競馬の魅力と競馬予想サイトについて

  1. 競馬の魅力を考える

    最近は少なくなりましたが、一時はいくつもの競馬予想サイトで「競馬」を新たな「投資」として活用することを進めている競馬予想サイトを多く見ました。
    それらの競馬予想サイトでは無料情報(無料予想)の提供などもなく、競馬で「投資」をはじめよう。などと無責任なことを言っています。


    株、FX、不動産などはハイリスクの「投資」

    確かに「株、FX、不動産」などは、市場を左右する銀行・証券・ファンドといった「投資機関」の動きに常に気を貼ってなければならず、世界情勢に変動があれば真っ先に暴落して、1週間後には「ゼロ」どころか何千万の借金になってしまうかもしれない、超ハイリスクを孕んでいる「投資」です


    競馬は「農林水産省」

    それが「競馬」だと「農林水産省」の下にあたるため独特の施策がとられており、急激な円安や株価の暴落・不況の影響を受けることはほぼ無いと言っても過言ではありません。

    また、競馬人口は増えることがあっても、ある日突然激減することもありませんし、仮にも競馬人口が激減したとしても「オッズ」とよばれる「配当率」は影響を受けることはないのです。

    実際2020年コロナウィルスの影響で無人開催となりましたが、JRAの売り上げが下がったのは国民の経済に対する不安によるもので、競馬の配当に影響はありません。


    競馬はギャンブル。投資には不向き。

    ではなぜ「競馬」がこんなにも魅力的なのに投資企業が参入しないのか?

    それは単純に競馬はギャンブルだから。


    競馬が「投資にむいている」と、バカげたことを言う「競馬予想サイト」がいますが、大手投資ファンドなどが参加しないのを見ても分かるように、フルゲート18頭で4896通りもあるギャンブルが「投資」と呼べるわけがありません。


    王族や貴族が楽しむスポーツ観戦

    イギリスやフランス、アメリカなどの競馬開催国で発展してきた「競馬」は、世界では王族や貴族が楽しむれっきとしたスポーツ観戦で、日本とは華やかさが全然違います。

    アラブのモハメド殿下も何百頭も馬を持つ大馬主で、イギリスではエリザベス女王が馬主です。
    王族の競馬観戦スタイル
     
    日本人としては少し恥ずかしい話しですが、日本では「競馬」と聞くとギャンブル色の印象が強いし、実際「場外馬券場のWINS」に行くと、場所によってはかなり荒んでいます。


    悪質な競馬予想サイトが悪印象の元凶?

    「競馬検証.com」でも徹底検証しているような悪質な競馬予想サイトが規制されない限り、日本の天皇陛下が馬主になって競馬観戦することはなさそうです。

    そのような悪質な競馬予想サイトによる競馬詐欺被害の事件が起きている「日本の競馬」は、競馬初心者には警戒されがちです。


    競馬は「100円」からできる

    王族が楽しむ競馬」とか「悪の資金洗浄競馬」のような印象を持ってしまったら申し訳ない。
    競馬はそこまでハードル高くないです。むしろ低い

    競馬の馬券は「100円」から参加できます。
    「競馬検証.com」で優良評価されている競馬予想サイトではどこも無料情報(無料予想)を提供しているので、そういったサイトの無料情報で予想を見て、100円で馬券を購入するだけなら、極端な話「先行投資金額」はリアルにたったの「100円」です。

    「株、FX、不動産」といった元手を必要なリスクのあるものより、競馬の方がとっつきやすいのは間違いないでしょう。

    近年では大井競馬場のトゥインクルレースなど、若者がデートで競馬場に行ったりしてますが、悪質な競馬予想サイトで個人情報とか登録しない限り、危険なことに遭遇することは無いでしょう。



  2. 競馬予想サイトとは?

    競馬はパチンコのように朝から晩まで同じ姿勢で台の前に座ることもなく、FXのように四六時中、株式市場の動きを気にすることもなく、不動産のように資本も保証人も必要ありません。
    日本が認めた「公共ギャンブル」です。

    そんな魅力溢れる競馬ですが、どのようにして予想すれば良いのか分からない。
    そういう方の為に「参考データ」として使えるのが「競馬予想サイト」です。



    競馬予想サイトはどうやって予想してる?

