ミカエル・ミシェル騎手(Mickaelle Michel)超美人ジョッキー

  1. ミカエル・ミシェル騎手(Mickaelle Michel)は世界一の美人ジョッキー

  2. フランス美人すぎる女性ジョッキーミカエル・ミシェルMickaelle Michel)。
    武豊騎手も「一番見てみたいジョッキーはミカエル・ミシェル騎手(武豊騎手は意外にも女好きで有名)と公言していたくらいその美しさたるや、我らが「藤田菜七子」も残念ながら凡人に見えてしまう。
    ミカエル・ミシェル騎手(Mickaelle Michel)美人ジョッキーと藤田菜七子
     
    2019年11月時点で22歳藤田菜七子も十分にかわいいのだが、ミカエル・ミシェル騎手(Mickaelle Michel)は可愛くもあり色気はもう24歳とはとても思えない大人のエロさだw
    ミカエル・ミシェル騎手(Mickaelle Michel)は世界一の美人ジョッキーだろ。
     

    ・1995年 7月15日生まれ
    ・24歳(2019年11時点)
    ・蟹座
    ・未婚
    ・出身:フランス ヴァール県
    ・場所:イエール生まれ(→こんなトコ
    ・身長:158cm
    ・体重:48kg
    ・ミシェル・プラナード厩舎
    ・フランスでの女性騎手年間最多勝記録更新中



  3. ミカエル・ミシェル騎手(Mickaelle Michel)のような世界の女性ジョッキー

  4. 日本で女性騎手と言えば「藤田菜七子騎手」オンリーだが、実は世界を見ると女性騎手は珍しくない

    世界を見渡しても女性騎手の活躍ぶりは顕著で、藤田菜七子騎手が師と崇めるニュージーランドのL.オールプレス騎手は近年何度も短期免許で来日している
    ミカエル・ミシェル騎手(Mickaelle Michel)とL.オールプレス騎手と藤田菜七子騎手
     
    逆に女性騎手が藤田菜七子騎手1人しかいないという日本の方が稀で、英・米・豪・加では女性騎手が沢山存在している。
    そしてGⅠを勝つことが当たり前にあるのが現在は世界のスタンダードだ。


    世界の美人騎手と言えば、
    オーストラリア出身ケイトリン・マリヨン騎手がいたが、引退してしまった

    あと美人騎手で有名なのは馬にまたがってヌードまで披露しているカナダ出身の北アメリカで活動するシャンタル・サザーランド騎手も、超美人である。
    モデルやタレント、俳優のダスティン・ホフマン主演のTVドラマにも出演したりと活躍しており2012年に一度引退したが、翌年現役に復帰している。…だがもう43歳だ。

    そう考えると、ミカエル・ミシェル騎手(Mickaelle Michel)が若くて、現役世界一の美しいジョッキーの座は彼女で「決定」していいのではないだろうか。
    ミカエル・ミシェル騎手(Mickaelle Michel)が世界一の美しいジョッキーで決定か。
     



  5. ミカエル・ミシェル騎手(Mickaelle Michel)は上手いの?

  6. ところでミカエル・ミシェル騎手(Mickaelle Michel)は競馬が上手いのか?

    …上手いか下手かの前に、ミカエル・ミシェル騎手Mickaelle Michel)がどこで競馬を学び、そういう戦歴を残しているか順を追って書こう。

    超絶美人のミカエル・ミシェル騎手(Mickaelle Michel)は、フランスのマルセイユの競馬学校Equestrian Center Marseille Pastréかな?)を経て、2014年にプロの騎手ライセンスを取得した。
    マルセイユの競馬学校在籍時のレベルは調べられなかったので、不明。


    2017年、になってシャンティイD.スマガ調教師(ダヴィ.スマガ)に師事し、その後F.スパニュという元騎手がエージェントとなったことでミカエル・ミシェル騎手の才能が開花する。

