■サイト名:

キャリーオーバー

■補足情報:

P4、鬼勝ち馬券情報局、万馬券ちゃんねる、MUTEKIのグループサイト?(CarryOver)

無料予想の検証期間
1ヶ月
無料予想の的中率
67%
無料予想の回収率
26%
  1. キャリーオーバーという競馬予想サイトの無料予想について

    キャリーオーバーの無料予想の提供場所

    競馬予想サイトのキャリーオーバーという競馬予想サイトが提供する無料情報(無料予想)だが、会員ページのはいん倍コースの中に無料情報とあるので、そこの「フリースピン」というボタンを押すと、次のページで確認ができる。

    キャリーオーバーという競馬予想サイトの無料予想(無料情報)を確認する
    提供時間前だと、バナー画像が表示されていない。



    キャリーオーバーの無料情報(無料予想)の詳細

    キャリーオーバーの無料予想の提供時間

    競馬予想サイトのキャリーオーバーでは、毎週土日、レース前日の夜(21:00頃)には予想が提供されている。


    キャリーオーバーの無料予想の内容

    毎週4鞍以上 提供確約」と書かれていたが、実際にはキャリーオーバーから提供される無料予想(無料情報)は1日2鞍となっている。

    提供される無料予想(無料情報)の馬券券種は、私が検証していた期間では基本的にワイド、馬連、3連複の3種で、点数10点ずつとなり、1鞍あたりトータル30点となる。

    基本的には1点あたり500円を推奨しているので、不的中だった場合、1鞍あたり1万 5000円のマイナスとなることが多い。



  2. キャリーオーバーという競馬予想サイトの無料予想の検証結果

    キャリーオーバーの無料予想の抜き打ち検証

    キャリーオーバーという競馬予想サイトで提供された無料予想(無料情報)の買い目を抜き打ちで土日検証してみた。

    キャリーオーバーという競馬予想サイトの無料予想検証
    2022/02/12(阪神7R・阪神9R)

    キャリーオーバーという競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証

    やはりというかなんと言うか、この日は阪神で8頭立ての少頭数のレースが3鞍あったのだが、そのうちの2つを無料情報で提供してきた。

    2022/02/12 (阪神7R)
    まずは阪神7R4歳以上1勝クラスだが、[2.8.5.1.7]番人気で上位人気と下位人気を万遍なく入れてきたにも関わらず、1着の6ラボンダンス(1人気)だけが馬券に絡み、2着の3ウォーターアンク(4人気)と3着の7クリノニキータ(3人気)は抜けという有り様だ。

    これなら競馬新聞、いやスポーツ紙の予想を見て買ったほうがまだマシなレベルだ。
    サイトが選んだ5頭は[7.8.4.1.6]着ワイドすら当てられないのだから。

    ここ5走で10着以降が3度もある4ペリトモレノ(8人気→8着)を選んだり、ダート戦は(0.0.0.14)という8ラヴベローナ(7人気→6着)を選んだ理由を聞きたいものだ。

    2022/02/12 (阪神9R)
    そして同じく8頭立て阪神9R春日特別であるが、[6.4.2.8.5]番人気と1,3番人気を抜いてきたのだが、1着にはその3番人気の4ロックユーが入り、同じく抜いた1番人気の6ミスフィガロが猛追してきて3着を確保したのだ。

    前週に怪我から復帰していきなり初勝利を挙げ、土曜はこのレースを含めて5勝の固め打ちの福永祐一が跨るロックユーを切るとは、一体どういうことだろう。
    情報を入手する力も、読み解く力も、まるで素人だ。
    サイトが選んだ5頭は[7.2.5.8.6]着という戦前から予見できた結果だった。

    幾ら8頭立てとはいえ、引退しても不思議でない戦績の1ネバーゴーンアウト(7人気→6着)や、地方からの出戻りで芝での様子を見るだけの5オレオレサララ(6人気→7着)を買い目に入れるとは狂気の沙汰である
    ワイドを当てる前に、単勝か複勝で利益を出せるようになってから、再出発してほしい。



    キャリーオーバーという競馬予想サイトの無料予想検証
    2021/12/04(阪神1R・阪神3R)

    キャリーオーバーという競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証

    最低最悪・無料競馬予想サイトランキング」の「1日1Rあたりの平均収支」で最悪ランキングの10位の座を死守している(笑)キャリーオーバー。
    今週同グループサイト?不名誉ランキング2位の「P4」も検証したのだが、2サイトとも無料予想は1日に2鞍の提供している。

