1. 突撃KEIBAという競馬予想サイトの口コミ情報、評判を検証してみた。

  2. 突撃KEIBAは見ると分かるが、よく迷惑メールで流れてくる、集客専用LPページ型競馬予想サイトだ。
    この手の競馬予想サイトが売り込みしてくる文言なんていうのは、誇張表現が多くて胡散臭ところが多い。ましてや、どこで個人のメールアドレスを入手したのか、突然一方的な情報勧誘をしてくるので、迷惑極まりない。

    つまり、極力この手の競馬商材のLPページは相手にはしないのが無難という事だ…

    突撃KEIBAがいつから運営されている競馬予想サイトなのか調べる為に、ドメイン取得日を調べてみたところ「2011年 10月05日」であることが分かったので、この日付から運営してきるのだろう。

    この突撃KEIBAでは、直近の的中実績がまだ最近の物が掲載されており、今年の2016年12月25日(日)に開催されるレースの情報に関した勧誘を行なっていた。
    運営し続けているようだった為、今回の突撃KEIBAの検証に至った。




  3. 突撃KEIBAの非会員ページを検証。

  4. 突撃KEIBAのサイトを訪れて、まず目に止まるのが「馬連1点の年間的中率43%」というキャッチだ。また「馬連1日1鞍提供」という文言も確認できるので、突撃KEIBAから提供される情報は、馬連の1点という事だ。

    また突撃KEIBAは「年間的中率が43%」と記載しており、かなりの好成績を謳っていた

    …だが突撃KEIBAの情報って馬連の1点予想だろ!?

    3連単や3連複等の配当が高くついてくる券種と比べれば、比較的当て易い券種ではあるだろうが、いくら馬連とはいえ、1点予想だぞ…
    本当にそんな予想法で、年間的中率43%を叩き出すなんて、かなり堅いところを狙いでもしないと厳しいのではないのだろうか?

    また突撃KEIBAでは、有料情報だとは断言してはいないが、「月に1度しか現れない提供レース」というのがあるらしく「突撃指定レース」という有料情報を用意しているっぽいぞ。
    サイト内の会員システムというページでも確認出来るが、確かに「有料突撃会員」という有料会員の精度が、突撃KEIBAには存在している。
    こちらの有料突撃会員も、馬連1点予想で提供しており、8日間15,000円での提供だ。
    しかし注意書きで「ただ今募集は受け付けておりません」という記載がある為、現在の有料情報の提供は停止中となっていた。…のだが、トップページで現在12月25(日)のレース突撃指定レースの募集をやっているので、その時期に有料情報が始まる可能性は高そうだ。


    突撃KEIBA非会員ページには「突撃コラム」という項目があるのだが、そのコラムでは、2011年10月4日(火)未明にこの世を絶った、史上初の無敗の三冠馬「シンボリルドルフ」について、追憶を述べている内容が掲載されてある。
    だが、内容を見る限りでは、べつに突撃KEIBAシンボリルドルフ深い関係があるわけではない…つまり単なるコラム記事なのだろうが、

    いったいいつまでこんな古い情報を、載せてんだよ!

    突撃KEIBAドメイン取得日は「2011年 10月05日」となっているので、この日付以降にサイトがネットに存在し出している。突撃KEIBAのコラムではそれに対して「シンボリルドルフ」が他界したのは「2011年 10月04日」なので、その次の日に突撃KEIBAが出来ている。
    恐らくこのコラムが出て来たのもその時期だろう。

    なので2011年〜2016年の今現在の5年間の間、全く更新されていない…

    しかもだ、「シンボリルドルフ」に関する内容と一緒に、「騎手と一緒に写るシンボリルドルフのモノクロ写真」も一緒に掲載されてあるが、この写真を画像検索してみると、「茶々の感謝日記」というYahooブログの記事にも、全く同じ写真が確認できた。

    …っでだ! そのYahooブログ記事の更新日は「2011年 10月04日」なので、「2011年 10月05日」に出現した突撃KEIBAは必然的に後発のWebサイトという事。

    つまり、突撃KEIBAは他サイトに上がっている写真を、無断転載している可能性が高く、突撃KEIBAオリジナルの画像ではない…
    画像をクリックするとポップアップで表示




  5. 突撃KEIBAの矛盾点。

  6. 突撃KEIBAはサイトのトップでこんな発言をしている。↓
    本当に良い情報こそ無料で提供すべき

    このような発言が見られ、確かに突撃KEIBAは、馬連の予想を無料で提供していると言っており、一見全ての情報を無料で提供しているかのような意味合いにもとれるが、しっかりと「突撃指定レース」という有料情報は販売している。