    2017年3月からフランスで女性騎手に対する2kgの減量ルールが適用となったことで(2018年3月からは1.5キロに変更)2017年には203戦中、17勝を挙げることができた。


    ミカエル・ミシェル騎手の名が知られるようになったのは、2018年になってから。
    女性ジョッキーとしてはじめてフランスのカーニュシュルメール競馬場(コートダジュール競馬場)のリーディング(冬)を獲得すると、そのまま2019年3月末頃まではフランスのリーディング争いのトップに君臨することになった。
    加えてこの美貌だから、フランスの競馬ファンが熱狂するのもわかるだろう。

    減量ルールの恩恵もあるだろうが、その後ミカエル・ミシェル騎手はフランスにおける女性騎手による最多勝記録を13勝も更新する、72勝(804戦)をマークして、ランキングでは全体の12位に入るなど大きく飛躍し続けている。
    藤田菜七子騎手と同様に、ミカエル・ミシェル騎手も現在進行形で記録を塗り替え続けているのだ。
    (2019年10月09日 JRA-VANの記事参考)

    ミカエル・ミシェル騎手が、フランス競馬で「ランキングで全体の12位に入る」ということは重量ハンデがあっても、やはり相手が世界基準の選手相手に「ランキングで全体の12位に入る」ということなのでかなり凄いことで、では実力的にメイド・イン・ジャパンの藤田菜七子と比べてどうなのか?

    2人の実力差は難しい比較だが、ただ年間72勝を記録しているということは間違いなくミカエル・ミシェル騎手は藤田菜七子以上と言える

    藤田菜七子は2019年11月現在で41勝、通算勝利数でも88勝なら間違いなくミシェルの方が上だし、先ほども書いたように戦っている相手を考えてもミカエル・ミシェル騎手に軍配が上がるだろう。

    因みに2人は既に今年2019年8月に札幌競馬場で行われたワールドオールスタージョッキーズ(WSAJ)で対戦している。
    ミカエル・ミシェル騎手は第3戦で日本初勝利を上げ、世界のトップジョッキーが集う中で総合3位の活躍。藤田菜七子は未勝利だ。
    ワールドオールスタージョッキーズで勝利したミカエル・ミシェル騎手
     
    日本競馬のレベルの高さに感銘を受け、インタビューではフランス語で「この国に恋をしました」と言ったミカエル・ミシェル騎手。YouTube動画



  7. ミカエル・ミシェル騎手(Mickaelle Michel)がJRAの通年免許取得を前向きに検討?

  8. ワールドオールスタージョッキーズで勝利したミカエル・ミシェル騎手が「この国に恋をしました」とは言ってくれたのも、どうせ美人のリップサービスだろう。と思っていたが、実は本人大真面目に「JRAの通年免許取得」を検討しているようで、既にルメール騎手が日本語を覚える際に家庭教師となった日本人女性から日本語のレッスンを受けている

    日本移籍も真剣に考えている模様で、まずは来年の短期免許を取り、「そして将来は、JRAの通年免許を取得したい。2年ぐらいあれば準備は整うと思う」と、JRAの通年免許取得に向けて受験をするプランがあることを公言している。


    このミカエル・ミシェル騎手の「JRAの通年免許取得」の背景には2019年からJRAが導入した女性騎手の永久減量ルールがあると推測される。

    最近では、フランスやオーストラリアではこのルールがスタンダードとなってきており、日本でも「永久減量ルール」が導入されたことがミカエル・ミシェル騎手が日本移籍を前向きに考える要因となったのではないかと考えられる。

    勿論、本当に日本のことを気に入ってくれたのが大前提で、前回WSAJでの来日から、既に2度目の来日となった今回、ジャパンCも観戦し、ルメール騎手に京都の名所を案内してもらう予定だそうだ。

    本人、日本語でサインもできるようになったと喜んでおり、この辿々しい日本語のサインも、いずれサラサラっと書けるようなってしまうのだろう、と考えると今が貴重なサインであるw
    ミカエル・ミシェル騎手(Mickaelle Michel)の日本語直筆サイン
     