    競馬検証.comで検証している「競馬予想サイト」が一体どういうものなのか?
    そもそも何を根拠に予想を立てているのでしょう?

    「競馬」の予想をネットで購入されたことが無いと、これらのサイトが一体何を根拠に予想を出しているのか分からないと思います。

    どの競馬予想サイトも内容はまちまちですが、基本的にはもっともらしい御託を並べ「血統をはじめ競走馬,騎手,調教師,馬主,生産者…などの「裏情報」をデータベース化し、長年蓄積されたデータをいかにうまく統計化して、現場からの直前情報と組み合わせて「買い目情報」を出している。」…とか、言っておりますが、どこを信じるかは個人の自由で、これらはもぅ、半分「エンターテイメント」の要素です。



    競馬予想サイトは誰が予想してる?

    競馬予想サイトをみると、元厩舎の厩務員とか、元記者とかいった「予想家」がいる競馬予想サイトがありますが、あれらは基本的に退職してお金欲しさに競馬予想サイトの運営者から直接声をかけられたり、ブローカーにスカウトされるなりして「顔出し」しているだけの「看板」です。

    元厩務員が退職し、本当に有名な予想家になったのなら、競馬予想サイトなどというフィールドではなく、他のメディアで見かけることでしょう。
    従ってそのような顔貸ししてる看板と「専属契約」しているのは「顔出し」と「名前出し」だけで、実際は予想などしていないません。

    そしてそういう予想サイトはとかく「裏情報がある」とか「競馬界に太い情報網がある」などと言いがちです。
    実際にそのようなことを言う競馬予想サイトに登録してみましょう。

    大抵が会員登録前の「入口だけ」で、会員登録した後の会員ページには「競馬界の情報網」を裏付けるような「記事」などありません。



    「予想家」のいる競馬予想サイトのを見比べる

    本当に情報を持つサイトの特徴

    中には「馬主と記者」がサイト監修?をしていると言う「俺の競馬予想」のように、本当に関係者じゃないと撮れないような写真や、関係者情報が登録後に確認できる「本物」もあります。
    (馬主の方は予想していないようですね)


    本当は情報の無いサイトの特徴

    逆にヒドイサイトもあります。
    勝馬の栞」という競馬予想サイトは「高橋績」という元ニッポン放送の解説者をやっていたという人がサイトの「看板」になってますが、サイトに会員登録してみるとプロフィールはあっても、今も業界に出入りしてる「証拠」や、彼が予想をしている「証拠」は何一つありませんでした。
    (それだけなら「ありがち」なので特に目くじら立てていうことではない)

    酷いのはそこではなく、検証後に的中実績の捏造や、利用者によって配信してる「的中結果が違う」という、驚くべき報告が口コミで届くようになり、実際に私もその証拠を掴みました。
    勝馬の栞という競馬予想サイトの利用者によって配信してる的中結果が違う証拠画像



    無料情報で予想の精度を観測しよう

    …このように「顔を出してる予想家」がいるからといって信じられるものでは無い。ということです。

    そのようなデータがあるか、無いか。よりも、やはりベテランの予想家が予想をしていたり、無名でもサイトを運営する運営者が競馬に熟知していれば競馬の予想はできます。

    やはり注目するところは「誰が予想をしているか」とか「業界の情報網」などではなく「予想結果」であって「利益率」です。

    競馬予想サイトを使われるのであれば、先ずは自分がメインで使用しているメールアドレスではなく、googleやyahoo!で簡単に無料で作れる「フリーメール」を用意し、気になる競馬予想サイトに片っ端から会員登録すると良いでしょう
    それだけなら一切お金がかからないですから。

    そして無料情報(無料予想)を数週間にわたって検証し、一番使えそうな予想サイトをご自身で決めると良いと思います。


優良競馬予想サイトを探すなら、競馬予想サイト検証.COM

競馬予想サイトを検索

検索
競馬予想サイトを検索!