    P4と同じで点数も多いので当たるが、当たってもガミることが多く12/4と、12/5の総額、-49,950円の赤字だった(2位のP4よりはマシ)

    2021/12/04 (阪神1R)
    阪神1Rから飛ばすのはイイとして、9頭立ての2歳未勝利戦くらいはキッチリ当てて欲しいものだ。
    因みに、ワイドが1点だけ当たっていたが、450円なので2,250円の配当。全券種を買い目通りに買うと、馬券代の合計15,000円から2,250円を差し引き12,750円の赤
    1日の初っ端からマイナススタートでは気持ちも凹む

    買い目を精査すると、勝ち馬であり2番人気のアクティブバイオ削られていた
    1番人気のニューダイアリーズ(M.デムーロ)と2番人気のアクティブバイオ(団野)をどちらか切らないといけないルールでもあるのか?
    おそらくM.デムーロと団野騎手を天秤に掛け、必然的に団野騎手のアクティブバイオが切られたのだろう。
    こうなってくると、サイコロだったり鉛筆に番号を振って転がして決めるレベルだ。

    2021/12/04 (阪神3R)
    続く、阪神3R9頭立ての2歳未勝利戦だ。これら2つのレースを選んだ時点で本気で当てに行ってるはず、なのだが。

    このレースに至っては、信じられない結果となった。
    キャリーオーバーは1,3,6,9番人気の4頭買い目から切ったのだが、その1,3,6番人気で決まるという、アメージングな結果となった。
    こうなって来ると、馬券がヘタクソというよりは、運が無さすぎで怖いくらい。
    1番人気と3番人気の馬を切り捨てているのは、出走表を見ないで買い目を出しているのではないかと疑いたくなる。



    キャリーオーバーという競馬予想サイトの無料予想検証
    2021/09/12(中山2R)

    キャリーオーバーという競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証

    2鞍提供あったが残念
    中山2Rの買い目検証だが、この買い目を見て最初に思ったのは、1〜6番人気から1番人気を切っただけ手抜き予想ってこと。

    配当狙いで1番人気の7 ウロボンだけを買い目入れず高配当が生まれることを期待でもしたのか

    7番人気以降の人気薄を入れていないのは、もしかすると予想作成者は1番人気の7 ウロボンを切るか、2番人気の3 ヴァプンアートを切るかで少しは悩んだのかもしれない。

    1着の5 マイネルアルザス(3人気)は、関係者がかなり色気を見せていた。
    2着の7 ウロボン(1人気)の陣営は「まだ緩さがあるものの前向きさが出て来た」と前向きな姿勢だった。
    3着の3 ヴァプンアート(2人気)も「使う毎に走りが洗練され、ここは勝機十分」というコメントだった。

    このレースの買い目を見る限り、会員を儲けさそうとは思っていないようだ。
    …まぁ無料予想だから。というのもあるのかもしれないが、10頭立てのこのレースを当てたところで、馬連560円、3連複320円で低配当になることはあらかじめ予測はついていた筈である。
    要するに、配当の堅そうな午前中のレースを選択して「当たってる」ように見せたいのだろう。



    キャリーオーバーという競馬予想サイトの無料予想検証
    2021/06/05(東京8R)

    キャリーオーバーという競馬予想サイトの無料予想(無料情報)の抜き打ち検証

    東京8R、結果としては2番人気1番人気3番人気で決まったレースである。
    そして見解の前に、このレースはこの日「最も出走頭数の少ない9頭立て」であることを忘れてはならない(笑)

    1着の⑤ブライトギフトであるが、前走をソエ(管骨骨膜炎のこと)で取り消したがその影響はなく、久々でもシッカリ調教を積み能力を出し切れる状態だった。

    2着の⑥ディオスバリエンテだが、買い目から消しているということは、何か問題でもあったのか、不安情報でも入ったのか、…まぁどっちでもないんだろうけど。

    前走のプリンシパルSも勝ち切れなかったことでダービー出走は叶わなかったが、もともと初戦で破った②③着馬はのちの重賞③②着馬だ。
    「どう転んでも素質上位」と不安要素はなく、厩舎としては勝ってこの後はラジオNIKKEI賞を予定しているので、取りこぼせない思いがあったらしいが、2着だった。

