第33回
サウジC (サウジカップ)

サウジC、その後の意外な展開

  1. サウジC、まずは「おさらい」から

  2. 2月29日にサウジアラビアの 首都リヤドで開催されたサウジCだが、その後大変なことになっている


    …その前に「サウジC」のおさらいから。

    「サウジC」は、今年新設された世界最高賞金レース1着賞金は約11億円、2着でも3億8500円、10位でも2000万以上の賞金が入るドリームレースだった。

    この規格外レースは、ノーザンファームの吉田勝己代表が「日本馬が5着に入れれば」と語ったほどのレースで日本からも2頭が出走した。

    日本馬はゴールドドリームは6着で 6600万円、クリソベリルは7着で 5500万円という結果を残した。


    サウジC以外にも日本馬はサンバサウジダービーフルフラットが勝利し、モハメドユスフナギモーターフC(芝2100m)ではディアドラが2着、サウジアC(ダート1200m)でもマテラスカイが2着し、高額賞金を手にしている。

    …無事レースも終わったように思えたが、その後とんでもないことが起きている



  3. サウジC、その後の大変な後始末、パート1

  4. 基本的にレース中にムチを打つのは10回までと定められていたのだが、勝つためには制裁覚悟で追う騎手もザラにいるのが現状で、2着の米国馬ミッドナイトビズーに騎乗したM.スミス騎手も打ってしまった。

    その回数、4回上回っただけの14回。



    その結果、制裁を食らうこととなり、鞭の過剰使用8日間の騎乗停止と獲得賞金のうち60%にあたる21万ドルを罰金として没収されることになった。

    21万ドルを日本円に換算すると約2310万円
    今回スミス騎手の取り分は10%(日本は5%)で、約3850万円のはずだったのだが、賞金の60%を没収され、手元に残ったのは半分以下の1540万円となってしまった。

    10回以内に決められた鞭の回数を4回上回っただけの結果としては、あまりに痛過ぎる制裁だった。

    M.スミス騎手」と言えば米国では殿堂入りのレジェンドジョッキーとして知られている有名な騎手で、国によりルールが違うこともあるが、当然その国のルールは事前に調べるので知らなかったことはない。

    当然、これは騎手に対する制裁金額としては世界史上最高額となり、M.スミス騎手、今回の世界最高賞金レースで罰金でもレジェンド級の不名誉な記録となってしまった。



  5. サウジC、その後の大変な後始末、パート2

  6. …それから数日後さらなる衝撃が走った。


    3月9日、アメリカのブラッドホース電子版が、ジェイソン・サーヴィス調教師を含む、複数の競馬関係者が競走馬に対するドーピングの容疑で起訴されたことを報じた。


    米連邦検察の起訴状によると、ジェイソン・サーヴィス調教師は全ての管理馬に対し、密かに入手したパフォーマンスを上げる効果のある薬物を投与していた疑いがあり、そうなるとサーヴィス氏の管理馬であった第1回サウジCを制したマキシマムセキュリティも捜査の対象となる。

    マキシマムセキュリティを管理するジェイソン・サーヴィス調教師の容疑が有罪とされれば大変なことになりそうだ
    サウジC制覇の調教師らをドーピング容疑で起訴されたマキシマムセキュリティを管理するジェイソン・サーヴィス調教師
     

    私も詳しくはないが、国により禁止薬物や馬装具のルールはかなり異なるが、基本的にドーピングはどんな競技でもダメなもの。
    ただ、どうも海外競馬ではドーピングはバレばければばいいという風潮はあるようだ。

    ドーピングの罰金は稀だが過去にディープインパクトの凱旋門賞挑戦の際に禁止薬物が検出されたため、3着出逢ったが失格となったのも有名な話だ。

    因みにその時の制裁金額は「227万円」で、この時の「ドーピング疑惑」は実際には「ドーピング」ではなく「馬に対しても呼吸器疾患に使われるイプラトロピウムという薬物で、使う事自体は認められているものの、体内に残った状態で走る事をフランスでは禁止されていた」というだけのことでジェイソン・サーヴィス調教師による「ソレ」とは似て非なるものだ。