無料予想のある、優良競馬予想サイト

優良競馬予想サイトを探すなら、
競馬予想サイト検証.COM

競馬予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

アーニングインデックスという競馬予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

アーニングインデックスという競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証

こんなのも当てられないのか?」と、レースを見直した。
予想サイトでここまで酷い買い目もなかなか無いだろう。
提供された土曜東京4Rは、オークス前日の9頭立ての3歳未勝利戦だ。

アーニングインデックスが提供してきた買い目は、3連複1頭軸流しの相手5頭。
この時点で2/3を買い目に入れていることになる。

プロ(有料サイト)として運営している立場上、無料情報とはいえ9頭中6頭を選択した以上、当てることは必須であり、最悪ハズれても軸を読み間違える程度ならしょうがない。

…しかし、その結果は、なんと本命推奨ルメール騎乗の4ミルヴィオ(2人気)は8着惨敗であり、相手馬に指定した内の1頭レーン騎乗の6アルバスドラコ(1人気)が、辛うじて3着という散々なものだった。

翌日のオークスで、久々となるGI制覇を遂げたルメールをにしていたわけだ。
午前中のレースではそこまで信頼が置けないのだが、4ミルヴィオ(2人気)は5ヶ月の休養明けということもあり、新聞でも◎はそれ程付いておらず、▲や×がパラパラという程度であった。

実際に、ルメール騎手が馬体に余裕があったと言っており、馬場入り後のテンションは少し高めであり出遅れもあって4角手前から押っつけ通しで、ラストは全く伸びなかった。
何でもかんでもルーメール騎手から行っても、確率論から言うと5回中4回は負けるわけだし、取れたとしても実入りは少ない。

一方の、買い目に選ばれなかった1着9エンドロール(4人気)と2着7ビーウォーター(3人気)であるが、買い目から斬る必要性があったのか?

血統的にも距離が保つだろうし、前半にゆったり運んだ方が良さそうなので距離延長で臨んできた9エンドロールは、終い勝負に徹して直線大外から上がり600mで一気に伸びて差し切っての1着となった。
そして、前走で未勝利突破のメドは立った7ビーウォーターは、後方から向正面で馬群の外から一気に動くと3角先頭。ペース判断は的確に、勝ち馬の決め手も上回っての2着。これら2頭を斬り捨てるとは、どういう競馬観をお持ちなのか?と質問したくなる。

7着2ウェルシュゴールド(9人気)や9着8チャレンジャー(7人気)は、あわよくば高配当になるかもという希望的観測でしかない。
「外国人騎手×人気薄」のパターンで簡単に獲れていれば、誰も苦労しない。素人予想である。
土曜がみっともない負け方をしたからか、翌日日曜は、何時間待っても無料情報が提供されなかった(笑)

大金星という競馬予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

大金星という競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証

大金星という競馬予想サイトの無料情報(無料予想)は1日に2鞍の買い目を提供する。
前週から2週間計8鞍見ていたのだが、その回収率は15%、因みにこんな感じだ。

5/14(4.7)、5/14(×)、5/15(7.3)、5/15(×)、5/21(×)、5/21(×)、5/22(×)、5/22(×)

今回検証するのは5月21日の中京6R3歳1勝クラス、買い目には「【馬単】4頭BOX」と記載があるが、5頭の馬番の表記がある。
よって点数は「12点」ではなく「20点」だ

これまで大金星が提供していた買い目はどれも「4頭」だったので、コレミスだと思うが、こういう基本的なことを間違わないよう今後改善してほしい。

大金星が選んだ5頭は
②スズカワールド(8人気)→9着
⑤コパノフランシス(13人気)→11着
⑥ハーツアズワン(1人気)→1着
⑩シンリミテス(6人気)→5着
⑪ウインアウォード(7人気)→8着
と、なんと辛うじて掲示板に食い込んだのが、たったの2頭という有様だ。

因みにこのレースを獲ったとしても、馬単は850円であり「12点」だったとしてもマイナス。

1着ハーツアズワン(1人気)は、好スタートから先行3頭の後ろにつけて、直線に向いても余裕綽々。引っ張ったまま逃げ馬を抜き去ると4馬身差での圧勝。
これは当然だが、2着⑨ライラボンド(2人気)と3着⑬フラップシグナス(3人気)に、何か不安要素でもあったのか?