    3着の①ノーダブルディップは「前走は力を出せなかった」と反撃ムードだった。

    馬券に絡んだ2頭以外は、③トウキョウボーイ(7番人気)、④ワタシヲマッテル(6番人気)、⑦グットクルサマー(5番人気)を選んでいるということは、上位人気の2頭と下位人気の3頭を選ぶという図式でも初めからあったんじゃないだろうか。だとしたら実に浅はかな考えだが、はたしてどうだろう。

    人気を中心に馬券を考えると、このように簡単なレースも獲れなくなる。



    キャリーオーバーという競馬予想サイトの無料予想検証
    2021/02/27(中山10R)

    キャリーオーバーの無料予想(無料情報)の抜き打ち検証

    キャリーオーバーの無料予想(無料情報)は1日2鞍提供だ。
    2/27は両方とも外れ、2/28は1鞍的中したもののワイド1.9倍のみだったので、土日の結果は、マイナス-5万 9050円となった。

    さてその中から中山10R無料予想ひどい買い目を出して来たな、と思ったので検証してみよう。

    今回の馬の人気を見れば一目瞭然で、どこまで本気だったのか分からないが、完全に一か八かの予想だ。

    9頭立てのレースなのだが、上位3頭が買い目に1頭もいないというのも、ある意味「奇跡」にかけたのだろうか?(無料予想だから)…だとしたら勘弁してもらいたい。

    1ココフィーユ(7人気)
    3エバンタイユドール(9人気)
    5フォワードアゲン(4人気)
    7ストームリッパー(8人気)
    8アップライトスピン(2人気)


    6ダディーズマインド(1人気)の担当者が「開幕週のここを目標に乗り込んだ。今回はチャンスだと思っている」と意気込んでいた話や、9ミトロジー(3人気)の担当者が「前走は発馬で後手に回ったが連対した。状態はいいので何とかしたい」と漏らしていた話、2エフティイーリス(6人気)の担当者が「蛯名騎手にお願いしたのだが鬼気迫るものがあった。執念を見せてくれると思う」と熱く語っていた話。

    …そんな情報が色々とあるが、このような情報を全てシャットアウトして無謀な予想を非会員に提供したのか、それとも情報が無いのか

    キャリーオーバーの運営の社内で「1番人気は買い目に入れるな」とか「人気のない馬は後ろから3頭は入れるように」などという意味の分からない縛りでもあったか?と、疑いたくなるような内容だった。



  3. キャリーオーバーという競馬予想サイトの無料予想の長期検証

    キャリーオーバーの無料予想の検証

    以下、抜き打ちで1ヶ月間検証した、キャリーオーバーという競馬予想サイトの無料予想の検証結果となる。

    キャリーオーバーの無料予想の検証は、基本的に検証の開始を始めた日から、できる限り毎週(3日開催の日も)提供された無料予想のキャプチャ画像を撮り、収集して的中率回収率などを算出しています。

    11/28 無料予想 -10,150円
    11/28 無料予想 -15,000円
    11/29 無料予想 -15,000円
    11/29 無料予想 -950円
    12/5 無料予想 -10,450円
    12/5 無料予想 -14,050円
    12/6 無料予想 -15,000円
    12/6 無料予想 -3,600円
    12/12 無料予想 -15,000円
    12/12 無料予想 +9,250円
    12/13 無料予想 -7,400円
    12/13 無料予想 -7,550円
    12/19 無料予想 -15,000円
    12/19 無料予想 -15,000円
    12/20 無料予想 -13,050円
    12/20 無料予想 -15,000円
    12/26 無料予想 -15,000円
    12/26 無料予想 -15,000円
    12/27 無料予想 -15,000円
    12/27 無料予想 -15,000円


    キャリーオーバーの無料予想の検証結果

    キャリーオーバーという競馬予想サイトの無料予想の検証を1ヶ月(20レース)行ったわけだが、もし仮にキャリーオーバーの推奨金額通り、1点あたり500円1ヶ月の検証期間中、馬券を買い続けたとしたら、かかった軍資金は30万円もかかり、結果払戻しは7万 7500円となっていただろう。

