JRAの女性騎手 「藤田菜七子騎手」 のまとめ

  1. 藤田菜七子騎手のまとめ

    藤田菜七子騎手といえば、しばらくJRAに不在だった女性騎手として「藤田菜七子フィーバー」を巻き起こし、時の人となった女性ジョッキーだ。

    世間の大注目を浴びた藤田菜七子騎手は、まるでアイドル状態となり、本屋に寄った時も「週刊Gallop」が特集した、ファンにとっては永久保存の藤田菜七子騎手の臨時増刊号(下画像)が売っていた。

    ギャロップが特集した藤田菜七子騎手を臨時増刊号
    ▲ 藤田菜七子騎手の臨時増刊号


    思わず手にとって見ると、まぁカワイイ

    「週刊Gallop」の臨時増刊号は、前回が「JRA重賞年鑑Gallop2018」だった。
    この時は「藤田菜七子騎手だけ」の特集号だから、どれだけ「週刊Gallop」が売上げを見込んで特集組んだのかよくわかる。

    2016年に競馬コラムで「藤田菜七子フィーバー」という見出しで記事書いた時は、まだニキビ顔で「女の子」ってかんじだったのが、流石「ホリプロ」が目をつけただけあり、いつの間に綺麗になったろうw

    ホリプロが目をつけた藤田菜七子騎手
    ▲ ホリプロ所属の藤田菜七子騎手


    …ちなみに福永祐一騎手、川田将雅騎手、それと女性騎手として超注目株となった今村聖奈騎手ホリプロに所属している。

    ますます綺麗になっていく藤田菜七子騎手は競馬界のNo1アイドル
    ↑ますます綺麗になっていく藤田菜七子騎手




  2. 日本人JRA女性騎手、藤田菜七子について

    2018年の藤田菜七子について

    2018年の藤田菜七子は、前に「藤田菜七子のピンチ」という競馬コラムでも書いたように、2018年の6月敏腕エージェントと言われる中村剛士(戸崎、内田博を担当中)との契約を解消したため、苦戦することが予測される声も上がっていた。

    JRAの一輪の華で、しかもカワイイ藤田菜七子騎手だが、その後も騎乗数を減らすことなく着々と勝利数を伸ばし、却って良い方向に向く転機になったと捉えてもよいかもしれなかった。


    これまでエージェントである中村氏と二人三脚でやってきていたが、改めて一人になったことで意識が変わり自身で様々な努力を重ねた結果、エージェントなしでもやっていけるようになったのであれば、もう「競馬アイドル 藤田菜七子」ではなく、立派に1人の「騎手」として成長しているのを誰もが認めることになっただろう。


    2019年の藤田菜七子について

    2019年の藤田菜七子は「打ち出の小槌状態」の大フィーバーとなった。

    前年はエージェント契約していた中村剛士氏(戸崎圭太、内田博幸を担当)と決別するという事件があり、一時は騒然となってたが、結局騎乗依頼の窓口が所属厩舎の調教師である根本調教師に戻るという、いわゆる「元サヤ」となり、波風が立つことなく騎乗し続けているところをみると、根本調教師による差配が上手くいっていると見ていいようだった。

    エージェントなしの状態に戻り、その間にGⅠ騎乗も経験し、女性騎手限定の減量ルールの改正(平場戦に限り斤量3kg減を適用)もあり、「人間万事塞翁が馬」のごとく、藤田菜七子騎手には騎乗依頼が殺到している状況だった。

    人気もさることながら騎乗数を積み重ねることで実力も着実にアップしている藤田菜七子騎手。
    2019年の6月30日には、スウェーデンのブローパーク競馬場で行われたウィメンズジョッキーWCで優勝し、馬主のDr.コパこと小林祥晃氏に「私のテーマは藤田菜七子に重賞を勝たせること」とまで言わせて10月には女性騎手でJRA重賞初勝利となる。
    女性騎手でJRA重賞初勝利で喜ぶ藤田菜七子
     

    だが暗雲はその頃から立ち始めていた。
    絶好調の藤田菜七子だったが、師匠である根本調教師のエージェントから、専門誌「優馬」の久光匡治エージェントが変わることになったのだ。


    2020年の藤田菜七子について

    2020年の初めは「神スタート」などと言われ、好調な出だしだったのだが、2020年2月15日に小倉5Rでランサムトラップに騎乗した藤田菜七子騎手が落馬した
    2020年2月15日小倉5R 藤田菜七子騎手がランサムトラップから落馬
    2/15 小倉5R 藤田菜七子落馬

    ここから藤田菜七子は負のスパイラル期となる。
    約1ヶ月間の療養期間を経て予定通りに復帰したものの、連敗が続く。

    重賞4勝馬コパノキッキングと挑んだ東京スプリントG3でも、圧倒的1番人気の、単勝1.5倍で落とし、5着に敗れてしまう

    ついにはDr.コパにも愛想尽かされ、最強のお手馬コパノキッキングも取り上げられてしまう。

    更にはコロナウィルスの影響と、新エージェント久光匡治の力不足なのか、良い馬を集められていないようで、落馬の精神的後遺症馬質が落ちたことにより、連敗が止まらない。
    藤田菜七子騎手の新しいエージェント優馬の久光匡治氏は頼りになるのか?
     



