第229回
競馬の楽しみ方~調教師・厩舎編

調教師の存在意義〜悩める敏腕トレーナー中内田調教師

  1. 調教師の存在意義〜悩める敏腕トレーナー中内田調教師

    中内田厩舎の、中内田充正調教師

    栗東の中内田厩舎2014年に開業し、今年2月、史上最速となる7年11ヶ月でのJRA通算300勝を達成した。
    昨年は自身初となる全国リーディングを獲得するなど、近年は栗東のリーディング争いの常連となっている。

    管理する中内田充正調教師は、滋賀県出身で、実家はその滋賀にある育成牧場・信楽牧場だ。

    そんな環境下もあり、自然と競馬界へと進路を選ぶことになるのだが、その志は強く、16歳からアイルランドへ修行しに行き、その後はフランス、イギリスといった欧州の競馬強豪国、さらにはアメリカへも渡り、世界の様々な競馬の調教技術・知識を学んだ、まさに国際派トレーナーである。

    中内田厩舎の、中内田充正調教師



    中内田厩舎には「買いか、消し」の傾向がある?

    GIで3勝重賞では26勝と順調に実績を積み重ねている状況なのだが、そんな中内田厩舎にはちょっとした傾向がある

    これは競馬ファンや関係者の間でも話題になっていることなのだが、とりわけマイル以下に良績が集中しているのだ。

    前述のグレードレースの勝ち鞍も、ダノンプレミアムの弥生賞(2018年)と金鯱賞(2019年)以外はすべて2000m以下のレースであり、逆にいうと2000mを超えるレースでは未だ重賞を勝てていないのである。

    平場こそその限りではないものの、中内田厩舎の馬は「マイル以下は買い、2000m以上は消し」というパターン?がにわかに浸透してきているのだ。



    中内田厩舎と外厩との関係性にも影響が

    前述の「マイル以下に良績が集中している」というのも、そんな傾向になっているのは決して偶然ではなく、中内田厩舎の調教・調整方法が影響しているようなのだ。

    具体的に何が、というのはハッキリしないのだが、短い距離向きになっているのは明らかだけに、クラシックを意識できる馬がそれ相応の結果を出せないのはオーナーサイドとしては何とも言えない状況に陥っている。

    そんな中で近年利用が活発になっている外厩との関係も複雑になっているようで、

    ・できる限り在厩で結果を出そうとする厩舎
    ・結果が出ないので外厩調整を進めるオーナーサイド(いわゆるノーザン系)

    という、両者のズレが今ちょっとかみ合わなくなってきているようだ。



    調教師の存在意義

    今や外厩で8割程度まで仕上げ、入厩して2週間ほどでレースへ、という使い方が当たり前となった中央競馬。

    そこにはメリットとデメリットが存在しており、ひと口に良い悪いを判断できない状況でもあるのだが、その中でハッキリと言えるのが「調教師」の存在価値だ。

    個人的には、競走馬は手元で育てて成果を出すことが調教師としての最大の使命であり本質だと思うのだが、それが今は管理している競走馬を上手く循環させて出走させることが主になりつつある。

    帰厩して2週間はある程度決められた時計で走って出走する。そして出走したらすぐに外厩へ放牧。…といった、そんなことの繰り返しをしているだけでは、調教師の存在意義がない。
    とは言え、オーナーあっての競走馬であり、それを管理する厩舎・調教師でもあるだけに、完全に否定することもできない。
    非常に難しい問題だ。


    つまり、サラリーマン調教師になるか。
    それともホースマンとしての意地を貫くか。
    近年の調教師は様々な苦悩と葛藤を抱えて日々頑張っているのである。

    これからの競馬界を引っ張っていく存在になるであろう中内田厩舎としても、ここ数年は真価が問われることになるだろう。
    これからクラシック競走や、古馬王道GIなどを勝ち負けできる馬を育てることができるかどうか。

    先週のNHKマイルCで1番人気を裏切る格好になったセリフォス(4着)をはじめ、今年はまだ重賞を1つも勝てていないだけに、残りの春シーズンはより一層力が入ることになるだろう。

    埋もれてしまっては勿体ない存在だけに、何とか頑張って欲しい。


優良競馬予想サイトを探すなら、競馬予想サイト検証.COM

競馬予想サイトを検索

検索
競馬予想サイトを検索!