    1ヶ月間で収支結果は、

    マイナス 22万2950円だ。


    キャリーオーバーの無料予想の検証結果

    検証期間 1ヶ月
    的中率 67%
    回収率 26%


    鬼・検証レポートはコチラ
    ↓ ↓
    キャリーオーバーの検証レポ


キャリーオーバーという競馬予想サイトの「検証レポート」も見てみる。
  • 競馬予想サイトよろずやという競馬予想サイトの画像

    競馬予想サイトよろずやという競馬予想サイトの無料予想を徹底検証

    検証期間 1ヶ月
    的中率 52%
    回収率 58%

    よろずやという競馬予想サイトは、無料情報後出しさえせずに的中の捏造をする、悪意のある悪質な予想サイトである。
    無料予想を本当に出しても、なぜかダンゴを5頭に打って買い目は4頭という、外れた時の保険のような出し方をしているセコイ予想サイトである。…ハナミチという競馬サイトとの様々な類似点からページソースを見比べるとソックリだと判明。

  • 騏驎(麒麟)という競馬予想サイトの画像
    【悪評】騏驎(麒麟)

    騏驎(麒麟)という競馬予想サイトの無料予想を徹底検証

    検証期間 1ヶ月
    的中率 50%
    回収率 45%

    麒麟という競馬予想サイトのことを優良評価している検証サイトが、どうも検証開始日などが不自然で怪しい
    競馬予想サイトの麒麟に会員登録してみると、キャリーオーバーという競馬予想サイトに激似で、ページソースを見比べてみるとソース内に共通点がいくつも見つかる。更に検証日、無料予想も見比べると、2鞍とも同じレースで提供していた。

  • ラッキー競馬という競馬予想サイトの画像
    【悪評】ラッキー競馬

    ラッキー競馬という競馬予想サイトの無料予想を徹底検証

    検証期間 1ヶ月
    的中率 17%
    回収率 36%

    ラッキー競馬の無料予想は検証当初、日曜のみ提供だったのが、しばらくすると月曜の13時頃から週末に開催されるレースの無料予想を「完売」にするという荒技を使うようになった。たまに提供される無料予想の精度は低く、信用できる競馬予想サイトとはとても言えない。…SNSアカウントでの登録も自分の個人情報が予想サイト運営社にダダ漏れになる恐れがあるので、要注意だ。

  • アーニングインデックスという競馬予想サイトの画像

    アーニングインデックスという競馬予想サイトの無料予想を徹底検証

    検証期間 検証中
    的中率 検証中
    回収率 検証中

    アーニングインデックスはかなり悪質だ。口コミと投稿画像で知ったのだが、返金保証はウソで、「買い目は提供したから返金しない」といった論点の違うことを言って返金しない。と言う。他にも「情報料無料」のはずのコースが実際は「情報保護料」という意味不明な名目で29,000円取るし、そもそも土日7鞍1点300円の賭け金で150万の配当というのがどれだけ非現実的か。発想がヤバい

  • P4という競馬予想サイトの画像
    【悪評】P4

    P4という競馬予想サイトの無料予想を徹底検証

    検証期間 約1ヶ月
    的中率 41%
    回収率 27%

    P4は新しいサイトなのに半年前からの実績があり724個も的中してきたことになっていた。…長期間、P4の無料情報を検証してみると、提供される無料情報は素人並みの点数なため、当たってもガミばかり。まともに買ってたら大赤字。回収率が低すぎて使えない。…「高配当XXXのグループサイトでは?」と指摘する口コミも届いているが、グループだろうか?

  • 穴党ピカイチという競馬予想サイトの画像
    【悪評】穴党ピカイチ

    穴党ピカイチという競馬予想サイトの無料予想を徹底検証

    検証期間 2ヶ月
    的中率 50%
    回収率 63%

    穴党ピカイチの運営社情報より「細川達成のTHE万馬券」の元運営社と判明
    的中実績の捏造発見し、表記ミスはいつまでも修正されず、無料予想は提供ミスで公開され、穴党ピカイチの情報検索すると、1つも情報が無かったのが、数時間後には大量に。その中の一つは2ヶ月前から検証してたというが、穴党ピカイチがドメイン取得した2日後だぞ?本当にそんな前から稼働してたのか?

競馬予想サイトを検索

検索
競馬予想サイトを検索!