  9. ミカエル・ミシェル騎手(Mickaelle Michel)の画像まとめ

  10. ミカエル・ミシェル騎手(Mickaelle Michel)美人すぎるジョッキーの写真画像1
     
    ミカエル・ミシェル騎手(Mickaelle Michel)美人すぎるジョッキーの写真画像2
     
    ミカエル・ミシェル騎手(Mickaelle Michel)美人すぎるジョッキーの写真画像3
     
    ミカエル・ミシェル騎手(Mickaelle Michel)美人すぎるジョッキーの写真画像4
     
    ミカエル・ミシェル騎手(Mickaelle Michel)美人すぎるジョッキーの写真画像5
     
    ミカエル・ミシェル騎手(Mickaelle Michel)美人すぎるジョッキーの写真画像6
     
    ミカエル・ミシェル騎手(Mickaelle Michel)美人すぎるジョッキーの写真画像7
     



    オマケリンク
    -Mickaëlle Michel@MickaelleMichel · Twitter
    -#MickaëlleMichel · Twitter
    -ミカエル・ミシェル - Wikipedia


優良競馬予想サイトを探すなら【競馬検証.com】

 ◆◆◇ 徹底的に調べ上げて検証、無料登録できる先週の優良サイト! ◇◆◆ 
   ↓       ↓       ↓       ↓       ↓       ↓
【 検証済 】 俺の競馬予想(OREKEIBA) ←超検証レポートはコチラ!
12/8 「いきなり万馬券」で808.2倍がつき、600円が48万超に。ココは常に論理的で説得力がスゴく、ガチ馬主に、現役の記者が運営の、唯一無二のサイト! サイト内ブログは、新聞や雑誌では知れないネタ満載

【 検証済 】 血統ウィナーズ
←超検証レポートはコチラ!
12/8 「最終レース(日)」で、中山12Rにて460.0倍の的中。最大で46万超の払戻しとなった。無料予想もいいし、ココの買い目は、ただ良質な血統馬を選ぶのではなく、豊富な知識と裏付けには脱帽だ。

【 検証済 】 高配当21
←超検証レポートはコチラ!
12/72週連続で、わずか10pt予想(1000円)で中京9Rにて 485.3倍128.4倍の、2券種も的中。…仮に500円で両方買ってたら、1000円予想で合計30万超えの配当だ。 ココは超・安価なコースも的中率が高く、無料予想も◎

【 検証済 】 レープロ
←超検証レポートはコチラ!
12/7 「クラブ法人」で中京9Rにて485.3倍の的中。推奨金額が最大の800円だと、38万超の払い戻しになった。
現場の記者しか撮れない写真や、現場の記事は、生情報で必見。

【 検証済 】 UMAチャンネル
←超検証レポートはコチラ!
11/30に 「2ch」で中京7Rにて458.5倍の配当。最大45万超の払戻し。 「厩舎チャンネル」は内輪ネタなどのトラックマン情報
それと、LINE配信してる無料情報は、推奨馬3頭のピックだから使い方次第だが、コレも精度が高い。

【 検証済 】 ターフビジョン
←超検証レポートはコチラ!
11/30「最速攻略ラボ」で448.6倍の的中で、700円が 31万超の払戻しになった。
ココの画像付、美穂と栗東の両方からの関係者の現地取材レポートは超濃厚で、競馬新聞では得られない情報だ。

【 検証済 】 週刊競馬ナックル
←超検証レポートはコチラ!
11/23 「土曜 2押し」で東京9Rにて930.8倍。600円が55万超。「競馬界のタブー」は新聞やネットに載ってない裏情報
別の「南丸がゆく!」という記者レポートも、興味深い話が載っている。


検索
競馬予想サイトを検索!
▼競馬検証.comの競馬コンテンツ▼

トップへ