有馬記念について

  1. 有馬記念の名前の由来や中央競馬の歴史

    1年最後の有馬記念について

    有馬記念は中央競馬の1年を締めくくるレースとして定着し、現在に至っている伝統のレース、有馬記念の名前の由来や、中央競馬の歴史、売上げなどを少し解説したいと思う。


    さて12月になると「師走の気配」が近付いてきた。とカッコつけて言ったりするが、競馬で「師走」と言えば「有馬記念」だろう。競馬歴の長い人は、その「有馬記念」という名前の由来をご存じの方もいるかと思うけど、この機会にその「由来」について先ず解説したいと思う。



    有馬記念の歴史の名称の由来

    昭和30年(1955年)まで暮れの中山競馬では「中山大障害」が呼び物だった。
    東京競馬場で行われるダービーなどと比べると見劣りするということから、当時の日本中央競馬会理事長であった有馬頼寧(ありま よりやす)が、中山競馬場の新スタンド竣工のタイミングで、ダービーに負けないくらいの「華やかなレースを中山競馬場で開催しよう」という号令を発した。

    当時では他に例のない「ファン投票によって出走馬を選出する」という斬新な案が採用され、昭和31年(1956年)に「中山グランプリ」という名前で第一回目を迎えた。


    ところが、第一回「中山グランプリ」の成功の翌年に、創設者の有馬頼寧理事が急性肺炎のため急死したため(…と言っても72歳だから当時では長寿)、その成功と有馬頼寧の功績を称えて第二回から「有馬記念」と名前を変更され施行されるようになったのだ。

    有馬記念の名前の由来となった有馬頼寧
    ↑有馬記念」の名前の元となった人。



    そして偶然にも有馬頼寧理事の苗字に「馬」の字が入っていたこともこの「有馬記念」が多くのファンに馴染んだ要因とも言えるのではないだろうか。

    また、数多いGⅠレースの中でもこれだけ長い間「施行場」「施行時期」とも変わらずに行われているということで、現在では年を積み重ねるごとに伝統も重ねられるレースとなっている。



  2. 有馬記念の有名エピソード

    有馬記念での有名なエピソード

    有馬記念での「有名なエピソード」をひとつ。
    それは「有馬記念の売上げ」だ。

    平成8年(1996年)に行われた有馬記念は、


    1レースの売り上げが875億円に達した。


    これは日本競馬史上最高額であるだけでなく、世界競馬史上でも最高で、ギネスブックにも認定されている。

    この年(1996年)のダービーの売り上げが475億円超で、有馬記念の約半分ならば有馬頼寧理事の「ダービーに負けない華やかなレースを中山で」という悲願は達成されたと言えるだろう。

    ただその後は平成8年をピークに売り上げは減少傾向を辿り、2011年に発生した東日本大震災と相まって2012年は333億円まで下がってしまった。

    そこから緩やかに上昇傾向を示し、ここ10年は400億円台で推移している。
    同様にダービーの売り上げも200億円台で推移しており、現在では


    有馬記念>ダービー


    という売り上げの図式は重ねられた歴史とともに変えられない不文律となった。

    今ではどの競馬予想サイトも「有馬記念」にかけて年末のキャンペーンを打ったりしてるけど、個人的にはキャンペーンより通常コースの方がいいと思いますw


優良競馬予想サイトを探すなら、競馬予想サイト検証.COM

競馬予想サイトを検索

検索
競馬予想サイトを検索!

無料予想のある、優良競馬予想サイト

優良競馬予想サイトを探すなら、
競馬予想サイト検証.COM

競馬予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

横綱ダービーという競馬予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

ここ2週間の横綱ダービー無料予想の抜き打ち検証だが、 1/28×1/28×1/29は10.7倍で+350円、 1/29×2/4×2/4×2/5は10.7倍で+1,500円、 2/5×、…といったかんじで、8戦2勝6敗

今回もこの8鞍の予想精度だけで言えば回収率30%となり、前回の27%と変わらずマイナス収支となった。

さて、その中から今回は2023/02/04土曜日に提供された、横綱ダービーの無料予想を検証をする。

横綱ダービーという競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ 横綱ダービーの無料予想(2023/02/04)

土曜日の小倉7Rは、B.ムルザバエフが騎乗する◎スペクトログラムが1番人気だった。
しかし、2番人気の○ラニカイが単勝3.0倍なのに対して、2.8倍と微妙なオッズだ。