    まあ無料情報の提供だけでは、収入も入らないし、本当に無料で提供するだけならば、個人のブログっで勝手にやってればいい話しなわけで、無料で提供する為にこのようなLPページ下心無しで出すというのは、普通に考えてありえないよなwなんでまあ、有料情報があるのは分かるのだが「本当に良い情報こそ無料で提供すべき」なんて言うなら、本当に良い有料情報の「突撃指定レース」こそ無料で販売してもらいたいもんだww

    しかも、現在有料情報の販売は行なっていなくても、無料情報自体の提供はやっている風だったので、会員登録して無料情報を提供してもらおうと試みた。
    しかし、2016年11月29日(火)に登録し、1通のメールが送られてきて、無料情報を土日に1日1鞍の提供と記述があったにも関わらず、2016年12月03日(土)17時51分現在
    突撃KEIBAの無料情報一向に届かなかった…
    登録後の確認メールから、数日間が経っているが、その後のメールが1通も無い。その為、突撃KEIBAは有料情報だけでなく、無料情報すらも提供していなかった

    会員登録は出来ても、無料情報を受け取る事は出来ないので、業者にメールアドレスが知れてしまうだけで、全くもって無駄だ。
    全情報を提供していないんだったら会員登録も一時的に、停止しておけばいいのに、メールアドレスという個人情報だけはちゃっかり頂いていく、イジの悪い体制に、今現在の突撃KEIBAはなっていた。




  7. 突撃KEIBAの特定商取引法に基づく表記は手抜きだ。

  8. 突撃KEIBAのフッター部分のリンクに「特商法」とあり、特定商取引法に基づく表記に関する情報を載せているページがあるのを確認できる。
    内容を見てみるとそのページには、会社名、運営責任者、所在地、お問合せのメールアドレスの4つのみしか表記がなく、会社名も法人名で記載されておらず「突撃 KEIBA」なんていうのも、明らかに間違った表記有料情報の料金設定支払い方法電話番号も無いし、常識無さすぎだろ…

    特定商取引法に基づく表記で、これだけ記載する内容に不備があるようでは、その運営社に対して不信感を抱いてしまう。
    逆に言えば、この特定商取引法に基づく表記記載の仕方を見れば、信用できそうなサイトなのかは、だいたい分かってくるので、チェックしておくといいだろう。




  9. 突撃KEIBAのグループサイトについて

  10. 突撃KEIBAIPアドレスは「202.172.28.196」となってっており、競馬検証のデータベースと照合して、このIPが完全一致していたサイトがいくつかヒットした。
    突撃KEIBAにはグループサイトがいると思われる。
    また突撃KEIBAのようにLP型のページで運営を行なっている競馬予想サイトだったので紹介すると

    百戦錬馬(202.172.28.196)
    競馬の取扱説明書(202.172.28.196)
    異常オッズ追跡プログラム(202.172.28.196)
    的中流星群(202.172.28.196)
    夢見る競馬オヤジ(202.172.28.196)
    3単家族(202.172.28.196)
    THE賭博師 競馬の掟(202.172.28.196)

    これらの競馬予想サイトがヒットした上、どのサイトもIPアドレス完全に一致したという事は完全に同じ業者という事なのでグループサイトだと言える。


    「競馬検証.com」では引き続き 突撃KEIBAの検証は続けていくつもりですが、もしも 突撃KEIBAをご利用された方や、被害・不満と思われている方、突撃KEIBAの「関連サイト情報」などをお持ちの方、または 突撃KEIBAからの電話営業など証拠の残らない営業を受けられた方などいらっしゃいましたら、どんな些細な情報でも構いませんので、口コミ情報のご提供にご協力頂けると幸いです。
    m(_ _;)m



  11. 突撃KEIBAの競馬予想と料金プラン

  12. ・無料突撃会員
    提供日 土日
    券種 馬連 3鞍
    点数 3点

    ・有料突撃会員
    券種 馬連
    点数 1点
    提供期間 8日間
    情報料 15,000円



突撃KEIBAという競馬予想サイトの口コミ情報、突撃KEIBAの評価・評判、突撃KEIBAの無料予想の有無、突撃KEIBAの的中率などを「競馬検証.com」に寄せられた突撃KEIBAの口コミをはじめ、競馬予想サイトを検証している他サイトでまとめている情報や、実際に私達管理人が登録し、サイト内コンテンツやサポートを検証、予想をたまには自腹で購入して「まとめ」あげようとしております。

突撃KEIBAの評価検証に対しては、私達管理人の個人的主観はできるだけ除くようにし、様々な突撃KEIBA情報を「競馬検証.com」にて集約して検証することで、片寄った情報ではなく突撃KEIBAに対する「口コミ」の総合的な「まとめ」を公平に評価できると判断しております。

