オリンピックの馬術と競馬

  1. オリンピックの馬術、競馬との違い

  2. 2020年東京オリンピックでも正式種目として採用されている「馬術」という競技がある。

    馬術」というのは見た目は燕尾服や乗馬服を着て、シルクハットなどの帽子を着用し、優雅さが漂う独特の雰囲気の競技なので、「競馬」と違うのは分かるが、今まであまり気にしてなかったので少し調べてみた
    オリンピックの馬術とは。競馬との違い
     
    「馬術」の歴史はなんと1900年のパラリンピックから競技として採用され、1928年からはパラリンピックでなく正式種目として採用されたそうで、今度の2020年東京オリンピックからすると120年もの歴史があることを改めて知った。

    競馬と比較するのは少々難しいところがあるが、例えるならスケート競技に「スピードスケート」と「フィギュアスケート」があるように、「馬術」はフィギュアスケートに近い内容で、演技を採点するというのが主なルールで、1924年からは6種目で得点を競う競技としてオリンピックに定着している(動物を扱う競技ということでどうしても検疫という問題がつきまとうため主催国によっては競技に採用しない場合も稀にあるそうだ)



  3. オリンピックの馬術、馬の品種

  4. オリンピックの「馬術」で使用される馬について書く前に、馬の品種の豆知識だ。
    競馬用語で馬の品種を分類する言葉として「軽種」「中間種」「重種」という言葉があるが、競馬のサラブレッドは「軽種」にカテゴライズされる。

    「馬術」に使用される馬は全て「中間種」が使用されるのだが、サラブレッドが「軽種」の馬同士を交配し、素速く躍動感のある走りを求めて馬を作ることを目的としているのに対し、「馬術」に使用される「中間種」の特徴は、乗り手に従順で、走るスピードを求めない代わりに軽快さや機敏さが求められる


    見た目はサラブレッドとそこまで変わらない。
    それより最も違い、互いの競技に重要なところはというと「メンタル」だ。

    サラブレッドは配合の時点である意味狂気を孕んでいるというか、闘争心を持って生まれてくるように種牡馬が脈々と作られてきている。何よりも早く走れるように。

    逆に見た目の品格が重視の「馬場馬術」は、動きの華麗さを競うものなので、従順な気性の馬でないと乗りこなせないのだ。

    今はもう存在しないが、昭和の時代に中央競馬でも「アラブ種」限定のレースがあったのだが、この「アラブ種」や、サラブレッドとアラブ種を交配して生産された馬が主に「中間種」とカテゴライズし「馬術競技」に使用されるのが主流となっている。
    馬の品種、アラブ種とは
     
    このように「」は「交配」「生産」の時点で用途が決まっているため、「軽種」であるサラブレッドは「馬場馬術」には全く向かないのだ。
    「馬場馬術」に出ても試合にならならず、惨敗だろうw



  5. オリンピックの馬場馬術の騎手(選手)とは

  6. 競馬でいう「騎手」に関していえば、馬場馬術においては「選手」と呼ばれる。

    日本の馬場馬術の第一人者は、その世界では知らぬ人がいないという「法華津寛」で、1941年生まれの78歳でいまだに現役(2019年8月時点)
    2020年のオリンピックに騎手として選ばれれば、79歳で史上最年長オリンピアンになるという。
    馬場馬術の第一人者、法華津寛氏は東京オリンピック 2020に出るか
     
    …「馬場馬術」は、オリンピックで唯一動物を使った競技だ。
    そして騎手(選手)が馬と十分なコンタクトを取れるようになるまで最低でも3~4年はかかると言われているため、必然的に選手寿命も長くなるのが特徴で、法華津選手のような年長選手も珍しくないのだが、日本の馬場馬術にこの「法華津寛」しかいないわけではない。