  3. 2019年、藤田菜七子の為の「菜七子ルール」?

    女性騎手の減量特典復活

    2018年は「女性騎手」としての歴代最多勝利数を更新した藤田菜七子騎手だが、初の実力ある女性ジョッキー誕生で、ここでJRAも新ルールを作ることとなった

    2019年の1月、1kg減の斤量で騎乗していて「減量の恩恵」があまりなくなってきたと思いきや、同年の3月から女性騎手の減量特典を緩和する「新ルール」が施行されることとなった。

    再度減量の恩恵が復活することとなる。
    その「減量騎手の恩恵のロジック」については「藤田菜七子 50勝の壁」でも書いているが「新ルール」においては女性騎手0~30勝の騎手は-4kgの恩恵、31~50勝だと-3kg51~100勝だと-3kg、そして101勝以上だと-2kgの負担重量ずっと続くのだ。(6年目以上は-2kg)

    藤田菜七子騎手の場合、2019年の3月から再び「-3kg」の斤量での出走となったが、2020年に100勝を超え、今後は性転換でもしない限りずっと-2kgの減量の恩恵が受け続けられることになる。

    因みにこのルールは新馬、未勝利、平場戦(一般競走)にのみ適用され、特別戦(重賞)は除かれる


    新ルール発表のタイミングについて

    JRAでは日本人の女性騎手が 藤田騎手のみということで、新ルール発表当初は「菜七子ルール」というやっかみ声もチラホラと聞こえていたが、実は藤田菜七子騎手が騎手としてデビューする前から「騎手会」が要望として提出していたものがこのタイミングで実現しただけらしい。

    つまりこの「ルール改正」は彼女の人気にあやかったわけではないそうだ。
    今後も騎手を目指す女性の増加が考えられるとして、この流れを世界基準の考え方で支えるという意味で改正されたというのが正しい解釈なのだ。


    世界を見ると女性ジョッキーはいる

    実際2019年競馬学校には2人も女性騎手候補が在籍しており、藤田菜七子に続く女性騎手を育てていきたいというJRAの方針の一環から「新ルール」が出来たのだが、実は海外では既にスタンダードなルールとなっており、ある意味で女性騎手後進国であった日本が、世界基準に倣おうという姿勢の表れを感じ取れる事象なのだ。

    2019年後半には藤田菜七子騎手の人気を脅かす、世界レベルの超美人ジョッキー「ミカエル・ミシェル騎手」が来日した。
    そして短期免許取得で勝ち星をあげている。

    強敵「ミカエル・ミシェル騎手」の登場で、藤田菜七子騎手も美に対しても磨きをかけてもらいたいw
    これまでとは違った意味でも競馬が盛り上がりを見せるのは競馬ファンとて、純粋に良いことだと思っている。
    今後の競馬界は長い目で見て藤田菜七子騎手のみならず、女性騎手の活躍が増えていくこととなるだろう。


    全国の女性ジョッキーに注目が集まる。

    また、藤田菜七子騎手や、超美人のミカエル・ミシェル騎手の活躍により、全国の女性ジョッキーにも注目が集まっている。

    2020年時点での「全国の女性ジョッキー」については別コンテンツでまとめたので是非。



  4. 藤田菜七子騎手のファンが更新するサイト

    ハッシュタグ「藤田菜七子騎手」などをまとめてみた

    #藤田菜七子(Twitter)
    #藤田菜七子騎手
    菜七子Info(Twitter)
    HORIPRO(藤田菜七子)
    #藤田菜七子(LINE BLOG)


藤田菜七子騎手の、関連コラム

優良競馬予想サイトを探すなら、競馬予想サイト検証.COM

競馬予想サイトを検索

検索
競馬予想サイトを検索!

