービーがワイドの軸に挙げた◎スペクトログラムの方だった。

そして、1着には▲サトミノマロン(3人気)が入り、2着には○ラニカイ(2人気)という縦目で決まったのだ。
よりにもよってツイていないものだ(笑)

レースでは、3番手の外につけた◎スペクトログラムだったが、3~4角で後続に被せられると、まったく抵抗できず後退してしまい、勝負どころでやめてしまうという気難しい面が露出してしまった。そもそも、気性に難のある馬を何故軸にしたのだろうか?

まだ、引退間近となった福永が乗る○ラニカイ(2人気)を軸にするのが常套手段。これに関しては2月特有の考え方であろう。

2/5土曜日の小倉7R

同日の中京メインでは、この日誕生日の酒井学が4番人気の メイショウフンジンで勝利するぐらいだ。
勝つべき騎手が勝ち、絡むべき騎手が絡むのが、競馬だ

関係者や騎手の誕生日や、区切り(記念)の勝ち星、引退絡み、その日その日で勝ちそうな騎手や絡みそうな騎手をピックアップしてから臨むのが「情報競馬」たる所以でもあるだろう。

横綱ダービーの予想担当者にも、それくらいの情報は、掴んでて欲しいものである。

neos(ネオス)という競馬予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

neos(ネオス)という競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ neos(ネオス)の無料予想(2023/02/04)

neos(ネオス)の無料予想(無料情報)1日2鞍提供されるのだが、この日は2/4(-5,400)、もうひとつは上画像の買い目で、今回検証する東京8Rの無料情報である。

このレース、単勝2.7倍のカフェカルマが1番人気になっていたのだが、鞍上は内田博で微妙な単勝倍率ってことで、個人馬券なら絶対に買いたくない部類である。

neos(ネオス)が提示したワイド馬券の相手馬は、○タイセイマーベル/戸崎(2人気)と▲ホワイトクロウ/石橋脩(4人気)の2頭だ。
3.6倍と迫った2番人気なだけに、どちらかがブッ飛びそうなレースであった。

結果は両方が飛んでしまい、どちらも掲示板すら乗らなかった。
土曜東京8R
▲ 土曜東京8R

◎カフェカルマ(1人気)➡︎10着
○タイセイマーベル(2人気)➡︎6着

唯一、▲ホワイトクロウ(4人気)が3着に絡んだのだが、競馬は▲の複勝を当てるゲームではないw
1〜4番人気を選んだ中で、唯一買い目に選ばなかった3番人気のベストフィーリングが勝ってしまうという最悪のオチ。
馬体重が、+14キロと+12キロの2頭にしてやられるとは、思いもしなかったことだろう。

選ぶレースがそもそもズレてたね。
人気馬で行きたければ、傾向をもっと調べた方が良いのではないか。
最低最悪・無料競馬予想サイトランキング
競馬予想サイトの無料予想だけを使い続けた場合 、1日にかかる賭金や、1日1Rあたりの平均収支をランキング形式にしました。 口コミなどを基にした悪評サイトのランキングではなく 、⻑期間無料予想の検証を行った データを基に算出した、マイナス収支ランキング です。
順位 サイト名 金額
1位 一点予想屋本舗 ¥-52,882
2位 馬券コレクション(馬これ) ¥-47,985
3位 競馬チャンピオン ¥-36,286
4位 ビット競馬 ¥-27,414
5位 P4 ¥-25,781
6位 騏驎(麒麟) ¥-21,830
7位 勝ちウマ王国 ¥-21,488
8位 フヤセル ¥-19,362
9位 merit(メリット) ¥-18,650
10位 キャリーオーバー ¥-18,579
順位 サイト名 金額
1位 一点予想屋本舗 ¥106,909
2位 馬券コレクション(馬これ) ¥60,000
3位 キャロット ¥55,160
4位 勝ちウマ王国 ¥54,045
5位 競馬チャンピオン ¥44,143
6位 騏驎(麒麟) ¥40,000
7位 merit(メリット) ¥39,666
8位 P4 ¥35,000
9位 ビット競馬 ¥30,571
10位 アルカナム(ARCANUM) ¥30,000

競馬初心者向け競馬情報コラム

トップへ