    今回の2020年東京オリンピックには、若きニューヒロインの誕生も期待されている。

    その選手とは、日本馬術連盟アンバサダーライダー高田茉莉亜選手だ。
    日本馬術連盟アンバサダーライダーの高田茉莉亜選手、2020東京オリンピック出場か

    現在25歳の高田選手は、法華津選手と比べると40年以上のキャリアの差があるが、9歳から馬術を始め数々の実績を残しオリンピックの最終選考に残っている。

    馬場馬術では珍しく、競技として男女の区別がないので、その点においては25歳の女性と70歳を超える男性がライバルであるというのも見所として面白い。



  7. 2020東京オリンピック「馬場馬術」への期待値

  8. 競馬の世界でもそうだが「馬を扱う」という部分においては欧米に比べ日本は馬場馬術においても後進国だ。

    そんな日本の「馬場馬術」は、過去にメダルを獲得したのは87年も前1932年のロスアンゼルスオリンピックの馬術障害飛越競技において、西竹一選手金メダルを獲得したのが最初で最後だ。

    71歳の法華津選手が、その年齢でオリンピック選手候補として名を連ねるというくらいなので、なんだか若干閉鎖的な競技というイメージだが、25歳の高田選手が選出され、尚且つオリンピックで活躍すれば競技としての知名度は格段に上がるだろう。

    まぁ世界の「馬場馬術」の技術はかなり高いので、正直なところあまり期待できないと思われる。


    2020東京オリンピック公式(馬術)


優良競馬予想サイトを探すなら【競馬検証.com】

 ◆◆◇ 徹底的に調べ上げて検証、無料登録できる先週の優良サイト! ◇◆◆ 
   ↓       ↓       ↓       ↓       ↓       ↓
【 検証済 】 血統ウィナーズ ←超検証レポートはコチラ!
10/6「最終レース」にて641.6倍71.5倍の W的中。合計で最大71万超の払戻しとなった。無料予想もいいし、
ココの買い目は、ただ良質な血統馬を選ぶのではなく、豊富な知識と裏付けには脱帽だ。

【 検証済 】 俺の競馬予想(OREKEIBA)
←超検証レポートはコチラ!
10/5「最終メイチ」で580.9倍つき、800円が46万超に。ココは常に論理的で説得力がスゴく、ガチ馬主に、現役の記者が運営の、唯一無二のサイト! サイト内ブログは、新聞や雑誌では知れないネタ満載

【 検証済 】 週刊競馬ナックル
←超検証レポートはコチラ!
10/5 「土曜 最終入電」で新潟12Rにて580.9倍。最大58万超。「競馬界のタブー」は新聞やネットに載ってない裏情報
別の「南丸がゆく!」という記者レポートも、興味深い話が載っている。

【 検証済 】 ターフビジョン ←超検証レポートはコチラ!
10/5「週末攻略ラボ」で京都4Rにて的中。652.8倍の配当つき、500円が32万超の払戻しにもなった。
ココの無料コンテンツの画像付関係者現地レポート内容がスゴい

【 検証済 】 レープロ
←超検証レポートはコチラ!
9/29「プレミアムアリーナ」で阪神7Rにて413.7倍の的中。推奨金額が最大の800円だと、33万超の払い戻しになった。
現場の記者しか撮れない写真や、現場の記事は、生情報で必見。

【 検証済 】 高配当21
←超検証レポートはコチラ!
9/28は、わずか20pt予想(2000円)で阪神7Rにて 449.9倍と他、全3券種の全てが的中した。
…昨年最強は1000円予想(11月)の6479.2倍だ。 ココは超・安価なコースも的中率が高く、無料予想も◎

【 検証済 】 UMAチャンネル
←超検証レポートはコチラ!
9/21に 「2ch」で中山10Rにて708.9倍の配当。最大70万超の払戻し。 「厩舎チャンネル」はガチなトラックマン情報!


検索
競馬予想サイトを検索!
▼競馬検証.comの競馬コンテンツ▼

トップへ