無料予想のある、優良競馬予想サイト

優良競馬予想サイトを探すなら、
競馬予想サイト検証.COM

競馬予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

neos(ネオス)という競馬予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

neos(ネオス)という競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ neos(ネオス)の無料予想(2023/02/04)

neos(ネオス)の無料予想(無料情報)1日2鞍提供されるのだが、この日は2/4(-5,400)、もうひとつは上画像の買い目で、今回検証する東京8Rの無料情報である。

このレース、単勝2.7倍のカフェカルマが1番人気になっていたのだが、鞍上は内田博で微妙な単勝倍率ってことで、個人馬券なら絶対に買いたくない部類である。

neos(ネオス)が提示したワイド馬券の相手馬は、○タイセイマーベル/戸崎(2人気)と▲ホワイトクロウ/石橋脩(4人気)の2頭だ。
3.6倍と迫った2番人気なだけに、どちらかがブッ飛びそうなレースであった。

結果は両方が飛んでしまい、どちらも掲示板すら乗らなかった。
土曜東京8R
▲ 土曜東京8R

◎カフェカルマ(1人気)➡︎10着
○タイセイマーベル(2人気)➡︎6着

唯一、▲ホワイトクロウ(4人気)が3着に絡んだのだが、競馬は▲の複勝を当てるゲームではないw
1〜4番人気を選んだ中で、唯一買い目に選ばなかった3番人気のベストフィーリングが勝ってしまうという最悪のオチ。
馬体重が、+14キロと+12キロの2頭にしてやられるとは、思いもしなかったことだろう。

選ぶレースがそもそもズレてたね。
人気馬で行きたければ、傾向をもっと調べた方が良いのではないか。

横綱ダービーという競馬予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

ここ2週間の横綱ダービー無料予想の抜き打ち検証だが、 1/28×1/28×1/29は10.7倍で+350円、 1/29×2/4×2/4×2/5は10.7倍で+1,500円、 2/5×、…といったかんじで、8戦2勝6敗

今回もこの8鞍の予想精度だけで言えば回収率30%となり、前回の27%と変わらずマイナス収支となった。

さて、その中から今回は2023/02/04土曜日に提供された、横綱ダービーの無料予想を検証をする。

横綱ダービーという競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ 横綱ダービーの無料予想(2023/02/04)

土曜日の小倉7Rは、B.ムルザバエフが騎乗する◎スペクトログラムが1番人気だった。
しかし、2番人気の○ラニカイが単勝3.0倍なのに対して、2.8倍と微妙なオッズだ。

このような、飛び抜けていない並んだオッズの場合は、どちらかが飛ぶ確率が高いもの。
そして見事なばかりに9着に飛んだのは、横綱ダービーがワイドの軸に挙げた◎スペクトログラムの方だった。

そして、1着には▲サトミノマロン(3人気)が入り、2着には○ラニカイ(2人気)という縦目で決まったのだ。
よりにもよってツイていないものだ(笑)

レースでは、3番手の外につけた◎スペクトログラムだったが、3~4角で後続に被せられると、まったく抵抗できず後退してしまい、勝負どころでやめてしまうという気難しい面が露出してしまった。そもそも、気性に難のある馬を何故軸にしたのだろうか?

まだ、引退間近となった福永が乗る○ラニカイ(2人気)を軸にするのが常套手段。これに関しては2月特有の考え方であろう。

2/5土曜日の小倉7R

同日の中京メインでは、この日誕生日の酒井学が4番人気の メイショウフンジンで勝利するぐらいだ。
勝つべき騎手が勝ち、絡むべき騎手が絡むのが、競馬だ

関係者や騎手の誕生日や、区切り(記念)の勝ち星、引退絡み、その日その日で勝ちそうな騎手や絡みそうな騎手をピックアップしてから臨むのが「情報競馬」たる所以でもあるだろう。

横綱ダービーの予想担当者にも、それくらいの情報は、掴んでて欲しいものである。
最低最悪・無料競馬予想サイトランキング
競馬予想サイトの無料予想だけを使い続けた場合 、1日にかかる賭金や、1日1Rあたりの平均収支をランキング形式にしました。 口コミなどを基にした悪評サイトのランキングではなく 、⻑期間無料予想の検証を行った データを基に算出した、マイナス収支ランキング です。
順位 サイト名 金額
1位 一点予想屋本舗 ¥-52,882
2位 馬券コレクション(馬これ) ¥-47,985
3位 競馬チャンピオン ¥-36,286
4位 ビット競馬 ¥-27,414
5位 P4 ¥-25,781
6位 騏驎(麒麟) ¥-21,830
7位 勝ちウマ王国 ¥-21,488
8位 フヤセル ¥-19,362
9位 merit(メリット) ¥-18,650
10位 キャリーオーバー ¥-18,579
順位 サイト名 金額
1位 一点予想屋本舗 ¥106,909
2位 馬券コレクション(馬これ) ¥60,000
3位 キャロット ¥55,160
4位 勝ちウマ王国 ¥54,045
5位 競馬チャンピオン ¥44,143
6位 騏驎(麒麟) ¥40,000
7位 merit(メリット) ¥39,666
8位 P4 ¥35,000
9位 ビット競馬 ¥30,571
10位 アルカナム(ARCANUM) ¥30,000

競馬初心者向け競馬情報コラム

トップへ