このような、飛び抜けていない並んだオッズの場合は、どちらかが飛ぶ確率が高いもの。
そして見事なばかりに9着に飛んだのは、横綱ダービーがワイドの軸に挙げた◎スペクトログラムの方だった。

そして、1着には▲サトミノマロン(3人気)が入り、2着には○ラニカイ(2人気)という縦目で決まったのだ。
よりにもよってツイていないものだ(笑)

レースでは、3番手の外につけた◎スペクトログラムだったが、3~4角で後続に被せられると、まったく抵抗できず後退してしまい、勝負どころでやめてしまうという気難しい面が露出してしまった。そもそも、気性に難のある馬を何故軸にしたのだろうか?

まだ、引退間近となった福永が乗る○ラニカイ(2人気)を軸にするのが常套手段。これに関しては2月特有の考え方であろう。

2/5土曜日の小倉7R

同日の中京メインでは、この日誕生日の酒井学が4番人気の メイショウフンジンで勝利するぐらいだ。
勝つべき騎手が勝ち、絡むべき騎手が絡むのが、競馬だ

関係者や騎手の誕生日や、区切り(記念)の勝ち星、引退絡み、その日その日で勝ちそうな騎手や絡みそうな騎手をピックアップしてから臨むのが「情報競馬」たる所以でもあるだろう。

横綱ダービーの予想担当者にも、それくらいの情報は、掴んでて欲しいものである。

neos(ネオス)という競馬予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

neos(ネオス)という競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ neos(ネオス)の無料予想(2023/02/04)

neos(ネオス)の無料予想(無料情報)1日2鞍提供されるのだが、この日は2/4(-5,400)、もうひとつは上画像の買い目で、今回検証する東京8Rの無料情報である。

このレース、単勝2.7倍のカフェカルマが1番人気になっていたのだが、鞍上は内田博で微妙な単勝倍率ってことで、個人馬券なら絶対に買いたくない部類である。

neos(ネオス)が提示したワイド馬券の相手馬は、○タイセイマーベル/戸崎(2人気)と▲ホワイトクロウ/石橋脩(4人気)の2頭だ。
3.6倍と迫った2番人気なだけに、どちらかがブッ飛びそうなレースであった。

結果は両方が飛んでしまい、どちらも掲示板すら乗らなかった。
土曜東京8R
▲ 土曜東京8R

◎カフェカルマ(1人気)➡︎10着
○タイセイマーベル(2人気)➡︎6着

唯一、▲ホワイトクロウ(4人気)が3着に絡んだのだが、競馬は▲の複勝を当てるゲームではないw
1〜4番人気を選んだ中で、唯一買い目に選ばなかった3番人気のベストフィーリングが勝ってしまうという最悪のオチ。
馬体重が、+14キロと+12キロの2頭にしてやられるとは、思いもしなかったことだろう。

選ぶレースがそもそもズレてたね。
人気馬で行きたければ、傾向をもっと調べた方が良いのではないか。
最低最悪・無料競馬予想サイトランキング
競馬予想サイトの無料予想だけを使い続けた場合 、1日にかかる賭金や、1日1Rあたりの平均収支をランキング形式にしました。 口コミなどを基にした悪評サイトのランキングではなく 、⻑期間無料予想の検証を行った データを基に算出した、マイナス収支ランキング です。
順位 サイト名 金額
1位 一点予想屋本舗 ¥-52,882
2位 馬券コレクション(馬これ) ¥-47,985
3位 競馬チャンピオン ¥-36,286
4位 ビット競馬 ¥-27,414
5位 P4 ¥-25,781
6位 騏驎(麒麟) ¥-21,830
7位 勝ちウマ王国 ¥-21,488
8位 フヤセル ¥-19,362
9位 merit(メリット) ¥-18,650
10位 キャリーオーバー ¥-18,579
順位 サイト名 金額
1位 一点予想屋本舗 ¥106,909
2位 馬券コレクション(馬これ) ¥60,000
3位 キャロット ¥55,160
4位 勝ちウマ王国 ¥54,045
5位 競馬チャンピオン ¥44,143
6位 騏驎(麒麟) ¥40,000
7位 merit(メリット) ¥39,666
8位 P4 ¥35,000
9位 ビット競馬 ¥30,571
10位 アルカナム(ARCANUM) ¥30,000

競馬初心者向け競馬情報コラム

トップへ