2着ライラボンド(2人気)は、アオッて出て中団から追走し、直線では前をカットされたが、体勢を立て直してラスト100mで2番手に上が、3着フラップシグナス(3人気)は、外にヨレて出たこともあり、一旦引いて馬群の後ろでじっくり脚を溜めると、直線は馬群の外をひと追い毎に伸びたが、2着ライラボンドにクビ差届かなかった。
レース前の厩舎の話にも、取り立てて気になるような記事は見当たらなかった。

要するに、1番人気の⑥ハーツアズワンを選んだ以上は、オッズ的な旨味がないからその他の上位人気(2〜5番人気)をバッサリと切り捨てたのだろう。
オッズだけで見てるようでは、馬券は一向に獲れない。
まずは、来そうか来そうでないかの見極めから入らない限り、大金星が白星を増やすことはできないだろう。

U-LINE(ユーライン)という競馬予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

U-LINE(ユーライン)という競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証

4月30日から開始した、U-LINE(ユーライン)が提供する無料情報の長期検証だが、5/221ヶ月経った
その間的中したのは初日の1回だけ(9.5倍のガミ)で、その後は7連敗となり、1ヶ月の回収率は、わずか 12%となった。(今回もだがユーラインは軸馬の精度が低い)

さて今回検証する無料予想は、5月21日の中京5R3歳未勝利、本命推奨馬は競馬新聞等で◎と○が並んでいる、⑥サカジロゴー(2人気)から。
鞍上は高倉騎手であり、今年まだ4勝と今ひとつ冴えない成績であり馬自身も勝ち切れないレースが続いることから、この時点で既に不安でしかない

結果的には、 1着▲③デビットバローズ(1人気)
2着△8ダノンフロイデ(4人気)
3着○②ショウナンパラボラ(3人気)
と、1〜4番人気の上位人気での決着なのだが、◎⑥サカジロゴー(2人気)が抜けという大失態

好位の外につけ勝負どころで前を捉えにいった◎サカジロゴーだが、4角で外に膨れており、直線に向いても加速し切れず5着止まり。
脚の使いどころがうまく噛み合っていなかった。▲③デビットバローズ(1人気)を何故軸にできなかったのだろう?

鞍上は川田騎手(今年67勝)であり、高倉騎手には申し訳ないが月とスッポン」である。

あおり気味のスタートでもロスなくハナを切れ、コーナーでガクッとペースを落とすと後続のプレッシャーもなく、直線に向いても楽な手応えのまま押し切っての完勝。

そして相手の中の1頭に指名していた△8ダノンフロイデ(4人気)が、中団からの競馬で向正面では少し促されていたが、最後までバテずに脚を使い、福永騎手の手綱捌きに応えて2着に入った。

さらには、○②ショウナンパラボラ(3人気)は鮫島駿騎手が騎乗。
スローのスタートから後方に下げたが、向正面に入りしばらくすると落ち着きを取り戻して内々を立ち回り、4角では微妙に外に膨れていたが、直線は進路を切り替えつつひと伸びし、最後は脚勢が鈍るも3着は確保した。

結局のところ、上位3着までをリーディング20位までに入っている騎手で占めるという結果となった。
要するに、早い時間帯のレースといえども「騎手の力量の差が出る」のだ。
よって、本命推奨にする時は騎手のデータも鑑みながら考えることをお勧めする。
最低最悪・無料競馬予想サイトランキング
競馬予想サイトの無料予想だけを使い続けた場合 、1日にかかる賭金や、1日1Rあたりの平均収支をランキング形式にしました。 口コミなどを基にした悪評サイトのランキングではなく 、⻑期間無料予想の検証を行った データを基に算出した、マイナス収支ランキング です。
順位 サイト名 金額
1位 一点予想屋本舗 ¥-52,882
2位 馬券コレクション(馬これ) ¥-47,985
3位 競馬チャンピオン ¥-36,286
4位 ビット競馬 ¥-27,414
5位 P4 ¥-25,781
6位 競馬レガシー(LEGACY) ¥-24,720
7位 インパクト(IMPACT) ¥-23,451
8位 騏驎(麒麟) ¥-21,830
9位 ダービータイムズ ¥-20,921
10位 高配当XXX ¥-19,913
順位 サイト名 金額
1位 一点予想屋本舗 ¥106,909
2位 馬券コレクション(馬これ) ¥60,000
3位 インパクト(IMPACT) ¥44,571
4位 競馬チャンピオン ¥44,143
5位 競馬レガシー(LEGACY) ¥43,800
6位 騏驎(麒麟) ¥40,000
7位 merit(メリット) ¥39,666
8位 ダービータイムズ ¥38,727
9位 高配当XXX ¥37,827
10位 P4 ¥35,000

競馬初心者向け競馬情報コラム

トップへ