無料予想のある、優良競馬予想サイト

優良競馬予想サイトを探すなら、
競馬予想サイト検証.COM

競馬予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

ダビアカ(ダービーアカデミア)という競馬予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

ダビアカ(ダービーアカデミア)の無料予想(無料情報)だが、11/19から検証がはじまり、11/2011/2611/2712/312/4と、ここまでの無料予想を全て見ていたが、これまでの6レースは全て全滅だった

馬連で全敗(5点提供)とは驚かされている。

さて、第一回ダビアカ(ダービーアカデミア)の無料予想の抜き打ち検証は、土曜のGIII重賞、チャレンジカップ馬連無料予想の検証だ。

ダビアカ(ダービーアカデミア)という競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ ダビアカ(ダービーアカデミア)の無料予想(2022/12/03)

軸は2番のルビーカサブランカ(4人気)であるが、どうにか2着を確保し馬連的中と思いきや、なんとルメールが騎乗するグリグリ1番人気単勝1.9倍ソーヴァリアント買い目に入っていないのである。

今回に関しては神の冒涜レベルと言っても過言ではないだろう。
サイトが相手として買い目に入れた5頭は、
3エヒト(8人気)→3着
4サンレイポケット(7人気)→4着
6エアファンディタ(9人気)→5着
12ヒンドゥタイムズ(2人気)→6着
13ディアマンミノル(11人気)→12着
と、意外に好走をしたのだが、残念ながら連対することはなかった。

肝心な1着馬を買い目から抜いている時点で、相手馬の人気順位を見れば「穴狙い」ということはわかるのだが、競馬の根本的な「的中させる」という概念を無視するという暴挙は、競馬予想サイトとして許されないだろう。

というのも、ソーヴァリアント(1人気)とルビーカサブランカ(4人気)の馬連で、1480円の配当がついているのだから、わざわざ1番人気だからといって抜く必要はなかった。
…いや、普通であればソーヴァリアント(1人気)を軸にするだろ。競馬とは、そういうものだ。

明らかに、勝てそうな時は1番人気でも軸にすれば良いし、不安要素が見え隠れする1番人気であればヒモにするか切れば良い。
きっとダビアカの担当者は、ソーヴァリアント(1人気)の前走着順13着(オールカマー)を見て、「これは切るしかない!来なければ配当が美味しい!」とでも考えたのだろう。
ダビアカ(ダービーアカデミア)という競馬予想サイトの予想担当者は、残念すぎる、浅はかな考えの持ち主である。
これだから馬連で6連敗もしているのだ。
最低最悪・無料競馬予想サイトランキング
競馬予想サイトの無料予想だけを使い続けた場合 、1日にかかる賭金や、1日1Rあたりの平均収支をランキング形式にしました。 口コミなどを基にした悪評サイトのランキングではなく 、⻑期間無料予想の検証を行った データを基に算出した、マイナス収支ランキング です。
順位 サイト名 金額
1位 一点予想屋本舗 ¥-52,882
2位 馬券コレクション(馬これ) ¥-47,985
3位 競馬チャンピオン ¥-36,286
4位 ビット競馬 ¥-27,414
5位 P4 ¥-25,781
6位 騏驎(麒麟) ¥-21,830
7位 勝ちウマ王国 ¥-21,488
8位 merit(メリット) ¥-18,650
9位 キャリーオーバー ¥-18,579
10位 やっぱり地下競馬 ¥-18,194
順位 サイト名 金額
1位 一点予想屋本舗 ¥106,909
2位 馬券コレクション(馬これ) ¥60,000
3位 キャロット ¥55,160
4位 勝ちウマ王国 ¥54,045
5位 競馬チャンピオン ¥44,143
6位 騏驎(麒麟) ¥40,000
7位 merit(メリット) ¥39,666
8位 P4 ¥35,000
9位 ビット競馬 ¥30,571
10位 的中タウン(的中TOWN) ¥30,000

トップへ