無料予想のある、優良競馬予想サイト

優良競馬予想サイトを探すなら、
競馬予想サイト検証.COM

競馬予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

U-LINE(ユーライン)という競馬予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

U-LINE(ユーライン)という競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証

4月30日から開始した、U-LINE(ユーライン)が提供する無料情報の長期検証だが、5/221ヶ月経った
その間的中したのは初日の1回だけ(9.5倍のガミ)で、その後は7連敗となり、1ヶ月の回収率は、わずか 12%となった。(今回もだがユーラインは軸馬の精度が低い)

さて今回検証する無料予想は、5月21日の中京5R3歳未勝利、本命推奨馬は競馬新聞等で◎と○が並んでいる、⑥サカジロゴー(2人気)から。
鞍上は高倉騎手であり、今年まだ4勝と今ひとつ冴えない成績であり馬自身も勝ち切れないレースが続いることから、この時点で既に不安でしかない

結果的には、 1着▲③デビットバローズ(1人気)
2着△8ダノンフロイデ(4人気)
3着○②ショウナンパラボラ(3人気)
と、1〜4番人気の上位人気での決着なのだが、◎⑥サカジロゴー(2人気)が抜けという大失態

好位の外につけ勝負どころで前を捉えにいった◎サカジロゴーだが、4角で外に膨れており、直線に向いても加速し切れず5着止まり。
脚の使いどころがうまく噛み合っていなかった。▲③デビットバローズ(1人気)を何故軸にできなかったのだろう?

鞍上は川田騎手(今年67勝)であり、高倉騎手には申し訳ないが月とスッポン」である。

あおり気味のスタートでもロスなくハナを切れ、コーナーでガクッとペースを落とすと後続のプレッシャーもなく、直線に向いても楽な手応えのまま押し切っての完勝。

そして相手の中の1頭に指名していた△8ダノンフロイデ(4人気)が、中団からの競馬で向正面では少し促されていたが、最後までバテずに脚を使い、福永騎手の手綱捌きに応えて2着に入った。

さらには、○②ショウナンパラボラ(3人気)は鮫島駿騎手が騎乗。
スローのスタートから後方に下げたが、向正面に入りしばらくすると落ち着きを取り戻して内々を立ち回り、4角では微妙に外に膨れていたが、直線は進路を切り替えつつひと伸びし、最後は脚勢が鈍るも3着は確保した。

結局のところ、上位3着までをリーディング20位までに入っている騎手で占めるという結果となった。
要するに、早い時間帯のレースといえども「騎手の力量の差が出る」のだ。
よって、本命推奨にする時は騎手のデータも鑑みながら考えることをお勧めする。

アーニングインデックスという競馬予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

アーニングインデックスという競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証

こんなのも当てられないのか?」と、レースを見直した。
予想サイトでここまで酷い買い目もなかなか無いだろう。
提供された土曜東京4Rは、オークス前日の9頭立ての3歳未勝利戦だ。

アーニングインデックスが提供してきた買い目は、3連複1頭軸流しの相手5頭。
この時点で2/3を買い目に入れていることになる。

プロ(有料サイト)として運営している立場上、無料情報とはいえ9頭中6頭を選択した以上、当てることは必須であり、最悪ハズれても軸を読み間違える程度ならしょうがない。

…しかし、その結果は、なんと本命推奨ルメール騎乗の4ミルヴィオ(2人気)は8着惨敗であり、相手馬に指定した内の1頭レーン騎乗の6アルバスドラコ(1人気)が、辛うじて3着という散々なものだった。

翌日のオークスで、久々となるGI制覇を遂げたルメールをにしていたわけだ。
午前中のレースではそこまで信頼が置けないのだが、4ミルヴィオ(2人気)は5ヶ月の休養明けということもあり、新聞でも◎はそれ程付いておらず、▲や×がパラパラという程度であった。

実際に、ルメール騎手が馬体に余裕があったと言っており、馬場入り後のテンションは少し高めであり出遅れもあって4角手前から押っつけ通しで、ラストは全く伸びなかった。
何でもかんでもルーメール騎手から行っても、確率論から言うと5回中4回は負けるわけだし、取れたとしても実入りは少ない。

一方の、買い目に選ばれなかった1着9エンドロール(4人気)と2着7ビーウォーター(3人気)であるが、買い目から斬る必要性があったのか?

