第40回
ドバイワールドカップ (3月・GⅠ)

2021ドバイミーティング回顧

  1. 2021ドバイミーティング回顧

    先日の「日本馬も数多く出走する、ドバイミーティング2021」でも書いたドバイミーティングだが、日本馬も結構活躍したので、今回はこちらを振り返っていきたいと思う。


    ドバイシーマクラシックの回顧

    ドバイシーマクラシック2021のレース結果
     
    まずはドバイシーマクラシックだが、日本からは牝馬のクロノジェネシスラヴズオンリーユーが参戦した。

    2頭ともG1馬で、ここは昨年の有馬記念馬クロノジェネシスがなんとかするだろうと見ていたのだが、結果は2着
    ドバイシーマクラシックの動画

    勝ったのはイギリスのミシェリフ
    日本人の私たちからの視点ではクロノジェネシスが勝って当然かに見えたレースだったのだが、レース後にこのミシェリフのことを調べてみると、この馬はサウジからの転戦組で、なんとダートのサウジCを勝っての芝のこのレース参戦だった。

    そりゃあ強いわけだわ
    直前情報は日本勢にも入っていただろうが、まさかこの馬がこっちに回ってくるとは思っても見なかったんだろう。

    普通なら同じダートで賞金も高いドバイWCに出走するだろし、そもそもが英国調教馬がダートのサウジCを勝つこと自体が奇跡的だ。


    なぜならイギリスにダート競馬は無いのだから。


    真意は探したけど分からなかったが、陣営は芝血統であるということを念頭に置いての参戦だったのか。
    もしくはサウジC不参戦組の強力なアメリカ馬が強いとみてこちらにスライドしたきたのかもしれない。

    いずれにせよこの馬の参戦は日本馬にとって不運だった

    それにしても3着のラヴズオンリーユーの変わりようといったら凄かったな(動画)
    あわやクロノジェネシスを負かすかというところまで来たからな。
    鞍上は日本でもお馴染みのO.マーフィー騎手で、これまではデムーロ騎手が主戦を務めていたのだが、騎手が変わればこうも変わるのかという走りだったw
    これでいかにデムーロが乗れていないかがバレたかなw



    ドバイゴールデンシャヒーンの回顧

    ドバイゴールデンシャヒーン2021のレース結果
     
    ドバイゴールデンシャヒーン日本馬が4頭出走した。

    うち、3頭はサウジからの転戦組で現在の日本のダート短距離回のエース3頭なので、どれかが勝つのではと期待していたのだが、結果サウジに参戦せずフェブラリーSを使ったレッドルゼルが最後方から猛烈に追い込んで2着《動画》。これには驚いた。

    1400mの根岸Sを勝ちフェブラリーSは4着。やはり1600mは長かったという競馬だったが、距離が短縮された今回は持ち味をフルに発揮しての2着となった。

    これでフェブラリーSの雪辱を果たせたとともに、ダート短距離界の四天王に名をあげたとも言えるだろう。



    ドバイターフの回顧

    ドバイターフ2021のレース結果
     
    ドバイターフは日本馬ヴァンドギャルドが出走。

    最初は「?」と思った。ヴァンドギャルドは日本ではG2勝ちはあるものの、G1となるとチョイ足らずのイメージだったからだ。

    だが、鞍上のM.バルザローナが完璧に乗って2着を確保。メンバーレベルは少しなんとも言えないところだったが、これがいい経験になれば今後も伸びていく素材だろう。



    ドバイワールドカップの回顧

    ドバイワールドカップ2021のレース結果
     
    今回最も驚かされたのがドバイWCで2着したチュウワウィザードだ。

    これまで3年連続出走し、なんとか世界の壁をこじ開けようとしていたとしていたかつての日本のダート王ホッコータルマエ(現種牡馬)でさえ散々な結果だったのに対し(2014年から3年連続で挑戦し16着、5着、9着)、チュウワウィザードいきなり2着

    先日の競馬コラムでも書いたように、メンバーレベルが違ったと言えばそれで済んでしまう話かもしれないが、この2着で賞金は日本円換算でなんと2億5千万円となった。

    これは、高松宮記念の優勝賞金1億3千万円約2倍だ。
    今回の遠征で十二分に元が取れたと言えるだろう。

    それに、元が取れたと言えば戸崎騎手だ。
    戸崎騎手のことを簡単に紹介すると、大井から移籍してきて2014年から2016年まで3年連続全国リーディング1位だったが、デムーロ・ルメールが中央の免許を取得してからは押され、2017年が2位、2018年が3位、2019年が5位、2020年は怪我の影響もあり19位まで落ちていた