    今回のジェイソン・サーヴィス調教師の事件は、親しい獣医などとともにやっていた組織的な犯行と見られており、連邦捜査局(FBI)も捜査を行っていると報じられているから、大事件だということが分かるだろう。



  7. 結局どういう結末を迎えるのか、サウジC

  8. 今回のドーピング疑惑が事実だった場合、規模も質もぜんぜん違う話で、注目されるのは世界最高額となる約11億円といわれる優勝賞金の行方だ。

    先述した、サウジCの2着馬ミッドナイトビズーに騎乗したM.スミス騎手が、鞭の過剰使用で史上最高額となる約2310万円の罰金を没収されたことが話題になったばかりだが、もし今回のドーピング容疑でマキシマムセキュリティが失格にでもなると、前出のスミス騎手の罰金どころではなく賞金全額没収の可能性も当然あるだろう。
    サウジC、その後の意外な結末と、どうなるマキシマムセキュリティ陣営ジェイソン・サーヴィス調教師


    それこそ競馬界の、前代未聞のスキャンダルとなることは間違いない。

    1着馬の失格(現状は捜査中)、2着馬の賞金一部没収と、初回から大波乱のサウジCとなってしまうかもしれない。


    ドーピングによる罰金となったら渡航費とかも返金させられるのだろうか?
    招待レースなので、渡航費まで返金は無いとは思うが、賞金の返金だけに止まらない可能性もあり詳細は不明だ。

    レース後も望ましくない話題で、世界中の注目が集まっているサウジC。

    今年新設された規格外の世界賞金レースだが、1着馬が失格となれば2着馬以降が繰り上がりとなることも考えられるだろう。
    どうも世界最大の「祭典」から「汚点」へとなりそうな雰囲気は、なんとも後味が悪いものである。


優良競馬予想サイトを探すなら【競馬検証.com】
海外競馬情報
海外競馬とは?

  1. これからは、海外競馬馬券日本で買える時代になる…

  2. 日本の血を欲しがる海外の競馬界
  3. …それに対し、良血は海外には出さないようにプロテクトしてしまっている日本の競馬界。
    このままでは日本馬がヨーロッパの大きなレースに挑戦しても、「絶対に日本馬に勝たせるな」という 海外勢の厳しいマークを受けることになり、日本の競馬ファンは、これからますます海外競馬から目の離せなくなる。
    海外競馬を知ると、更なる競馬の魅力を体感できることだろう。

    ディープインパクトを筆頭としたサンデーサイレンス系種牡馬の種付相手は、どんどん海外からの 輸入馬が増加しており、 母系もサンデーサイレンスの血が多く、ディープインパクトの血を最大限に生かすには、悔しいが外国産馬との配合でないと 強い馬が誕生しにくいのが現状。

    競走馬時代を知っている馬の仔がデビューというのは、競馬ファンなら、特別な思いがあるはずだ。




  4. 血が紡ぐ競馬の未来
  5. 2015年のダービー馬ドゥラメンテ。
    人気になったのは強さもそうだが、アドマイヤグルーヴの最後の仔であることも大きく関係している。

    当時は牝馬が牡馬を倒すことが珍しかった時代に、天皇賞を制したエアグルーヴ。
    そのエアグルーヴの仔であるG1馬アドマイヤグルーヴ。
    そのアドマイヤグルーヴの仔、ドゥラメンテ。




  6. 血が繋ぐ競馬新時代
  7. 海外競馬に目を向けなければ、「この馬の母って誰?」…そんなことも日常茶飯事になることだろう。
    ジェンティルドンナの母は海外馬。
    競馬は新しい時代に突入しています。


    情報の少ない海外競馬…
    海外競馬を見ていれば、「この母馬は知らない」が「この馬知ってる!」に変わります。

    「海外競馬」を知ることで、より充実して競馬を楽しむことができます。
    このコラムでは、海外競馬に関する情報を積極的に公開していきたいと考えています。



検索
競馬予想サイトを検索!
▼競馬検証.comの競馬コンテンツ▼

トップへ