血統的にも距離が保つだろうし、前半にゆったり運んだ方が良さそうなので距離延長で臨んできた9エンドロールは、終い勝負に徹して直線大外から上がり600mで一気に伸びて差し切っての1着となった。
そして、前走で未勝利突破のメドは立った7ビーウォーターは、後方から向正面で馬群の外から一気に動くと3角先頭。ペース判断は的確に、勝ち馬の決め手も上回っての2着。これら2頭を斬り捨てるとは、どういう競馬観をお持ちなのか?と質問したくなる。

7着2ウェルシュゴールド(9人気)や9着8チャレンジャー(7人気)は、あわよくば高配当になるかもという希望的観測でしかない。
「外国人騎手×人気薄」のパターンで簡単に獲れていれば、誰も苦労しない。素人予想である。
土曜がみっともない負け方をしたからか、翌日日曜は、何時間待っても無料情報が提供されなかった(笑)

大金星という競馬予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

大金星という競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証

大金星という競馬予想サイトの無料情報(無料予想)は1日に2鞍の買い目を提供する。
前週から2週間計8鞍見ていたのだが、その回収率は15%、因みにこんな感じだ。

5/14(4.7)、5/14(×)、5/15(7.3)、5/15(×)、5/21(×)、5/21(×)、5/22(×)、5/22(×)

今回検証するのは5月21日の中京6R3歳1勝クラス、買い目には「【馬単】4頭BOX」と記載があるが、5頭の馬番の表記がある。
よって点数は「12点」ではなく「20点」だ

これまで大金星が提供していた買い目はどれも「4頭」だったので、コレミスだと思うが、こういう基本的なことを間違わないよう今後改善してほしい。

大金星が選んだ5頭は
②スズカワールド(8人気)→9着
⑤コパノフランシス(13人気)→11着
⑥ハーツアズワン(1人気)→1着
⑩シンリミテス(6人気)→5着
⑪ウインアウォード(7人気)→8着
と、なんと辛うじて掲示板に食い込んだのが、たったの2頭という有様だ。

因みにこのレースを獲ったとしても、馬単は850円であり「12点」だったとしてもマイナス。

1着ハーツアズワン(1人気)は、好スタートから先行3頭の後ろにつけて、直線に向いても余裕綽々。引っ張ったまま逃げ馬を抜き去ると4馬身差での圧勝。
これは当然だが、2着⑨ライラボンド(2人気)と3着⑬フラップシグナス(3人気)に、何か不安要素でもあったのか?

2着ライラボンド(2人気)は、アオッて出て中団から追走し、直線では前をカットされたが、体勢を立て直してラスト100mで2番手に上が、3着フラップシグナス(3人気)は、外にヨレて出たこともあり、一旦引いて馬群の後ろでじっくり脚を溜めると、直線は馬群の外をひと追い毎に伸びたが、2着ライラボンドにクビ差届かなかった。
レース前の厩舎の話にも、取り立てて気になるような記事は見当たらなかった。

要するに、1番人気の⑥ハーツアズワンを選んだ以上は、オッズ的な旨味がないからその他の上位人気(2〜5番人気)をバッサリと切り捨てたのだろう。
オッズだけで見てるようでは、馬券は一向に獲れない。
まずは、来そうか来そうでないかの見極めから入らない限り、大金星が白星を増やすことはできないだろう。
最低最悪・無料競馬予想サイトランキング
競馬予想サイトの無料予想だけを使い続けた場合 、1日にかかる賭金や、1日1Rあたりの平均収支をランキング形式にしました。 口コミなどを基にした悪評サイトのランキングではなく 、⻑期間無料予想の検証を行った データを基に算出した、マイナス収支ランキング です。
順位 サイト名 金額
1位 一点予想屋本舗 ¥-52,882
2位 馬券コレクション(馬これ) ¥-47,985
3位 競馬チャンピオン ¥-36,286
4位 ビット競馬 ¥-27,414
5位 P4 ¥-25,781
6位 競馬レガシー(LEGACY) ¥-24,720
7位 インパクト(IMPACT) ¥-23,451
8位 騏驎(麒麟) ¥-21,830
9位 ダービータイムズ ¥-20,921
10位 高配当XXX ¥-19,913
順位 サイト名 金額
1位 一点予想屋本舗 ¥106,909
2位 馬券コレクション(馬これ) ¥60,000
3位 インパクト(IMPACT) ¥44,571
4位 競馬チャンピオン ¥44,143
5位 競馬レガシー(LEGACY) ¥43,800
6位 騏驎(麒麟) ¥40,000
7位 merit(メリット) ¥39,666
8位 ダービータイムズ ¥38,727
9位 高配当XXX ¥37,827
10位 P4 ¥35,000

競馬初心者向け競馬情報コラム

トップへ