細江純子の競馬予想は当たる?

  1. 細江純子の馬体診断は本物

    元騎手の細江純子

    フジテレビ系「みんなの競馬」内の予想コーナーでもおなじみの「ホソジュン」こと細江純子は、元騎手(JRA初の女性騎手)で、今では馬番組に出たり予想したり「ホース・コラボレーター」と言って馬の診断などもしている。
    ホソジュンこと細江純子の写真
     


    細江純子の馬体診断は流石と言える?

    そんな細江純子が、宝塚記念において1番人気のサートゥルナーリアについて前年の有馬記念で2500mの競馬で2着しているにもかかわらず「3歳時に比べて重心が低くなり背中も詰まってきているので今ではマイルから中距離の体型」とレース前に馬体診断をして「今の体型では距離が長いのではないのか?」と、年を経るに連れて馬体が父のロードカナロアに雰囲気が似てきたと指摘していた。

    結果、4着。


    この結果ははたして本当に細江純子が言うように距離に問題があったのか、馬場に問題があったのかは定かではないが、その後、同じような見解サートゥルナーリアを管理してる角居調教師も「父のロードカナロアの血がここに来て出てきたのかもしれない」とレース後にコメントしていたので、細江純子の馬を見る目は流石と驚かされた。


    因みに他にも、5番人気に推されながらも15着と惨敗だったグローリーヴェイズについても「体がこじんまりして良い頃とはかけ離れている印象を受ける」と診断をしていた。
    コレも実際に管理する尾関調教師も「ドバイが中止になって現地で全く乗れない日があったから」と弱気なコメントを出していたのだから、やはり細江純子の「馬体診断」は本物と言えるようだ。



  2. 細江純子とはどんな人物?

    元ジョッキーで評論家といえば安藤勝己も的確な指摘でその位置を確立しているが、細江純子はオブラートに包まない発言がウケるらしく、昨今ではフジテレビ系「みんなの競馬」の細江純子のパドック診断を見てから馬券を買うというファンも増えているそうだ。


    細江純子が騎手を目指すキッカケ

    元騎手」の細江純子は、騎手になるにあたり、かなり異色の経歴を持っている。

    愛知県出身の細江純子は原作は少女漫画の「ハロー!レディリン」というTVアニメ(緑川鈴(リン・ラッセル)の不幸と乗馬と恋愛の、定番少女漫画。英国人貴族である父とか設定がマンガw)と、実在する天才ジョッキー武豊騎手に憧れて騎手になることを決めた。
    ハロー!レディリンという乗馬アニメの画像と武豊
     
    競馬予想家を生んだ「ハロー!レディリン」



    「細江純子」は乗馬経験ナシだった?

    競馬学校の門を叩いたのは高校を卒業してからで、今時騎手デビューする新人騎手達は皆中学校時代から乗馬スクールに通い、中学卒業と同時に競馬学校入学というのがエリートコースの常だった。(今もほぼ同じ)

    高校を途中で中退して競馬学校に入った人は過去にもいたようだが、高校を卒業してから競馬学校に入学したのは、細江純子だけだった。

    しかも、乗馬経験ナシでだ。



    細江純子は高学歴?

    かつて福永祐一騎手が中学時代にサッカー部に所属していて、練習中に足の骨を骨折し、競馬学校入学が一年遅れた際に一年でも高校に行っていたから「高学歴」と揶揄されていたが、細江氏はしっかりと三年間、高校生として学業を学んだ後に競馬学校に入学したのだから、単純に計算すれば福永騎手の3倍の高学歴とも言える(笑)

    しかもだ、
    細江純子が卒業した「愛知県立蒲郡東高校」は有名な進学校で、毎年東大や京大に何人もの合格者を出す超進学校だ。

    東大卒の競馬評論家須田鷹雄や、水上学などがいるが、IQレベルでは同列とも言えるかもしれない。

    そうなると「現役の騎手」にまでなってしまった細江純子の経験を加えると、サラブレッドの背中、馬との関わりを知らない高学歴評論家とは相馬眼(馬を見る目)という点においては日本一と言っても過言ではないのかもしれない。


    細江純子の夫は調教助手の児玉武大

    さらには細江純子の夫の「児玉武大」に橋田厩舎の調教助手という家庭環境も、競馬をより深く理解するのには最適の環境だろう。

    実際、出演中のフジテレビ系「みんなの競馬」内の予想コーナーでは番組累計収支で6万2千円とトップの座を守り続けている。


    細江純子の下ネタ発言

    細江純子は他にも異色のキャラを至るところで発揮しており、特に有名なのが「ナンチッテ」で最後まとめる「下ネタ」だ。

    あまりの下ネタ発言で、若手ジョッキーには言い過ぎで引かれているくらいだ。

    本人曰く、男社会の競馬会にいち早く溶け込むために意識的に下ネタを連発してたとのことだが、引退後もその勢いは衰えず、以前AKB総選挙において指原莉乃が1位になった際に「みんなの競馬」の打ち合わせで「今日はサシ馬で決まり。私はサセコですが何か?」とぶっ放していたそうだ。
    本人がどこまで理解して言ってるのかわからないが、こんなエピソードばかりだ。


    細江純子は酒豪

    さらには細江純子はかなりの酒豪としても有名で、競馬評論家の井崎脩五郎と新潟競馬の解説に行った際に東京駅から新潟駅に着くまでに新幹線内の酒を全て飲み尽くしたという話もある。


優良競馬予想サイトを探すなら【競馬検証.com】

無料予想のある、優良競馬予想サイト

優良競馬予想サイトを探すなら【競馬検証.com】

競馬予想サイトを検索

検索
競馬予想サイトを検索!

▼競馬検証.comの競馬コンテンツ▼

競馬初心者向け競馬情報コラム

トップへ