第158回
競馬の楽しみ方~番外編★

競馬における「斤量」たかが1kg、されど1kg。

  1. 競馬における「斤量」たかが1kg、されど1kg。

    競馬における「斤量」

    今回の競馬コラムで検証していきたいのは競馬における斤量(きんりょう)だ。

    斤量」とは負担重量のことで、これは出走馬間の勝利できる可能性の差を縮めるためのハンデキャップで、馬の年齢、性、収得賞金の額、勝利度数などを元に斤量は決められる。

    負担重量を変更することによってハンデキャップを付けるのだ。
    詳しくはウィキペディアに載っている。



    競馬の斤量を「ビアイ」を例に挙げてみた

    この「斤量」を、今週の土曜小倉のテレQ杯に出走予定のビアイという3歳牝馬を例にとって見ていこう。

    ビアイ」という馬は、これまで芝の1200mを3勝している典型的なスプリンターだ。

    2走前、3走前と連勝し、3勝クラスに昇級した前走で4着となった。
    ただ連勝時の勝利は両レースとも逃げ切り

    前走はスタートで後手を踏んでしまったため、途中からの競馬になったにもかかわらずそれでも4着だった。
    ビアイは「スピード」を前面に押し出して実績を上げてきた馬だったのだが、こうも緩急がきくようになったところを見ると、競馬に幅が出たと判断できるプラス材料と考えられる。


    前走の佐世保Sが定量線の52kg
    今回はハンデ戦ということもあり前走の競馬の内容が悪くなかったため、据え置きの52kgを陣営は想定して小牧太騎手を確保していたのだが、蓋を空けてみれば発表されたハンデは1kg少ない、51kgだった。


    JRAのHPで公表されている小牧太騎手の体重は52kg
    小牧太騎手の体重は52kg
     

    あまり知られていないと思うが、自身の体重に鞍や勝負服、馬装具などを付けると約2kg増しになる。

    つまり騎手達は自身の体重プラス2kgを目安に体重を調整しているのだ。



    50超えたベテラン騎手に1kgは重すぎた

    小牧太騎手は今年53歳になる大ベテラン

    その大ベテランの騎手は、この歳で無理な減量を強いられるのは酷だということで、常々減量苦を嘆き、ビアイへの騎乗を断念することになった

    小牧騎手は「1kgくらいと思われるかもしれないが51kgまで減量すると体力的にも相当に厳しくなる。」とコメントしており、その結果、他の騎乗にも影響が出ると判断し降板を申し出たそうだ。
    1kgのコメの画像


    小牧騎手場合、斤量54kgまでなら自身の納得できるパフォーマンスが出せると自覚し、体重を調整しているということが推定されるが、今回、ハンデ52kgを想定していたビアイに騎乗するために2kgの決意をしてた小牧騎手は、そのために着々と減量していたにもかかわらず「え、あと1kg?」という現実にガックリ項垂れたそうだ。

    年をとるにつれ騎乗回数も減ってきているベテランの小牧騎手にとっては一鞍一鞍が入魂の騎乗。

    52kgと、51kg、一般人からすれば1kgの減量は頑張ればなんとかなる。と、思うかもしれないが、50歳超えた騎手にとっては「たかが1kg、されど1kg」、重いのだ

    このコラムを昼飯前に読まれた方、
    今日の昼飯は腹がはち切れんばかりに、食べてもらいたいw


優良競馬予想サイトを探すなら、競馬予想サイト検証.COM

関連コラム

競馬予想サイトを検索

検索
競馬予想サイトを検索!

無料予想のある、優良競馬予想サイト

優良競馬予想サイトを探すなら、
競馬予想サイト検証.COM

競馬予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

ダビアカ(ダービーアカデミア)という競馬予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

ダビアカ(ダービーアカデミア)の無料予想(無料情報)だが、11/19から検証がはじまり、11/2011/2611/2712/312/4と、ここまでの無料予想を全て見ていたが、これまでの6レースは全て全滅だった

馬連で全敗(5点提供)とは驚かされている。

さて、第一回ダビアカ(ダービーアカデミア)の無料予想の抜き打ち検証は、土曜のGIII重賞、チャレンジカップ馬連無料予想の検証だ。

ダビアカ(ダービーアカデミア)という競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ ダビアカ(ダービーアカデミア)の無料予想(2022/12/03)

軸は2番のルビーカサブランカ(4人気)であるが、どうにか2着を確保し馬連的中と思いきや、なんとルメールが騎乗するグリグリ1番人気単勝1.9倍ソーヴァリアント買い目に入っていないのである。

今回に関しては神の冒涜レベルと言っても過言ではないだろう。
サイトが相手として買い目に入れた5頭は、
3エヒト(8人気)→3着
4サンレイポケット(7人気)→4着
6エアファンディタ(9人気)→5着
12ヒンドゥタイムズ(2人気)→6着
13ディアマンミノル(11人気)→12着
と、意外に好走をしたのだが、残念ながら連対することはなかった。

肝心な1着馬を買い目から抜いている時点で、相手馬の人気順位を見れば「穴狙い」ということはわかるのだが、競馬の根本的な「的中させる」という概念を無視するという暴挙は、競馬予想サイトとして許されないだろう。

というのも、ソーヴァリアント(1人気)とルビーカサブランカ(4人気)の馬連で、1480円の配当がついているのだから、わざわざ1番人気だからといって抜く必要はなかった。
…いや、普通であればソーヴァリアント(1人気)を軸にするだろ。競馬とは、そういうものだ。

明らかに、勝てそうな時は1番人気でも軸にすれば良いし、不安要素が見え隠れする1番人気であればヒモにするか切れば良い。
きっとダビアカの担当者は、ソーヴァリアント(1人気)の前走着順13着(オールカマー)を見て、「これは切るしかない!来なければ配当が美味しい!」とでも考えたのだろう。
ダビアカ(ダービーアカデミア)という競馬予想サイトの予想担当者は、残念すぎる、浅はかな考えの持ち主である。
これだから馬連で6連敗もしているのだ。
最低最悪・無料競馬予想サイトランキング
競馬予想サイトの無料予想だけを使い続けた場合 、1日にかかる賭金や、1日1Rあたりの平均収支をランキング形式にしました。 口コミなどを基にした悪評サイトのランキングではなく 、⻑期間無料予想の検証を行った データを基に算出した、マイナス収支ランキング です。
順位 サイト名 金額
1位 一点予想屋本舗 ¥-52,882
2位 馬券コレクション(馬これ) ¥-47,985
3位 競馬チャンピオン ¥-36,286
4位 ビット競馬 ¥-27,414
5位 P4 ¥-25,781
6位 騏驎(麒麟) ¥-21,830
7位 勝ちウマ王国 ¥-21,488
8位 merit(メリット) ¥-18,650
9位 キャリーオーバー ¥-18,579
10位 やっぱり地下競馬 ¥-18,194
順位 サイト名 金額
1位 一点予想屋本舗 ¥106,909
2位 馬券コレクション(馬これ) ¥60,000
3位 キャロット ¥55,160
4位 勝ちウマ王国 ¥54,045
5位 競馬チャンピオン ¥44,143
6位 騏驎(麒麟) ¥40,000
7位 merit(メリット) ¥39,666
8位 P4 ¥35,000
9位 ビット競馬 ¥30,571
10位 的中タウン(的中TOWN) ¥30,000

トップへ