    チュウワウィザードは昨年の国内G1チャンピオンズC(1着賞金1億円)を勝っており、かなりの額を戸崎騎手は受け取っていたのだが(騎手の身上金は賞金総額の10%)、今回はサウジC経由で参戦しサウジCは9着だったが、10着までは賞金が支給されるレースでしたので、幾らかは不明だが受け取っていたはず。

    そして今回は2億5千万円だ
    この2回の海外遠征で戸崎騎手は帰国後2週間の隔離期間を2回も受けたことになるのですが、それでも十分元が取れる賞金だろう。

    海外遠征は馬にも騎手にも陣営にも様々なリスクがあるが、それでも勝ち負けに加われば大きなリターンが得らるのも特徴と言える。

    因みに次は香港開催デアリングタクトや高松宮記念勝ち馬ダノンスマッシュが参戦予定と噂されている。


優良競馬予想サイトを探すなら【競馬検証.com】
1

無料予想のある、優良競馬予想サイト

優良競馬予想サイトを探すなら【競馬検証.com】

  1. これからは、海外競馬馬券日本で買える時代になる…

  2. 日本の血を欲しがる海外の競馬界
  3. …それに対し、良血は海外には出さないようにプロテクトしてしまっている日本の競馬界。
    このままでは日本馬がヨーロッパの大きなレースに挑戦しても、「絶対に日本馬に勝たせるな」という 海外勢の厳しいマークを受けることになり、日本の競馬ファンは、これからますます海外競馬から目の離せなくなる。
    海外競馬を知ると、更なる競馬の魅力を体感できることだろう。

    ディープインパクトを筆頭としたサンデーサイレンス系種牡馬の種付相手は、どんどん海外からの 輸入馬が増加しており、 母系もサンデーサイレンスの血が多く、ディープインパクトの血を最大限に生かすには、悔しいが外国産馬との配合でないと 強い馬が誕生しにくいのが現状。

    競走馬時代を知っている馬の仔がデビューというのは、競馬ファンなら、特別な思いがあるはずだ。




  4. 血が紡ぐ競馬の未来
  5. 2015年のダービー馬ドゥラメンテ。
    人気になったのは強さもそうだが、アドマイヤグルーヴの最後の仔であることも大きく関係している。

    当時は牝馬が牡馬を倒すことが珍しかった時代に、天皇賞を制したエアグルーヴ。
    そのエアグルーヴの仔であるG1馬アドマイヤグルーヴ。
    そのアドマイヤグルーヴの仔、ドゥラメンテ。




  6. 血が繋ぐ競馬新時代
  7. 海外競馬に目を向けなければ、「この馬の母って誰?」…そんなことも日常茶飯事になることだろう。
    ジェンティルドンナの母は海外馬。
    競馬は新しい時代に突入しています。


    情報の少ない海外競馬…
    海外競馬を見ていれば、「この母馬は知らない」が「この馬知ってる!」に変わります。

    「海外競馬」を知ることで、より充実して競馬を楽しむことができます。
    このコラムでは、海外競馬に関する情報を積極的に公開していきたいと考えています。



競馬予想サイトを検索

検索
競馬予想サイトを検索!

▼競馬検証.comの競馬コンテンツ▼

最低最悪・無料競馬予想サイトランキング
競馬予想サイトの無料予想だけを使い続けた場合 、1日にかかる賭金や、1日1Rあたりの平均収支をランキング形式にしました。 口コミなどを基にした悪評サイトのランキングではなく 、⻑期間無料予想の検証を行った データを基に算出した、マイナス収支ランキング です。
順位 サイト名 金額
1位 オウマナビ ¥-31,744
2位 インパクト(IMPACT) ¥-23,451
3位 ダービータイムズ ¥-20,921
4位 高配当XXX ¥-19,913
5位 ファイナルホース ¥-18,612
6位 キャリーオーバー ¥-18,579
7位 アルカナム(ARCANUM) ¥-16,759
8位 ヒーローズ(HEROES) ¥-16,606
9位 勝ちKEIBA (勝ち競馬) ¥-15,532
10位 馬喰商會(馬喰商会) ¥-14,878
順位 サイト名 金額
1位 オウマナビ ¥64,333
2位 インパクト(IMPACT) ¥44,571
3位 ダービータイムズ ¥38,727
4位 高配当XXX ¥37,827
5位 馬喰商會(馬喰商会) ¥31,300
6位 アルカナム(ARCANUM) ¥30,000
7位 merit(メリット) ¥28,966
8位 ヒーローズ(HEROES) ¥25,556
9位 キャリーオーバー ¥25,000
10位 ゴールドラッシュ(GOLDRUSH) ¥21,333

競馬初心者向け競馬情報コラム

トップへ