また、まだ突撃KEIBAの情報が少ないようでしたら、情報の収集と検証を只今行っておりますので、いましばらくお待ちください。
もしも「無料情報」や予想結果に対する情報、使ってみた感想をお持ちでしたら情報提供にご協力頂けると幸いです。

尚、突撃KEIBAへの口コミ情報の投稿につきましては「競馬検証.com」のスタッフが「突撃KEIBA側の投稿」と判断した場合や、明らかに突撃KEIBAの競合会社の投稿、または突撃KEIBAの運営者への過剰なプライバシー侵害、営業妨害に値する投稿記事の場合は掲載しないことも御座いますので、予めご了承下さい。

 ◆◆◇ 徹底的に調べ上げて検証、無料登録できる先週の優良サイト! ◇◆◆ 
   ↓       ↓       ↓       ↓       ↓       ↓
【 検証済 】 ターフビジョン ←超検証レポートはコチラ!
10/14 「エコノミー」で864.6倍。わずか500円が43万超の配当。ココの画像付関係者現地レポート内容がスゴ過ぎ

【 検証済 】 俺の競馬予想(OREKEIBA)
←超検証レポートはコチラ!
10/13 安価コースで京都12R、665.7倍つき、800円→53万超ガチ馬主に、現役の記者が運営中の、唯一無二のサイト!

【 検証済 】 UMAチャンネル
←超検証レポートはコチラ!
10/13は「2ch」予想で新潟5R、863.5倍の配当。最大で86万超の払戻し。 「厩舎チャンネル」はガチなトラックマン情報!

【 検証済 】 必中インパクト
←超検証レポートはコチラ!
10/8 シルバー(5000円予想)で東京7R、443.2倍他、3券種全て的中。賭金推奨は無く地方も強い、破格の予想サイト

【 検証済 】 レープロ
←超検証レポートはコチラ!
10/7プレミアムアリーナで288.9倍164.1倍の同着他、全3本で40万超現場の記者しか撮れない写真をツイッターで公開。

【 検証済 】 高配当21
←超検証レポートはコチラ!
10/6 わずか10pt予想(1000円)で、東京2Rにて889.2倍268.2倍の的中。超・激安コースなので推奨賭金ナシ。
 ココは超・安価なコースも的中率が高く、無料予想も◎ …今年最強はやっぱ500円予想5657.3倍

【 検証済 】 週刊競馬ナックル
←超検証レポートはコチラ!
10/6 土2押で897.3倍の、最大で71万超の払戻し。「競馬界のタブー」は裏ネタ、「南丸がゆく!は記者レポ!


お名前:
個人評価
1
投稿者:deathさん 「タレこみ」より「突撃KEIBA」の口コミ検証
このサイト、サイトはあるけどもう死んでますよ。ゴミサイトばかり作る連中なので、どーせまたスパム送ってくるんだろーけど。
 投稿者:ともぞうさん 「競馬予想サイト必勝ガイド」より「突撃KEIBA」の口コミ検証
「馬連1点予想って素晴らしいと思った。しかも43%の的中率があるなんて、なんてプロ技なんだと。
でも実際には当たりません。今のところ0%。もしかしたら4,3%の的中率?
小さくゴミみたいに点があるのかと探してみたんだけど、なかった。
中途半端に43%と謳い、的中実績も捏造している。
しかも有料は15000円。ここってかなり気が小さい人間が運営しているんだろうか?
15000円なら騙し取ってもあきらめるだろうとか…。」
 投稿者:大丈夫かさん 「悪質競馬予想checker」より「突撃KEIBA」の口コミ検証
「口コミみて登録してみたんだけど、登録エラーみたいのが出たけど一応登録完了のお知らせは来たよ。なにここ、ログインとかないじゃん。メルマガで馬連予想がくるの?」
 投稿者:いける!!さん 「悪質競馬予想checker」より「突撃KEIBA」の口コミ検証
「ここマジのガチ予想屋だった(笑)外れの買い目も納得いく感じで1頭軸流し、惜しいの多々あり。使ってきたの悪いサイトばっかだけどここ、ちょっと来月はチェックしてくわ。」
1
■サイト名:

突撃KEIBA

■補足情報: 百戦錬馬、異常オッズ追跡プログラム、的中流星群、THE賭博師 競馬の掟、3単家族などのIPが同じ
→サイトを見る←
■運営会社: 突撃KEIBA
■運営責任者名: 蒼井雄治
■電話番号: 不明
■メールアドレス: 不明
■住所: 東京都墨田区江東橋2丁目14-1
■IPアドレス: 202.172.28.196
競馬予想サイトを検索!
▼競馬・競艇検証.comのコンテンツ▼

トップへ